Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)

8/7は第2の誕生日。3年半で○○○回の入水と30本のボードテストの結果、HIとSOCALスタイルをショートからロングまでボーダーレスに乗りこなすスタイルに帰結。すべての夢は『マルチサーファー』から始まる。2015.1.11 Y隊長


テーマ:

昨日の千葉北サーフwithバヤシプロで、ハッキリと課題を自覚しました。


同じことです。


・細かく動かさずに、大きく動かす


・チョコチョコなし


・スタンスがやはり狭い


上記をプロから指摘されました。



全く言われる事が変わっていない。


でも、自覚アリ。。。


自身でかなり認識をしている。


「どうすればよいか?」


------------------------------


テイクオフ体操。。


これに集中します。


最後の神頼み!


まずは、いらないショートボードを自宅の腹筋台に設置(テイクオフの角度で)


そこで毎日テイクオフ体操を実行。


ドジさんの論理に基づき練習。


あるべきスタンス位置に慣れるまで、実際に海で実行できるまで。


繰り返し繰り返し。


スタンスが決まらなくては、永遠に次のステージにいけません。


頑張ります。。。


かなりマジに頑張ります!!!


Y隊長

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



チェック!!


Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU) Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)

今年6月のBALI


----------------------------------------------------------

今年10月のBALI
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU) Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-4



Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU) Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)


・もっとピークでサーフィン

・後ろ足(右足)の膝の入れ方。


これは随分ポジティブです!!


練習の効果が出てきましたね。


後は、


◎スタンスの広さ

◎姿勢の低さ

◎後ろ足の位置


ここを意識して課題にしていきます。


--------------------------------------------------


シークエンス①
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)






シークエンス②
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)


シークエンス③
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-1
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-5
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)


シークエンス④
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-2
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-3


-------------------------------------


【課題写真】


Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)
・スタンスが狭い(前足後ろ足もっと幅広に)

・腰が高い、姿勢が高い

・もっとピーク側で

・その手前でSPEEDが無い



Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-1
・腰の高さと頭の高さが同じくらいに低姿勢

・前足もっと前

・手前でスピードアップ+もっと深く入る





Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-4
・ワイドスタンス&腰低く

・more speed
・後ろ足ステップバック



Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-3
・スプレーが少ない=speedがない

・腰が高い

・目線低い

-------------------------------------


次回のBALIでは、上記課題を克服したショットをGETしてきますね。


いつも課題を気にしながら波乗ります!!


鉛筆でボードのノーズ部分に上記課題を書こうと思っています。


意識→工夫→実行→評価→修正→元に戻る


このループ・サイクルまわして、課題を明確にしないと、リーマンサーファーは上達しないです。


時短上達方法。


これです!!


Y隊長

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



9月11日以来の投稿です。


先日、10月12日(夜)~16日までBALIに行ってきました。


またもや、弾丸トリップです!!


2013年は進化の年でした。



1回目のBALIのクイーバーは、

①BING swee pea (6'6"ft)

②KOOKBOX (9'1"ft)



2回目のBALIのクイーバーは、

①SPEC たっぷりスーパーフリーク(6' 1 1/2" 19 1/4" 2 9/32")

②SPEC ハイスペックマニューバー(9’1”ft 21 1/2"  2 9/16" )


そして、今回3回目が、

①SPEC スーパーフリーク(5' 11" 19" 2 9/32")

②BING PUCK(5'2"ft)


でした。



BALIの波を知れば知るほど必要なボード、スキルが見えてきました。


行く度に、ショトーボード方向にトランジションしていることが分かると思います。


その理由は、BALIの波質に負うところが大きいです。


BALIの波の特質は?

・パワーがかなりある

・ホレている

・波が早く、ワイド

・ワンピークのリーフブレイク

・BALIの波質は日本の点数表記でいうと毎日が60点オーバー

・上質な波かつロングライド可能(最低100mは走れる)


現地で感じた印象

※人がピークに集中している(人数が多い)

※オージーやバリニーズのパドル力は半端なく早い

※オージー達は長く大きな浮力系のスラスターでカッ飛んでいる

※ガイドがいないとピークから波に乗れない



結論

・BALIのショートトリップはスキルアップ手段として有効(4日間のトリップで日本の2か月分の練習量)

・大きなラインのサーフィンを学ぶ事が出来る(日本の小波だけでは習得できないライディングを学べる)

・時短性:時間の限られたサラリーマンサーファーにとって有効(3連休~トリップを実現可能)



BALIサーフトリップのポイント

【ガイド編】

・ポイント毎にメインローカルガイドが存在している

・そのポイントで一番権力・実力のあるガイドをつけることが一番重要

・サーフポイント=専属ガイドという概念

・ポイント選びは自己のスキルにあわせて慎重に

※ガイド次第で180度と充実度は変わる


【ボード編】

・BALIの波質を考慮すると日本で使っているボードでは不適切(オージーを見ると明らか)

・ペラペラ、短い板傾倒主義はBALIでは通じず(オージーはでかいボードで凄まじいリッピングをかまします)

・BALIの波質を考慮し、自分のスキルに合ったボードをチョイスする必要がある

・レングスは長め(6'1"ft~6'3"ft)、胸下(前方)に浮力を持たし、レールは薄めで、ラウンドピンテールが合う = 早くテイクオフができて、パワー波でもレールが入れやすいレール・テール形状

※ボードのSPEC次第で180度充実度は変わる


以上です。



シンプルに言うと、


「波乗りは、そこの波にあわせる。(ギヤも乗り方も)」


だと思いました。


-----------------------------------------------------


さて、今現在のクイーバーです。



ハワイアンスタイル(競技スタイル)


①SPEC スーパーフリーク (PUスラスター)

 5'11"ft 19" 2 9/32"


Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image



②SPEC キーホール (EPSスラスター)

 5'8"ft 19 1/2" 2 3/8"


Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU) Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)


③SPEC ハイスペックマニューバー(EPSマニューバー用ロングボード)

 9’1”ft 21 1/2"  2 9/16"


Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image


カリフォルニアスタイル(フリースタイル)


④BING PUCK(ミニシモンズ)

 5'2"ft


Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image


⑤KOOKBOX BAT TAIL(LOG)

 9'6"ft 23 1/8 3 1/8


Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image


上記、全部で5本です。


-------------------------------------------


この5本の内、BALIで通用する板はスーパーフリークだけでしょう…。

今後、BALIに足繁く通うことを想像すると、BALI用クイーバーなるものが必要だと思っています。


下記2本がイメージクイーバーです。


①BIG WAVE用

↓LOST ROCK UP

Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)

6'2" x 19 1/2"x 2 5/16"

大きな弧を描く、SPEED&powerサーフィンを学ぶ

②FUN WAVE用

↓SUNWAVE ONE TRACK LINE "TWIN"

Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)

5'5" x 20 1/16" x 2/5/16

楽しくグライドしながらも大きなトラックで自由に!



--------------------------


こんな感じで2014のBALI専用クイーバーを構築したいと思っています!


--------------------------


後、欲しい国内用のボードは1つだけ。

カリフォルニアログの最軽量バージョン。


これはロギングの話ですが、


セットアップが軽くてノーズに行きやすい、ノーズの軽い板が欲しいです。

・ステップデッキ+ノーズコンケーブ

・9'0"ft限定!!

・カリフォルニアシングルフィン


Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)

↑BING Elevator by Chris Del Moro
9’0”~ 10’0”+
Bingオリジナルノーズライダーとライトウェイトステップデッキのデザインを併せ持つElevator。ステップデッキ&ノーズコンケーブという今までにない斬新なデザインで、ノーズライドの安定感はもちろん、ノーズの軽さでセットアップもクイックにできるノーズライダーモデルです。



Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)

↑BING BN Lightweight
9’0”~ 10’6”+
オリジナルノーズライダーをライトウェイト(軽く)に仕上げた新しいモデル。オリジナルノーズライダーに比べ少し幅を持たせ、厚みをなくすことで、よりマニューバー性能を上げたノーズライダーです。


------------------------------


このどちらかをGETします!!


下記のKOOKBOXのバットテール。。

男のリアルログ9'6"ftはダクトテープに出れる3ストのクラシックです。


Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image


しかし、コイツのセットアップは辛い。

まだ慣れません。

ユックリ系です。


海外のようなロギング波がキマれば至極のときですが、国内のロギング波では中々そういう波に当たれません。

鵠沼や由比ガ浜の少しトロ早目の波であれば、BINGの用にセットアップ重視で軽い板で行った方がノーズの精度が格段に上がります。

これを痛いほど前回の乗り比べin鵠沼で経験しました。


練習用にも持っておきたいと認識。


3ストはTHE DAYに!!


9'0"fの短い&軽い系ログはルーティンで!!


この考え、感触は、かなりアゲアゲな気づきです!!


2014年は

国内用にロング1本、フィッシュ1本

海外用に専用スラスター1本


の3本ですね。


すると、合計8本。。。。。。。。


車に積める限界地点です(笑)


Y隊長









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さてさて、その後もマルチサーファーに向けて始動していますよ!!

最高です!!


9月時点での私のクイーバーです。

まとめておきます。



-------------------------------------------

●ハワイアンスタイル


①SPEC SPERFREAK (5'11"ft) 

  PU:スラスター:オールラウンド
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image




②SPEC High SPEC maneuver4 (9'1"ft) 

  EPS:マニューバー系ロングボード:競技基準準拠ボード

Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image


③KEY HOLE (5'8"ft)

  EPS:小波用ボード:スラスター
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image
↑現物は現在シェープ中:9月末納品予定(上記はデザイン案)

スカイブルーのブラシに、上記デカールを貼る予定



-----------------------------------------


●カリフォルニアスタイル


①KOOKBOX BATTAIL (9'6"ft)

  PU:カリフォルニア系クラシックログ
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image

②BING PUCK(カスタマイズ) (5'2"ft)

  PU:カリフォルニア系:ミニシモンズクワッド
Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image

Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-image


③FISHを検討中

カリフォルニアNEXTとしてフィッシュボードを検討中です。

クリステンソン等々、現在研究中!!


-----------------------------------


以上となります。

それぞれのボードを扱う上でのテクニックが連動して、相互作用が出てくると良いですね!

ここで重要な概念は、



①価値観、スタイル決め付けない、あるべき論ではなく、謙虚に波乗りを楽しむ


②その日のコンディションと気分に合わせる、波とボードに自分を調和させることが優位

自分が先に出ない


③競技とフリーサーフィンを意識的に分けて乗り込む



でしょうか?


これで方向性がハッキリしてきました。


そして、具体的にすべきことが見えてくることにより精神的にも楽になり、心の奥底から楽しくなってきました。


仕事とプライベート、その両方のON・OFFバランスも見えてきました!!


体重も65KG。全盛期まであと3KGで到達です。


この2年間で13KGの脂肪分が落ちた計算となります。


そして目には見えませんが、メンタル面にも好影響!


余計なしがらみや人間関係、権力、理不尽さ等々に悩まされる時間も減少してきました!!


なすがまま。。そして、受け入れる。


波乗りと同じく、今日その日を正面から受け止め、捉えたうえで、全開で楽しくしてしまう能力。


それは実社会でも通じましたね!


サーフィンへの情熱、サーフィンスキル(まだまだ伸びしろ自覚アリ)、目標体重・体力・メンタリティ


そのすべてが、2011年の8月7日から変革しました。


謙虚にそれを自覚しています。


そして、3年目!!


2013年8月7日からのエボリューションフェーズ。。


着実にこれまらもレベルアップして参ります。


それは己への挑戦。一つ一つ積み重ねていきます!!


体力面は確実に向上しています。

しかし、年齢(38歳)的には着実に減退していきます。

その宿命と向き合いながらコントロールしていくのが重要。

その部分を効果的に補い、故障の少ない体に作り変える。

まさに、コンディショニングの概念がこれからのキーです。


「Keep Surfing以外に、どのように体を作っていくか?」


その手法について、このブログで今後紹介していきたいと思っています。


ニュートリション(栄養学)も重要なキーですね。


何事も考えぬいた上で、さらに考え、実行する勇気と情熱、そして努力さえあれば出来ない事はそう無いはず。


戦略的思考と分析力、アクションプランのPDCAとモチベーションコントロール。。


結局、上達するための、結果を出すための”フレーム”ってすべて同じですね?(笑)


Y隊長

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2カテゴリで考えています。


①ハワイアンスタイル(競技スタイル)


SPEC スーパーフリーク (PUスラスター)

 ↑

 5'11"ft 19" 2 9/32"


SPEC キーホール (EPSスラスター)

 ↑

 5'8"ft 19 1/2" 2 3/8"


SPEC ハイスペックマニューバー(EPSマニューバー用ロングボード)

 9’0”ft 21 1/2"  2 9/16"



②カリフォルニアスタイル(フリースタイル)


BING PUCK(ミニシモンズ)

 5'4"ft ? ?


KOOKBOX BAT TAIL(LOG)

 ↑

 9'6"ft 23 1/8 3 1/8


この5枚がMyクイーバーです。


①のハワイアンカテゴリは、消耗品色が強いため、定期的にスキルアップに合わせて板をバージョンアップしていきます。


 →板の体積・重量がドンドン小さくなる方向



②のカリフォルニアカテゴリは、使えば使うほど味わいが出てくるので、長く乗り続けられます。

特に、LOGに関しては9'6"ftの3ストのズドン系に行き着いたため、これを乗りこなせればcoolです。


 →板の体積・重さがドンドン大きくなる方向



①と②を比較すると、スキルアップに伴う、ボード進化の方向性がまったく違います。


興味深いですね。


2013年は、これ以上板を買いません(笑)


2014年は、①ハワイアンカテゴリの板をバージョンアップしていきます!!


しかし、②カリフォルニアカテゴリは固定です。

 ※強いていえば、PUCK(ミニシモンズ)を短くしてペラペラにしてさらに研ぎ済ませたいですね。

  4'10"ft位のレングスで!!


というように、何を買うべきかの流れが決まってきました。


海外へのサーフトリップは、基本①の中から”スラスター”を2本~3本持っていくことになります。

 ※BALIのTHEDAYのために”セミガン(6'8"ft程度)”をオーダーするかもですね。


デフォルトのクイーバーが決まると、目指すべきサーフィンスタイルも見えてきますね。


何よりも、無駄使いが無くなります。


来年からはボード経費もラクチンになっていきます。


その分はトリップに費やしましょう!!


ウェット新調も今期中に終わらせます。


・3mmフル


・真冬用セミドライ


これから選択します!!


やっと整理されました!!


Y隊長

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日のリボーン2年目を祝して、ブログヘッドの文章と自己紹介文をリニューアルしました。


さぁ、明日からいよいよエボリューションフェーズです!!


-----------------------------------------

さて、


これまで使用したボード略歴です。


青字は既に売却済です。


赤字は現所有です。


------------------------------------------

①、②SURFTECH REALDEAL ULTLAFLX ×2本 9'1"ft 

2011年9月11日① 10月29日②

※リボーン後、初のボード購入 2本購入しました。

 ↑2本ともH君に売却(売却後に鹿島でH君が2本とも折ってしまう)



③NOBRAND ノーズマスタースタイリスト 9'1"ft 2011年12月26日

※初のオーダーシェイプ 

 ↑当時はカリフォルニアログを乗りこなせず売却



④SPEC ノーズライダーロング(インピン) 9'3"ft 2012年3月26日

⑤SPEC ハイスペックマニューバーロング(2012年) 9'1"ft 2012年3月29日

※同時に2本フルオーダー ④でノーズライディングの練習に励む



⑥SPEC ハイスペックマニューバーロング(2013年) 9'1"ft 2012年10月1日

※2012年モデルが折れたため



⑦KOOKBOX STEP AHEAD ログ 9'1"ft 2013年1月19日

※初のカリフォルニアログ

※ずっと長く乗り続けて初めて知れる、カリフォルニアログの味わい、その奥深さを知るための武器。

 →8月7日にikechiさんに売却:理由はリアルロガーになるために、さらなる重量系が必要なため



⑧NOBRAND 2+1ミッドレンジ 6'8"ft(K君私物)

※初のミッドレンジカテゴリ



⑨KOOKBOX DTtwin 5'10"ft 2013年2月5日

※初のショートボードカテゴリ

※このトランジションのすぐ後に調子に乗りK先生の⑫SPECに試乗するも、全く乗りこなせず…。



⑩アルメリック モーターボート 5'10"ft

※SPEC試乗の結果、K先生から浮力ボードとして購入するも、いまいち合わない




⑪BING sweepea 6'6"ft 2013年5月頭

※短くしていく過程で、改めてカリフォルニア系とハワイアン系の双方で悩む日々。

※この板を購入した直後にBALIトリップ!乗りこなせた!




⑫SPEC SUPER FREAK 6'1 1/2"ft 2013年5月中旬

※BALIトリップでの自信を得て改めて、K先生に無理をいってモーターボートとSPECを交換してもらう!今後はドンピシャハマる乗りこなせた!!その後、BALIまでの1ヶ月間スラスター短期集中練習。

※その後にBALIトリップ!実感としてスラスターへトランジション成功!レンボガンの4-5ftのカッポレで自信を得る。



⑬SPEC SUPER FREAK 5'11"ft 2013年7月6日

※現在所有スラスター ⑫の進化版として位置づけ BALIトリップの成功体験を元にシェープフルオーダー。



⑭BING PUCK 5'4"ft 2013年8月5日納品

※⑪でBING独特のグライド感にハマる。マット=カルバーニ氏の来日にあわせてJAPANリミテッドシェープをフルオーダー。このミニシモンズクアッドの限界速は異次元。



⑮KOOKBOX BAT TAIL 3ストリンガー 9'6"ft 2013年8月5日納品

※⑦のSTEP AHEADの次元を一つも二つも上げたリアルノーズライダー。スタイルマスター系の大会の出場要件を満たす意味もある。(レングスと重さ)このBAT TAILは完璧に僕のニーズを満たしている。

昨今のカリフォルニア系のスキルアップに伴い衝動買い。ジョエルもこの板を持っている。



⑯SPEC ハイスペックマニューバー 9'0"ft (2+1) 2013年8月末納品予定

※改めてハイスペックマニューバーロングボードの素晴らしさを認識。極めたいという思いに駆られる。

※せっかくのロング。マニューバーをしながらもノーズライディングを重視という目的のために、シングルスタビ(2+1)+ピンテールでフルオーダーを発注。(8末納品予定)



赤字ボードは直近の4枚。


2013年は赤字の4枚をY隊長基本クイーヴァーとして波乗りを極めていく。

2年間で16枚です。


そして明日はリボーンしてから丸2年間を迎えます。


第2の誕生日。


3年目のエボリューションフェーズに際し、素晴らしいスタートが切れそうです!!


ある意味、自分へのご褒美です!!


Y隊長

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

凄い奴をゾクゾクと手に入れています!!


まずはカリフォルニア系から究極の2本!!


Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)

↑ログ

KOOKBOX BAT TAIL 9'6"ft(HB:ハンク=バイザック)




Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)
↑ミニシモンズ

BING PUCK 5'4"ft(マット=カルバーニ) Japan Limited For 私の名前入り(笑)




Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)
↑デッキ側




Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)

↑ボトム側



Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)

PUCKのFINです。

FINの後端がリフトしています。ドライブが良くて抜けも良い!!

オーストラリアのSHAPERS FINS QUAD-KEEL(D.V.S)




Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)

左から

BING PUCK / SPEC SUPERFREAK / KOOKBOX BAT TAIL

これが現状のクイーバーです。


そして今月末には、SPEC High SPEC maneuver4(9'1"ft 2+1)が納品予定です。


これで”エボリューション4兄弟”が揃い踏みです!!



【特徴】


①KOOKBOX BAT TAIL

・純然たるノーズライダー(ハングテンをするために生まれたボード)

・デビットヌヒアモデルをイメージ(レジェンドボード)

・かなりDEEPなノーズコンケーブと3ストリンガーの味わい

・適度な重量感

・ダクトテープの出場要件をクリアしたボードです(

クラシックノーズライダーの中にモダンテイストを織り交ぜたハンク渾身の作品です。

ハンク本人も「今回削った中では、一番こいつがcoolだ」との事。

この板は、ある方がカリフォルニアで直接ハンクにオーダーした板なので、ブランクスから様々なオーダーが織り交ぜられています。

同じ時期に削った、全く同モデルがもう一本存在するのですが、カリフォルニアのリアルロガーのライダーが手に入れたそうです。

ジョエルも全く同じBATTAILの3ストの9'10"ftに乗っているそうです。

”BATTAIL”はピボットターンに優位との事。

MOONTAIL < BATTAIL(ターンのきっかけがスムーズ)

BATTAIL < MOONTAIL(ノーズ時の水流)

ムネ以下のメローなカリフォルニアウェーブに最高ですね。

この板は相当波質に影響されますので、The dayが待ち遠しいです。


そしてもう一つ。。

この板は、ダクトテープの出場要件を満たすボードでもあります。


【VANS The Joel Tudor Duct Tape Invitational】

 ↑ダクトテープの詳細はこちらをクリック(かっこ良すぎのカリフォルニアスタイルです)


下記がDuct Tapeの出場条件です。

・シングルフィン
・プラグ無し(リーシュ+サイドフィン)
・9.2ft以上
・12パウンド(おおよそ5.4kg)以上

実は、これまで乗っていたKOOKBOXの”STEP AHEAD”では上記要件を満たせません。

この大会に呼ばれるなんて事は絶対にありえません。

しかし、おそらくこれから国内大会が活発になるであろう”スタイルマスター”の大会出場要件は、これを参考にしてくるだろうという予想も購買のきっかけの一つです。


OSHMAN’S STYLE MASTERS

国内ではこの大会ですかね?

リンク先のコンテンツがとっても分かりやすいです!!納得です!!

レングスは9’4”(284cm)以上だそうです・・・。


プラグ無しは日本ではありえません(笑)リーシュは必須ですね。



②BING PUCK

・Bing Mini Simmonsをベースによりマニューバービリティーを追及したモデル

・アークテールでテイクオフの早さは変わらず

・Sデッキとクワッドフィンの採用からコントロール性は抜群なシモンズ

・ビング氏とマット氏の初来日で実現したJapan Limited 巻きも相当有名な方です。

・変態道にはもってこいですね。


ホレた波以外ではかなり重宝できそうです。サイズも頭オーバーまでいけそう。

大きな弧を描くマニューバーの練習には最適です。

そして何よりもダウンザラインの速さでいえば最速でしょうね!!

ミニシリンダーへのチューブイン憧れます。


③SPEC SUPERFREAK

・スラスターど真ん中 ホレたサイズのあるパワーのある波で重宝

・ザックリいえばケリースレーターのサーフィンを目指す道です。

・私見では、①BALI等の海外のアウターリーフを攻略するためのボードという位置づけ

・②マニューバーロングボードの練習のため(相互作用:逆にいうとショートの練習のためのマニューバーロングボード)

・アウターリーフのカッポレ系WAVE、水量が多く、パワーのある波ではスラスターが一番安全にサーフできました(経験の上実感)

・スラスターで練習した事により、マニューバーロングのカットバックの精度が高まりました。(相互作用です:レール使い等々)

・日本で最大人口のサーフィンスタイル、競技的要素強い


という感じです。


----------------------------------

”エボリューション4兄弟”が揃ったら、後は波とコンディションに合わせて楽しむのみです。

そして、飽くなきサーフィン探究を追求していくだけです。


本日で私のサーフィンライフ第1章の2年間は終わります。


そうです。


”リボーンの巻き”が完結します。


明日、2013年8月7日から、いよいよサーフィンライフ第2章です。


そう。

”エボリューションの巻き”が始まります。


上記クイーバーを縦横無尽に使って極めて行きたいと思います。


8月7日は第2の誕生日。


私にとって最高の誕生日プレゼントになりました。


何事も3年目が肝心。


初心に戻り、改めて俯瞰の目で客観視し、謙虚に素敵なサーファーを目指していきます。


そう。。


リーマンサーファーの見本にならねば。


次代の、これからのサーファースタイルを提唱したいですね。


カウンターカルチャーではなく、エコノミックカルチャーにおいて。。


サーフィンが、陽のあたる道で、社会的にも正当に認知・評価されるためには、自分が社会的にも全うな道を歩んでいないと。


そのためには、やはりリーマンサーファーです。


そして、仕事もサーフィンも成功していかねば。結果を出していかねば。


それが生きる道だと思っています。


ファイヤー!!


Y隊長

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
物欲の夏。。

「ブツブツブツ。。。」


夏になると駆り立てられますね。


さぁ、今回のターゲットはこいつです!!


Kookbox (by Joel Tudor)

【Bat tail 9'6"】



Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-1
↑ヤバくないですか??

Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-2
↑テンするためのノーズ。。

Y隊長の”パーリング”!!(Paring of commanderYASU)-3
↑フィンに洒落も効いています(笑)


さて、さて、

--------------------------

サイズは、

9'6"×23 1/8×3 1/8

フィニッシュは、

ピグメント/サンディング
その他付属品:センターフィン
------------------------
でもって、

本場カリフォルニアメイド、ハンクバイザック氏のシェイプです。

なんとレジェンド自らです。。

カスタムモデル、ムーンテールをベースにした、あのジョエルもパーソナルで使用している3ストリンガー仕様のBat tailです。

「え??何に惹かれたかって?」


はい。。

Kookって時点で完璧なのですが、惹かれたPOINTの一番は

【9'6"ft】という長さです!!

この”ナイン-シックス”こそ、カリフォルニアでいうところのログの一般的な長さらしいです。

しかも、この板は3スト。

重そうですねぇ。

男のズシン系ログです!!

このサイズ・ボリューム感を扱えて初めて”ロガー”ですよね!!

しっかし、この板。。

ノーズライディングの感覚が凄そうです。。

重戦車のような慣性モーメントで突き進みそうですね!!

「ずしぃ~ん!!どぉ~ん!!」


それをスタイリッシュに御す。。


由比ガ浜や材木座の整った小波で大活躍しそうです。

「すべては最高のノーズライディングのために!!」

そんな板です。。

Y隊長


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎回同じネタですみません。




2つのZONE整理の続きです。




【Ⅰ ZONE】 練習集中ボード


①ショートボード(スラスター) SPEC SUPERFREAK 5'11"ft


②ロングボード SPEC High SPEC maneuver3 9'1"ft




この2枚です。




POINT


このZONEは、積極的に短期間で板を買い換えて、技術をあげていきます(笑)




茨城~千葉そして湘南、


要はメインでこの板を使用します。








【Ⅱ ZONE】 カリフォルニアスペシャル


①ショートボード(ミニシモンズ) BING PUCK 5'4"ft


②ロングボード KOOKBOX STEPAHEAD  9'1"ft




この2枚です。




POINT


このZONEは、板に長期間にわたり乗り続けて深みを作っていきます(笑)




特に、材木材~由比ガ浜スペシャル


「サワサワ」のカリフォルニアWAVE出現に合わせて使用します。




---------------------




ここまではこの間話しました。




その上で、現在思っているの事は、私の夢でもあり、サーフィン観の根っこの話です。




「日本の波では満足できない。」 (波質という点と混雑という点に関して)




「海外のアウターリーフこそアンリアルであり、求めたい価値がある。」




ということです。




”BALI”のトリップでその思いを強くしました。




さて、




尊敬するMyシェーパーのBAYASHIさんが先日BALIにトリップに行った時のクイーヴァーの話です。






以下bayashiさんコメント


----------------------------------


今回は、6'6"ft 5'11"ft 5'8"ft です!




5'8"ftがニューボードだったのでメインで使ってました!


6'6"ftはテイクオフは早いんですけど、サイズが4ft位だとちょっと長く感じました!




5'8"ftは若干テイクオフがレイトになります




けど




立ってしまえばスゲー調子良かったです(^^)v


結果、5'11"か6'0"位が一番いいのかなって思いました!


----------------------------------




メチャクチャ参考になりますね。




要は、まさに私のSUPER FREAK 5'11"ftが3-4ftレンジならちょうど良いということになります。




それ以上(5ft over)のサイズでは6'8"ft程度のセミガン




1-2ftなら、ミニシモンズで楽しめそうですね。




-----------------------------------




そうなんです。




私、正直、今年のBALIトリップ以降、サーフィン観において、大きなパラダイム変換が起きました。




この旅で、サーフィンの感動と今後すべき方向性の実感を得たんです。




そして、




2013年の2月以降、




ロングボードからショートボードにトランジションしていく経緯も絡まり、サーフィン観というべきか?理念というべきか?サーフィンと付き合っていく上での思想に昇華し始めております。




「自身にとって常に最高の満足感と高揚感が得られるサーフィンのフレーム・スキーム」




これを進化(evolution)させ、常に発信し、定義し続けて行きたいと思っています。




そういう意味で、あえて、




今年の8月7日以降、要するに”リボーン3年目”を”エヴォリューション1年目”と言い切った訳です。




-----------------------------------




では、




「具体的に何をしたいのか?求めるのか?」ですが、




言葉にすると、下記です。




・アウターリーフWAVEでのサーフィン(MAX 5-6ft)


・ポイントが少人数であり、極少数で貸し切れる環境


・安全面/衛生面/治安が担保されている(日本帰ってこれなくてはそもそもの責任を果たせない)


・近い、トリップの簡便さ、直行便で行ける (3連休でも十分に満足できる範囲) 


・1回のトリップを長期化させるよりも、短期間でこまめに、そして年間を通して複数回実行できる環境




何をするにも、まずはやってみなければ、、、




という事で、




早速BALIトリップを敢行し、実験してきました。




BALIへの5日間トリップ(5連休)と3日間トリップ(3連休)の比較です。




・5日間では、流石に体がぶっ壊れます。毎日サーフィン三昧ですからね。


 アミノ酸漬けになってもギリギリでした。仕事にも負荷がある




・3日間では、少し物足りない。


 仕事には負荷がない。


 


その評価としては、




4日間のトリップが最高の満足を保障する




そう思っています。




ということで、早速9月にBALIトリップを敢行します。




今回は4日間です。






いつもの羽田直行便ですので、行きは命一杯仕事してからのトリップです。








1日目 出社 通常通りハードワーク!! 


     業後に23時30分に羽田空港にチェックイン、夜中の1時の便で羽田発





2日目 7:30にBALI着。9時前には入水です!!終日サーフィン









3日目 終日サーフィン









4日目 終日サーフィン









5日目 AMサーフィン


     13時30分にBALI空港にチェックイン 15時30分の便でBALI発


     日本時間、23時過ぎに羽田着 深夜0時過ぎには帰宅。





翌日 出社




青字の期間だけ会社を休めばokなんです!!




これで往復飛行機、ホテル(宿泊代:朝食付き)、燃料サーチャージ込みで




な、なんと!!




10万円程度。。




ガイド代は4日間で16,000円




現地の滞在費も4日間ですから、全部で3万円もあれば十分です。


食事とマッサージ以外、ほとんどお金は使いません。。




「15万円の幸せ!!」




こう呼びます。




「4連休が1年間に何回できるか?」は仕事との調整ですが、素晴らしいリセットボタンを僕は持ちました。




年に5回行っても




75万円!!




この”幸せの費用対効果”をエボリューション初年度は十分に表現していきたいと思っています。




----------------------------




先日、38歳の誕生日を迎えました。




一般的には、38歳は中年です。




そろそろ、寄る年波には勝てない、、、老いを感じても良い年齢です。




しかし、私はまったく感じません。




この2年間で自分が肉体的にも精神的にも大きく進化していることを実感します。




要は、思い込みと、負けん気と日々の実行の積み重ね。




これが結局若さを保つ秘訣かもしれません。




体重も全盛期まで後一歩、持久力はかなり戻ってきています。




体も軽く、サーフィンの調子も上がっています。




さかのぼると、2年前の不健康で自堕落な生活と猛烈仕事観を反省し180度スタイルを変えたことに端を発します。




仕事は短期集中、接待、飲み会は必要最低限、その上で空いた時間を全部サーフィンのために費やす。




サーフィン回数を増やす=定期的な運動をし続けてきた結果です。




健康診断の結果も100点。




社内のメンタルテストでもパーフェクト10!!。。




今の人生とこれからの人生に心より満足し期待しています。




-------------------------




しかし、一方でこの2年間を振り返った結果、、改めて焦るんです。




「あと何年サーフィンができるのだろう?」




「どこまでうまくなれるのだろう?」




「世界には一体どんな素晴らしい波が存在するのだろう?生きているうちにそこに行けるのか?」




そんな焦りです。




これは性分ですが…(笑)




で、仕事の癖か?考えてみました。




これから先のサーフィンライフを考えてみる。




です。




--------------------------




まずはこれまでです。





36歳の誕生日後にサーフィンリボーン、テケテケ状態からのSTARTでしたが、




37歳、38歳の誕生日を迎え、




「それなりに見れるところまでは来たよね!」




最近は、ありがたいことに、I店長の褒め言葉が頂ける様になりました。




また、冷静にブログを読み返しましたが、当初設定した目標のほぼ全てを達成できました。




それを踏まえ、




この36歳~38歳の実質2年間のリボーン期間に終止符を打つべきだと思いました。




「これからは、もはやリボーンではない」




「進化であり、未知のZONEへの挑戦である」




そう思っています。




この2年間を振り返る事によって改めてこれからのサーフィン考、課題、目標を考える事も出来ました。




これまで関わってくださった様々な方々に感謝申し上げます。




ありがとうございます。




---------------------------




さて、




2013年8月7日より人生の新しい扉を開きます。




「エボリューション」




38歳 から 40歳までの2年間。。




改めて、この2年間を”レボリューション期間”と位置づけます。




40歳という人生の折り返し地点、その大きな区切りまでに実現したいことを想像してみました。




とにかく、もっともっとサーフィンが上手くなりたい、もっともっと素晴らしい波でサーフィンしたい、無人ポイントでサーフィンしたい…。




欲望には際限は無く、夢は枚挙に暇がありません。(笑)





なので、




「では?では?どうやってそれを達成するの?」ってフレームで考えてみました。




それは、これまでの2年間で培った”成長ノウハウ”が土台になります。




どうやら、その達成のためにはこれまで以上の集中力と効果的な”訓練”が必要そうです。




---------------------------




整理として、まずは、




リーマンサーファーのメリ・デメを熟慮したうえでの課題です。




メリ  経済的安定、休日の固定化




デメ  時間の融通が利かない、長期休暇が取りにくい、回数が少ない




そうなんです。




「金はある(ある一定レベルですが)けど時間と暇が無い。」




この2年間は、これまで以上に、このジレンマと戦う事になります。





「だったら、仕事辞めて、サーフィン一本で生きたら?」と思うかもしれませんが…。


実際、仕事を辞めてサーフィン一本にするなんて事は絶対に考えません。


絶対に、仕事は辞めません。


それこそ愚の骨頂。


仕事があるからサーフィンがあり、サーフィンがあるから仕事があるのです。


仕事の夢もあるし、サーフィンの夢もあります。


そして、それは両方実現してこそ意味があるのです。


欲張りではありません。それが人生の目標です


社会的にも充実・成功していることがリーマンサーファーの存在価値であり、そこが重要なキーワードです。


仕事への夢とプレッシャー、悩みが沢山あるから、サーフィンがより楽しいのです。


その逆も真です。


もしも、サーフィンだけの人生だったら??


それはそれで相当なダメ人間になると思いますよ(笑)


そして、その逆も真です(笑)


私の周囲にいる仕事だけの方々は人間的に寂しい人が多いように思います。(笑)





さてさて、本題に戻ります。


今日は寄り道だけですね、、、(笑)




「海に行く時間をどう捻出するか?」




「海外への定期的なトリップを日常生活の中のルーチン感覚まで落とし込めるか?」







この達成は、いってしまえば仕事とサーフィンの両立




”双方の質向上”しかありません。




いうなれば、”時間の創出のアイディア探し”です。




これがエボリューション期間のキーワードです。




仕事もサーフィンもこれからは、量よりも質。。




それをてこの原理。レバレッジで実現する!!




少ない力で大きな結果をもたらす。その具体策です。




突飛な手法でもok。考えまくります。





残された人生における、サーフィン時間が有限であることを日々自覚するのですから…焦ります。




という事は、




本来業務である”仕事”に対して一段上の、より整理された効果的なスタイルで結果を出せる仕組み(=質向上)を確立する事が求められます。




極論、




仕事の質を高めることで、サーフィンが上達するという仕掛けです。




仕事においても、40歳までに達成したい夢が具体的にあります。


 ↑無論、実現可能な夢であり、着々と近づいている




サーフィンにおいてもしかり。




これからの2年間は、相当リアリティな世界でモガクのでしょう。(笑)




仕事もサーフィンも、双方の課題はさらに難解となり、大きな壁が立ちはだかるでしょう。




しかし、この立ちはだかる壁をよくよく分析し理解した上で、着実に壁を乗り越える。




冷静に分析された、登頂手法。




それがこれからの2年間で確立すべきものです。




その先の景色は一体どうなのか??




この2年間で積み上げた先に見えるもの??




それこそが、私のその先の人生を薔薇色にするのだと思います。




--------------------




例えば、




40才からの10年間…。




世界中のBESTWAVEを求めて、サーフトリップしまくる事だって夢ではありません。




無論、仕事は継続しながら。




その夢を支えるのはビジネスの成功とサーフィンへの情熱を持ち続けること。




だから、両者は常に共存なのです。




リーマンサーファーの素晴らしい所は、そういう夢が考え方一つで実現できるところなのですね。




----------------------------




最後に、




ショートボードに乗れないと、私の求めるサーフィンの夢は実現しません。




それをBALIで経験しました。




アウターリーフの4-5ftになってくると、ロングボードでのテイクオフは無理というか無謀です。




私の求める海外のアウターリーフのほとんどはそういう波です。




そして、そういう環境下で初めてスラスターの真の性能、意義を実感できます。




サーフボードエボリューションの結果、スラスターに行き着いた意味を実感します。




だから、僕にはトランジションが必要だったです。





日本の小波をスラスターでパンパンするサーフィンなら、マニューバー用のロングボードで切り裂いていた方が僕の好みのスタイルです。




でも、一度サイズが上がったら、スラスターで「バシュッ!!」っと切り裂きたいものですね!!




そうそう、忘れていました。




エボリューションフェーズでの重要なキーワードが、マルチサーファー。。




今の波に最高にマッチングしたギヤでサーフィンする。




千葉北の満潮時はマニューバーロング、干潮時はショート、、




由比ガ浜ではログ、、




BALIではスラスター、、




そんな感じです。




小波用のショートボードを出すくらいなら、ロングボードで十分対応可能ですからね。




実はその選択肢の多さこそが、ショートボード~ロングボード双方の技術向上、相乗効果を生み出し、結果としてサーフィンの上達に効果的であり、短期間で結果をもたらします。その効率性によりサーフィンの質が高まります。




そう、限られた時間、日にちで、集中してサーフィンをしなければならない自分にとって、マルチである事が究極の武器なのです。マルチでなければ達成できないのです。




そう、本日述べた事は、全て私がリーマンサーファーである事に起因します。




それは、常に波を選べる訳ではない、その日の、その目の前の環境下で、BESTパフォーマンスができるギヤでサーフィンをする事が最大の成長と信じている概念です。




それを波の性悪説と言いたいです。




波はいつも良いわけでは無い。休日の波がいつも良いとは限らない。というか、基本波は悪いのである。という考え方です。








しかし、ある一定の条件下において性善説が成立してしまうのが”海外のアウターリーフ”の怖いところです。


「波は常に良いのである。」という概念。


ありえませんよね??


だから、私の心を釘付けにするのでしょう(笑)




----------------------------------------


上記こそが、マルチサーファーであるべきだと思った最大の理由であり、プライドです。




スッと腑に落ちたのはそこです!!




その次に、




「なんでも乗れてかっこよいね!」となれば良い、、くらいです(笑)




とにかく、僕は、目の前の波にとって最適なギヤで、最高のライディングができるサーファーを目指します。




そう、結果として、何でも乗りこなせなきゃならんのです!!




時間は有限であるという側面からもね!!(笑)




そう。


良い言葉を思いついた。




私の目指すべきは、




「マルチーリーマンサーファー!!」




そう。




スッキリしました。




この名に込められた思い、概念、思想、具体的手法にプライドを持って頑張っていきます。




さぁ、頭が整理されましたので、後はやるのみですね!!




Y隊長

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。