富士山に登る

テーマ:

 

本日は山の日。ということでこの前登った富士山の写真をUPします。

約2年ぶりの登頂。

 

富士吉田口を12時にスタートして本8合目の富士山ホテルに着いたのは17時。

 

僕はあんまり高山病にかからないんだけど、ホテルに着いた時にはひどい高山病で食べ物は喉とおらないし、頭カチ割れるかと思うくらい痛かった。 ま、前日徹夜だったんで😅

 

一緒に登ってた2人は元気で、ホテルの夕食のカレー、僕の分までキレーにたべてくれた。

 

本当は食べたいのに食べられないし、体調絶不調なので、5時半にはふとんに入る。

 

12時頃空腹で目が覚める。睡眠をとると嘘のように高山病が治ってた。やっぱり徹夜はいかんね笑

 

全く寝れる気配がないので、食堂でラーメンとみそ汁をすする。1000円也

 

 

ディズニー以上だわ笑

 

翌朝は奇麗な雲海が出迎えてくれた。3200mのホテルからだけど、十分奇麗だった。

 

だいたいの人が山頂で日の出を見るべく2時頃宿を出発してたけど、お宿からで十分

 

 

朝6時頃出発して山頂を目指す。昨日元気だったうちの1人が逆に高山病にかかりはじめる。「大変だね。頑張って」って声はかけるけど、昨日のカレーを美味しそうにたべていたことは忘れない😏

 

9時前には山頂に到着。この日は雲が多いながらも360度のパノラマが迎えてくれた。

 

関東〜東海地方にかけての地形や町の様子がよく見える。地理学科出身の私にはたまらない光景。富士山に登る大半の人がご来光を見たら下山しちゃうけど、富士山の山頂来たらぜひ御鉢回りして360度の大パノラマを楽しんでほしいと思う。

 

山頂から吉田口までは3時間半で降りてきた。まー早い笑

 

最後は河口湖畔の温泉に浸かって帰って参りました。

 

あ〜やっぱ友達と山に登るってのはいいな〜😆次の日からの筋肉痛を除いてわ笑

AD

五月晴れはドライブでしょ!

テーマ:


五月晴れ(さつきばれ)は文字通り「5月のさわやかな晴れ」という意味ではなく、旧暦の5月の晴れ間つまり「梅雨の晴れ間」という。ただ、(ごがつばれ)と読む場合は5月の爽やかな晴れをさす。

関東では「ごがつばれ」が続いていて僕の旅行センサーが「今行くべきだ。最高のロケーションとドライブができる!!」と林先生もびっくりの「今でしょ!?」を発していた。NHKの天気予報も僕と同じように「この週末が最後の晴れ。その後は梅雨入りかもしれない」と言っていた。流石NHKわかってるな笑

出発することが決まった。

・・・どこに行こう(^^:)

行き先に悩んでいると新潟に住む佐藤君が「三条で登山のイベントあるから来ない?」と。新潟に行くことが決まった!



仕事終わり23時自宅出発。ナトリウム灯が等間隔で並び行き先を照らしてくれる首都高中央環状線を通り、高速代をケチケチするために17号の上武道路を通る。深夜1時から2時間生放送の「ジャンク」を聞きながら走るこの時間が本当に好き。

深夜3時、体力の限界を迎えて17号の道の駅太田で車中泊。

新潟まで下道で行く為には6時に起きなくてはならないが・・・お約束の寝坊笑。車内の暑さに苛まれ、寝坊したことに気づき嫌なことのダブルパンチで最悪の目覚め。

だが、焦らない。僕は遅刻のベテランなので、焦らずにとりあえず佐藤にTEL。つきあいの長い佐藤さんは遅刻すら想定通りだったようで、「がんばって来て」と暖かい言葉をかけてくれた。

遅刻確定の罪悪感が若干緩むと、比例してお腹が若干減ってきた笑

時間短縮のために乗った上越自動車道谷川岳SAで名物のモツ煮定食をいただく。なんのために高速乗ったのかわからなくなったけど、とりあえずメッチャおいしかった笑



1時間遅れで佐藤とその連れの方と合流。アウトドアグッツ販売の「Snow Peak」本社で開かれたイベントに参加。

イベントでは商品の展示即売会の他、新潟の食材を使った出店や餅つきなんかもしていた。僕らは出店でご飯を買って、地図を広げて「どこに行きたい」ってことを永遠と5時間話して終った。結局ご飯たべただけで終っちゃった笑

5時間話してると腹がへるもんで、佐藤の地元の「杭州飯店」という新潟で有名なラーメン食べた。醤油ベースの背脂チャッチャ。面は手打ちのかなりくたびれた感じなんだけど、それがスープによく絡んで超旨かった(>ω<)



食後は佐藤のお連れさんの忘れ物を新潟駅に届けて、伝説の方と出会い、北へ向けて移動開始

そろそろ体が臭いので大好きな「公衆浴場」がある温泉を探す。すると「銀山温泉」という山形の温泉が出てきた。何回かTVで見たことあって行ってみたいと思っていた温泉。

出発することが決まった笑

ただ、新潟から銀山温泉まではかなりの距離があり、途中で体力の限界を迎えてしまった。この日は日本海沿いの「道の駅あつみ温泉」で一泊。あー風呂入りたった。

朝目が覚めるとそこは本当に日本海が目の前に広がる場所だった。宛てのない旅は日本海側、山形県まで来た。




朝食はまたしても道の駅「とざわモモカミの里」お腹が減ったのでたまたま入った道の駅。ただ、この駅結構有名らしく「日韓の相互文化理解のための施設」として整備され、場内には韓国の宮廷を模したテーマパークや韓国料理のレストランがった。ぱっと見は「地方のやっちまった箱もの」だったけど、ここの韓国料理はマジで美味しかった。今回は豚キムチ定食(780¥)頂きました。ここのオバちゃんは本場韓国からいらしていて、オバちゃん特性のキムチは本当おいしかった! 変な場所だけど、行けたら行ってほしい。



12時頃にようやっと目的の銀山温泉到着。この温泉は12のお宿やその他お土産やさんがレトロモダンな外観で統一し、その中央を小川がながれるお洒落な温泉。ここには昭和初期から使われている共同浴場があり、僕はこれがお目当てでここに来た。

夜は両岸がライトアップされてキレイらしいので、いつか泊まりがけで来てみたいな~



山形の6月はさくらんぼのシーズン。お土産で買って行くことにした。

県内の「寒河江」がさくらんぼの一だい産地。そのなかでも「八果園 大沼」というとこがおいしいというのでここの直売所に行ってみる。道の駅「チェリーランドサガエ」の目の前。この直売所のオバちゃんが良い人で、収穫したてのいいやつを選んで袋詰してくれた。山形に行くことがあったら「八果園 大沼」をよろしく!!←結構サービスしてもらったので宣伝しとく笑





山形で是非行ってみたかったのが、「白鷹町」普通の人は聞いたことないと思う。僕が大好きな小説「僕たちと駐在さんの700日戦争」の舞台となった町。日曜日の昼だってのに誰も町を歩いてなくて、過疎化が進んでるであろうことが想像できた。こんな状況で小説の舞台となっている昭和40年代の喧噪を想像できるはずもなく、楽しかったけど、けっこう残念だった。



夕方になってまた腹が減ったので、南に抜けて喜多方ラーメンを堪能した。
ラーメン「来夢」ただいま全国展開に向けて頑張っているらしく、全国の勢いを感じられるおいしいラーメンだった。

最後はやっぱり温泉。しかも共同浴場。今までに行ったことのない場所に行きたくてチョイスしたのが南会津地方にある「湯の花温泉」。本当に山の中にある温泉で、21時到着したときは星空がスーパーきれいに瞬いていた。泉質は単純硫黄泉で無色透明。4つの共同浴場がある。入浴には商店かホテルで売っている入浴券を200円で購入する。

やっぱり温泉は疲れをいやしてくれる。時間が遅かったことから誰もいない貸し切り状態。あー最高の温泉ライフだ。

最後は高速吹っ飛ばして深夜3時に帰宅。

充実しすぎる旅行になった。

次の日の仕事はボロボロだった。先輩ごめんなさい笑
AD

やっぱり僕には温泉が必要

テーマ:
久しぶりに投稿

地元の友達M君と2人で那須温泉郷の北温泉に行った。

11月にお店のリニューアルしてから温泉行ってなかったから・・・

たまらずM君誘って行ってきた

今回はこの北温泉で酒飲み、宇都宮で餃子の食い倒れという、酒浸りの旅だった

土曜の18時に仕事終わりに出発し、新幹線で那須塩原へ。ニコニコレンタカーで24時間レンタして北温泉を目指す。







北温泉は周囲に他の温泉がない一軒宿。かなり古びた感じの温泉で、味がある。テルマエロマエのロケでも使われたらしく、それで有名になったんだと。ま、俺も友達からその情報をもらっていきたくなったんだけど笑

仕事の関係で遅くなって9時頃にチェックインしたんだけど、番頭さんが親切な方で、快くチェックインできた。そしてこの番頭さんが結構なおしゃべりな人で2時間も夜喋ってしまった笑

閑散期でお客さんが少なかったから、喋りたかったんだろうなと笑

建物はボロでかなり味のある旅館だったけど、温泉といい、対応といい大満足の温泉だった。また行きたい

帰りはダラダラとドライブ。宇都宮での食い倒れに備え、腹を空かせるためにバッティングセンター行ったり遠回りしたり笑

あんまりおなか減らなかったけど、宇都宮では無事食い倒れることができた。

帰りはグリーン車でゆっくりお酒❤️

最高のおやすみだったー

文章がメチャクチャなのは久々なので勘弁です
AD
今日、2.14は言わずと知れたバレンタイン。

このバレンタインというイベントは日本やその周辺では大きな盛り上がりを見せるが、それ以外の国ではそうでもない。

ただ、バレンタインを広めて勝機獲得したろ(≧∇≦)的な動きがあったので、書いておく。

{2F1AA733-6BA6-4DF2-A120-50296C8AB2E7:01}

{CA78DF8C-B3E0-40A5-AA71-FD7927F4E951:01}

1枚目はタイのセブンの一角。それほど大きなコーナーではないが、「こういうイベントありますよ~」的なプロモーションをしていた。ちなみにバレンタインとは書いてなくて、Love dayと書いていた。

そしてもう一つはエアアジアにら乗る時に貰ったもの。中身はマシュマロ。

搭乗手続きしたら貰った。何でくれるの?って聞いたら、because special day today今日は特別な日だからと言われた。

きっと何年か後には日本のような大きなイベントになってるんだろうな~。タイの日系企業はじめ、大企業が頑張って商機を作り出そうとしている現場を見た。


久しぶりに海外。

数日前、東京でも-2℃という寒さを記録し、あまりにも寒いので、コタツに群がる猫の如く暖かいタイに来てみた。

タイ。微笑みの国。

人々が優しくおおらかなことからそう言われるようになったらしい。今回はそんなタイの「おおらかさ」を書こうと思う。

こんかはプーケットでダイビングのライセンスを取りに来た。今日は午前中だけ授業があって、午後からはフリーになったので、バイクを借りてプーケット島を巡ることに。

レンタル屋に行くと、ササ~と書類書いて300バーツ(1日)でササ~と借りられてしまった。※1バーツ2.6円程

ちなみに、まさか午後から暇になると思ってもなかったので、国際免許証はもちろん、日本の免許証すら持ってなかったのだが、貸してくれるという( ;´Д`)

「万が一警察に捕まったら、罰金500バーツ払って。あとガソリン満タンで返してね~」( ^_^)/~~~

おおらか~
{B56E0D47-1FCE-4BE0-9954-D75FF04261F9:01}

{5F4D6295-276B-4BBB-8E0D-BA46FEFCBCD8:01}

ちなみに前照灯が壊れておりました。夕方になって気づいたので、フルスロットルでホテルに帰り、その後レンタル屋に行き苦情を申し上げました。

「次からはちゃんと整備しとくよ( ^_^)/~~~」とのお返事でした。

次は多分ねーよ( ̄Д ̄)ノ


{8CD1B1CA-FB88-49D0-B6F4-3F2C0C28C94D:01}

上の写真は、少し見にくいけど、人が大量に乗ってるのはスクールバス。この時60キロで走行。

子供たちをこんな危険に晒していいのかな( ;´Д`)

良いんです。タイだから。



最後

{28442687-50E2-4682-A777-0CBF6EE34EF1:01}

僕とポーちゃん4歳♀の2ショット。800バーツ

ヤバくない( ;´Д`)( ;´Д`)( ;´Д`)

良いんです。This is Thailand これがタイという国なのだ。

旅の備忘録IN伊勢

テーマ:
備忘録IN伊勢

最近は寒かったのでもっぱら家でゴロゴロしていたが、気温が15℃を超えるようになってきたので、いよいよ体の「旅の虫」が起き始めてきた。

俺は変温動物か!!

昨年「式年遷宮」なる言葉を聞いた人は少なくない、というかほとんどの人が聞いたんじゃないかと思う。

本当は昨年行けばよかったのだが、その時は僕のアンテナは反応していなかった。ところが、僕のアンテナは不思議な作用があって、時間を置くとだんだん反応することがある。

最後の一個ですよ!!って言われるとちょっと欲しくなっちゃうあんなかんじ

一度反応しはじめたものを無かったことにするのは結構厳しい。というわけで1泊2日でお伊勢参りに行くことにしたのだった。

出発は22日の15時。12時まで寝てしまったので、これくらいの出発。

行きは新幹線を使わないでオール在来線で行った。お伊勢参りするのに楽しちゃいかんだろ!という勝手な思い込みからだ。ま、江戸時代みたいに徒歩や馬ってのは時間的にOUTだったので、間をとって在来線で。

決してお金が無いからじゃないよ!(^^:)

初日は静岡間でしか行けなかった。

でもおかげで静岡の名物を味わえた。



静岡おでん

翌日は早起きして一路豊川へ

豊川からは伊良湖岬を目指して渥美半島をひた走る。

豊川鉄道渥美線





菜の花がとても奇麗だった。

伊良湖岬からはフェリー。どうでしょう軍団も使った航路でもある





鳥羽についたらいきなり関西弁のイントネーションだった。一気に雰囲気が変わった。



これは愛知県岡崎市のゆるキャラおかざえる。

ゆるくなね


ここでお昼ご飯

伊勢うどん!!どうでしょう軍団も食しものでもある



あーかふく!!あーかふく!!


とうとう伊勢に来た

参拝する人大杉!!






さすが今注目のパワースポット。なんか感じた・・・気がするw

この後は参道添いのお店で松坂牛食べて、地酒飲んで、赤福買って、再び伊勢うどん食べて・・・食べてばっかだな。
そして最後に名古屋のミソカツ・・・胃もたれがヤベェ


やっぱり旅は楽しいですな!

岩手県の北三陸に旅行に行ってきた

NHK 朝の連続テレビ小説あまちゃんの舞台になった久慈市や北三陸鉄道の写真をウPする

1泊2日で行ってきたけど、両日とも晴れて暖かく、最高の旅行日和だった。
紅葉も見頃。

はまちゃんのブログ

三陸鉄道
はまちゃんのブログ

あまちゃんの舞台になった袖ヶ浜(劇中では小袖浜)
主人公はこのSTOP を飛び越えて海に飛び込んでしまうw

はまちゃんのブログ

本物の元海女!!まめぶを売ってた

はまちゃんのブログ

灯台

はまちゃんのブログ

夫婦岩
はまちゃんのブログ

偽物の海男(アマ)

はまちゃんのブログ

海でくらす猫。のーんびり
はまちゃんのブログ

監視小屋

はまちゃんのブログ

北三陸鉄道の似顔絵コンテスト。久慈駅で

はまちゃんのブログ

北三陸鉄道の堀内駅(劇中では小袖浜駅)

はまちゃんのブログ

あまロス症候群の方々続々

はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ

紅葉狩り

テーマ:
2連休をいただいたので、僕にとって定番の草津温泉方面へ紅葉狩りに行った。

はまちゃんのブログ

1600mを超えると霧が出てきて、ほとんど何も見えなくなった。ちなみにこのとき13時
ヴォルデモート出てきそうw
はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ

尻焼温泉につかりながら紅葉を愛でる。ちなみに尻焼温泉は無料。
はまちゃんのブログ

一人きままな紅葉狩りであった。
9月18ー22日までマレーシア行ってきた。

上司が5連休をくれたので、「これはマレーシアにいくしかない」と、連休決まったその日に飛行機のチケット買った。

ちなみにAir Asiaで羽田ークアラルンプール 7万ちょい・・・

1週間ちょい前だったから高いね(^^:

日程はこんな感じ

17日23:45分羽田発→クアラルンプール6:00着
18日ペナン島へ ペナンの街ブラ トモとミナさんに会う
19日 ペナン島からパヤ島へ行き体験ダイビング
 その日の夜行列車でクアラルンプールへ
20日約2時間遅れでクアラルンプール到着
   スーと合流し、マラッカの街へ。shopping
21日 スーが車でクアラルンプールの街を連れ回してくれる
   夜トモとミナさんと合流し、clubへ行く 潰れる
22日昼便で帰国
23日仕事 orz

初日と待ったホテルで日本人のトモとミナさんに会って一緒にご飯食べに行って、クアラルンプールではスーとモモアとで街ブラして、その後、トモとミナさんと再会してclubではじける・・・ほんと短い時間でいろんな出会いがあった旅立ったと思う。

最終日は日本大好き児として知られる僕が、日本に帰りたくなくなるくらい楽しい旅だった。

はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ

はまちゃんのブログ
マレーシアには中国系、インド系、マレー系、その他の民族が混ざって暮らしている。食文化も多用だった。
上はマレーシア風カリー 下は チェクエダ 焼きそばに近い感じで好き
はまちゃんのブログ

ダイビングの時
はまちゃんのブログ
いい旅だった
はまちゃんのブログ

でも結局日本のラーメンは世界一だと思う。
日本大好き

南国の海

テーマ:
南国の海といえば…白い砂浜、コバルトブルーの海、そしておじさん。




昔からダイビングに挑戦してみたくて、今回いい機会だったから、思いきって体験ダイビングに申し込んだ。

体験ダイビングは普通のダイビングとほとんど変わらないが、唯一違うのはすぐそばにインストラクターがピッタリくっついていること。

このダイブでは、ペナンでダイビングの仲介をしている日本人のおじさんがキャディーを勤めてくれた。

海中はお魚いっぱい



職業柄、捕まえて3枚におろしたら…なんてことをダイビング中にカンガエテしまった:*:・( ̄∀ ̄)・:*:w
ちなみにやつらは近くのスーパーマーケットにもいた(笑)



当初の予定では、オーストリアあたりから来ているお姉さんと、たまたま一緒になって、一緒にダイビングする→白いビーチで語り合う→忘れられない思い出となる…はずだったのだが、神様はそういうシナリオは用意していなかった。

インストラクターのおじさんと一緒に白いビーチでひたすら日本経済について語り合った。

忘れられない思い出となった。






Android携帯からの投稿