1 | 2 次ページ >> ▼ /
Wed, November 30, 2005 01:23:02

前へ

テーマ:ブログ

土曜日以降、様々な方々のブログを見させてもらった。

自分のエントリーにTBを寄せてくれた方々からリンクしていき、

ヴェルディサポーターのほかにも他チームのサポーターのブログ、

はたまた他ジャンルのブログ等にも派生した。


降格という事実は、確かにつらい。


まだこの事実を消化できない人もいれば、既に自分の中で消化して、

次を見据えて動き出す人もいる。


この経験を本当につらいものにしてしまうのか、

それとも5年後、10年後に


「06年度は苦しかったけど、あそこで頑張ったから今がある」


と笑って振り返ることが出来るものにするのか。


全てはこれからにかかっている。


Verdy must go on.


そう書いていたサポーターの方のブログがあった。

そう、前へ―



木曜日は立川と京王永山で今年最後の試合告知活動。


今年一年の締めくくりであり、一年後に笑うための第一歩として。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
Mon, November 28, 2005 01:08:14

George Best

テーマ:サッカー全般

フットボール・レジェンズの一人であるジョージ・ベスト氏が亡くなったのをうけ、

この週末のプレミアシップでは、全試合で試合前にベスト氏の追悼を行なっています。


特に彼が在籍したマンチェスター・ユナイテッドはアウェーでウェストハムユナイテッドとの

対戦ですが、試合開始前に、ピッチサイドでウェストハムの伝説的スターであるトレバー・ブルッキング氏と

ジョージ・ベストと共にプレーした、伝説の「キャノン・シュート」ボビー・チャールトン氏による

ベスト氏へのはなむけの言葉が贈られ、1分間の割れんばかりの拍手が送られました。


改めてこの国のフットボールに対するリスペクトの深さを感じました。



ジョージ・ベスト氏のご冥福をお祈り致します。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
Sun, November 27, 2005 23:37:06

立川にて

テーマ:ホームタウン

降格から一夜明け、今日は多摩都市モノレールの立川北駅側のパークアベニューにて

これまでスタジアムで掲げてきた、ビッグフラッグをビルの壁面に掲出しました。


本当ならば残留に向けた最後の願いを込めたイベントとなるはずでした。

それでも、掲出する午後4時前にはサポーターの皆様が続々と集まってくれ、

いつしか30分の予定の掲出が、午後5時まで延びました。


最後は、「東京ヴェルディ!」のコールの中、ビッグフラッグはスルスルと引き揚げられて

姿を消しました。


集まってくれたサポーターの皆さん、ありがとうございました。


そして掲出に尽力頂いた関係諸氏の方々、御礼申し上げます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
Sat, November 26, 2005 23:09:49

応援して下さった皆様へ

テーマ:ヴェルディ


・・・・・何も言葉が出てきませんが、


チームがどんなに苦しい時でもスタジアムや練習場で


応援してくれた全ての皆さん、本当にすみませんでした。


来年、必ず一年でJ1に復帰出来るように頑張ります。



どうか、また一緒に闘って下さい。



いいね!した人  |  リブログ(0)
Fri, November 25, 2005 20:40:54

俺らのチカラ、見せてやれよ

テーマ:ヴェルディ


明日の柏レイソル戦。



まぎれもなく決戦。



も△もない。○だけが求められる。聞こえはハードだが、やることは明確。

選手はひたすらに勝利のみを追求する。そしてサポーターはありったけの声を

振り絞って90分間声の波動で選手と共に戦う。そう、共に戦うんだ。



明日午後1時の開場後、アウェーゴール裏のコンコースで、ヴェルディサポーター

による統一応援に関するミーティングが開かれると聞いた。

団体に所属している人も所属していない人も分け隔てなく、選手と一緒に戦う

気持ちのある人だけが参加資格だそうだ。



これまで皆が統一応援の必要性を感じてきたのに、話が二転三転して進まずに

来たのは何が原因なんだろう。応援団体間の確執?応援に対するスタイルの違い?

もしもそれが障害となってきたのなら、

ひとまずそういう考えを捨ててまっさらな気持ちで向き合おうよ。

みんながそれぞれちょっとずつ我を捨てて、我慢して周りと合わせないと

統一応援は無理ではないか。

それだけ大勢の人間が集まって一つのことをするのはとても大変なことだと思う。

ストレスもたまることもあるし、楽しいことばかりではないかもしれない。


でも、一緒に戦うってそういうものじゃない?


チームだって、選手一人一人が好き勝手なプレイをしていては、とてもじゃないけど勝てない。

チームとしての約束事があって、皆が自己犠牲の精神で頑張るから勝利が得られる。

自分が我慢して苦しんだ分、勝利の味は格別なんだ。


ヴェルディは今、苦境に立っている。



選手、コーチングスタッフ、フロントががむしゃらにやるのは言わずもがなだ。

4年前の残留争い時には、エジムンドというカンフル剤が入り、ラスト5試合で

勝点10を得て残留した。

今回、エジムンドはいない。でもエジムンド級のカンフル剤があるはず。



それがゴール裏の応援の統一。



思い出してみよう。

レアルマドリード戦のときのことを。


サンバとチャントとが融合した、チカラ漲る応援を。


今ここでサポーターの力が必要なんだ!

今ここでやらずにどこでやるんだ!!



だから、俺らのチカラ、見せてやれよ!








いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。