本日あかねと2回目の面会が出来ました!

(嬉しくて忘れてしまうので、今回も画像はなく)

 

これは、以前、私の車の助手席で穴があく程私を見ている

あかねですキャハハ☆

いひひ。。って顔して笑ってるのがかわいい〜〜♪

 

純血のパピヨンなのに鼻が短くてチワワちっくな横顔ラブラブ

とても賢い子です。

今日は、前回よりも更に、普段のあかねに近くなっていました。

私の顔に鼻を近づけて、嬉しくて嬉しくてというムードでした。

 

デリケートな性格で、環境の変化にも弱いので、普段から

外出してもなにも食べなくなるくらいなので

相変わらず病院では食事をとってないようですが

その分先生が口の奥にスポイトで食事を入れてくれて

栄養はとれていますとの事でした。

 

あかねの担当の先生は本当に、色々親身になって下さって、

とっても優しくて、誠実な素晴らしい先生なのですが。

今日も先生から、思いがけず返却された

あかねのご飯を入れた袋をみて、思いやりを感じました。

 

食べなかったら、そのまま処分してくださいと伝えておいたのに

中をきれいに洗って全て返してくれました。

 

いま、あかねは

生まれて初めての外泊&手術&ケージ生活。

更に、赤ちゃんの時から首輪や服を着るのを嫌がったので

そういったものを身につけた事がなく。。。

 

そのあかねが、クビには大きなプラスティック製の

エリザベスカラーまでつけて。。

寝るのも鬱陶しいでしょうし。。

 

退院後もしばらくは、傷を舐めない様に装着しないと

ならないとの事で。。

 

インターネットで布製のエリザベスカラーというのを

見つけました。

 

先生に

帰宅後は問題なければ布製にしてあげてもいいものか

たずねると

 

モノにもよるので何とも言えないそうですが

布製だと、ちゃんと立ちあがらず、ヘタってしまって

使えないものがあると。。。

 

なるほど〜びっくり

 

と思い、実際にペット用品を販売するショップで

実物を確認してみたら。。

先生のおっしゃる通りだったので。。

やめました。

 

また色々調べてみると

最近は、エリザベスウェアといって

水着のようなものを着せて、傷を覆い隠して舐めない様に

して、クビには何もつけないという方法をとる方もいて

それも先生にご相談したところ

 

中には脱げてしまうものがあるようだけど、

その問題がクリアできれば、着せてもよくて、

但し、傷の具合は毎日確認してほしいから毎日

脱がせて確認してください。

 

あとは考えられる事としてはフィット感があるので

着るのを嫌がる子もいます。。。

 

とのことと。

 

あ〜びっくり

うちは服を着た事もないのに絶対無理だわ。。と思い。。

 

結果

クビの接触面だけ布であとはプラ製のものにしました。

(今後同様の経験をする人に参考にしてもらえたらと

詳しく書いていますが。。。)

 

あかねちゃんが帰って来たら付けてると思いますので

また実物が届いたらご紹介しますね。

 

 

これは、とある日のあかね。

 

抱っこ用のバックで私に抱っこされながら周りを

観察するあかねちゃんの可愛らしい後頭部です。。

あかねには、犬好きの人が分かるらしく、

そういう人にはここから手を伸ばして、握手を求めるあかね。

でも、どうやら犬が苦手な人も分かるらしく

そういう人とエレベーターで一緒になったりすると

このバックの中にひょいっと頭ごと潜って目につかない様にして

ビックリな子です。

 

今日、あかねの新しい食器とスタンドを買ってきました。

私の好きなボルドーカラーですラブラブ

 

そして昨日、会社に行くと、こんな素敵なギフトが

届いていましたキャハハ☆しっぽフリフリ

 

「ソルフェジオ周波数」という癒しの周波数による

音楽だそうです音譜

なんでもDNA細胞の修復をするそうです!!

あかねちゃんにビーグルあたまと頂きましたキャハハ☆

 

私が先に聴いてしまってごめんなさい!!

とても癒されました音譜

私とあかねは一心同体ですのであかねちゃんも癒されたはず。。

 

退院したら毎日聴かせますラブラブキャハハ☆

 

しかもこちらのCDを贈って下さったかたは

アニマルコミュニケーターでもあり。。

 

あかねからのメッセージも伝えてくださって。。

 

あかねは

私と出会ってなかったら、こんなに長くは生きられて

いなかった

 

と伝えて!

 

とあかねがコミュニケーションをとってきたそうです。。

 

みなさんにこのように良くして頂いて

あかねちゃんは本当に幸せ者。。chiro

あかねちゃんと再び暮らせる日を楽しみに。。しあわせ

 

本当にありがとうございますおねがい

 

LoveクローバーSatya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝、あかねの術後はじめて、面会しました。

 

これまでは、もしも会った時にあかねが

奮すると術後の傷にさわるので

とのことで

あかねの姿を遠目から気がつかれない様にそっと

見ていた感じでしたが犬

先生の計らいで、「やってみましょう」という事で

今朝面会しました。

あ。これは元気な時にあかねです。。

↓さすがに今日の画像はなくて。。

あかねの入っているお部屋のガラス越しに

私が見えても、扉が開かれても、はしゃぐ訳でもなく

しっぽを降りながら

「もうお家に帰るの?ビーグルあたま

という感じで、出て来ようとしていました。

 

普段自宅でのお出迎えとは違って至って落ち着いて

いました。

私もその反応に驚かなかったです。

 

あかねは、これまでもいつも私がなにも言わなくても

自分がいまどういう状況かすごく、わかっていて、

私が困る様な事にはなった事がありません。

 

あかねの足下には、先生が用意して下さったあかねの

朝ご飯がありました。骨

 

私が毎日運んだものを本当に全て小分けにして

あかねの器に色々と入れられていました。

 

ほとんど手つかずのご飯を、私と会った途端に

に食べてみたりしていました。

これもあかねの習性で、

普段からどうしていいかわからなくなると

とりあえず食べ始めるのですしっぽフリフリ

 

エリザベスをつけられていたので

(エリザベスってこんな感じで傷をなめたりしなように

するものです・・)

顔を両手で包み込んで

「あかねちゃん、おはよう。頑張ったね。愛してるよ」

と言うと、嬉しそうに、

「久しぶり〜犬・玲王菜ラブラブ」という感じでした。

 

短い再会のあと

「あかねちゃん、また来るからね。お腹治ったら

ずっと一緒だよおねがい

と声をかけると

後追いするでもなく、声を発する訳でもなく

閉められたガラス扉の向こうで、お座りして

尾をふりながらこちらを見ていました。

 

あと一週間我慢したらあかねは、元気になって

戻って来てくれます。

 

私にも術前のような悲壮感はなく

お互いにいい意味で諦めた様な平和な感覚が

あります。

 

これはひとえに、みなさまが送って下さる

ヒーリングの祈りの結果だと思います。

 

本当にありがとうございます。

 

そしてその後本日は、

月に一度の父をランチに連れてゆく日でした。

 

母が「こんな時に。。キャンセルしてもいいのよ」

といってくれましたが、

父のお出かけは沢山の方の助けを頂いているので

簡単ではなく、また父にとっても大切な日なのです。

 

今日も雨になってしまいましたが。。雨

 

今回は

横浜のイングリッシュガーデンに行きましたイチョウ

雨に煙って、バラも全て剪定されたあとで、お花はほとんど

なにも咲いていないと言われました。

でもきっと、最善が起こるはずと思い寛いでいられました。

 

まずはお食事をして。。ナイフとフォーク

普段いつも自宅では母が食べさせてくれているので

こういったときは私が食べさせています。

 

両親共に、自宅とは違い沢山食べていました。。かお

環境が変わると食欲がわくのですね

いい事ですにや

あかねと反対です。。ビーグルあたま

 

食事中私はずっと、

どうか雨が上がります様にとお願いしていましたが・・

シトシトと優しい雨が降り続いていました。

 

一度一人でガーデンの様子を見に出てみて、きっと

大丈夫と信じて両親と一緒に出てみました。

 

すると不思議というか、やっぱり。。というか。

ちゃんとその時だけ雨が止んでくれました感感謝しあわせ

しかもこんなお天気ですから、広いガーデンが私たち3人の

貸し切り状態でした。。キャー

 

父は、声をあげて笑い、嬉しそうに庭を見ていました。

 

もともと実家は、100坪の庭に四季折々の花々が咲き、

果実がなり、、

 

それら全てを父が一人で育てていました。

植物も花々も樹々も、その命をそれは大切にしていました。

 

障害のある兄の将来の事を考えてその土地にアパートを建てて

庭を潰す時にも、父は毎日毎日隣の大学の土地の隅っこに

庭の花々や植物を植え替え続けていました。

その最中にケガをした父に、若かった私は

「なんで、ケガまでして、そんなことするの?」

と心ない言葉を浴びせた事がありました。

 

すると父は私を真っすぐ見て

「なんでって?命だからだよ。1つでも助けてやらないと」

と言いました。

 

その父のその一言は

当時、まだまだ人の痛みを理解していなかった私の

ハート深くに、大切な種を蒔いてくれました。

 

今日の、イングリッシュガーデンはほとんど

お花は咲いていませんでしたが、

そんな中でもひっそりと咲いていたのは

マゼンタのお花ばかりでした。

私の父のイメージカラーです。

 

マゼンタは細やかな配慮と、小さき事への愛です。

 

母が雨にぬれるバラをみて

「パパ、うちの庭にはなかったバラの花よ。」と。

 

「そうだね。何故バラがなかったの?」と母にたずねると

 

「パパがね、お兄ちゃんとあなたが、トゲでケガをしたら

いけないからと言って、バラだけは植えなかったの」

 

私はいつも、どの瞬間もこうして

この父の目には見えない愛で守られてきました。

 

このガーデンに今日来なかったらその事も知らなかった。

 

やはり最善のことが今日このガーデンに待っていました。

 

こんな両親の愛に触れた時に、私は心から

世界中の全ての存在が、どうか愛に包まれていますように

と、自然に思えます。

 

すべての存在に、平和と愛がもたされますように。

 

LoveクローバーSatya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事手術を終えました

テーマ:

みなさまに大変なご心配を頂きました

あかねですが。。

 

本日午後無事に手術を終えて

夕方には先生の説明を受けました。

 

摘出した子宮と卵巣も見せてもらい。

やはり病巣が確認出来ました。

 

今回同時に、胸に複数個で来ていた腫瘍も

とったために、かなり大きな傷となったようです。

 

「傷の大きさにびっくりするかもしれませんが」

といわれましたが

実際はあかねを遠目で見ただけなので傷は

見ていませんが、ここ数日がかなり辛いはずで。。

 

この酷い痛みを経験させたくなかったのでした。

 

でもこればっかりは、あかねに頑張ってもらうしか

ないのですが。。

 

偏食で、普通のドックフードはまず食べないので

手術前夜もなにも食べようとしなかったそうで。。

 

明日から食事をとるから、なにか普段食べさせている

ものを持って来て頂けないでしょうか?

 

と言われて。

 

色々作って持ってゆきました。

家では基本的にあかね用に作ったものを食べさせていますが

それも食べるときと食べないときの差が激しく。。

「たいてい食べます」「食べたり食べなかったり」などに

分けて・・・

最後にパッケージの上からですが

エリックスのソーラーレスキューという

緊急サポートエッセンスをスプレーして

元気になってくれる様に祈りました。

 

今夜&明日が、かなり辛い時間になるあかね。

 

普段からどこかが痛かったり、雷が恐かったりすると

いつも、すぐに私のところに来てべったりひっついて

離れない子で。。

 

なにかあれば、私が守ってくれると信じてる子なのに

きっと今頃は

どうしてこんなに痛いのに私がいてくれないのだろうと

不安に思っているのではないか、とか。。

 

色々思うのですが。。

 

ただただ、光を送るばかりです。。

 

みなさんからの経験談に

同じ手術をしてその後元気になったというお話を

伺い。。

 

とっても気が楽になりました。

 

きっとこれから、元気になっていってくれると信じて。。

 

今日は

手始めに、あかねのいるリビングの10年以上使っていた

エアコンのカビが気になっていたので、早速買い替えました。

 

術後は免疫も下がるので、

あかねが戻るまでには新しいエアコンになるように工事も

手配して。。

カーペーットも全て新しく張り替えることにしました。

 

あかねが実際に子供だったら学費だゲームだパソコンだと

色々かかる思いをしたら、ここでずっと過ごすしかない

あかねには何も贅沢ではないのです。。

 

それよりも健やかに、過ごしてくれることが

お互いの為にハッピーなことですね。

 

本当にみなさまありがとうございます。

 

あかねも、まだこれからが頑張りどころですが

きっとどんどん元気になってくれると信じて

待ちたいと思います。

 

あたたかく見守って下さったり、祈りや光を送って

下さった、みなさまに愛と感謝をこめて。。

 

LoveSatya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、愛しい愛しいあかねを

風邪薬をもらう くらいの気持ちで病院に連れていったら

命に関わる状況だと説明を受けて。。

緊急手術をすすめられて・・・

 

長年お世話になり、信頼している病院なのに

さっきまで待合室に流れていたDVDで登場した

病名と同じ

「子宮蓄膿症」という病名を告げられて

私は最初はどこか、

あかねはそんな事になっていないと思っていました。

 

DVDでは

幼いうちに虚勢手術をしなかったが為に、愛犬が病気に

なり、後悔をしている飼い主のストーリーが流れていて

 

いま、この話をされるなんて。。

 

確かに元気はなかったし、

様子が少しおかしいと感じたから

急に連れていこうと思ったけれど、

そこまでぐったりしてるわけではないし。

なによりも

典型的な症状といわれる水のがぶ飲みはあかねには

見られないし。

 

でも、レントゲン、超音波の画像を見せられて

丁寧に血液検査の数値の説明を受けるほどに。。

これは現実なのかなと思い始めて。。

 

段々先生の声が聞き取りづらくなっていき。。

同時に、穏やかに話す先生の言葉のどこかに

小さな嘘があるのではないかと探している自分が

いました。

 

きっと嘘に違いない。。

今見たDVDから、この話は出来すぎてる。。と。

 

でもあかねが不調で、脱水のような状態なのも

確かで、体内に強い炎症を示す数字も見せられて。

破裂したら非常に危険だと言われ。。

術後は元気になるといわれて。。

 

私の気持ちは時計の振り子の様に大きく揺れ続け

ました。

 

気がつくと、親友に泣きながら電話をかけて、

彼女がネット等で、子宮蓄膿症についてものすごく

調べてくれました。

 

「そうであって欲しいケース」と

「受け入れたくないケース」と聞いて

再び、私の気持ちは大きく揺れました。

 

先生を信じてみようか、いや温存出来る程度か

あるいは診断ミスではないか。。

 

5時間、所構わず涙が流れ、子供の様に泣いた瞬間も

あり。。

揺れ続け。。

 

あかねは、術前の毛剃りまで終えた状況で私の判断を

待たされつづけました。。

 

治るんならいいじゃない

がん宣告でもあるまいし。。

 

知らない人はそう感じる人もいるかも、、

 

でも、私はあかねの体にメスを入れたくなくて

赤ちゃんの時に

「将来、病気になる確立が上がるので、避妊手術を」

とすすめられたときも

「そんな、起きるかわからない事で手術は出来ません」

と断りました。

 

その自分がなにかいけなかったのかとか。。

 

腰を痛めてこのままだと歩く事が出来なくなるかもしれない

と言われたときも、家中の段差になるものは全て、

買ったばかりのソファーも手放して

ただただ、平らな床での生活することを選びました。

 

全ては自己満足と言えばそうですが。。

 

あかねの体にメスを入れたくなかったのです。

 

私自身が何度か手術をしていて、その苦痛を

経験していたから

あかねの小さな体にあの苦痛を経験させる事は

どうしても出来なかった。

それだけでした。

 

もちろん何が正しいかなんて、答えはないんですが。

 

でも沢山揺れて、泣いて、悩んで

結果、同意書にサインをしました。

元気になると言われて。

 

あんまりにも決断に時間がかかり、

泣いてはあかねを抱いたまま離さない私の隣で

先生の目にも涙が浮かんでいたのも感じて。

 

足の悪いあかねには、抱き方ひとつもコツがあり、

先生があかねをあまりに大切に抱っこしてくれているのも

感じて。

 

信頼して委ねようと思いました。

 

でも診察室であかねを抱きしめて「ごめんね」と何度も

繰り返し言いながら、中々あかねを先生の腕に

戻す事が出来なくて、とても時間がかかりました。

 

先生はその間ずっとただ待ってくれていました。

 

しかしながら

あまりにも私がグズグズしたせいで、

あかねはその場で手術を受けるタイミングを逃し。。

今日手術を受けることになりました。

 

獣医さんに事前に伝えなきゃ。。。と思って焦り。。

出て来た言葉は

 

「あかねのことを忘れないで下さい。

すごく大人しい子で、後ろからついて来た事に気がつかずに

ドアを閉めてしまっても、いくらでもその前で黙って待ってる子

なんです。あかねは大人しいので忘れないで下さい。

吠えたり唸ったりしない子なんです。。

でも、術後は痛いはずです。

忘れないであかねを見てやってください。

 

「今少し、預かっていた間もすごく

大人しくしてくれていました」

と。

根気づよく対応してくれた先生。

 

その後も気になっては・・・

 

「あかねちゃんは腰を痛めて以来、

トイレでなくてもオシッコをしていいことになっていて

シートでちゃんと出来ない事がありますが、叱らないで

下さい」

 

と伝えたことを母に伝えると

 

「そんなの叱らないでしょ?」と言われましたが

孫の様に溺愛している母も

「でも一応言っておいたらいいわね」と。

 

しかもあかねちゃんお気に入りのいつも家で寝てる

寝具じゃなきゃ!!

と再び病院を訪れ預けてきました。

その時も先生自らまた出て来て下さり

「これで寝てもらうようにしますね」と言ってくれました。

 

あかねは、10歳になります。

 

これまでの歴代のワンちゃんは10歳でお別れしてきました。

 

その年齢のあかねに手術させるのは辛いです。

 

あかねは

「かわいいね」「愛してるよ」「ありがとう」「ごめんね」

ほぼこの言葉だけで育てました。

 

そして

「あかねちゃんはね、私のたからものよ」

と毎日声をかけてました。

 

犬でしょ??

って笑う人がいるけれど。。

 

たとえ1日でも一緒に過ごしてしまったら動物は家族です。

無心の愛でいつも、ほったらかしの私を許し続けて。

毎日、玄関でこれ以上喜びを表せないというくらいに

喜んで。

 

昨日

これからしばらくあかねが不在となる家に帰宅すると。

 

いつもなら飛び出してくるあかねがいないことに

わかっていながら、そのまま玄関で泣き崩れてしました。

 

でもこの時間はこれからのあかねとの時間を見直すいい機会

だと信じて。

 

子供と違うのは術後すぐに会いにいくとか

泊まり込んで看病するとかは出来ない事。。

 

ですから

退院して来たあかねのために色々環境を整える時間にします。

 

沢山のかたに愛に溢れたメッセージを頂きましてありがとう

ございます。

 

全て読ませて頂き、ハートに染みました。

とても助けとなりました。

 

昨日は、おひとりおひとりにお返事する気力がなくて

まずはこの場を借りて心よりお礼を申しあげます。

 

時間をかけてお礼をお伝えしたいと思います。

 

これから間もなくあかねの手術です。

 

今朝はサンジェルマンのクイントとオレンジの

ポマンダーを使いました。

あかねが沢山の光を浴びて、笑っているところを

イメージしながら。

 

ポマンダーやクイントエッセンスの

ハートから世界に向けてこのエネルギーを分かち合う

という両手を空に向かって開く姿。

 

いつも生徒さんたちに

「世界がイメージしにくかったら大切な人に

どうか届きます様に」ということをイメージしたらいいよ。

 

と伝えてきましたが。

 

すごくその素晴らしさを再び実感していました。

 

そばにいなくても、こんなふうに送ってあげることができる。

祈りは届きます。

必ず。

 

本当にみなさまありがとうございます。

 

これからもあかねを大切に、貴重な時間を過ごしたいと

思います。

 

みなさまにも素敵な秋になりますように。

 

LoveSatya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月9日に木星が天秤座に移りましたね流れ星

 

木星は一年に一度星座を移動しますが

 

これまでいた乙女座は、水星が守護星なので、

知性や分析にフォーカスするため、仕事上も

なにかと「軌道修正」や「善悪の判断」が

繰り広げられやすい。。とのこと。。。

 

確かに、今年に入ってずっと、そんな感じでした。

 

でもここに来て、ようやく拡大エネルギーの木星が

天秤座に移動してくれたので。。

公正な天秤判断や、そこにある真実や誠実さは守られる様な

体験も早速しました爆 笑

 

そんな、なんだか希望の持てそうな

 

天秤座balance*木星期となり。。

 

これからは守護星も、金星の愛と美の女神

ヴィーナスが見守ってくれますから〜ヴィーナス

 

もっと優雅で華やかな一年になりそうですね〜

 

なにか

愛と美の女神と聞いただけで。。

 

エリックスエッセンス的にも女神のミスト繋がりで

いい感じですキャハハ☆

しかも、天秤座木星期のラッキーカラーはなんとビックリマーク

ピンクやローズカラーラブラブ

 

これはエリックが「聖なる母のエネルギー」として

この色がやって来ていると言っている色と同じですっ爆 笑

 

すごいな〜やっぱり・・・音譜

 

そしてこれからのキーポイントは鍵

「社交性」「恋愛」「新しい出会い」「優雅」「気品」

「協調性」「バランス感覚」など。。。

 

なんとも、トンネルを抜けた様なワクワク感。。。

 

これからはそういった意味でも

キラキラしたものもいいそうです。。キラキラ

今日、仕上がってきた、このペンダントキャップを見ていて

プリズムのお客様のオーダー品だったのですが。。

あまりに美しくて見とれてしまい。。

 

すごく、これからのためにいい様な気がしたので

ご紹介しますねキラ

 

プリズムではお買い上げ頂いたボトルペンダントキャップに

ご希望に応じて、デコレートしてお渡ししていますキャハハ☆

 

この格子柄は私が自分用にデザインをお願いしたものですが

今回同じものをご注文頂きました音符

 

デコレートしていると皆さんから

「きれい〜欲しい〜」と言って頂けます爆 笑

こちらは仲良しのお友達同士で、選ばれたボトルを

ペンダントとしてさげたいとの事で、このように仕上がりました。

 

惹かれるボトルまでそっくりの仲良しさん。。

 

これまでも沢山のデコレートされたキャップを送り出したのに。。

 

早速、天秤座木星期の影響かしら??

満月で、月食の特別な夜だからかな?

 

すごくこのキラキラが美しく感じて。。

ご紹介しました。

こちらは長年私の爪をケアしてくれている、生徒さん出身の

大切な友人、奈津さんの作品。

 

ネイリストとしても深く信頼をしていて、

私の爪は、長さも形も厚みも、全てお任せしていて、

彼女の前に座っているだけで、いつの間にか自分に

しっくりくる自然なネイルに仕上がっています。

 

指先も美しくしていると、気持ちにゆとりが生まれますねおねがい

 

彼女の細かい作業から生まれるキラキラボトルペンダント。

 

私も毎日つけているからかしら?

 

今年の秋はワクワクして待ちきれないことが沢山

待っていますキャハハ☆

 

是非この秋、ハートにキラキラを飾って下さいねキラ

 

     Love流れ星Satya