1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-04-24

春のファッションスナップ告知!!

テーマ:イベント/スポット


おはようございますー!こんにちはー!こんばんはー!
すっかり暖かくなって、ようやく薄手のファッションを楽しめるようになりましたね!
COLORweb学生編集部で主に写真撮影を行ってるこうたです。

今回は、ズバリ!次回ファッションスナップの告知をさせていただきます~(^◇^)
次回COLORwebファッションスナップは下記の通り行います。

【日     時】 4月28日(土曜日)11時から15時までを予定
【場     所】 仙台市青葉区本町二丁目近辺(レボリューション、WE GO近辺)
【スナップテーマ】 ストール(予定)
【掲載予定日 】 5月中旬予定 

街中に訪れる用事のある方もそうでない方も、ぜひぜひ訪れてみて下さいね(^◇^)
また、COLORwebのツイッターアカウント(@COLORweb)で当日の様子も随時更新していくのでそちらもぜひ参考にして下さいね☆

それではみなさん、スナップでお会いしましょう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-24

入社式を大調査!

テーマ:イベント/スポット


こんにちは!COLORweb学生編集部の末っ子、高校3年生のあやのです!
大学生の先輩達にまざって、学生編集部員として頑張りますのでよろしくお願いします!今回は私にとっての初取材&初記事になる、「入社式を大調査!」をお楽しみ下さい!


今回取材したのは、COLORwebの発行元でもある株式会社ユーメディア。
滅多に見ることのできない入社式の現場に突撃!大人の世界を覗いてきました。


■はじまりの一日
 私たちが取材に伺ったのは午後3時ころだったのですが、新入社員のみなさんは朝の初出社から夕方の入社式までの間に配属先への挨拶や、いくつかの研修をこなされていたそう。私達も入社式直前の研修の様子を見せていただくことに。普段は会議やプレゼンなどに使用されるプレゼンルームで、今野勝彦専務が会社の歴史や地域における役割を説明し、新入社員の皆さんは一生懸命メモを取っていました。やはり緊張しているのかなと思っていたのですが、盛んに意見を述べたり質問をしたりとそんな様子はまったく感じられませんでした。さすが社会人ですね、私は高校の入学式の日のホームルームなんて緊張して喉がカラカラでしたもん。






■入社式直前インタビュー!
研修が終わり入社式までの間に新入社員3人の方にインタビューをさせていただきました。
最初にお話しをうかがった矢作佳織さんは、「今までは会社を外からしか見てこなかったけれど、今日は中の人間として一から教えていただきました。これからは何を求められているのか考えていきたいです。」と入社式を前に決意を語ってくれました。
続いて奥山絵理さん、「最近の社会人では仕事が嫌だ休みたいと思われている人が多いけれど、自分はキラキラ楽しく働きたいです。そしてこれから社会人になる学生に良い影響を与えたいです。」と語ってくれ、その時の笑顔がとても印象的でした。
3人目の成澤早紀さんはユーメディアのグループ会社、S-styleでおなじみプレスアートへの入社です。成澤さんはこれから就職活動をする人へ「会社を選ぶときは、その会社の良いところだけでなく、悪いところも隠さずに話してくれる会社を選んでください。」とアドバイスをしてくれました。







みなさん堂々とインタビューに答えていただいたので、緊張はしていないのですか?とお聞きすると、「昨日までは不安でしたが、研修を通して不安はなくなりました。一番緊張していたのは今朝の朝礼が始まるのを待っていたときかな?」と笑顔で話してくれました。
新入社員のみなさんはとてもにこやかな様子で、初インタビューで緊張していた私もリラックスできました。



■いよいよ入社式本番!
こうして新入社員のみなさんとお話しをしているとスーツを着た方がたくさん会議室の中に入ってきました。どうやら、普通の方達ではないご様子。それもそのはずユーメディアの社長さんと役員の方でした。さすがオーラが違いますね。
「では、お時間なのでそろそろ入社式を始めます。」
え?始めるってここで?思わず耳を疑いました。入社式というとニュースでよく見る、学校の体育館のような広い場所でやるというイメージがあったのでビックリしてしまいました。
役員の方や先輩社員の方が勢ぞろいし、新入社員のみなさんと向かい合う形になり,いよいよ入社式の始まりです。最初に全員で経営ビジョンの唱和をし、次に社長さんからのご挨拶が。「今まで育ててくれた両親に、支えてくれた友人に感謝をして下さい」と私達にも為になるお話でした。続いて、新入社員の紹介、役員の紹介、専務の方の挨拶、入社記念品贈呈などがあり、最後に新入社員の方が一人ずつ抱負を述べられました。「昨年の震災を通して気持ちが変わり、宮城のために働きたいと思いました」と話し、先ほどの今野敦之社長のお話の内容についても触れられたりして、事前に考えていたわけではなく今の正直な気持ちを話されているのが伝わってきました。







■ティータイム入社式!?
しばらくすると、どこからともなく良い香りがしてきました。入社式の会場にコーヒーとお菓子が運ばれティータイム入社式のはじまりです!実はユーメディアの入社式は会場だけでなく、趣向も変わっていて、ランチタイム入社式といわれる新入社員と先輩社員が一緒にランチを食べながら入社式を行ったりする年もあるそう。今年はお菓子を食べるティータイム入社式だったのです。私たちもちゃっかり座ってお菓子とコーヒー頂いちゃいました。





スーツの大人に囲まれる私達学生編集部、とても目立ちますね。



コーヒーとお菓子を楽しみながらの懇談会がスタート。役員の方からいろんなお話があり新入社員のみなさんも熱心に耳を傾け、積極的に質問をしたりと、先ほどまでの厳粛なムードから一転、わきあいあいとし雰囲気になってきました。会社でのアドバイスはもちろん、地域に根付いた企業ならではの地元の話などをして親睦を深められていました。
それまでどこかまだ表情が硬かった新入社員のみなさんもいつの間にか笑顔でお話しをされていて、とても素敵な会社だなと思いました。
この後、みなさんは記念撮影に向かわれ私達の取材は終了。お疲れさまでした!




■刺激的だった初取材!
 初めての取材とても楽しかったです!お菓子も食べれたし。まったく知らなかった世界を見ることができ、とても勉強になりました。学校の授業じゃ教えてくれませんものね。学生編集部に入ってて良かったと改めて感じた初取材でした。
将来どんな入社式を体験するのか、今から楽しみですね!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-12

もしも17歳女子高生と24歳男子大学生が出会ったら…を大調査!

テーマ:ピープル



日差しも暖かくなり、ようやく春を感じられる気候になってきましたね!最近、くしゃみと瞼のかゆみに悩まされていますが絶対に花粉症ではない、なつこです。

春と言えば、出会いの季節!みなさんも周りで、新しい出会いの予感を感じていることでしょう。そんな中、今回はひとつの小さな出会いに密着していきたいと思います。その名も、『もしも24歳男子大学生と17歳女子高生が出会ったら』。別室でCOLORweb学生編集部メンバーがモニターを通して見守る中、学生編集部最年長のこうたさんは全く初対面の女子高生相手に、一体どんな話術を見せてくれるのか?
協力してくれたのは、COLORweb学生編集部あやのの友達、桃子ちゃん。早速、二人の会話に耳を傾けたいと思います。
こうた(以下青文字)「はじめまして」
桃子(以下桃文字)「桃子です。あ、昨日誕生日なんですよ、私!」
「桃に子どもの子。かわいい名前ですね~」
「ええそうですか?子ってつくとちょっと古臭くないですか?」
「確かに、最近の名前はね」
「すごいですよね。最近いとこに子どもが生まれたんですけど、りくって言って、「陸」に「く」っていうよく分からない字がついてて」
「よくわからない字!?もう「陸」で、りくなんじゃないの?」
「そうなんです。それに「く」がつくんです。りくくみたいな」
「俺もこの間公園で暇だったからベンチに座ってたの。そしたら子どもたちが遊んでて、その子どもたちが呼び合う名前がもうすごいの。レオとか…」
「えーすごい!外国人みたい」
 

桃子ちゃんが社交的なのもあり、話は意外にも盛り上がっているみたいです。こうたさんはと言うと、相変わらず落ちつかない様子でしきりにピーチティを飲んでいますが、二人の間の壁はとれたようです。


「今の時期忙しい?」
「私放送部入ってるんですけど」
「放送部!?放送部って、何してるの?」
「朝と昼の放送、あとはたまにデイトエフエムの「飛び出せ高校生」っていう番組に何ヶ月かに1回ださせてもらってて。あとはコスモスっていって、録音して福祉施設に送るモノとかもあります」
「すごいね!」
「でももう引退なんです」
「3年生だからね」
「引退したんですけど、この間の大会で全国大会の出場が決まったので、まだつくってるんですよ」
「つくってるって、何を?」
「テレビドラマです」
「放送部なのにテレビドラマがあるの!?」
「はい。朗読とかアナウンスとかいろいろ部門があって、その中のテレビドラマ部門です」
「つくって…読むの?ごめんね、何も知らないから」
「いやいや!やってないと分からないと思うんで。ドラマだと8分くらいのドラマを脚本から演技から編集から」
「はい、全部。普通に番組をつくるんですよー」
「すごいね。カラーウェブでも大学生たちがCMつくろうって企画があったんだけど、全然進まなくてさ」
「うちの部は話をつくるのが得意な子がいたので」
「立派だね~。最近の高校生は、こう、あげぽよ~みたいな感じなのかなと思ってたんだけど、ちがうんだね。ちゃんとやってるんだね」
 

 ここで、こうたさんのピーチティがなくなったようです。しかし、空のコップを持ちあげて飲むしぐさをしています。そんな中、話題は文化祭へ。




「高校生って、時間が過ぎるの早くないですか?」
「早い早い」
「中学の倍くらいの速さでした」
「やることもいっぱいあるしね」
「行事も立て続けにあるので、早かったなあって。あと1年かって思います。ちょっとしみじみ。この間先輩の卒業式があったので、あと1年かーって」
「あと1年間、勉強だもんね」
「そうなんですよね。でも私文化祭の実行委員長をやるんです。だから9月までそっちに専念しなくちゃいけなくて。9月ってもう忙しいじゃないですか。みんな勉強してるだろうし」
「そうだね。毎週模試みたいな」
「だから両立が不安です。まあ、やりますけど(笑)」
「そっか。でもちゃんと文化祭の方やってれば、勉強も自然とできるんじゃないかな…ごめん、すごく無責任なこと言ったけど(笑)」
「頑張ります!あ、ぜひ文化祭に来てください」
「え!?いやいやいや(笑)」
「大学生も来るんですよ!」
「そうなの?毎年、文化祭ならこれ、みたいなものってある?」
「ジャズダンス部の発表ですかね。あれはまさにJKって感じです!」
「ジャズダン!すごいね」
「あとはネルトンっていうやつをソフト部がやってるんですけど」
「ネルトン?」
「文化祭に来た大学生と、女子高生でフィーリングカップルみたいな」
「うわー!ちょっとそれやらしいわーやめてよー(笑)」
「ぜひ参加してください!」
「後ろで見てます(笑)」
 

 だいぶ打ち解けた様子の二人ですが、やはり女子高生の若さに押され気味なこうたさん。そしてついに、話題は女子高生の恋愛に突入!7年のギャップに、耐えられるか!?
 

「もともと女子高だったので、女子クラスのときもありましたけど、私は共学の雰囲気の方が好きでしたね。と言っても男子は5人くらいしかいないんですけど」
「5人!?それ共学じゃないでしょ(笑)」
「まだそういう比率なんですよ」
「男子、肩身狭そうだなあ」
「でも、私の学校の女の子は、同じ学校の男子はないかなって思ってると思いますよ」
「そうなの?」
「他校に求めますね。中には校内でのカップルもいますけど」
「いいな~。一緒の高校の人と付き合って、自転車で登校とかしたかったもん!」
「したかったです私も!」
「したかったって、まだできるでしょ!」
「いや、できないんです。もう大学でいいかなって」
「高校の時恋愛しておいた方がいいよ、絶対!大学ではできないよ!」
「え、できないんですか!?」
「高校の方が絶対いい。大学の浮ついた感じより高校の甘酸っぱい感じの方がいいですよ、絶対!」
 

対談中一番大きな声を出したこうたさん。何かあったんでしょうか…。
そして話題は、高校3年生ならではのリアルな悩みに。


「大学に、浪人して行った人とか結構いましたか?」
「いますいます」
「浪人したくないなって思ってて。でも浪人しちゃったらどうしようって考えてるんです」
「どこの大学行くかにもよるけど」
「でも金銭的にも私立には行けないかなって。浪人して予備校通いになってもそれはそれでお金かかるって聞きましたし」
「ぼんやりどこかに行きたいとかってあるの?」
「まあありますけど…」
「教えて!」
「それはちょっと言えないです!まだ言えないです!教えないです!」
 


受験の悩みを聞くと、高校生って感じがしますよね。私も裏で効いていて、思わず高校時代を思い出してしましました。
 


「最近のJKの間で何が流行ってるとかってあるの?普段何して遊んでるの?」
「カラオケ行ったりプリクラ撮ったり…アーケードぶらぶら歩いたり、エスパルとかフォーラス行ったりですかね」
「うわ~JK!あ、お願いがあるんだけど、プリクラ持ってますか?良かったら見せてもらってもいい?」
「いいですよ!」
「大学生になってさ、撮るときにポーズとか分からないんだよね。恥ずかしくて」
「ピースとかしないんですか?」
「しないしない。恥ずかしいもん!」
「でも今あんまり持ってないですよ」
「え!?それ全部プリクラ!?」
「はい」
「いっぱいあるね!すごいな!」
「コスプレあるところとかあって、サンタさんのコスプレとかしてるのとか」
「すごいなあ。若い!あ、やっぱりてへぺろとかするんだ!」
「はい、てへぺろとか(笑)」
「すごい。真似しよう」
「男同士でとか撮るんですか?」
「男同士じゃなくて、男女で飲んだときとか、女子にプリクラ撮ろうって言われて」
「なるほど~」
「いいよって言ったものの、どんな顔したらいいか分からない。あ、さっき大学いったら恋出来ないって言ってたけど、嘘だった。全然できるから、頑張って勉強して」
「そうなんですか?良かった~」
 

 
こうしてDD(男子大学生)とJK(女子高生)の出会いは幕を閉じたのでした。当初は沈黙を心配していましたが、予想以上に楽しく会話できたようです。しかし、こうたさんの持つ紙コップには、2杯目のわずかなピーチティが。若さのパワーは、24歳の喉をからからに乾かしていったようです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。