colourtree 色のある生活

ブログの説明を入力します。


テーマ:
お疲れさまでございまふ。
colourtreeです。

って。
そう。
今日は祝日。
秋分の日でごじゃりますが。
私のように。

変わりなくお仕事されておりやすお方も多いかと。

再度。

お疲れさまにございまふ(笑)

って。
お疲れさまと言いやすと。
娘の凜も変わりなく登校で。
なにやら。
本日。

オープンキャンパス開催だーとーかー。

そう。
希望に満ちあふれておりやす中学3年生相手に。
学校のピーアール。
よいところはさらによく。
嫌いなところも。

さらによく(笑)

胸が苦しか~~~

なんて言いながら(笑)
朝より出かけて行きましたがな。

フフフン。


お疲れさまにございまふ(笑)


さてさて。
そんな私も。
朝よりアパレルさんでのカラー勉強会開催で。
そう。
かなり秋ものも立ち上がって参りやした今日この頃。
改めて。

この秋のスタイリングを考えてみようと思いまひた。

の前に。
質問あーり。

三浦先生って。
いつからファッションに興味を持たれたんでひょーか。

って。
なんとも。
ご自分でもよくよく振り返ったことがごじゃりませんでした。

ファッションと私。

いい機会かもー。
ということで(笑)
本日のカラー勉強会は私のファッション談義。

させていただきまひた。

そう。
せっかくなので。
今日のブログでも割愛しながら(笑)

お伝えしてみようかと思いまふ。

ニンニン。


そう。
記憶に残っておりやすのは幼稚園時代。
その頃の私と一歳下の妹の洋服は。
ほとんど母のお手製でひた。
短大のデザイン科を卒業いたしやした母は。
パタンナーの仕事もこなしておりまひて。
結婚前までは。
市内の百貨店のディスプレイも担当しておったそうでふ。
そんな母ゆえ。
我が家には大型の足踏みミシンやロックミシン。
トルソーも2体ひどありまひて。
ほとんどが。
父のコートやスーツをほどいて作られまひた。
私と妹の洋服ばかり。
それを。
当たり前のように着こなしておりまひた私。
なんの違和感も喜びもなかったとです。
だって。
幼稚園時代は日々制服で。
私服を着ていく機会は家族でのお出かけくらい。

そんな私が。
初めてご自分のスタイルに違和感を抱きやしたのは。
初めての七夕会。
もちろん。
浴衣も母お手製で。
地色が美しい黄緑色。
カラフルでモダンな。
桔梗のような花模様が描かれておったような気がしまふ。
でもね。
幼稚園で目にしやしたお友達の浴衣は。
薄いサッカー生地に淡いお花や金魚や風船。
ほとんどみんな。
同じ感じ。
そう。
今では考えられまへんが(笑)
ご自分一人が別人のようで。
嫌で嫌で。

ふてくされて集合写真を撮ったのを覚えておりまふ。

そして。
それは小学校の入学式でもしかり。
お友達のほとんどは流行っておりまひた。
ネイビーかブラックのベルベットワンピ。
なのに。
私だけ。

なぜにライトオレンジのワンピなんやろ。

もちろん。
母のお手製で。
嫌だと言いやすのに。

なんとも懲りない天然気質の母(笑)

私のファッションの始まりは。
みんなと一緒のものがよかった。

そんな思いでスタート(笑)

流行りの色だったり。
柄だったり。
ディテールだったり。

キャラクターものの給食袋を持っておりやすお友達が。
羨ましくて。
リネン素材に刺繍を施してくれやした世界に一つだけの。
ご自分の給食袋が。

妙にババくさく感じたり。


そんな小学校低学年時代。
段々と成長のスピードもお速くなり。

母のお手製洋服時代が終わりまひた(笑)

それからの洋服選びは全てご自分。
そう。
あれだけお友達と一緒のものがよかったと。
思っておりやしたのに。
お店で選びやすものは。

みんなとかぶらない。
セットアップものは買わない。
そして。
手持ちの洋服とトータルコーディネートしやすいもの。

毎日。
テーマやイメージを決めながら。
全身のコーディネート。
楽しんでおったとです(笑)
フフ。
今でも記憶にしっかり残っておりまふが。
着ていくはずのコートをクリーニングに出されておりまひて。

朝より。
だだをこね。
学校に行きたくにゃい!
そんな困りもんの子どもでひた。

もちろん。
そんなことは許されまへんで(笑)
今あるコートを見つめ。
全てのコーディネートを考え直し。
あげくのはてに。
遅刻寸前の学校まで。

母が自転車で送ってくれるという始末(笑)

って。
これまでも。
いろんなスタイルを楽しんできまひたが。
そういえば。
一度も。
父と母に否定されやしたこと。

なかったにゃ~


そんな小学校時代。
入学式には。
みんなと違いやすライトオレンジのワンピで。
ふてくされておりやした集合写真。
修学旅行では。
ご自分的マリンスタイルを確立させまひて。
大満足。

満面の笑みをもらしておりまひた。

ふふふ(笑)


とにかく。
ご自分のお好きなファッションを楽しんで参りやした。
私。
大学卒業と同時に留学いたしやした多民族の街。
ロンドンは。
否定のないファッション王国。
とにかく。
着たいものを身につけ。
配色や色の理論なんて。
考えたこともないくらい自由。

そんな中でも。
お気に入りのモッズ系のお店では。
ノーマネーでお店番をし。
英語を学びながらも。
着こなしを盗みまひた。

サビルローではスーツの着こなしを。
学び。

その頃まだあまり有名ではなかったジョンスメドレーでは。
直に。
糸の配色や。
素材のあれこれを教えてもらいまひた。

そう。
ロンドン留学が充実し。
大いに楽しめやしたのも。
大好きなファッションとのかかわりがあったから。


結婚して住み始めやした大分の地でも。
まるで。
誰かと待ち合わせくらいの勢いで(笑)
ご自分のコーディネートを楽しみ。
自己満足で街を巡っておりやしたところ。
セレクトショップの社長さんに声をかけていただき。

スタッフとして働くことが出来まひた。

展示会で素敵な商品を買い付け。
女子アナのみなさまや。
お客さまのスタイリングを担当させていただき。
知り合いがおりまへんでした大分の地が。
とても楽しいものになりまひた。
そう。
そんなお客さまたちが今でも繋がっておりやすことが。
私の。

大分時代の一番の宝ものでふ。

ファッションが繋いでくれたんですな~


そんな私。
娘の凜を出産いたしまひて。
家族で福岡へと戻りまひた。
そう。
ちょうど30代突入で。
ここからの5年間は本当にキツかった。
これまでのご自分の人生では経験したことのないようなことが。
一気に押し寄せて参りやして。
ああ。
今までどんなに両親に守ってもらっておりやしたのか。
痛感いたしたのと同時に。
感謝が溢れまひた。

そんな時期でももちろん。
ご自分のコーディネートは楽しむ。
いや。
手を抜いてはおりまへんで。
でもね。
心地いい~
そんなところから。
守りに入っていたように思いまふ。
そう。
これまで手にしたことがないような全身ブラックコーデ。
ご自分に鎧をかぶせて。

内側の心を見せないようにしていたのかもしれまへん。

かと思えば。
大好きな植物を身に纏いやすように。
とにかくグリーンが気になって仕方にゃい。
全身グリーンでスタイリング(笑)
見かねやした妹が。

お高いデビットソンのグリーンのコートを贈ってくれやしたのを。

今でも大切に着ておりまふ。


そんな中。
私がパーソナルカラーを学ばせていただきやした恩師。
吉原峰子先生の開発されやしたアクティブカラーセラピーを。
体験で。
受講いたしまひた。
そう。
そこで。
色を通しやして出てきたご自分の言葉に。
驚きまひて。
最後は先生へ。
お話しておりまへんでした苦しかったあれやこれやを。
暴露(笑)

スッキリしやしたのと同時に。
色は。
シンプルに。
ご自分の心を映しだしてくれるんだにゃ~
なんて。
心地のいい実感。

ならば。

鎧として色やファッションを纏うのではなく。
ご自分の心の声に耳を傾けて。

心地いい色。
そして。
心地いいファッションで。

人生を楽しんでいこうと思えたとです。

そこに。
パーソナルカラーが活かされると。

どんなに素敵やろか~

そう。
ファッションを。
外見だけのアピールだけでなく。
ほんの少しだけ。
内側の声。

ご自分らしさというところを大切に。

楽しんでいきたいと思うようになりまひた。


〖 アクティブカラーセラピー協会
  代表 吉原峰子先生のブログはこちら↓↓↓〗
http://ameblo.jp/precious-colors/?frm_id=v.jpameblo&device_id=0de9704091344763bb9a0d0b74e88e8d


そして。
そんな吉原先生からご縁をいただきまひた。
酒井紀子先生との出逢い。
そう。
私がパーソナルカラーメイクやワミレスのお手入れ。
そして。
柄や襟開きのことを学んだ恩師でごじゃりまして。


福岡のアイリス・アプフェルを目指して欲しいくらいに。
色使い。

素敵とです。

そう。
足先から頭のてっぺんまで。
メイクも含め。
それは。
それは。

カラフルでとっても楽しい!

もちろん。
パーソナルカラーを活かされ。
お似合いの柄ゆき。
襟開きを活かされておりますゆえ。

素敵にまとまっておられるとですが。

先生を見ておりやすと。
自然と私も楽しくなってくる。
そう。
それはただただ楽しい柄ゆきだったり。
カラフルだったり。

それだけではなく。

それを纏っておられやす先生自身が。
楽しくって仕方にゃい(笑)
ご自分のお好きなファッションを。
いつもキュンキュンで着こなされておりやす先生のお姿に。
気づけば。
まわりも。

キュン。

そう。
まわりまでも楽しくさせてしまいやす先生のファッション。

素晴らしか~

そう思うとです。


ファッションは。
ご自分が楽しむためのものであり。
でもね。
まわりをも引き込んで。

みんなで一緒に楽しんでいけやすもの。


〖のりこサロン代表 酒井紀子先生のブログはこちら↓↓↓〗
http://ameblo.jp/korino-mooncat/?frm_id=v.jpameblo&device_id=0de9704091344763bb9a0d0b74e88e8d


そう。
きっと。
ご自分のトキメきから始まりやした私のファッションでふが。
このトキメきを。
ワクワクを。
これからはまわりの方々にも伝えていけたなら。

そう思っておりまふ。

私がこれまで。
ファッションでいろんなご縁をいただき。
ファッションで。
心折れずに助けてもらえた時期がありやしたように。

誰かの。

何か一つの楽しみや安らぎ。

学びやパワーになりますように。


って。
かなりの長文になってもーた。
最後までたどり着きやしたみなさま。
ほんに。
ほんに。

ありがとうございました(笑)


こんな私にとりまひて。
一生をかけてのめり込むことの出来やすものが。

色であり。

ファッションでふ。

誰かと比べることなく。
ただただ。
ご自分が好きでいられるもの。
そして。
それを誰かのために一生懸命。

使っていきたいと思えるもの。

そんなものが人生の中で見つかりやしたら。

人間は。

強く。
たくましく。
そして。
優しく。

歩んでいけるように思いまふ。



まだまだ未熟な人生論より(笑)


ColourTree 三浦 章子

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。