シュリンクプラスチック使ったことありますか?

使い始めるとクセになる楽しさです♪


sp-1  

【用意するもの】

シュリンクプラスチック(ホワイト)

サンドペーパー

バーサマジック=VG(オアシスグリーン・ナイトスカイ)

スタンプ(バックグラウンド用・ワードもの)

エンボッシングヒートツール


sp-2

スタンプする前にサンドペーパーでシュリンクプラスチックの表面を擦ります。

VGオアシスグリーンでバックグラウンドのスタンプを押し、

その上にVGナイトスカイでワードのスタンプを押します。


sp-3

はさみで白い枠を少し残しながら切り取ります。

ここでちょっと遊んで、周囲に破れたような切込みを

入れてみました。


sp-4

さぁ、熱を加えてみましょう!

軽いので風で飛んでしまう時はピンセットや

細い棒(熱に強いもの)のようなもので押さえながら

熱を加えてください。


sp-5   sp-6

クニュクニュ~と小さくなっていきます。

変形したように縮まっていきますが「失敗した~」と思わないで

最後まで熱を加えてください。


sp-7

本来の形になって、縮まりがおさまったら、

ヒートツールを離し、平らなもので上から

押さえてください。

(ここではアクリル台を使いました。)

手と比較してとても小さくなったのがわかると思います。


sp-8

カードのアクセントにしてもいいし、

アクセサリーにもおすすめ。



◎穴をあけたい時は最初にハンドパンチ等で開けておきましょう。

小さくなってからは厚みがでて硬く、穴を開けるのが困難です。

◎着色する場合、縮まると本来の色より濃くなるので薄い色の方がよいです。

チョークパステルや色鉛筆がおすすめです。

◎インクは※何でもよいですが、バーサマジックは中間色が多いので

小さくなった時の色もやさしくぜひ試してもらいたいインクです。

※=ダイインク系はサンドペーパーをかけた細かいキズでインクが周囲に滲んでいくので不向きです。

バーサマジック・ブリリアンス・ステイズオンなどのインクが◎です。

◎当店のシュリンクプラスチック は他に黒・ベージュ・ブラウン・クリアがあります。

クリアだけヤスリ処理済みなのですぐスタンプできるのでたいへん便利です。

黒にはやはりオーパライト がおすすめ!あの独特のキラキラ感をシュリンクプラスチックで

お試しください。


ぜひ一度楽しんでくださいね!




AD

コメント(6)