1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2015-05-30

ARABAKI ROCK FEST.15 レポート Vo.4  ~ファイナル~

テーマ:ピープル
今年のARABAKIでは多くのアーティストが出演!今回の記事ではCOLORメンバーが見たアーティストのライブレポートをお届けします。



COLORweb的ライブレポート



ゲスの極み乙女(レポーター:いっくん)

                                  (C)2015 ARABAKI PROJCT


去年のARABAKIでは、HANAGASAステージに入場規制がかかるほど、観客を沸かせたゲスの極み乙女。新曲がテレビCMソングに抜擢されるなど、ゲスの快進撃は凄まじいもの。開始15分前には、前方スタンディングゾーンが埋まってしまうほどの人気ぶりで、今年はARABAKI最大規模のステージ、MICHINOKUステージでのライブでした。


1.猟奇的なキスを私にして 
2.デジタルモグラ 
3.私以外私じゃないの
4.パラレルスペック 
5.ユレルカレル 
6.ロマンスがありあまる 
7.キラーボール
8.ドレスを脱げ
このセットリストで、ARABAKI ROCK FEST.15も大暴れ!


『1.猟奇的なキスを私にして 』『2.デジタルモグラ』、この人気曲からスタートし、観客の心を鷲掴み。エンジン全開でライブスタート。MICHINOKUステージは一瞬で熱気に包まれます。
『3.私以外私じゃないの』、『6.ロマンスがありあまる』は、共に新曲で、一つはCMソングに起用されています。新曲でしたが、皆さんもきっと一度は耳にしたことがあるはず!
『4、パラレルスペック』では、ファンキーバージョンを披露。普段の曲調と少し違い、ファンキーバージョンとしてアレンジされていました。これはライブならではのもの。


しんみりとした曲調の『5.ユレルカレル』をはさみ、ライブは終盤へ。
ゲスと言ったらやっぱりこの曲!!『7.キラーボール』!!キーボードの軽快なイントロから、体が自然と動き出します。代表曲ということもあり、会場の盛り上がりは最高潮!
その盛り上がりのまま、 最終曲『8.ドレスを脱げ』。休日課長(Ba.)の「ドレスを」に、観客が「脱げ!!」のコールアンドレスポンスで、会場が一つになりました。場の一体感と共に観客は踊り、ボルテージMAX。約40分間のライブはあっという間でした。



                                (C)2015 ARABAKI PROJECT



いちファンである私も大満足のセットリストで、もっとこの時間が続いて欲しい!と、思ってしまいました(笑)来年のARABAKIも楽しみですね。


以上、いっくんからのゲスの極み乙女ライブレポートでした~。まだまだARABAKIレポートは続きますよ!!お楽しみに!!





TOTALFAT(レポーター:かとち)


                                (C)2015 ARABAKI PROJECT



16:55 HATAHATAステージ。 西日が差しかかる中登場したのは、TOTALFAT!
フェスバンドと呼ばれている彼らですが、意外にもARABAKI出演は今年が初めて。
定番曲『PARTY PARTY』から始まりフロアのボルテージは最高潮に。


TOTALFATのライヴは何回見ても飽きないくらい本当に楽しい!自分の中で溜まってるものを発散できたような感覚になります。


雲一つない青空の下のパフォーマンスは、お祭り男の名にふさわしく、まさに彼らの季節“夏”を彷彿とさせる熱さでした。



レキシ(レポーター:いっくん)



                                  (C)2015 ARABAKI PROJECT


レキシはBAN-ETSUステージでのライブです。日本の歴史をモチーフにした楽曲とアフロヘアーが特徴のアーティスト。ステージの近くにはキャンプゾーンがあるので、寝そべりながら音楽を聞くこともできます。

「皆さんも年貢納めませんか!!」の掛け声で『年貢 for you』がスタート。稲を持参するコアなファンもちらほらいて驚き。ボーカル池田さんは「稲持ってくるなよ!」と一喝し、会場は大爆笑。


最後の曲はレキシの代表曲『きらきら武士』。ステージから少し離れたキャンプゾーンから観戦していましたが、そこまで熱気が伝わるほどの、盛り上がり。
レキシのステージはライブとトークショウを足して2で割ったような不思議な感じです。ボーカル池田さんのトークが面白く、どんどんレキシの世界へ引きずり込まれてしまいます。
ARABAKI2日目でしたが疲れがどこかに行ってしまうような素敵なライブでした!!





ザ・クロマニヨンズ(レポーター:つね)

今年のARABAKIで自分が見た中で一番会場全体が激しく盛り上がっていたのは、間違いなくザ・クロマニヨンズでした。他のライブよりも音圧が大きく音が全身に響きわたるような感覚を覚えました。

ライブが加速していくうちに観客の魂が高ぶっていくのが感じられ、特に『ナンバーワン野郎!』では盛り上がりが最高潮になり会場全体がとにかく激しかったです。これぞROCKというものを見せていただきました。




ウルフルズ(レポーター:きしん)


                                (C)2015 ARABAKI PROJECT


みなさんご存知の、魂を揺さぶる男ことトータス松本さんがヴォーカルを務めるバンド、ウルフルズのステージを観てきました!

09年から活動休止をしていましたが、昨年14年2月に待望の復活を果たしました!
復活後初のARABAKIのステージでしたが、以前と変わらないとてもエネルギッシュなウルフルズのアツさを感じました!

『ガッツだぜ!!』『バンザイ~好きでよかった~』などの有名な曲を演奏し、とても盛り上がりました!





ARABAKI.15、一言でいうと…


どの会場も大盛り上がりで取材のことを忘れるくらいでした(笑)



 


これは休憩していたお客さんの様子です。アラバキを楽しんでいる様子がうかがえますよね(笑)




私自身ARABAKIに行くのは初めてでしたが、アーティストのライブ以外にもグルメやショップ、新たな人との出会いと初めて参加する私を大変充実させるものでした。来年度のARABAKI.16ではより多くのアーティストに密着取材をし、可能ならば舞台裏なども取材してほしいと思います!




Writer:つね いっくん かとち きしん
Photo:きしん

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-27

草食系男子が肉食系男子に「男の熱い魂」を学ぶ!!@ARABAKI

テーマ:ピープル

草食系男子が肉食系男子に「男の熱い魂」を学ぶ!!@ARABAKI 

ARABAKI ROCK FEST.15 一日目4/25 HANAGASA Lounge特設リングにてみちのくプロレスの試合が行われました。つね、いっくんの二人で初のプロレス観戦をしてきました。初観戦を前に少し緊張する私たち…笑


初!!プロレス生観戦!!
自分が想像していたより近い所からの試合観戦です。リングから私たちの位置まで約5m、選手の表情もばっちり見えます。ゴングの音で試合開始。序盤からダイナミックな技の応酬で、会場は大盛り上り。TVや映像で見るプロレスとは違い、生の試合は想像以上の迫力です。選手の身体能力の高さにも驚き!  






選手と観客とのコールアンドレスポンス、マイクパフォーマンスもあり、終始笑いが絶えない試合でした!




強靭な肉体と熱いハートを持つ男たちと対面!!
試合終了後、みちのくプロレスに所属する、のはしたろう選手、気仙沼二郎選手にお話を伺いました。(詳しいプロフィール情報はこちらからhttp://www.michipro.jp/profile/index.html)
(のはしたろう選手:の、気仙沼二郎選手:気)

Q今日のアラバキはどうでしたか?
の「毎年ノリがよくて、不思議な空間といいますか、、、」
気「ここでしかみちのくプロレスを見ない人も結構いて、いつものプロレス会場では味わえないノリとか雰囲気がありますね。」
の「お前ら以上に盛り上がるぞっていう気迫のお客さんがいるなかで、じゃあそれ以上のパフォーマンスやってやんぞ!という感じで、観客と一つになれる楽しいイベントだと思います。」
気「ARABAKIには、初回の夢メッセの時から何度も出ていますね。」


Q音楽フェスでの試合ということで、試合前に聞く曲はありますか?
の「私はあまり聞かないです。試合に向けて集中したいので、どっちかというと無音タイプですね。」
気「試合前に聞くことはあんまりないですね。でも普段はロック大好きなんですよ!」


Q普段はどういった曲を聞くのですか?
気「ヘビメタ!!自分は演歌を歌ってるのに、見たいなと思うアーティストさんもいたんですけど…笑 小さなライブハウスにもよく行ったりしますよ!」

 



Qプロレスラーのような肉体を作るには何を食べればいいですか?
の「専門的なことを言っちゃうと、タンパク質・ミネラル・ビタミンを多く取るのがいいんですけど、何より私は美味しいものを美味しいと思ってたくさん食べることですね!気持ちが体をつくるんです。奥さんがいるんですけど、嫁のメシを美味しく食べれば大丈夫です!笑」
気「私は離婚してるので…笑 プロスポーツの選手はみんな一緒だと思いますよ。高タンパク、高カロリーが必要な選手もいますけど、私はなるべくカロリーを控えめにしています。若い選手はどんどんカロリーを摂取してもいいと思いますけど、私は今年で43歳なので、43歳のレスラーなりの食事をしています。」


Q好きなスイーツはありますか?
の「甘いものは全般好きですね、フルーツパフェとかも好きです。笑 アイスもクリームもチョコも入ってるし、フルーツも食べられるので、スイーツの王様だと思いますね。笑」
気「パフェはやっぱパーフェクトだな!笑 私は南部せんべいが好きですよ。」


Q今までで痛かった経験は?
気「技は今日も痛かったね、、、」
の「プロレスは自分がやりたいことだったので、痛みとか辛さは我慢できているのかなと思います。」気「技はどれも痛いんですよ、でも興奮して感情が高まってるからやれてるようなもんですね。」


Q泣いたりすることもあるのですか?
気「初めてチャンピオンになった時に泣きました。デビューしてから18年間くらいベルトを獲ったことが無かったので、その時泣きましたね。」
の「同じ時期にデビューした仲間が、引退していく時が悲しいですね…次のことやろうとか、体が限界とか…その人が次の人生を歩み始めることは嬉しいですが、もうその相手と戦えなくなるのは悲しいですね。」


Q弱点はありますか?
気「本当のこと言うと、私血糖値が高いんです。笑 主食の麺・パン・ご飯全部ダメなんですよ…笑」
の「嫁には逆らえないですね。笑 家庭が大事なので。」 





Q誰のためにリングの上で戦っていますか?
気「お客さんですね。お客さんが楽しんでくれればそれでいいかな!それから仲間のレスラーが亡くなってしまったので、そいつの為ってところもありますかね。みんなにみっともないって言われたら辞めますけど、言われない限りはリングに上がり続けたいと思っています。」
の「極論を言ってしまえば自分の為なんですけど、プロレスが好きでこの世界に飛び込んで、辛かったし大変だったんですけど、それでもプロレスが大好きなんです。やっている中で気持ちを分かち合える人、お客さんや家族だったり、これを通してハッピーになってくれる人が増えてくれたらいいなと思います。自分が楽しんでやっている、絶対に人も楽しんでくれると思うので。」
気「楽しい瞬間俺も分かるよ。自分がなにかをやって、お客さんが歓声をあげる時が嬉しいです。」
の「でもあれは、レスラーじゃないとあの興奮は分からないですね。だから僕らは辞められないんです!」
の「お客さんがいなければ、戦う理由がプロレスラーにないんですよ。お金を頂いているので、それだけ価値のあるものを見せようとしているんです。でも私たちの方がそれ以上の感動をなぜか味わえるんですよ!お金は大事なんですけど、大切なのはお金じゃなくなる不思議な感覚になります。だからずっと続けていられるんです!」



Q東北の学生にメッセージをお願いします!
気「うちの息子も高校生なので、将来好きなことをやれるように、高校生・大学生は勉強を一生懸命やって、一生懸命勉強するとやりたいことが見えてくると思うので、夢に向かって頑張ってください!やりたいことやらないとね、自分の人生一度きりだから!」
の「私たちは子供の頃からの夢を叶えている、ごく限られた人なのね。すごく運がいいと思うんです、みんながなりたい職業に就いてるわけじゃないし、やりたいことをやれるわけじゃないんですけど、それでも初めからあきらめて動き出さないと何も始まらないので、いろいろ経験することが大事だと思います。」



のはしたろう選手、気仙沼二郎選手とも気さくな方で、インタビュー終了後、なんとプロレスの技をかけてもらいました!このような経験は滅多にできないので、とても嬉しかったです。(痛かったです…笑)



  





インタビューを終えて…
観戦前は少し怖いイメージを持っていましたが、初めて生で試合観戦をし、プロレスに対する気持ちが180度変わりました。
目の前で繰り広げられるダイナミックな技の数々。選手と会場が一つになるような温かい雰囲気。これは実際に足を運ばなければ味わえない、プロレスの醍醐味だと思います!
みちのくプロレスは東北を中心に活動しているので、是非実際に足を運び、生のプロレスを見てみてください!



 


Write:いっくん、つね
Photo:いっくん、つね







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-23

ARABAKI ROCK FEST.15 Vol.2

テーマ:ピープル

アラバキレポートも2回目となりました!

約一か月が経ちますが、私は今でもあぁ楽しかったな~と思い出に浸ることがよくあります。笑
アラバキではたくさんの素晴らしいアーティストが出演していましたが、
なんと今回はその中から今、大注目バンドに取材することが出来ました!!

 

そのバンドとはフレデリックです。


 
 
 

左から、Dr.Kaz.さん、Vo./Gt.三原健司さん、 Ba.Cho.三原康司さん、 Gt.赤頭隆児さん

神戸出身の4ピースバンドで、2014年にメジャーデビューを果たしました。
一度聴いたら耳から離れない中毒性のある音楽で今、とても勢いのあるバンドです。


 
(C)2015 ARABAKI PROJECT

 

今回アラバキ初出演だったフレデリックのみなさん。
ライブ後にお話を伺いました!


 

Q.アラバキ初出演の感想をお願いします。


康司さん「僕らが影響を受けてきたアーティストも出ていたんですよ。だから時代が変わって自分たちがARAHABAKIステージに出られたのは嬉しい。それで今日ステージからお客さんを見たら、みんな気持ちよさそうなんですよ。全身で楽しんだりゆったり聴いている人もいて。本当に自由な、肌自体で音楽を感じられるフェスなんだなって思いました。」

Q.フェスとライブハウスで行うライブの違いはありますか

 

健司さん「ライブハウスでやっていることを認めてくれたお客さんがいるから、ここに立てているんやなって気持ちがあって。そのライブハウスでやってること自体は、フェスでも鳴らしていきたいなとは思ってます。でもやっぱり人が多いとか、テンションも楽しみ方も違うじゃないですか。だから自分たちの高揚感も上がっていくよなって話をみんなでしていました。」


Kaz.さん「ドラムを叩くと音が鳴るんですよ。自然に音がわぁっと広がるのでそれが気持ち良いです。」

 
(C)2015 ARABAKI PROJECT


Q.セットリストはいつもどう決めていますか?

健司さん一番自分たちが楽しめるようなセットリストとか、やっぱりお客さんと楽しむのが自分たちの一番の楽しみなので、そこの呼吸を合わせられるようなセトリを考えています。」


 


Q.どんな時に歌詞が浮かびますか?

康司さん「最近すごい思うのは、リラックスしてる時ですね。この前はポスターにサイン書きをしていてその時にふと、浮かびました。状況はその時々で全然違うんですけど、自分がリラックスしたり無心な時にふと降りてきます。『SPAM生活』っていう曲もお風呂の中で浮かびましたね。基本、急です(笑)」


  


Q.メジャーデビューしてから変わったことは何かありますか?

健司さん「インディーズの時は自分たちの音を流してそれについてきた人がファンだったんですけど、でもメジャーでは来てくれた人をどう楽しませるかを大事にしたいって思いが増えました。」


隆児さん「インディーズの時には行けなかった色んなところに行けるようになって、色んな人に会えて嬉しいです(笑)」



Q.最後に、学生にメッセージをお願いします。

Kaz.さん「大学で出来た友達って一生ものだと思うんですよ。いっぱい色んな人と出会ってその後に繋げて欲しいです。」

隆児さん「いっぱい食べて、いっぱい寝て、いっぱい遊んで、大きく育ってください(笑)。」

健司さん「学生の時の経験が生きていく上で一番、その後に繋がっていくと思うんですよ。ぼ-っとしてる時間を自分のために使って、時間を大事に楽しんでください。」

康司さん「とにかく遊ぶことが大事だなと思って。学生の時って自分が学びたいこと以外興味ないかもしれないけど、それをどうおもしろくとらえるかで変わってくるので、授業も遊びまくった方が良いです。」

 

 
 
 


一つ一つの質問にとても丁寧に、そしてみなさん真っ直ぐに目を見てお話してくださったのがとても印象的でした。
私ななみんは、個人的にフレデリックさんのファンでよく曲を聴いているので、取材前も取材中もずっと緊張していましたが、実際にお話をしてみてますますファンになりました!


お忙しい中、取材に応じて下さってありがとうございました。


これから、多くのフェスにも出演が決まっているフレデリックさん。

6月には仙台でもライブがありますよ!
6月27日 仙台HOOK「ALA-UMI-DOSS TOUR 2015 ~逃げ出したくなるような踊ってない夜に本気ダンス~」

今から楽しみですね♪


さらに、5月6日にはニューミニアルバム「OWARASE NIGHT」がリリースされました。
気になる方はぜひ、ゲットしてください。
一度聴いたら、魅力にはまること間違いなしです!


フレデリックさんのこれからの活躍に期待です!!

 

 

最後にCOLORweb学生編集部からお知らせです
ただ今、新たなCOLORメンバーを募集しています(特に大学2年生・男子
写真や音楽、オシャレが好きな人、気になるお店に行って取材をしてみたい人、雑誌の編集やデザインしてみたい人など誰でも大歓迎です!
一緒にCOLORwebを作り上げて行きませんか?
少しでも気になった方は、毎週行われているミーティングにぜひ足を運んで下さい!
見学してみたいという方は、ブログのコメントやTwitterのメッセージ等で気軽に声をかけていただけると嬉しいです!


こちらのURLから応募ができます↓新たなメンバー心よりお待ちしております!
http://pages.machico.mu/enquete/color_recruit.html

 


Writer:ななみん
Photo:かとち


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

 

 


 

 


 

 


 


 

 


 


 

 

 

 

 


 


 


 


 

 

 


 


 

 

 

 


 

 


 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。