こんにちは だいぶご無沙汰していました。

 

10月の相談会は本日までと 今週末10/8(土)~10/12(火)で

開催いたします。

 

相談会では 毎回 多くの足にトラブルを抱えた方が来店頂いています。

 

人間、せっぱつまらないと行動しないものです。

ついつい先伸ばしてしてしまいがち

 

永く足の痛みに悩まれているお客様ほど

「もっと早く来ればよかった」と言ってくださっています。

 

先日、来店された右足に麻痺があり靴で長年悩まれて方に

特注なインソールを製作いたしました

足首の固定を目的としたインソールになりますね、足首に力が入らないので

靴とインソールで固定するようにいたしました。

 

外踝側にそそり立つ壁で足首が支えるように調整されています。

 

靴はハイカットブーツで足首を安定させ歩行しやすくいたしました。

 

一品ものですが 製作時間は1時間ほどでした。価格は1万円(税別)

 

このような仕様のインソールは脳梗塞や足首の関節炎で

足首が不自由になってしまった方でも市販のシューズを可能です。

 

 

 

 

 

AD

外反母趾やひざ、足裏の痛みで悩んでいる人のための

無料相談会9月 開催


***************************


開催日 9/3(土)、4(日)、5(月)、6(火)

9/10(土)、11(日)、12(月)、


開催時間 :10:00~19:00


開催場所 てくてく館 店内




「足にあった靴がほしい」「足が痛くて靴が履けない」など

相談会には 足で悩まれているお客様が多くご来店いただいています


特に最近は 足底筋膜炎や慢性足関節不安症など

歩くことが困難になってしまい来店される方も多く

靴やオーダーメイドインソールをご用意することで

痛みの軽減や歩行の安定が報告されています



相談会開催日は 混み合い時間帯があります


当店では お客様からのご要望をお聞きし、分析や説明に時間を大切にしています


一人のお客様に1時間~2時間要することもございますので

来場の際は お時間に余裕をお持ち下さいますようお願いいたします。


事前のご予約もお受けしています


また、相談日開催日以外でも 受付させていただいています

その際は お手数でも ご連絡いただけますようお願いいたします。






AD

外反母趾やひざ、足裏の痛みで悩んでいる人のための

無料相談会8月 開催


***************************


開催日 8/20(土)、21(日)、22(月)、23(火)

8/27(土)、28(日)、29(月)、30(火)


開催時間 :10:00~19:00


開催場所 てくてく館 店内





秋の旅行シーズンを控え

多く歩く機会があっても足元が快適であれば 膝や腰への負担が軽減できます。にひひ


またウォーキングやジョギングを始めたけど 膝や足の痛みが気になっていりるとか

もしかすると シューズがあっていないのかもカゼ



普段から自分に合ったシューズを履いてウォーキングやジョギングをしておけば、

膝の痛みや足裏の痛みも心配がないですよね合格


通勤や通学で 足が痛くなってしまってしまった方


パンプスやローファーを快適にしてみませんか!


無料の相談会ですので お気軽にご来店ください。

AD

ユーザー情報

てくてく館でインソールを作成している龍ヶ崎二高バスケットボール部 水晶さん、楓さん、さゆりさんがインターハイ茨城県予選にて決勝で残り10秒で逆転勝利し、インターハイ出場を決めました。1年生ながら53人の部員の中から18人だけ着れるユニフォームをゲット!!

水晶さん、楓さん、さゆりさんが決勝にも出場しました。ダイジェストですが、イバキラTV に掲載されてます。

外反母趾やひざ、足裏の痛み・モートン病で悩んでいる人のための

無料相談会6月/7月 開催


***************************


開催日 6/25(土)、26(日)、27(月)

7/ 2(土)、 3(日)、 4(月)


開催時間 :10:00~19:00


開催場所 てくてく館 店内


 

「モートン病」


足指つけ根の関節の第3趾と第4趾(中指と薬指)間の

二本の神経が挟まれて圧迫され炎症を起こし、痛みを生じる神経障害の一種を言います


常に小指側を圧迫される靴や立ち方・歩き方の影響が大きいです


一般的に痛みを感じで間もない方でしたら

靴やインソールで症状を軽減されることがあります


熱感があり足が腫れ上がりっている状態では 足の安静が必要です





一度痛みがでると、症状を緩和するには時間が掛かるため

定期的に 足の負担具合を歩き方やシューズ・インソールなどで

チェックする必要があります



画像は仁野千香(整形外科) さまから 参考にさせていただきました。