テーマ:よくある恋愛お悩み相談
2005-02-04 13:32:06

Q 美容師さんに片想いしてます。

片想いだけど、本気で美容師さんのことを好きになりました。でも彼はすっごくカッコイイし、話も面白いし、とてもモテると思います。わたしのことをただのお客にしか見ていないとは思うけれど、会話の中ではちょっとわたしに気があるのかなーと思うようなことも言ってきたりして、期待してしまいます。
でもお店ではお客さんとの恋愛は禁止らしく、一緒に遊びに行ったりできないから…と言ってくるので、二人の距離を縮めることができません。どうしたら美容師さんとつきあえますか?

Q 彼にとってあなたはお客さん。

こんにちは、「よくある恋愛お悩み相談 - AriGAchi -」のカウンセラー「 - 名前はまだない - 」です。
読者数はゼロだけど(;_;)ランキングが上昇するのを夢見て、がんばって書き続けようと思います。

さて、美容師に恋をする女の子って結構多いんですよね。
わたしは個人的に美容院はキライなのですが…だって、美容師の男はみんな慣れ慣れしいし、勝手に触ってくるし…(いや、それが仕事か…)、頭悪そうだし…(ってただの個人的偏見なので聞き流してくださーい。)

さて、彼らの職業は美容師ですが、美容師の使命は、お客さんを心地良い気分にさせる…です。

単に髪をセットするではないんですよ。

イケてる?髪型にカットして、鏡の前で惚れ惚れ?させて「お客さんを心地良い気分にさせる」楽しいトークで「お客さんを心地良い気分にさせる」もしかしてこの美容師さんわたしに少し気がある?わたしってイケてる?と思わさせて「お客さんを心地良い気分にさせる」のが仕事です。

そして彼らは自分を指名してくれるお客さんを増やして、ナンバーワンカリスマ美容師(死語)を目指すのです。

あれれ?なんかこの職業、何かに似てる…。

彼らは接待のプロなのですから、「お客さんを心地良い気分にさせる」のは基本なのです。それをお客さんが、どう勘違いしようが、それは彼らの責任ではありません。
お客さんの方もそこらへんについてはうすうす感じてはいるんですが、それでも「もしかして…」みたいな妄想を振り切れないんですよね…きっと。

いわゆる需要と供給のバランス

で、もし彼にお客さんではなく、ひとりの女性として見てもらい、彼女の座につきたいのなら、やることはひとつ!!

お客さんをやめる

ことですよね。

そうすれば、二人でお店以外でも会えるはずだし…。

それがもし出来ないのなら、あなたは心のどこかでわかっているはず。
彼があなたのことをどう見ているのか。
そして、彼との恋愛がうまくいく確率がどれくらいありそうなのか…。

こちらのお悩み相談のコンセプトは「現実を見る」です。
夢を見たままでいるのも、あなたの自由。
現実を見て、何かを選択するのもあなたの自由。

恋愛って勝手にひとりでイメージして、うれしくなったり、悲しくなったりするのも、楽しみのひとつじゃないかなって思います。

人生のスパイスとしてうまく使えれば、あなたも恋愛の達人ですね!!

※こちらに書いてある、お悩み相談内容は、すべて架空のものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:よくある恋愛お悩み相談
2005-02-02 14:21:03

Q 彼女のいる彼を好きになりました

はじめは彼に彼女がいると言うことを知らず、それまでは結構頻繁にメールの交換もしていたのですが、彼に彼女がいると知ってメールをするのはやめようとわたしから彼に言いました。けれど彼はメールをやめたくないと言ってきて、結局メールの交換は続き、それから二人で逢うようにもなりました。※からだの関係もあります。
彼はわたしのことは好きだけど、彼女のことも好きだし、結婚話も出てるから、彼女とは別れられないといいます。わたしは彼のことはあきらめた方がいいのでしょうか?

 あなたはセカンドなんですよ。

こんにちは、「よくある恋愛お悩み相談 - AriGAchi -」へようこそ!!
わたしは某所で(恋愛)カウンセラーをしています、「 - 名前はまだない - 」です。
イキナリ、「あなたはセカンドなんですよ」のひとことではじめて失礼しましたが、結局現実を見てしまえば、そうなんですよね。

この言葉、あなたは100%否定できますか?

彼の気持ち、わからなくもない。
人は誰か一人しか好きにならないようにプログラムされているわけでもないですから。同時に二人の人を好きになることだってあります。いや、三人だって、四人だって、十人だって…ヽ(-_-;

でもね、やっぱり人ひとり、しっかりと面と向かえる人は一人だけじゃないかなってわたしは思います。もし、誰とでも同じくらい面と向かい合ってるっていう人がいたとしたら、多分その人は誰とも向かい合ってないのだとわたしは思います。

彼があなたのことを本当に一番に好きなんだったら、あなたと付き合って彼女をセカンドにするんじゃないかな?
そんなことはムリ?
ってことは、やっぱり彼は彼女を失いたくないんです。
彼女がいるからと言って、もしあなたが彼から離れていったとしても、彼はあなたを引きとめるかもしれないけれど、彼女を捨ててまで、あなたを自分の彼女にしようとは思わないのです。多分ね。これが現実…。

どうせなら、あなたを自分の彼女にしたいと思ってくれる人を見つけたほうが幸せになれるんじゃない?と、わたしは個人的にそう思います。

まーあきらめるのはなかなか苦しいでしょうけどね。
もう、好きになっちゃったんだからね。

でも、これが現実…。

セカンドでもいいというのなら、彼といかにラブラブで過ごせるか考えることに一生懸命になればいい。
セカンドがいやだというのなら、彼につめよって彼女にしてもらうためにがんばればいい。
そんなことするくらいなら、他の人を探すぞって思うのなら、出会いを求めにいけばいい。

答えは簡単。でも、これがなかなか割り切れないのが人の心よね。

とにかく、彼がどう思うとか、思わないのかではなく、あなたがどう思うか、どうしたいかを考えて、それを行動にうつしてみましょう。

あなたの人生は、あなたが生きる道なのですから!!

※こちらに書いてある、お悩み相談内容は、すべて架空のものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。