続きを書くと書いておきながら、仕事の日を挟むとポッカリ空いてしまいました・・・。

仕事の日は毎回、前日から子供達の朝食・夕食を考えて準備したり部屋を片付けたり、子供達が健康で何事もなく私は仕事をしていられるのか、

当日は当日で早朝から忙しくして、仕事中は保育園や小学校から呼び出し連絡はないか、ハラハラ・せかせかしっぱなしです。・・・

 

チューリップピンクチューリップ黄チューリップ赤

 

ここで話の続きですが、翌日が仕事というときに3番目ベビが熱を出し、

私は前回書いた理由で、なんとかなるなら仕事に行かねば・・・という考えなので

パパは仕事が休めないの? 聞いてみました。

協力的な夫は、スケジュールを確認してくれました。

でも、それまで準備してきた大事な会議が目白押しの月末だったのでとても無理とのこと・・・。

 

普段から協力的でいてくれるので、彼が無理と言うなら無理なんだろう。と、すぐこの案は諦めました。

 

病児保育もファミサポも無理で、もう仕方ない!と、

1時間強のところに住む私の親に電話しました。電話 (義実家はもっともっと遠方)

このとき、もう22時くらい。

ベビちゃんは寝てて、熱は、変わらず38,5度くらい・・・しょぼん

 

「こんな時間にどうしたの? 珍しい。 何かあったのね?」

 

そう母親の言葉を聞いて、状況を説明しだしたら、もう泣けて来てしまいました。あせるあせるあせる

 

 

週数回でも仕事に通えないほど、3児の子持ちで核家族で主婦が仕事をするって大変なことなの? 本当に? 

親頼みじゃないと会社勤めは出来ない立場なの?

子供が可哀想だし、私は自分が情けない・・・

 

 

そんな、ぐちゃぐちゃした考えでした。

やはり用事を入れてて忙しくしている私の両親。

一旦、「お父さんと予定を調整できるか考えるわ」 と切って、しばらくすると父親から電話があって、

 

「朝、何時の電車なの? それまでにそちらに行って、3番目ベビを連れてこっちの家に帰って、お母さんとバトンタッチする。」

 

 

と伝えてくれました。 私は泣きながらお礼を言いました。 

高齢の父が往復2時間以上かけてベビをうちに迎えに来て、その後に用事ですぐ出かけるということ・・・。 車

電話を切ったあとは、申し訳ないのと有り難いのと、

私が仕事を始めたばっかりに・・・という気持ちで、声をあげて号泣してしまいました。あせる

 

そこで、夫は

 

「会議の1つは抜けられるから、17時くらいに会社を出て私実家に行き、3番目ベビを迎えに行くよ。 そのまま一旦家に帰る。 次の会議は電話会議で出来ると思うし。」

 

 

と提案してくれたけど・・・ 会社と私実家は、真ん中に我が家があって正反対なので、これも往復3時間の話です。車

なんか、大事(おおごと)に・・・ビックリマーク ショック! 

それしか方法はないのかな?ないよね・・・と、思っていました。

 

 

でも、そうこうしている内に、23時ごろにはベビちゃんの熱が39.0度まで上がりました。

ここで、私はフッと、

 

「辛いねベビちゃん。 熱が出てて長い移動は嫌だね。 

ママと一緒に、おうちでゆっくりしてるのがいいよね。 ママといたいんだよね。」

 

と、私が休めば万事OK、会社には後からしっかり謝って、その後の仕事を出来るだけ頑張ればいいじゃないか・・・ と頭の中が落ち着いたのです。

 

!?

 

夜中0時ごろに36,7度 とストンと熱が引き、 その後は何度測っても36,6~37,0 くらいで平熱よりやや高め? くらい。

しかも朝、起きたら普通に元気で、朝食は完食。アップえっえっえっ  え?何?なんだったの?

 

OK、OK! これなら、保育園に行ける!(本当は熱の翌日はまだ波があるかも・・・と、それまでの過保護な私なら休ませていたのですが)

 

万が一、途中で呼び出されることになっても、ファミリーサポートの規律

「最初から熱がある子は預かれないけど、

朝が元気だったら途中で具合が悪くなったお迎えも引き受けることが出来る」

という

イマイチ「?」なお役所が決めたルールがあるので、ファミサポ(ご近所のヘルプ)が使えます!!  

保育園も仕事も行けるー!準備しなきゃー!お父さん、わざわざ来なくていいよー!

 

 

と、いつ呼び出し電話がかかってくるか心配で仕事中に何度もスマホを確認したものの、

結局、一度もかかってこなくて、 べびちゃんは病み上がりの1日を乗り切ってくれました。

 

私も めっちゃ寝不足  ではあったけど、なんとか1日普通に勤務できました。

 

・・・ 子供の体調は本当に分からない!! 

 

と、結局 私は今のとこ子供を理由に休まず勤務できています(まだ2か月) 。

でもこの先いつでもあり得ることなので、せめて勤務中は・・・と、しっかり仕事を頑張っているつもりです。 こんな、慌ただしくも何事も無かったかのように勤めていた日の顛末でした・・・。

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございましたブーケ2

 

AD