時代の刻印









猛暑お見舞い申し上げます。


自分はと申しますと、フリーランサーとして

の作業と、アルバムづくりに追われる七月。



そんな中で、ふと気附きました事が御座います。

私達、大人が行ってる仕事。音樂や美術で、あろうが、

他の技術職や研究職 他で、あろうが、“伝え、伝えてゆく”、

それを突き詰めますと“生きる・活きる”行為では、ないかと。


善きものを自分自身の皮膚感覚で知った。善き事の施しに

逢った。善いと実感できるモノやコトが創れた等々、おそらく

一番に厳しいであろう自己の審美眼に照らし合わせた上で、

生まれた現象は生命そのもの、また確かな自身の息吹かと。


今回も、プレ・ファースト・レコーディング・アルバムですが、

完売してしまいました、プレ・ファースト・ライヴ・アルバムは、

どちらかと申せば、ライヴのノリで御購入たまわった感じが

大きく、正直に記載いたしますと「よいんかなぁ。。こんなんで。。」

と云う忸怩たる気持ちが御座いました。同じ事を繰返しては駄目。



自分の生き様、今ある生命の証、生き映しと成り、人々に伝え

なければならない自身の体験という意味で、アルバム・タイトルを

あーだこーだの末、“生命(いのち)”に決定した次第で御座います。


短距離走やマラソン感覚で、暗く長いトンネルを走っている気分。

原盤(前回はワケわからず原盤まで販売してしまったゆえ。。。。)

完成の暁に必ず訪れる爽快感とLIVEへの展望に自分自身、期待いたしまして。


        西暦 2015年 7月15日(水曜) 吉日  出張先より


                            矢坂 ゆうげん 拝




Hop.-Set.

現代の超高度・情報文明化社会に於きまして、地球表層で様々な事が

起こり出してから、約15年が経過いたしました。


人災・犯罪・戦争・天災・羅災・放棄・忘却 他の現状は、いつになれば収束の時を迎え、人間は欲望を抑制し、まずは地球環境の総点検、そして復旧に向かうのでしょう。

本日、深夜の関東圏域気象で、2015年度は益々わからなく成りました。

ただ、同じ地球民なら自身に置換えて気附かれ、事に対処する気持ちが、ごく自然な感性と感じます。信じて行くのみです。



来週は、いよいよ(ホント延び延び。。)アルバム録音。歌録りは相当に悩んだ末、人様のStudioを御借りする事と相成りました。


と、、此処で、、、、コーラス・プランを失念している事に氣附きました。。。。あーーーー~~~~



そしてそしてそいでほんで、約4年ぶりの公演慣行。出来れば、レコーディングをスッとばしたい。。


ゆうげんのブログ ゆうげんのブログ

ゆうげんのブログ


その前は2009年9月の愛媛音楽彩ですゆえ、なんと怠慢な歌手なのでしょう。



2015年、氣を、あらたにして、地球生命の様々な想いに寄り添わせていただいたつもりで、

此の15年もしくは17年の間に制作いたしました、『 自 由 』や『 星 座 』を歌唱させて戴く所存です。矢ったるでー!


https://www.youtube.com/watch?v=k8CTcOJhRMc
ゆうげんのブログ ゆうげんのブログ


温泉と音線

ファースト・レコーディングアルバムが段取りついたとの

記述から、もう一年一カ月。事務所を音楽STUDIO仕様

のレイアウトに変えてしまい、ひたすら、曲・曲・曲制作。。


ただでさえ、数年前に数えた程度だけで類推すると、

四千曲程(もちろん、16小節程度のフレーズどまりも有り。)、

あるのに、つくり続けるサガは止められないのだろうか。


誰かが言ってたけれど、曲が生まれた感動を観客の方と

分かち合えるのがLIVEの場だと。しかーし!どこかで、

線を引かなくては成らない!という事で?温泉に行って来ました。


文庫本と何が入っているのか解らない自身のM.D.とデジカメ以外

は、なんにも持たずに。あれですな。文人きどりですな。


兵庫県の湯村温泉と鳥取県の三朝(みささ)温泉を巡る行脚。


三朝は御仕事で何度も訪れている事もあり、馴染みの温泉。

湯村は、中学生のユース・ホステル以来だから、40年近くぶり?



湯村温泉。いーです。泊りは、佳泉郷いづつ屋という著名旅館



でしたが、シングル・ユース朝食付き八千円。いーです。

十二分に元は取ってしまいました。ふと聴いた自曲の

録音。これがまた自画自賛ですが、いーんです。




この後、三朝にて雪の洗礼を浴びましたが、いい加減に

しないと、生涯、アルバムは出来ないゆえ、先程十曲に

絞り込みました。ついでにインストロメンタル・アルバム

十二曲も。。いつなんでしょう、いつなんでしょう。諸々の

プロダクトも整備して、5月の連休明け!さ、作業に戻ろっと。

想意


私は何故か、ウサギさんに惹かれます。


人生の中で、始めて役割を担当したのが、


ウサギさん係だったのかも知れません。



奄美のクロ兎さんは、御存知の通り天然記念生物。


因幡の素兎(こう呼称するそうです。)さんは、古事記

に記述されていますが、鳥獣戯画と同様、擬人化され

ている要素が大きいと感じますが、何故かウサギさんを

私は、とっても人間的だと感じてしまうのです。記述し始め

ましたら、超長文化してしまいますので、今回は割愛します。




残念ながら、もう閉鎖されてしまいました宝塚ガーデン

フィールズで、時間や我を忘れてウサギさん達と戯れました。


哀しい事ですが、モルモットさんの寿命は最低10年ある

そうです。




少し前までは、野兎さんが自由に自然の中を駆け巡っていた

時代。そんな時代に回帰したいと、つくづく想う今日この頃です。

立春胎動

 立春ですね。



律旬、凛瞬とも、想わず自省してしまいます今日この頃。




これからは二十四節気にての投稿を心掛けるのも善い

のかも知れません。(あまりにも不定期ですゆえ。。)



とはいえ、ようやくファースト・レコーディングアルバムの

段取りを修了する事が出来ました。


永かったですね。怠慢でしたね。後は、ヘッドフォン恐怖

症候群をクリアせねば、なりませんねー。


予算取りの都合上、実質5曲に絞り、Over tureとEpilogue

インストロメンタル??楽曲を入れて無理矢理に七曲と

致しました。あー、はやくライヴを催行したい!そんな日々です。

P.C..音源

 はたまた、期間が空いてしまいました。

異常気象の夏も過ぎて、秋の気配と油断

していたら、まだまだ蒸し暑さが残る秋。


ただ、虫達のハーモニーは素晴らしい。


最近、苦手だけれども、コンピューターによる

音楽制作とユー・チューブへの試験的投稿を試行してみました。

正直、音樂はフィジカルに、何よりも活動的に行いたい今日この頃、

世情や地球的情勢を含め、いろんな事を考えさせられる秋の宵です。