【広島】魂を癒すメッセージ「あなたに癒しと変容の花束をお届けする」kiyomiのブログ

生きづらさを抱えているあなたへ・・・
誰しも自分の中に答えが存在しています。あなたの無意識とつながり、「思い込みで出来たあなたの物語を書き換え、自由で笑顔になる」 お手伝いをしていきます。残りの人生、無邪気な子供のように遊びましょう!

【kiyomiの物語】


・広島で生まれ、生後まもなく愛知へ移り住む。


・幼少期は無邪気なこどもであったが、5才の頃から自分の孤独に気づき始める。感情や言葉を自由に表現できない緊張した家庭で育つ。


・学生時代は友達がほとんどいなく集団になじめず。家にいても居場所がなく、安心出来なかった。


・社会に出てからも適応が出来ず苦しい日々を送る。


・介護の仕事を心身のバランスを崩して辞めた後、10年かけて自分を見つめる。


・そんな中「無意識とつながり、思い込みから解放される」素晴らしさを知り、本来の喜びと笑顔を取り戻す。


今となっては懐かしい日々。

自分を生きてこなかった40年を経た今の私に出来ること。


それは、あなたが笑顔になるお手伝い


・自分の良さを知りたい。
・こころのもやもや、すっきりしたい。
・後悔のない人生を送りたい。
・自分らしく生きたい。
・思い込みを手放し、自由に生きたい。
・人間関係のこだわりを手放したい。

・孤独感を解消したい。


クローバーそんな生きづらさを抱えているあなたへ・・・

「あなたの物語を書き換え、癒しと変容の花束をお届けします」



・セッションの詳しくはこちらから

★対面     

→★メール

→★ご感想      

   


cominghome0408@gmail.comまでお気軽にお問合せ下さいね







テーマ:

おかえりなさい カミング・ホームのkiyomiです

 

〈豊かさは自分を受け取ることから始まる〉

 

私たちにとって、豊かさってなんだろう?

お金?家?車?宝石?洋服?

一昔はそうだった。

 

あなたの外側のもので自分を満たすのも

いいけど、あなたの内側に既にあるものに

気づくと、喜びがやってくるんだ。

 

あなたの内側に既にあるもの。

それは大いなる宇宙という源からの

プレゼント。

 

あなたはどんな性質を受け取っている?

 

あなたは無邪気で純粋な子どものよう。

その純粋なエネルギーに同調すると、

あなた自身を表現したくなる。

 

あなたというメッセージを伝えたくなる。

 

宇宙はあなたというプレゼントを創った。

そのプレゼントを受け取るのはあなた。

 

そう、豊かさは自分を受け取ることから

始まる。そして今ここのかけがえのない
あなた
というプレゼントが誰かの手に
渡っていくことに喜びを感じ始める。

 

2016.6.24 kiyomi

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おかえりなさい カミング・ホームのkiyomiです

〈水の妖精「睡蓮」に癒されて〉

先日、広島の極楽寺山の蛇の池の睡蓮を
見に行ってきました

私は、毎年ここの睡蓮に会うのを楽しみにして
いるんです

 


その日は小ぶりの雨で、霧が立ち込め
幻想的な雰囲気でした

 


山、池、睡蓮の相乗効果のため とても
清々しい空気で、思いっきり深呼吸をして
癒されました

睡蓮は、外国では「水の妖精」と言われて
いるんですって ぴったりですね

色とりどりの睡蓮。

 
 
 
 
   
私はこの子が好き
 


睡蓮って、泥の中から咲くと言われていて、
思わず自分の境遇に重ねてみてじ~んと
したりして。

ホント、何でも栄養になって花を咲かせる
のでしょうね 

今年もここに来れた喜びを味わいつつ、
また来年にも会おうねと水の妖精にお別れを
しました

ある日曜日の午前。ほっこりとした時間を
過ごす幸せ
これからもこんな時間を大切に
していきたい




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おかえりなさい カミング・ホームのkiyomiです

 

〈もったいないという言葉の罠~私はせこかった!~〉

 

私は長い間恐れの中で生きてきました。

その長い間で習慣になってしまったことが

あります。

 

キーワードは「過剰」

 

自分を守るために

・過剰に思考する

・過剰に話す

・過剰に行動する

 

ことをし続けてきました。

(まるで生きるために沢山蓄え冬眠をする
動物のようですね♪)

 

過剰なため、体も重かったです。

どよ~んと怠い日が続いていました。

 

こんな状態はもう沢山!と思い、

いったん今までに学んだことを捨ててみよう

と思い立ちました。

 

本やネットの記事を読むのを減らしてみました。

すると、さらに過去の自分が思い出されたの

ですが、それは・・・

 

「もったいないという言葉にふりまわされてきた」

ということ。

 

以前私は介護職をしていました。

勉強をしながら特別養護老人ホームに勤め、

通信の大学を5年かけて卒業し、社会福祉士に

合格しました。翌年は介護福祉士も合格しました。

 

はたから見たら、介護のプロですよね。

ですが、私は介護という仕事は向いていない

ことに気づいたのです。

 

仕事を辞めるには10年かかりました。

燃え尽き症候群という「過剰適応」で。

 

介護の仕事を辞めるというと、周りから

「もったいない」という声がやってきました。

 

でも私はもう「お腹がいっぱい」なので卒業

したんですね。

 

私は合わない仕事をして充分苦しんだから、

もう好きなことをしていこうと思えたんです。

 

世の中には東大卒でお笑いをされていたり、

医者から大道芸人に転職されている方もいます。

 

はたから見たら「もったいない」ように見える

のですが、本人にしたらただ自分の魂が導く

道へと進んでいるわけで、周りがどうこういう

ことではないのでは?と思うのです。

 

「もったいないという言葉の罠」。

私も自分に対して「せっかく学んだから」

という声をかけているのに気づきました。

 

私はせこかった!小さい人間になるところ

でした~♪

 

今まで学んだことは私の血となり肉となっている。

細胞や遺伝子まで影響を及ぼしている。

 

捨てることに罪悪感を持つ必要がない。だって

私めちゃくちゃ豊かだし(^^)

(特に感情の豊かさはハンパないです♪)

 

ということで、「もったいないという言葉の罠」

から気づけたことは、「私は充分に私に見合う分

だけ持っている。」ということ。

 

意識というちっぽけな可能性よりも、無意識という

無限大の豊かさ、可能性に身を任せるしかない。

 

その方がずっと面白い展開にであえるから。

もう本音で生きたいから(^^)

 
 

良い一日を~ 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)