まずは完成品をご紹介!

API-1

キラキラ眩しいこの小箱。実は真っ白い紙から作られています。

ラッピング専門店で入手した箱型用紙にツキネコの「オールパーパスインク 」を

塗ってメタル調に仕上げました。


API-2

まずAPI(オールパーパスインク)のゴールドを塗り、

次にAPIプラチナをスポンジでまだらにつけます。

もう、これでキラキラメタルちっくなベースができましたよ。


API-3

このキラキラに負けない模様をつける為、今回は

ステイズオンインクを選びました。

OLIVEGREEN・JETBLACK・BLAZINGREDの3色で

スタンプします。

API-5-5  API-4

箱を組み立てて、フタの部分に飾りをつけます。

タグをパンチでカットして同じようにAPIをスポンジでつけます。

※写真右のマルチタグパンチ は反対から押したほうが力が要らないし、カットする部分が

よく見えていいですよ。大きめサイズのパンチってとてもカタイのとか多いですが

これは使用感GOODです。

※上のタグの一部にビーズをつけるためシマーズ (接着剤)を使いました。

(塗った後、上からパラパラとビーズをおいていきました。乾燥したらほどよく透明になります。)

カチッと固まりビーズやチャームなど接着し難いものにおすすめです!

※タグに貼っている切手のシールはコラージュステッカーの切手セット です。

43種もの切手が1シートになっていてとってもお得。アクセントに重宝します。


API-6

紙箱のフタと本体です。(完成!)

API(オールパーパスインク)はアメリカではあらゆるクラフトに用いられているんですよ。

布・革・樹脂粘土・木材などいろんな素材に使えるのです。

日本ではまだこの2色しか発売されていないのですが充分楽しめますよ~。

AD

コメント(7)