去る4/1に参加した、このツアーの正式名称は、

 

「日本画家 伊東正次さんと桃源郷でのスケッチバス旅行」

 

だったのですが、特別ゲストとして、「鉄腕アトム」で主役を演じられた声優:清水マリさんもいらっしゃるということで、私はfacebookの特設ページから真っ先に申し込みました♪

 

コンテンツとしては、

 

●美術展鑑賞
●スケッチ指導
●バーベキュー
●ワイン試飲
●温泉入浴
 

が含まれていたのですが、これらが果たして一日で消化できるのか心配しつつも、まさに興味津々で挑んでみたい気持ちでいっぱいでした。

 

スケッチ指導を受けることについては、画家先生のお弟子さんが大勢いらっしゃるだろうという中で、技術的に遅れてポツネンとしてしまうのではないかという心配もあったのですが、そこは「一期一会」ということで、

 

「チャンスは最大限に活かす。それが私の主義だ…」
(by シャア・アズナブル)

 

と、大佐もおっしゃっていることですので、画材を一新して臨みました。
(スケッチブックは、いかにもシャア専用っぽいでしょ?笑)



画材は、かろうじて水入れだけが健在でしたが、何しろ15年以上も使っていなかったため、あとはボロボロだったのです。

 

西新宿の工学院大学前から観光バスに乗り、早くも極楽気分♪ 改めて私は、バス遠足が好きなのでしょうネ♪ はとバスなどもワクワクしますからネ♪

 

 

乗車途中で、清水マリさんによる、民話3作品の朗読という豪華なイベントが!?

 

 

勝沼の「ぶどうの丘美術館」に到着すると、「襖絵の回廊」展で、まずは伊東先生からありがたいお話を拝聴♪

 

 

襖(ふすま)絵を座って観ていただくのは、リラックスした状態であって欲しいからだそうで、客人が部屋に通されて、主人を待っている束の間、ふと見渡すと襖に絵が描いてあり、それを何気なく眺めた時の、純粋無垢な感じ方を尊重しているとのこと。

 

なるほどねぇ…♪

 

館内は目を見張る程の、壮大な襖絵の作品群で敷き詰められていましたが…

 

 

詳しくは後程、別コーナーにてご紹介いたします♪

 

階下にも、襖絵以外の静物画等が展示されていましたが、何とそこで伊東先生が顔料の解説を始められて、私はもう目が釘付け! 何しろテキストでしか読んだことがなかった顔料名の連発でしたから。

 

 




 

 

そうそう、顔料を伸ばして定着させる膠(にかわ)もネ!

 





 

そうこうしているうちに待望のバーベキューだヨ♪ 全員集合!
(by いかりや長介さん)

 

 

今回一番お会いしたかった清水マリさんは、おそらく女性達とかたまってしまうのだろうなと思いきや、何と私達のテーブルに来てくださり、この上なく幸せの乾杯を♪

 

 

鍋奉行ならぬ、肉奉行をやりまっせ♪まっせ♪まっせ♪
(by サンプラザ中野さん)

 

 

ちょっと早めのペースでお料理にがっつき、ビールもコップ一杯に抑えて、いざスケッチの舞台へ♪

 

 

早速、伊東先生が失敗作(最初に表面に真水を塗るのを忘れて、色を乗せてしまったもの)を私に、記念としてくださり、私は大感激!

 

 

レアだね♪ ヒューヒューだね♪
(by 牧瀬里穂さん)



 

今回のスケッチは、短時間で感じたことを瞬時に具現化するのがテーマでしたが、さらに、最初に絵の具で感じたままに着色してから、輪郭を描くという逆転の発想に、目から鱗が落ちました。

 

 


 

なるほど、先程の美術館で拝見したあの作品も、そのような手順で描かれたんですね♪

 

 

さぁて、私も一心不乱に描きまくるぞ~♪

 

 

オリャ、オリャ~!

 

 

こちらが、伊東先生が私にくださった、レアな失敗作で…

 

 

こちらが、伊東先生の今回の作品です♪

 

 

そしてこちらが、拙作です(苦笑)。かねてから、水をほとんど使わない水彩をスタイルとしてきた私にとっては、筆も心も、これまでになく自由でした♪

 

 

スケッチ指導が終わると、いそいそとワインの試飲を♪ ワインは「赤・白・ロゼ」のコーナー、そして「辛口→甘口」の順に並べられていて、意外と迷わずに飲み歩けました。

 

 

そして、こちらでもマリさんとツーショット♪



ちなみにこちらで購入したワインは、
●赤…十二原

●白…甲州
で、どちらも硬派な辛口です。特に赤の「十二原」なんて、樽の香りがするくらいです♪(笑)



本当に楽しい思い出をありがとうございます!(過去形ではありませぬヨ♪)マリさんからいただいた名刺には、メールアドレスが書かれていなかったので、後日メールではなく、絵葉書をお送りしてしまいましたヨ!

 

謙虚で気取らないマリさんとは、何度かお目にかかってはいるのですが、こんなにもゆっくりお話ししたのは初めてでしたので、あたしゃご満悦で、ハラホレヒレハレ~でした♪
(by 谷啓さん)

 

伊東先生も想定外で、飾らない気さくなお人柄なので、すぐに打ち解けてしまい、かなり込み入ったお話(まだ秘密!笑)までできたのは、ありがたき幸せであります!
(by ケロロ軍曹)

 

今回のツアーを企画してくださったつぐみさん、お誘いいただいた美佳さん、素敵な出会いを、本当にどうもありがとうございました♪ また機会があったら、ぜひ参りたいので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

(つづく・・・)

 


色彩・カラーランキング

 


カラーリストランキング

 

AD