おかえりなさい カミング・ホームのきよみです

 

〈人の優しさに触れて@コラージュセラピスト養成講座中級試験〉

 

先日の満月の日、スカイプで受講している

「コラージュセラピスト養成講座」の中級試験が、

神戸で行われました。

 

先生はHeart Grande」のshoko先生。

スカイプでとても的確に教えて頂いて、

いつかお会いしてみたいと思っていたので、

その日を楽しみにしていました。

 

コラージュは、フランス語で「貼り付ける」という

意味で、①切っても良い雑誌から②切りたい
絵や写真を切り取り、③台紙に貼るという
セラピーです。

試験ではコラージュをされているモデル
さんに
対して、色々お声かけをして気づきを促す

過程を先生がご覧になって合否を決めて下さります。

 

モデルさんはブログでお知り合いになった
心理カウンセラー☆Rieさん
思い切って
頼んでみました。すると、快く引き受けて
下さりました!

 

Rieさんは、とても楽しそうにコラージュを作成

されていて、貼り終わられた後に二人でお話し

する時間も充実していました。

 

Rieさんの作品(ご本人に掲載の許可を得て

掲載しています)。

 
 

先生からRieさんへのお声かけもあり、

そのお声かけにRieさんと私の二人で

感動♪

 

 

 コラージュセラピーをされてのご感想

 

セッションを受けてのご感想

・とても穏やかで癒しの空間でした。

・集中できて、なんだか子どもの頃に戻った

ようでした。

 

受けて良かったところを教えてください。

・心が温かくなって、癒されました。

スッキリしました。

 

どんな人におすすめしたいですか?

・なんだかモンモンとしている方におすすめです。

予想以上に力がでます。

 

*数日後、エネルギーが変わったとご報告頂きました。

 

 ・・・・・・・・

そして、先生から合格を頂きました!

 

これも先生とRieさんの優しさと寛容さが

あってこそ。私はただただ、引き上げて頂いたに

過ぎないです。心から感謝致します♪

 

今回の試験で、人の優しさに触れました。

人って、あたたかいものなんだなあ~と

感じました。

 

先生は試験会場選びを、私が慣れている会場に

することを許して下さり、あたたかいお言葉を

かけてくださるし、Rieさんは、モデルに快く

ご協力して下さり、フィードバックもしっかりと

して頂いて。

 

頼るのが苦手な私なんですが、思い切って

頼んで本当に良かったです。

 

コラージュは、医療現場でも使われるセラピー

なのですが、コラージュがあたたかいお二人と

引き合わせてくれたような気がします。

 

神戸は広島と近いので、また神戸に訪れ、

お二人と再会する日を楽しみにしながら

過ごそうと思います。

 
私もコラージュをして変化を感じています。
コラージュって面白いです。

これからも随時コラージュの魅力をお伝えして

いこうと思います

 
 
神戸は素敵な場所が沢山
ここマリアージュフレールもそう

 

おかえりなさい カミング・ホームのkiyomiです

 

〈水のように受け流していく~淡々と過ごす~〉

 

先日宮島の厳島神社がクローズアップ

されたTV番組が流れていました。

 
 
 

厳島神社の神殿の秘密を解き明かして

いたのですけど、印象的だったのは、

 

「神殿の床の板と板との間が空いていて、

水を逃がすように造られている」という

点でした。

 

荒い波が来ても、見事に水を逃がして

いる映像を見て、「私が望んでいる生き方」

を重ねました。

 

私たちは誰しも「感情」というものを

持っていて、時には助けとなってくれ

ますが、時には振り回されてしまいます。

 

ですが「感情」は水のようなもので、

流れていきます。

 

感情というエネルギーをただ感じて

味わっていくと、消えていきます。

 

なので、こまめにこの作業をして

自分の心をニュートラルにしていくと、

宇宙からのサインが受け取りやすく

なっていきます。

 

私たちは自分を生きるために生れて

きました。周りに振り回されるために

生れて来たのではないですものね。

 

水が流れるように受け流していき、

淡々と過ごしていくと、いつの間にか

自分が思い描いた現実が手に入って

います。

 

もちろん感動はありますけど、感情の

揺れの幅が少なくなっていくので、

楽に過ごせます。

 

楽=easeが私たちの本来の姿。

Diseas(病気)は、無理をしているというサイン。

 

自分の心に問いかけ、自分がしたいことを

してまいりましょう

 
 
 

宮島に関するシンクロが多発中!

近日中に宮島に参る予定に

 

今週土曜日のTV番組「ブラタモリ」→★

宮島が特集されます。是非ご覧ください

おかえりなさい カミング・ホームのkiyomiです

 

〈鏡(かがみ)から「我(が)」を取り除くと、神(かみ)になる〉

 

いつかは記事にアップしようとしていた
の鏡
「真美鏡(しんびきょう)」。

 
 
 

コンパクトミラーが欲しいと思っていた所

面白いコンセプトだったので、購入。

 

「そこにあるものを、ありのままに映す鏡。

『真美鏡』は、鏡が本来持っている性質に

注目し、独自の発想と工夫で周波数を高めた

鏡です。鏡を見ることで生じる内面への

気づきをより良い状態で得られるように

つくられています。

 

隠れていた良さが現われると、「自分の

ことを美しい」、「好きだ」と感じ、さらにまた

自然な笑顔が生まれ、その美しさが維持

できるようになります。」

 
 
 

購入後日々朝日を拝み、天照大御神に

感謝をした後、この鏡で私の瞳を見つめる。

 
 

だんだんと瞳の奥に「力強く静かな存在」

がいることに気づき、「私の魂よ、いつも

有難う」と感謝をして一日を始めることが

気持ち良くなってきて。

 

意識や心の在り方に抵抗が生じない状態、完全性」

へと導かれているよう。

 

すると、最近購入した本に次のような文章が。

 

「我(が)」を取り除くために、鏡を見るのも一つの方法です。

「古神道」には、「自霊拝(自立拝)」と呼ばれる鏡を使った奥義の行があります。

 

(中略)

 

「自霊拝(自立拝)」とは、鏡に映る自分の神性に向かって拝礼し、自己の霊性を

高めようとするものですが、これこそまさに自分の心に神が宿っているとする、

古神道ならではの考えに基づいた行だと言えるでしょう。

 

この行では、人間は修行して神になるのではなく、すでに自分自身が神そのもの

であるということ、そして、自分が神聖な存在としてふさわしい振る舞いをする

ことで神になる真に戻れるのだ、ということを教えてくれています。そして、その

ためにも、行において神と自分を隔てているものを取り除くのですが、その隔てて

いるものこそ「我」、つまり「エゴ」なのです。

 

これは、そのまま文字の上でも表現されています。

「鏡(かがみ)」という言葉の中央にある「我(が)」を取り除くと「かみ」になるのです。

 

板垣輝彦著「コトノハのシアワセ」より

 

 

 

そして、今週のメッセージは「いしこりどめのみこと」、

八咫鏡を作った神様。

 

 

「明鏡止水」が私にとってのキーワードと分かった後、

鏡に関するシンクロが続き、「内在神がいることを

信じなさい」というメッセージとも受けとれて


 

これからも自責を手放し、水に流すように許して

いく作業を続けます。

 

私は瞳の奥底にある静けさという魂を大切に

していきます