バイリンガル&育児本 日本語 英語 家で愛用ゲーム


I COLORI  育児といろいろ


とりあえず成長記録・備忘録だけスローなペースで。 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010年06月20日(日)

どこまでも続くもの

テーマ:行動・感情・認識

I COLORI  育児といろいろ


Number Scroll(数の巻物)というもの。長男が去年の秋から学校で「1」から始めずっと書いてきたらしい。升目の入った紙をつなげてどんどん足していって、学校が終わる数日前に持って帰ってきた。その時は「2100」ぐらいまであって、クラスでいちばんだった子は4000台、その次3000台がいなくて、2000台は長男を含め3人だったそう。 いちばんの子はEl Presidente、 息子たちはKingという称号と賞状をもらって帰ってきた。 今は家で続け4000を超えた。 次男も真似して始め、200までいった! 人と会うときにはバックパックにつめて持っていき、このように広げて自慢するのでした。日本にも持っていくと言い張っているけど、かなり重い、、、

夏はホームスクール、と考えていたけど、ある程度自主的に勉強してくれるかな、と期待。 日本語以外は、、、

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月19日(土)

郵便でグローバル感 その2

テーマ:スクール
I COLORI  育児といろいろ

小学校編。 長男が幼稚園で一緒だったお友達のママから、以前郵便物が届き、それに入っていたのがこれ。 その名も「フラット(ぺちゃんこ)スタンレー」という男の子。 いろいろな所に連れて行ってあげて、写真を撮って手紙と一緒に直接学校のほうに送り返してください、と書いてあった。

もともと絵本がベースになって、小学校のアクティビティーとして(わりと最近?)はやり出したらしい。 スタンレーという男の子が、誤って板の下敷きになりぺちゃんこになってしまうという始まりで、おかげでいろいろな所に入り込むことができ、大冒険することになると言うお話。(シリーズでいろいろなバージョンがある。)

写真は遠くの町に住んでいる友達でもいいし、これから旅行に行くという人に頼んでもいいそうだ。 本に親しみを持つことはもちろん、いろいろな場所をしるきっかけとなるいいアクティビティーだと思う。 自分で描いて色を塗って作った、思い入れのあるお友達(もう一人の自分?)の行方を想像するのは楽しい。学校で返ってきたものを初めて見るのはなおさらかも。 

何故今ごろこの話かというと、先ほどそのお友達と一年ぶりに再会し、久しぶりに楽しい午後を過ごしてきたのだった。 (前日は次男のお友達も。) 子供たちは時間の隔たりに違和感なく遊び、親同士もどんな一年だったかお互いの学校のことを話した。州が違うので、経済状況、予算削減によるカリキュラムへの影響など、しんみりした話にもなり、、、。 その際、ところであのぺちゃんこスタンレー、、、という本題の話になったのだった。

スタンレー君の写真と手紙は最終的にクラスで次男のはがきの時のように地図にまとめられたそう。 (クラスの中には、旅行先のリゾート地で、スタンレーをもっている別の子に会い、「二人」並べて写真を撮って送ってくれた友達がいたんだとか。なんだかほほえましい。)
ぺちゃんこスタンレー/ジェフ ブラウン
日本語でも出ていた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月17日(木)

郵便でグローバル感 

テーマ:スクール
I COLORI  育児といろいろ

ここ何年か(子供も巻き添えに)引越ししたり、逆に自分たちの短い滞在期間でも親の仕事の都合で転校していく子もクラスにいて、見送る側になったりもしてきた。 どちらの立場でも、子供たちは遠くのお友達を考えながら、ちょっとずつ距離の感覚や地理の知識がついていっているのではないかと思う。(、、、ことを願う。) OOくんは今OO州にいる、それってどこだろう、と調べてみたり、いろいろ想像する。テレビで見たり聞いたりするのと違って、しっている人が実際にいると思うとその場所に親しみを覚えるものだ。

ちょっと前の話だけど、先日次男のプレスクールで、ちょっとしたプロジェクトがあった。 それぞれの親に連絡が来て、よその国や州に住んでいる友人から、直接スクールのほうにその土地の絵葉書を送ってもらってくださいとのこと。 イタリアにいた時の次男の保育ママファミリーに頼んだら、後になつかしのトレントとドロミティの2枚を送ってくれた。 どうするのかと思っていたら、上の地図がこんな風に:

I COLORI  育児といろいろ

はがきは送るのも楽しい。なかなかできないけど。最近はインターネットがあるから連絡をとるのは簡単だけど、郵便ポストに入れて、相手に届くのを待って、返事をもらって、それを読んでいろいろ想像をめぐらせ、、、という経験はなかなかしなくなった。 (ちなみに、夫はその保育「パパ」とフェイスブックでつながっていて、送ってもらったのだった^^)

肝心の次男は、どこまで保育ママ時代を覚えているのだろうか (当時2歳だから無理か、、、) 幼稚園にいた長男(当時4歳)もあやしい。意外と小さい時のことって、毎日していたことや子供のためをと思ってあえて経験させたことは忘れられていて、些細な一時のことを覚えているのかもしれない。 ある時レストランでもらったどこにでもあるおまけとか、、、 せめておいしいジェラートを食べた日々は覚えてるかな。 

こちらは、一枚の地図からかぎりなく世界が広がり心がリッチになっていく子供の素敵なお話。「だんごより花」(読めばわかる)、まだまだある美しい場所を見せるべく投資しようと思ってしまう私でした。
おとうさんのちず/ユリ シュルヴィッツ
この作家の作品はどれもおすすめ。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月12日(土)

一人で自転車に

テーマ:行動・感情・認識


I COLORI  育児といろいろ

次男が補助なしで自転車に乗れるようになった。(昨日の話。) 自転車ビデオ撮影後家の中に入っていた私に、後からYou should have saw something I did afterwards. I droove all the way to the triangle 後も見てくれればよかったのに、三角まで言ったんだよ。(「三角」道路が分かれるところのこと。) 数日前から、ママには練習していることは内緒、だったらしい^^ 自転車はグランパグランマから誕生日にもらったもの。 (サプライズだったのに、喜ぶ前に「補助タイヤはどこ?」という不安げな一言。別についていたから。) 


二人とも昨日で学校が終わり。父母も参加できるちょっとした(一時間程度の)子供の作品展示会とパーティーがあり、無事終了。 6月は忙しい月だと、子供が小学生になって初めて実感した。


写真は長男が誕生日の日に持っていってクラスメートに配ったカップケーキ(24個入り、生徒21人と担任の先生、スペイン語の先生、校長先生に。 一人生徒が休んでしまったので、次男がいただいた。) 次男の誕生日にも同じものを持っていった。 上に乗っているものがちょっと違っていて、次男のは一つずつおもちゃの指輪。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月16日(日)

絵本作り

テーマ:バイ・トライリンガル教育

I COLORI  育児といろいろ I COLORI  育児といろいろ

本を書くというと、大変な感じがするけど、紙を二つに折る、ホッチキスでとめる、描いていた絵の次に何が起こるか考えてみる、という小さなとっかかりから、ぐんぐん面白くなる。 長男は一匹のクワガタを描いたのがきっかけで、そのお友達を探しに行くという話を書き、「クワちゃん」シリーズは10冊ほどできた。 現在はトンボや蝶々のお話も含め、17冊目を作成中。 次男は4冊目。(写真右をはじめ、すべてクワガタの話。好きだなあ。)

文字や語彙、文だけとは違って、お話を考えるというのは楽しいんだと思う。 自分が使いやすい言語で、絵本製作を通してどんどん思考力や創造力をみがいてほしい。 (ちなみに長男の学校には出版センターなるものがあって、自信作を選ばせ製本してくれる。 先生もどんどん推してくれるのでやる気が出るみたい。) 

バイリンガル環境での母国語(うちではどちらかというと英語に当たる)の役割の一つに、例えばこのようなお話作り・読書に関わってくる能力や感情を育てる、というのが大きいと思う。 英語で生き生きと表現する子供を見るたび、それを再認識する。 タイミングを見て、日本語でもさせてみるつもり。

*****
おすすめ。 (タイトルで気持ちが焦ってしまう^^) 事例ばかりで漠然としているのではなく、かなり一般化されているので学び取ったという感じになれる。内容もある程度理論的だけど専門的すぎないので、読みやすく充実している。はっとさせられるような、バイリンガルの落とし穴の鋭い指摘も。

バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること/中島 和子

****

成長記録・出来事

長男
Where are my pants?という次男に対して、Where isだろ、っと。どっちが正しい??

次男
- DSでお絵かきや録音して遊ぶのが大好き
- Choose the color only I can use. (<< Choose the only color I can use. 使ってもいい色を決めて、その中で何が描けるかという遊びをしていた時。)

ママ: 一日中自宅でお仕事、、、 ブログは私の活字セラピー。 (現に、...自宅で仕事、と文字にしただけでも気が楽になりました^^)

パパ: 掃除、ジョギング、料理^^
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。