1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2016-08-31

夏休み旅行記~連続テレビ小説「まれ」の舞台 能登を巡る旅~

テーマ:その他



皆さんこんばんは。今日は8月31日。夏の終わりですね…。寂しい…。とはいっても大学生の夏休みはまだまだ長い!ということで今回はみっきーの夏の旅行記をお届け。私が行ってきたのは連続テレビ小説「まれ」の舞台にもなった能登!石川県にある能登半島は、豊かな自然に恵まれた人気の観光スポット。見どころがたくさんある能登の中から、私が気に入ったスポットをご紹介します。





輪島朝市商店街

初めに向かったのは能登半島の北西にある、輪島塗で有名な輪島市。輪島の朝市商店街は千年以上の歴史を持つ、日本三大朝市のひとつ。お店がずらりと並んでいて、現在では200以上の露店があるんだとか。ちょうどお昼時だったので、お店に入るとちょっと気になるサイダーが。



実はこれお米と塩のサイダーなんです!後ほど紹介しますが、輪島にはお米と塩が関係する有名なスポットがあるんですよ。
商店街をぐるぐる歩いていると、お祭りでよく見かけるような露店がたくさんあり、はっぴを着た人もちらほら…。地元の人に話を聞くと、「輪島大祭」という有名なお祭りの期間だったみたいです!







ちょうど神輿を担ぐ場面にも遭遇できてラッキーでした!「この神輿は日本でも3本の指に入るくらいの大きさだよ」と教えてもらいました。確かに大きい!これを暑い中担いで歩くのはなかなか大変そう…。でもたくさんの人でにぎわっていて、地元の方も観光客もみんな笑顔!実は能登は祭りの町で、輪島市では4日間行われるこの「輪島大祭」の他にもいろんな祭りがあるみたいです。そこで能登・輪島の祭りについてもっと詳しく知るべく「輪島キリコ会館」に向かうことに。




輪島キリコ会館




能登各地の夏から秋にかけての祭りは、神輿の他にキリコと呼ばれる巨大な御神灯(ごしんとう)が担ぎ出され、町を練り歩くそうです。キリコは漢字で書くと切籠。切子灯籠を縮めた略称なんだとか。実際にそのキリコが展示され、祭りの歴史を学ぶことができるのがこの輪島キリコ会館。






高さ15メートルを超えるキリコも展示されていて、ものすごい迫力でした。どれも作りが細かくきらびやかで、ずーっと見ていられます(笑) 現在使われているキリコは電線などの関係で少し小ぶりのもののようですが、いくつもの灯籠が担ぎ出される様子は本当に幻想的なんだろうなと思いました。



白米千枚田


次に向かったのは、千を超える田んぼが続き美しい模様を描く「千枚田」。世界農業遺産の象徴的スポットでもあります。


海の青と田んぼの緑のコントラストに感動!千枚田で取れたお米を使ったおにぎりと輪島の塩を使ったおにぎりを食べたのですが、本当においしかったです。





おみやげ屋さんで見つけた、能登の海で取れた貝を使ったハンドメイドイヤリング。一点物だと思うと、つい買ってしまいます。






塩の駅 輪島塩




昔ながらの「揚げ浜式製塩」の輪島の塩。実際に作業をしている人の姿も見ることができました。塩づくりの体験もできるみたいです。できた塩を味見してみましたが、てまひまかけて作られる塩は一味違いますね!「塩ってこんなにおいしかったっけ?」と思うほどまろやかでした。輪島の塩をかけて食べる、塩ソフトクリームというのもおいしかったです。輪島の塩はなんにでも合います!ドレッシング代わりにサラダにかけるのもおいしいと店員さんに教えてもらいました。店内がオーシャンビューというのもおススメポイントです。




千里浜なぎさドライブウェイ



実はここ砂浜を車で走れるんです!こんな波打ち際をドライブできるのは日本でここだけ。名前も素敵じゃないですか?なぎさドライブウェイ!(笑) 波打ち際を走るこの気持ちよさは写真では伝わらないと思うので、実際に走ってみることをおススメします。



いかがでしたか?自然豊かで、食べ物もおいしくて、様々な伝統がある能登。私はすっかりファンになってしまいました!他にも紹介しきれなかった場所や行くことができなかった場所があるので、また行って能登を制覇したいと思います。仙台に帰ってきたら寒すぎてびっくりしました…。秋ですね。やっぱり夏が終わるのは寂しい!



能登へのアクセスはこちらから↓

http://www.wajimaonsen.com/sendai.html





最後にCOLORweb学生編集部からお知らせです。
ただ今、新たなCOLORメンバーを募集しています。
私たちと一緒にCOLORwebを作り上げていきませんか?
写真や音楽、オシャレが好きな人、気になるお店に行って取材をしてみたい人、雑誌の編集やデザインしてみたい人など誰でも大歓迎です!
見学してみたいという方は、気軽に連絡ください!
こちらの応募フォームからご応募お願いします!

https://machico.mu/general_apply/123


Writer:みっきー
Photo:みっきー

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-29

オーストラリア通信vol.6  エスプレッソをこよなく愛するカフェ文化

テーマ:その他

とても歴史の深いコーヒー文化を持つオーストラリア。


街中本当にたくさんのカフェで溢れています。

 


どのカフェも朝5時頃からオープンしていて、なぜか早朝から大勢の人でにぎわっています。



以前の記事で、オーストラリアはほとんどのお店が夕方18時頃には閉まってしまうというお話をしたと思うのですが、朝はとても早いです。


人々も早寝早起き習慣が身についていて、いつも夜更かしなわたしは本当に見習いたいと思っています。



日本では、みなさんコーヒーというとスターバックスを思い浮かべる人が多いと思います。

スターバックスはアメリカ発祥のコーヒーですが、オーストラリアのコーヒー文化はヨーロッパから来ています。


そのため、エスプレッソが基本になります。つまり、とっても濃い!苦い! 

 

アメリカンコーヒーを飲みなれている私たちには、とってもビターに感じるかもしれません。

 

ちなみにオーストラリアにはスタバがほとんどなく、昔からの伝統的なカフェが多いような気がします。

みなさん、それぞれ行きつけのカフェがあるようで、仕事前や学校の授業前に、平日でも朝からカフェで朝食を摂る習慣があるようです。

 

 


実は私、このコーヒー文化にとても興味がわいたので、こちらで数カ月、バリスタの専門学校に通っていました。

学校ではバリスタになるために、コーヒーの基本知識はもちろん、実際にカフェに行ってコーヒーの作り方を教わったりと本格的にコーヒーについて学ぶことができました。



 

 

わたしはもともと、大のエスプレッソ好きなので、日本にいた時から毎日コーヒーを飲む習慣があったのですが、こちらで学校に通っている間は、最低1日4ショットは飲んでました。


俗にいう、カフェイン中毒ですね

 

 

しかし、細かいコーヒーの種類なんかはあまり知らなかったので、

学校できちんと勉強するにあたって、カフェに行くのが倍楽しくなりました。

 

 

ここで、少しエスプレッソがベースのコーヒーを紹介したいと思います。

ちなみにエスプレッソマシーンを最初に発明した国がイタリアなので、コーヒーの名前もすべてイタリア語なのだそうです。

 

 

Cappuccino (カプチーノ)

 一番人気が高いのがカプチーノですね。エスプレッソ+ミルク+チョコレートパウダーの組み合わせは、コーヒーのビターなテイストと、ミルクとチョコレートのマイルドなテイストが程よくマッチしています。

 

Flat White (フラットホワイト)

オーストラリア発祥のコーヒーで、カプチーノと似ていますが、チョコレートパウダーがのっていないのと、ミルクフォームが少な目です。甘すぎないところがポイントですね。

ちなみにこれが私の一番のお気に入りです。

 

Latte (ラテ) 

エスプレッソとミルクだけのラテはビターですが、最近日本では、抹茶ラテやキャラメルラテなど、スイートなテイストのラテの人気が高まってますね。

 

 

Mocha (モカ)

こちらはチョコレートとミルク、エスプッレソでできているので、コーヒーのビターな味が苦手という人でも飲みやすいと思います。

 

Macchiato (マキアート)

マキアートはエスプッレソとミルクですが、

予想以上に苦いです。クリーミーなのが苦手な方にお勧めです。

 

Chai Latte (チャイラテ)

チャイはコーヒーではないですが、こちらも人気のドリンクの一つです。

Dirty Chai(ダーティーチャイ)と言って、チャイラテにエスプレッソを1ショット追加したオーダーもよく見ます。

 

 

ほかにもまだまだたくさんあって、きりがありません!

エスプレッソとミルクでこんなにも様々な種類のドリンクが作れるなんて、驚きでした。

 


また、こちらでは、オーガニックフードやビーガンフードの知識も広がっているようで、スキニーミルクやアーモンドミルク、オーガニックシュガーなど、様々なオプションが揃っています。

 

 

また、カフェへ行くもう一つの楽しみは、素敵なラテアート。


バリスタさんの高度な技術が圧巻です。



 

 ちなみにこちらの写真は、ゴールドコーストの中心地サーファーズパラダイスにあるわたしの一番のお気に入りのカフェ「Paradox」です。



このカフェにはとても魅力的な朝食メニューがたくさん揃っているのですが、
わたしの定番は、マッシュアボカドのベーグルです。


店員さんもとてもフレンドリーでモダンなカフェです。
もし、ゴールドコーストに行く機会がある方、ぜひお立ち寄りください。




仙台もカフェの街といってもいいほど、素敵なカフェが溢れていますよね。

是非みなさんも、コーヒーの世界を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 


のりのり

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-27

オススメ加工アプリ2016

テーマ:その他

8月も終盤にかかり、台風による天気の動きも激しい季節となりました。そんな夏休み後半、もしくは新学期をいかがお過ごしでしょうか?私は特にこれといった大きなイベントはありませんでしたが、なにかと有意義な8月を過ごしております。



さて、「私の夏休み本番は9月からよ!」という方、朗報です。同じく夏の思い出作りはまだこれから!というわたしからお送りする今日のテーマは「りおたそオススメ映像加工アプリ」です。りおたそがとっても個人的に、これイイよ!っていうアプリを2つ、簡単に紹介したいと思います。




検索してもなんだかパッとするアプリがない、ガーリー写真にふんわり加工するのは私らしくない、なんて思うことありませんか? 
個性的で、かつ自分だけの思い出写真を作りたい!その気持ちを後押しするこれまでにないアプリ、それがこれ!

Glitch Wizard    ¥240



{E7153BC9-1F00-4961-A8E3-1E50B282B1A6}




このアプリは自分で撮った静止画や動画をちょっとcoolなグリッチアート風に加工できるアプリです。



Glitch art(グリッチアート)とは?


デジタル装置のエラーやそのために生じるノイズなどを利用して加工するアートのこと。ファッションにおける表現にも注目されてきました。




説明が難しいので、実際に加工した写真をご覧ください。この写真は仙台七夕の時に撮ったものです。



{8D50512F-9E06-4676-BDE6-122F5F056892}





{F8EBD38F-983C-4E76-B049-1CA7C958507D}





{50038E5D-385E-4A45-9E20-9D79968A38BE}




まず、このように写真に複数の加工をつけます。最近だとコントラストをあえて低くして、ピンク水色を濃い目に設定することでスモーキーで可愛い加工にするのはオススメです!そのあとに画像を組み合わせるとGIFアニメーションを作ることができます。








VHS Cam Corder    ¥360



{5F3B8FB0-9A29-4096-AF02-2656D1153CF5}




このアプリは海外の有名アーティストがInstagramにも投稿しているような昔懐かしいビデオカメラ風に動画を撮ることができるアプリです。みなさんも子供の頃、家族で旅行をした時、誕生日パーティーをした時、こんな風に撮ってもらった記憶ありませんか?それが、現代のスマートフォンで再現出来るんです。
それでは、いつ行ったかバレてしまう仙台七夕の写真をご覧ください。





{7A677787-A3A3-4AB5-A0F2-A48DA87642B2}






動画も昔の映像のように少しノイズが入るのですが、それもまた味があってとてもお気に入りです。これからの旅行、イベントで友達や家族との思い出を残す時に、こんな風に動画を撮るのもオススメです。このアプリには、映像にタイトルをつける機能もあるので、こっそり撮っておいてサプライズで相手に送るのも素敵ですね!





いかがでしたか?「こんなアプリ探してたよー」「何これ面白い!使ってみよー」の声の数々を聞くことができたら幸いです。わたしは9月からディズニーシーやライブツアーへ行くために旅行をするので、大学最後の思い出にこれらのアプリを使って素敵な思い出を残していこうと思います。



ちなみに言うと、今回紹介したアプリはいずれも有料でした。検索してみると無料のアプリもあったので是非インストールして使いこなしてみて下さい!そして加工した動画や写真をcolorweb学生編集部のツイッターやInstagramにも共有してもらえたら嬉しいです!


残り少ない夏ですが、存分に楽しみましょう!




最後にCOLORweb学生編集部からお知らせです。ただ今、新たなCOLORメンバーを募集しています。COLORwebを一緒に作り上げていきませんか?写真や音楽、オシャレが好きな人、気になるお店に行って取材をしてみたい人、雑誌の編集やデザインしてみたい人など誰でも大歓迎です!見学してみたいという方は、気軽に声をかけていただけると嬉しいです!
こちらの応募フォームからご応募お願いします!

https://machico.mu/general_apply/123 




Photo:りおたそ
Write:りおたそ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。