実に1年ぶりの更新になります・・・

なぜ急に更新しようと思い立ったかというと、大殺界を抜けたはずの

私に、ものすごい不幸が襲ったのです!


それは、、、なんと会社をクビになりました。。

世の中は「派遣切り」なんてニュースになっていたり

友人の会社が急に倒産になったり

知り合いが社長に口ごたえしたら「もうこなくていい」と

そのままクビになったりということがあって

なんだか不安定な世の中だな~、うちも潰れるんじゃ?なんて

心配していた矢先、繁忙期の年度末をまたずに一方的にクビを

宣告されてしまいました。


急なことだったのでその日はさすがに落ち込んで、

帰宅しても涙が流れてなかなか寝付けませんでした。

なんで私が? なんでもっと早く言ってくれなかったの?

せっかく慣れてきた会社だったのですごく裏切られた気分でした。


翌日はたまたま朝から彼が私の家にきていたので

思い切ってことの全てを話しました。

すると、一方的に解雇されたことにとても腹をたてて

夕方まで一緒にいてくれました。

私は頭痛がすごくて起き上がれない程だったのですが

途中コンビニに行って、食事の面倒をみてくれました。

そんなことがあって、休み明けは元気に会社に行けました。


そして、突然のことに同僚他仲間が私の今後のことを心配してくれました。

そんな年末でしたが、ぼーっとしていれば時間が経ち

あっと言う間に年もあけました。

今日は友人と新年会だったのですが、クビになったことを話すと

これから大変だね~とただ淡々と私のグチを聞いてくれました。


私にはこんなに自分のことを考えてくれる人が周りにたくさんいる...

だから、人を簡単に切り捨てて自分だけがいい思いをする人より

何十倍も幸せなんだ!だからきっと大丈夫、なんとかなる!

そう思うようになりました。

ちなみに私を切った人はこの不況に相変わらず大した仕事もせずに

いい車に乗って会社の金を経費として使い込んで平然としています。

きっといつか天罰がくだるでしょう。そう思います。

だから周りに「おまえ不当解雇だから訴えろよ」と言われましたが

このままもらうものもらって(もらえるのか?)静かに消えます。



ちなみに前出の「彼」とはこのブログに以前書いた不倫相手です。

この1年の間、彼との間にもいろんなことがありました。

細かくは書きませんが(このブログをいわゆる不倫ブログにしたくないので)

彼がいてくれて、今回のことは乗り越えることができたと思います。

彼を失った時、私は気が狂うくらい泣いて本当に落ちました。

でも仕事には代わりがある。人には代わりはいない。

彼のことも同僚も(もう同僚じゃなくなるけど)友人も

私にとって、ほんとにかけがえのない大切な人達です。


ほんとは不倫の彼のことを書かなければ

不当解雇されたかわいそうな人、っていうことで同情があつまりそうだけど

善の部分も悪の部分も全部ひっくるめて私なんだ、ということで...

あ~なんか「自業自得」とか「因果応報」とかいうコメントがいっぱいつきそう。

ま、でも気にしません。私は善の部分をもっともっとがんばっていくだけです。


次の更新がいつになるかわかりませんが...また不幸が起こったら書こうかな。

ところで細木数子って全然出なくなっちゃったけど・・・このブログももう時代遅れ?

AD

あけましておめでとうございます。

相変わらず一人でひっそりと迎えております。

でも今年(去年?)はなんだかほんとに人といるのがいやだったので

いつもの休日のように迎えてしまいました。


とうとう大殺界もあけました。

お待ちかね?の種子、すべての始まりです。

なんだかそれだけで気分いい。

昨年まではほんと受け身に徹して我慢してた部分もあるけど

今年はやりたいようにつきすすんでいきたいと思います。

とにかく元気にとにかく楽しくとにかく前向きにとにかく笑って。

そんな毎日にしていきたいと思います。


そんな訳で、この大殺界検証ブログもしばらくお休みしたいと思います。

無期延期ってヤツです。

なんたって、大殺界の検証ブログですからね。役目終えました。

これからのいいこと書いてもつまんないし・・・

なんか悪いことあったら、幸運期の種子なのに~と

不幸ネタ、書きたいと思います。


いままで、私も土星人です、というコメントいただいて

ほんとうれしかったです。一緒にがんばりましょう、的に。

みなさんはどうでしたか?どんな3年間でしたか?

いけないいけない、過去を振り返ることはしないことにしたんでした。


土星人のみなさんにこれから種子の幸せが訪れますように・・・

AD

細木数子の六星占術というものの存在をきちんと知ったのは

今から3年半位前でしょうか。安定の時だったと思います。

どうやって知ったのか、それは定かではありませんでしたが

今では土星人の本も3冊目となりました。


土星人はものを書くのが本当は苦手らしいです。

でも大殺界中はそれに反して書きたくなるとか・・・

大殺界というものの存在を知ったのが大殺界に入る直前

なんだか気が滅入ってしまったものでした。

会社も辞めたばかりで新しいことを始めたばっかだったし

このまま行ったら確実に大殺界中に転職だ・・・

してはいけないことをしなければならない、それは憂鬱なことです。


でもそれを逆手にとって、楽しんでやろう、という気持ちになりました。

大殺界って細木数子は騒ぐけど、ほんとにそんななのか・・・

前回の大殺界もどん底に落ちました。知らなかったけど。

でも、絶対に這い上がってやる、そう思っていました。

で、それを記録したくて、10年日記なるものの存在を知り

さすがに10年も這い上がりにかけるのはいやだったので

3年日記を買いました。そして一日一文でも書くことにしました。

最初はいろんなことを書きました。ほんとにいろんなことが起きたし

でも3年経つころにはバイトが多忙になり書くことが減りました。

安定とはこういうことなのだと思います。毎日同じようなことで

書き記す程の変化がない、それはもしかしたら私の這い上がりが

ある程度形になったのかもしれない。今思えばそうだったのかも。

バイトをしながら目標を追い続け、当初の夢、目標とは変わりましたが

私はそれなりの安定した仕事、予想以上の収入

安定した生活、自分を認めてくれる同僚、話を聞いてくれる友人

仕事はつらくて心身ともに衰弱することもありましたが

基本的には満たされていました。時間も体力もお金も。

努力すれば必ず報われる。そんな自信を身につけられたと思います

そんな安定した生活を捨て、私はあえて別の世界に飛び込みました。

学校へ行くことによって、寝にだけ帰る生活が一変して

18時には家に着くような生活になりました。

失業保険もそれなりにもらえましたし、方向転換へのワンクッションとして

本当に貴重な時間をすごせたと思います。

いままでがむしゃらに働いてきたご褒美だと思いました。


そんな中でとうとう大殺界に突入・・・

ほんとにいろんなことがありました。転職も4回したし、転居も2回した。

そして結婚もしようとしてた。とりあえずあけたらすぐ行動しようと

相手だけみつけておいた。やってはいけない、わかっていたけど

自分のおかれた状況があまりにしんどくて方向転換しまくった。

そんな中で私の人生最大の事件が起きた・・・不倫に巻き込まれた。

本当にこんなことになるとはみじんも思わなかった。

今までの2年半に起こって書き留めていたことがすべてふっとんだ。

それまで毎月起こったことをこと細かに記録し検証してきた。

しばらく書いていなかったときは思い出してなるべく記すようにしていた。

でも、そんなことさえできなくなった。

仕事も変わってもちろんその部分もいろいろあって

書くに値する位の悪いことも次々に起こったんだけど・・・

これから自分がどうなるのか、全くわからなくなって書けなくなった。

大殺界を楽しむ、検証する、どころではなくなってしまった。

結局、占い通り、私は「信じた人(彼)に裏切りを受け」

年運減退の月運減退で彼と別れ、結婚しようと考えた人とも

これ以上進まない決断をした。最後の最後で占い通りの動きになった。


結局、最後の半年はぐだぐだで不倫のことしか書いてない。

でも私の人生は大きく変わった。この年でまた転機がくるとは

夢にも思わなかったけど・・・

検証ブログとしては中途半端だったかもしれない。

でも、まあいっか、なんて思っている。

ブログを書くことを仕事みたいに重荷にしたら本末転倒だし。


だから最後はなんとなく振り返って終わりたいと思います。


大殺界とは・・・

ほんとにあります。怖いです。びっくりです。

でもずっと続くわけではありません。我慢が勝負です。


六星占術とは・・・

所詮占いです。書いてあることに左右される必要はない。

でも、自分に対しての戒めにもなるし(突飛な行動を制約する)

多少運の悪いことが起きても「大殺界だし」と受け入れられるし

運気さえよくなればきっと前向きになれる、と希望ももてる。

自分の都合のいいように解釈すればいいと思います。

左右されて一喜一憂することが一番の弊害、不幸です。

道具なのです。うまく使わないと損です。


とりあえずそんな風に感じました。

いざ終わりを迎えてみると・・・あれ、終わりか~って感じ。

あれほど終わりを待ちわびていたのに・・・

ばたばたしてると、3年なんてあっというまなんですね、ほんと。


なにはともあれ、生きてます(笑)、なんとか。

それって大事ですよね。

これからも明日に希望をつないで不器用ながら生きていきます。

AD

浮気な彼と最後のメールをしてから1か月

本当に不安定な毎日を過ごしました。

幸せだったなと思う日もあれば

ばかなことしたな、と自分を蔑む日もあり

極端に落ち込んで涙が止まらない日もあれば

彼から連絡があるかも、と期待してしまう時もある。


おとといは気の知れた友人たちと忘年会で久々に飲み

帰宅したらずどんと落ちました・・・

彼は私に「あいつが風俗でも行けば?って言ったから浮気した」

と言いました。もちろん彼が私を風俗代わりにしていることは

断じてないのですが、この言葉は深く私に刺さりました。

で、たまにそのことを思い出して、、、落ちます。

おとといの夜は過呼吸になる程号泣して、そのまま寝ました。

起きたら頭痛くて・・・起き上がれなかった。

昼過ぎまで布団の中でごろごろして、おなか空いたら仕方なく起きる。

この1か月、休みの日はこんな感じです。

起きたら起きたでネットばかりしている。

不倫のブログ、離婚のブログ、略奪婚のブログ・・・

その内容にいちいち左右される。前向きになったり落ち込んだり。


平日も朝起きたら彼のこと考えてる。

悪く考えてる時はその時点ですでに泣いてる。

行きの電車でもそう、帰りの電車でもそう。

人間って軽く扱われるとここまで自分を追い込んで落ちるんだ。。

確かにここまで落ちたのは久々でした。

前職では突然無視をされたり、つらいことが続きましたが

彼の存在が(まだこんな関係ではありませんでしたが)救いでした。


大晦日の今日、なぜかすっきり目覚めました。早起きした訳ではないけど

そしてずっとこのブログを書いています。

ようやく、すべてのことを受け入れて書くことができるまでになりました。

まだいろいろとわからない事実もあるけれど・・・

もうそこを追及しないことにしました。

彼は私を愛した。私も彼を愛した。それでいいじゃないかと。

決して報われることのない、未来のない想いだけど

無駄じゃなかったし、今無理にこの想いを消す必要もないし。


彼とこういう関係になって、彼の家庭の現状、理想を聞いて

必要以上?に、夫婦とは、子供とは、家族とは、と考えました。

実は私、あまり家族に恵まれていません。

小さい時、親は不仲で自分にとってはあまり居心地のいいものでは

ありませんでした。いやなら離婚すればいいのに、そう思っていました。

でも実際できる訳がありませんでした。

母の実家には強い兄嫁がいましたし、近所の手前、体裁悪い。

ましてや父はきちんと働いて家族を養っている。

ギャンブルに溺れる訳でも浮気をするでも暴力ふるうでもない。

不仲の原因は、姑、父の母、祖母です。

まあとにかくめちゃくちゃな人で、、、自分勝手できつかった。

母はめちゃくちゃ振り回されてました。

子供ながらに母を守りたいと思った。だから祖母を憎んでました。

そしてそんな母の味方をしない父にも疑問を持ってました。

だから大人になったら絶対に父よりえらくなってやる、そう思ってました。

ある日、私は母のことで父にくちごたえをしました。

でも母に叱られた。ひどく悲しかったことを覚えています。

私は母のようにはなりたくない。男のいいなりになるなんていやだ。

自分の生活は自分でできるように早く自立したい、そう思いました。

そして家族から気持ちがどんどん離れていきました。


高校に入って、それなりに青春?がありました。

もちろん夜はちゃんと家に帰っていましたが

バイトをしたり、友達と遊びに行ったり、部活をかけもちしたり

私の気持ちは完全に外にいきました。

たまに朝帰りしたり、飲んで帰ったり、勝手に原付の免許をとったり

そのたびに叱られましたが、大きくはずれることもなかったし

私にまで手が届かなかったので基本的にほったらかしでした。

姉が神経を患ったこともあり、私は家にいることが限界でした。

ある日、父が姉に「お父さんはお前さえちゃんとしてくれればそれでいい」

そういうと、姉は、ほらっ!聞いた?とでも言わんばかりに

横で寝ていた私の背中をぽんぽんと蹴りました。

私は涙が止まりませんでしたが、寝ているふりをし続けました。


家を出たい一心で勉強をし、無事に地方の国立大学に

現役で合格することができました。

一人暮らしを始めて10数年。病気のために半年ほど実家に

戻ったこともありましたが、父と折り合いが悪くなり

勝手にマンションを契約し、引越し屋を手配して

止める母を振り切ってまた家をでました。

それからもなぜか実家に帰ると具合が悪くなります。

母は「気を抜くからよ」といいますが、一人でいる方が気を抜いてます。

やっぱり私は根本的に人と一緒にいるのがあわないのかもしれません。

そして家族とは血が繋がってますが、何かあわないものがあるのかも。

気の合う友人といた方がよっぽど気が休まるのです。


私は家族に弱みをみせたことがありません。

小さい時にはもちろんあるのかもしれませんが

つらくて悩みを打ち明けることも、楽しいことを喜んで報告することも

ありませんでした。自分のそういうことを共有したいと思ってない。

決して嫌いなわけではないのですが、帰るところだとも思ってない。


私は彼の離婚に反対しました。

まだ彼のことよく知らなかったし、離婚して私とつきあっても

うまくいくって保障がないのに家族を捨てるのは早すぎると思いました。

自分のせいで不幸になる人がいる、それは耐えがたいものです。

でも結局私の気持ちは動きました。一緒にいたいと思っている。

そして自分の若い時を考えてみても、離婚が悪いことだとは思わない。

片親になることがそんなに不幸なのでしょうか。

私は両親そろっているのに愛されることも甘えることも知らずに育った。

それどころか人を憎むことを原動力に生きる子供時代になってしまった。

自分をちゃんと愛してくれる存在があれば

大好きな両親が幸せでいてくれれば、子供には幸せなのかもしれません。


私は相も変わらず勝手なのかもしれない。

でも、彼の幸せをいちばんに考えています。

もうすぐ、あと数カ月で彼の子供が生まれます。

その子の顔を見て、自分は馬鹿なことをしたと家族を大事にすれば

それはそれでいいと思います。彼も家族も幸せだと思います。

でも、もし、彼が家族に幸せを見いだせないのであれば・・・

そして彼が私と人生をやり直したいというのであれば・・・

私は迷わず受け入れます。そして彼と幸せを探します。

いろんな人から中傷を受けるでしょう。

略奪だと、子供を捨てたと、それでも親かと、自分勝手だと。

それでも私は彼を守りたい。世界中が彼を非難しても私は信じたい。


それが大殺界の最終日に事実と気持ちを整理しながらブログを書き

残り数時間でようやく私がたどりつくことができた結論です。

半分妄想含まれてますけど・・・私からは絶対に連絡しないつもりだし

離婚する意思がなければ会うこともしないつもりです。

そして離婚をすすめるようなことも絶対にしないつもりです。

彼には自分で決めてほしい。そして彼が出した結論に従いたい。


とりあえず、本当に大殺界でした・・・まぎれもなく

でもいらない経験だとは思いません。

全て必要な別れだったと今は思います。

最後の最後で運命に逆らわずに受け止められた。

そう思って大殺界を終わりたいと思います。

浮気・結末

テーマ:

浮気な彼とは9月末にお互い結論を出し、もう2度と会わないと決めました。

でも、会わない間、いろんなことを考えました。

自分の気持ち、彼の気持ち、彼の家庭、奥さんのこと、彼の現状・・・

私の連絡先は私自身が消去したので彼から連絡がくることはありません。

彼に会えないことがこんなにつらいと思わなかった・・・

耐え切れなくなって、ある日、メールをしてしまいました。

それから1か月近く、他愛もないことや仕事の励ましあい等

毎日メールのやりとりが続いた後、彼とまた会うことになりました。

会わない間、彼がますます想いが募ってしまったこと

そして再会したことでさらに気持ちが強くなってしまったことを知りました。


再会から3日後、突然彼の奥さんから直接メールがきました。

そして・・・奥さんが妊娠していることを知りました。

彼は私に嘘をついていたのです。

体の関係はなくなっている、と私には話していたので。

嘘はそれだけではありませんでした。

前回の別居も奥さんは妊娠中でしたが、その時も浮気をしていました。

私は彼の言動すべてが信用できなくなってしまいました・・・

奥さんになんて返信するべきか・・・私はとても悩みました。

もう彼に会うのはやめようと思っていましたが

会って話をしたいと呼び出され、結局会うことにしました。

最後まで彼は・・・私に別れると言ってくれませんでした。

でもこれで終わりだと感じたと思います。

そして私も彼の奥さんに謝罪ともう会わない約束と

元気な赤ちゃんを産んでください、という内容のメールをしました。


あれから1か月・・・いろんな考えが頭に浮かんでは消えます。

振り子のように大きく、気持ちは揺らぎ続けています。

彼を愛し、彼の愛を信じ、将来を夢見る自分と

彼の全てを嘘だと感じ、存在そのものを完全に消去しようとする自分

仕事中は周りに人がいるので忘れていられるのですが

今でも朝起きてから出社するまでと会社を出てから夜寝るまで

そのことで頭がいっぱいになります。

今は少しずつ落ち着いてきました。

最初は仕事中も人と話をしていても脳の半分は彼のことがある。

本当に不思議な感覚でした。


彼も私も彼の奥さんも心身共に衰弱してしまいました。

自分を苦しめてるのは全て自分自身なのです。

彼の奥さんは浮気をすすめるような言動をし

彼は浮気を実行し

そして私は妻子がある人とわかりながらそれを受けた。

全てが終わってそれぞれが何事もなかったのように元の生活に

戻ろうとしています。


でも・・・気持ちは明らかに動いた。それはどうしようもない。

私は結婚まで意識した、以前から(友人として)付き合いのある彼に

全て(相手に妻子がいること以外)を話しました。

彼が私に告白してからでは彼のダメージが大きくなると思ってのことです。

でも彼はその後も熱心に誘ってくれます。でも私にはもう気持ちがない。


浮気な彼ももう奥さんには気持ちは戻らないと思います。

彼が奥さんにされたこと(世間ではモラハラというのかな)を

私に話したことや私の存在で、彼の中の張りつめていたものが

崩れてしまったように思います。でも彼は子供を母子家庭にはできない。

彼の家庭のことは彼と奥さんの問題なので後は2人で話すしかない。


もし、万が一、彼が離婚して私を頼るようなことがあれば・・・

その時はもっともっと話をした上で受け入れたいと思います。

私の中では慰謝料を支払うことも彼の子供を引き取って育てることも

全て覚悟はできています。それ程に彼を愛してしまっている自分がいる。

でも彼の家庭のことに口を出してはいけないのです。

離婚することも、しないでそのまま子供を育てていくことも

2人がきちんと話して覚悟を決めないといけないことなのです。

2人とも考え方が偏りすぎている。お互いが成長させる関係にない。

それでも親として生きていかなければならない。

子供が生まれれば自動的に親になるというものではない。

本当にそう感じました。家族になること以上に夫婦の問題は難しい。


本当はもっともっといろんなことがあり、いろんなことを考えました。

でも私の中ではまだ何一つ結論が出ていない。

彼とのことを自分の中でどう処理するか、そして自分はどう生きていくのか。

今はムリに答えを急がずに、絡まった糸をほどくように

少しずつ自分に起きたこと、自分の気持ちを、整理し、確認し

そして日常を過ごしながら消化していくしかない、そう思っています。


自分が大殺界だからこそふみとどまることができた。

最悪の結末にならなかったことを幸いと思うしかありません。

そして来年になればこの苦しみから逃れられる。

そう希望をもって過ごせる。この占いを知っていて本当によかった。

浮気な彼と飲みに行った際、彼は泥酔して

道端の占いに金を払って私との相性をみてくれと言った。


1人2000円ずつです


うわっ!高い・・・

私は対面の占いをしたことがなかったのでびっくりした。

酔った彼はぽんと5000円をおくと占い師に生年月日を言った。


お2人は恋人同士ですか?


私は答えにつまってしまったけど彼はノリで

いや~、今くどいてる最中なんですよ~と言った。

まああながち間違ってないけど・・・こういうところが私と違う。


僕たち、うまくいきますかね~


私もなんて言われるのか、ちょっと興味がわいた。

最初に彼の性格、次に私の性格、当たってるかどうかより

他人にそんなこと言われてる彼、そして自分

そのシチュエーションがかなりおもしろかった。

そして相性は、、、よくもわるくも言われなかったような・・・

離れるとよくない、的なことは言ってたような気もするけど

自分も酔ってたのでよく覚えてない。

きっと彼は占いしたことさえ多分覚えてない。


そんなことより私はおつりの1000円が気になったので

もらおうとそのことを言うと、渡しましたよ、と言われた。

自分も酔ってたし、そう断言されると、そうだっけと思ってしまう。

さすが占い師、完全にだまされた。


その場を離れると、彼は

なんだよ~いいかげんだな~ぼったくりだよ~ははは~

とぶつぶついいながら笑っていた。

くだらないことにお金使わないでよ・・・正直そう思った。

そのお金稼ぐのにあなたどんだけ働いてんのよ。

彼の働くさまを知っているので、ちょっとおもしろくなかった。

まあでも彼のお金だし・・・私がどうこういうのも変だけど。


彼との数少ない思い出です。



って、こんな道端の占い、どうでもいいんだった。


このとき、私ははじめて彼の生年月日を知ったのでした。

そこで酔いながらもなんとか覚えていたので早速占ってみました。

彼の性格的に、天王星人か金星人辺りかな~なんて思ってましたが

結果は、、、火星人・・・最悪です。

地運(干支)も最悪だし、ほんとに救いようがないくらい悪いです。

まあ、確かに、翻弄されまくりだけど・・・

火星人の占い結果みると、そういえば当たってる。


なんか・・・結構ショックです。

これ以上合う人はいない、そう思っていたにもかかわらず。

でも少し納得しました。嘘つきなところもがんこなところも

浮気性なところも家庭に縁がないところも火星人ならではなんだなと。

そしてそんな彼を理解に苦しむのも私が土星人だからなんだなと。

彼と私はもしかしたらわかりあえないかも。

そんな風に思いました。


うーん、恐るべし、六星占術。

彼が火星人、めちゃくちゃ当たってます・・・

浮気な彼と話し合いをした翌日、あまりに落ちた私は

彼を責めるメールをしてしまいました。


その後、彼の奥さんに謝罪のメールをし

親友に、終わったよ・・・心配かけてごめんねと報告し

とりあえずまた、落ちました・・・

その翌日、もうなることはないと思っていた

彼からの着信音(伊藤由奈)がなりました。


え?うそ?と思いながらメールを見ると確かに彼でした。


今まで迷惑ばかりかけて本当にすまなかった。

自分が嫌われたくないばっかりに、家庭の不満を言ったり

余計な嘘をついたりして結局傷つけることばかりしてしまった。

好きになること自体間違ってるのにそんなことして卑怯だった。

肝心なことをちゃんと伝えられていなかったことを

今更だけど後悔してる。キミの代わりなんていない。

家族を守ることはできる。でもキミを好きな気持ちは元に戻せない。

今まで楽しい思いをさせてあげられなくてごめん。

これ以上キミを傷つけてしまうのはできない 愛してる


最後の最後まで自分勝手なひとでした。

私が前に進めるように、きちんと別れの言葉をとうとう言えない。

でも、このメールで少し救われました。

私は彼の「風俗に行けって言われたから浮気した」という言葉に

ショックを受け、自分が、自分の体が汚い、そうまで思ってました。

確かに、彼がただの浮気だったと言えば彼を忘れられた。

でも、心の傷が残ってしまったかもしれない。

このメールのせいで、気持ちは引きずってしまっているけど

ちゃんと思い出に変えることができたとき

そして次にまた心から好きになることができる人にめぐり会えたとき

きっと彼のこのメールに感謝することができると思う。


メールには返事はいらない、とありましたが

最後のメールが責めたままでは私もいやなので

返信しました。ちゃんと読まれたかわからないけど・・・


私、あなたのこと信じていたかった、だから嘘がわかって許せなかった

あなたは私がはじめて心から全てを許せた人です。

理性や不信、罪悪感、いろんな考えが頭から消えなくて苦しかったけど

会っているときはすべて忘れてしまっていました。

いけないとわかっていながらも断ち切ることができずにいました。

私はあなたの幸せだけを願っています。

仕事もがんばってほしいし、子供も幸せにしてほしい。

家族を大事にしてください。


私は彼を愛しています、多分。

こんなに愛せる人にめぐりあうことももうないかもしれません。

はじめてこんなに愛せる人に巡り合えたのに

その気持ちを伝えることさえできなかった。それが苦しかった。

彼が彼の気持ちを私にぶつける度に

それを簡単に受け入れられない自分が本当につらかった。

本当はずっと一緒にいたかった。私も好きだといいたかった。

これから彼が過ごす時間を一緒に共有したかった。

同じものをみて、同じものを食べて、一緒に笑い、泣き、怒り、悩み

そうして少しずつ年を重ねていきたかった。

でも、彼と2度と会うことはできません。

あのまま友達でいたら、ほんの少しの時間でも共有しながら

一緒に年をとっていくことができたかもしれません。

でもそれさえももう許されません。

彼は私を愛してしまった。そして私も彼を愛してしまった。

時間を元には戻せません。気持ちも元には戻せません。


奥さん、あなたは私の唯一ほしい幸せをすべて持っています。

お願いです。それを大事にしてください。彼に笑顔を与えてください。




あれから一か月、私のしたことは間違っていたのかもしれない。

あえて傷つく方向にむかってしまった、わかっていながら。

自分の進みたい方向に進めば少しは楽しい思いもできたかもしれない。

そう思うこともあるけど、そのことでもしかしたら命が奪われていたかも

しれないことを考えると、ぎりぎりのところで間違っていなかったと思う。


彼が離婚すると言い出した頃に自分が送った説得メールを読んでみて

その時はもちろん知らなかったから、今いる子供に対してのものだったけど

おなかの子供に置きかえてみると、本当にぴったりくるから不思議。

彼はその時、どんな気持ちでこのメールを読んでいたのだろう・・・

彼からの結論を聞いた日、彼は私に「キミが答えを出させてくれた」と

言いました。彼は自分の出した結論を後悔することはないと思います。

違う結論を出されていたら・・・彼も私も一生後悔したでしょう。


ようやく自分にたどりつくことができました。

立ち直るにはまだまだ時間がかかるかもしれませんが・・・

大殺界もあと少し、終わるまでに突破口がみえてよかったです。

浮気な彼と話し合った(話を聞いた?)翌朝

彼から体調を気遣うメールがきました。

またもや彼はすぐ帰らず、深夜に帰宅したようでした。


私は奥さんのメール以降胃痛がとまらず体調を崩していたのと

度重なる残業疲れで休みなこともあって起き上がれずにいました

そんな中で考えること・・・全て後ろ向きなのはいうまでもありません。

昨日彼と話したことも後ろ向きな記憶ばかり。

彼との最初の夜から5か月弱。そのうち連絡をとりあってたのは

正味2か月。その後会ったのは5回。

そんな短期間でしたが、結局不倫のフルコースを味わうことになり

心身ともに疲れ果ててしまいました。


そんな中で彼にはじめて、責めるようなメールをしてしまいました・・・

「次に浮気するなら絶対ばれないように、そして家庭を壊す気はないと

相手にはしっかり伝えてあげて。でもそんなことしてもみんな傷つくだけ

もう絶対にこんなことはやめて。私奥さんがうらやましい。

あなたも奥さんも素敵な家族がいるのになんでそれに満足できずに

こんなことするの? 私はこうなってほんとにみじめに感じてる。

こうやってあなたを責めること自体みじめで不幸だと気付かされる。

こんなメールして迷惑だってわかってる。でももう繰り返さないで」

彼を信じていたかったけど、彼には嘘が多かった。

だから彼の言うことを一つも信じられない自分がいた。

彼の話やもらったメールを思い返して、彼という人が

ますますわからなくなってしまいました・・・


もしかしたら、不遇な結婚生活で別居もしたし離婚も考えたのかも。

もしそうだとしたら、彼を支えてあげたい、そこまで思ったのに。


私にははじめから浮気目的で近づいた?

こうなったのも奥さんと同い年の私を選んでかわりに悪態つきたかった?

それとも私との浮気を見せつけることで奥さんに復讐したかった?

こうなるといい考えなんか1コも浮かんできません。

人間、軽く扱われるとここまで自分をダメに思ってしまうものなんですね。

久々に落ちるところまで落ちた、そんな感じです・・・

そんな中でも仕事の電話は何本かかかってきます。

涙声でなんとか答えて、また落ちる・・・布団から全く出られません。


そんな状態ですが、昼間に奥さんへメールをしなければいけません。

彼と話をして、どんな内容にするかはほぼ決まっていたので

少しずつメールを打ち始めました。


彼とは元々仕事以外の付き合いがなかったこと

仕事がまじめで一生懸命でとても尊敬して頼っていたこと

そんな彼と突然こんなことになってはじめは混乱して

訳がわからずに話し合いばかりしていたこと

そしてそんな状態が少しも楽しくなかったこと

奥さんが妊娠していることは知らなかったけど

苦しみを与えてしまったのは自分でとても悪いことをしたこと

そして彼のためにも無事に元気な赤ちゃんを産んでほしい

ほぼそんな内容だったと思います。

それから彼は素晴らしい人で彼の気持ちを受け入れてしまいたい

そう思ったこともある、でもそれは彼や彼の家族を不幸にするから

絶対にしてはいけないと思いとどまったこと。

そして私のことは許さないでください、と打ちました。

奥さんへは苦しみを与えてしまった。とにかくそれを謝りたかった。

そして一緒にいる人が他人からこんなに大事に思われている

とても素敵な人なんだ、そう思ってほしかった。

恋人同士だった時のことを少しでも思い出して

彼のことを今よりほんの少しでも大事にしてほしかった。

そんな思いをこめてメールを送りました。


彼は奥さんのことを悪くばかりいいます。

でもメールの文面を見るとただのヒステリックな考えなしの

バカな女性には思えません。きっと不器用なだけなのだと思います。

彼から奥さんの話を聞くと・・・ほんとに自分に似ていて

彼の文句は自分が言われているような気がして

思わず言われる度にかばってしまっていたと思います。

やっぱり似た性格の人を好きになるもんなんですね・・・

今の私は仕事でいろいろイヤな思いもして

正しいことだけがすべてではない。自分が悪くなくても謝る。

年を経て、いろいろ経験して人を許すことを覚えました。

逆に自分にもすごくゆるくなっちゃったんですけどね・・・


奥さんは彼にこんなことを言ったりしていたそうです。

記念日にどこか店を予約して喜ばせようと当日に突然言うと

勝手なことしないでよ!と店には入らず

これまた別の記念日にアクセサリーをプレゼントすると

なんでこんな趣味の悪いもの買ってきたの?信じられない!

今すぐ返してきてよ!と言い

仕事のグチを話せば

そんなに嫌なら止めちまえ!と言い

彼のことを テメェ!と言い

風俗でも行ってくれば? とまで言ったとのことです・・・

彼はこれにはほんとにキレたようで、だから浮気したんだ、と。

すぐ後にあわててごまかしてましたけど

私かなりショックでした・・・風俗って・・・体目的の方がまだましよ・・・


彼がいつどのタイミングでどんなシチュエーションでこれらのことを

言われたのか、そこまで深くつっこみませんでしたが

そのことによって彼は深く傷つき、奥さんの自分に対する愛情を

信じられなくなったみたいです。

確かに、自分が好きな人にはいくらなんでもここまで言わないと思う。

彼は奥さんは結婚してから性格が変わって

あいつは釣った魚にエサをやらない、と言ってましたけど

こうなったのは彼にも原因がなかったのでしょうか。

でも、頼りない年下の彼を選んだのは奥さん

気の強い年上の奥さんを選んだのは彼。

どっちもどっち・・・それに結婚観とか家庭に対する考えが違いすぎる。

彼の理想の家庭は、自分がでかけるときに笑顔で行ってらっしゃい

そして帰宅したら笑顔でおかえりなさい、だそうです。

それに本当は仕事よりも早く家に帰ってゆっくりしたいと。

でも話を聞く限りでは、とても安らぎのある家庭には思えませんね。

奥さんとはつきあって結構すぐに結婚したそうです。

彼は結婚願望が強そうなので、しっかりものの年上を選んだようですが

逆にそれがあだになって、馬鹿にされ、大事にされず

誰かに認めてもらいたくて仕事を一生懸命やるしかなかったそうです。

そんな中で彼の仕事に対する姿勢と一生懸命さを認めて応援し

お疲れ様です、と笑顔で挨拶し、また次もよろしくお願いしますね

と笑顔で別れ、忙しそうですけど体大丈夫ですか?と心配し

コンビニ弁当を見て、ちゃんと食べてます?と心配する。

彼はこんなことで私に気持ちが動いてしまったのだと思う。

もしかしたら、彼は私より幸薄いのかも・・・

こんなこと、愛情なんかなくても思いやりさえあれば言えるはず。

夫婦じゃなくても仕事仲間でも自然と声をかけあうものだし。

でも彼の奥さんはそれができなかった。

きっと彼に少しも感謝してなかった訳ではないだろうし

疲れて帰ってきて大丈夫かな、と心配したことだってあったと思う。

そう思ったら一言声をかけてあげるだけで違ったと思う。

きっと、お前も育児大変だよね、家事もいつもありがとう

彼ならそう言ったと思うのに。


実はずっと以前に一度、彼の奥さんの近くにいたことがあります。

彼が車で奥さんに送ってもらったときのことです。

私は室内にいたのですが、車のエンジンの音がして

彼(その時はただの仕事仲間)が到着したことがわかりました。

彼は車から降りて送ってくれた奥さんに「ありがとう」と

何度もいう声が聞こえました。そして子供の無邪気な笑い声と

ぱたぱたと走る足音が大きくなったり小さくなったり。

その間、奥さんの声は全く聞こえませんでした。

車からも降りなかったみたいでした。

多分子供は彼が抱えて車へ乗せたのでしょう。

でも室内に入ってきた彼は両手にいっぱい荷物を持っていました。

そして今思えば、すごく疲れた顔して入ってきました。

で、私の顔を見て急に笑顔で「送ってもらっちゃいました」

その時は、照れ笑いで、送ってくれていい奥さんだな位にしか

思ってなかったんですけど、彼が何度もありがとうって言ってたのが

なんか不自然でした。きっと返事をしなかったのでしょう。


奥さんを悪く思ってないし、落ち度があるかも私にはわかりません。

でも奥さんからのメールで一つだけ、違和感、いや嫌悪感と言うか

いや、もし本当だったら許せない一言があります。

それは「主人におなかの子はもうおろせないから蹴って殺してくれ

そうお願いしました」という一文です。

この一文がほんとだとすると、離婚話が出た時に

おろすおろさないの話がされたと感じられます。

それに彼は私に「連絡先を消された」といいました。

でもぽろっと「自分で消した」とも言いました。あわてて言い直したけど。

私はその時、奥さんが私に直接連絡とらないように

私のためにあわてて消したのかな、その位にしか思ってませんでした。

でも、ほんとは、最終的には、、、おなかの赤ちゃんと私との

選択になっていたのかもしれません。

そして2度と会わないことを約束して連絡先を自分で消した・・・

でも彼は約束を破ってまた私と会っていた。

だから奥さんは殺せ、そう言った。

なんだかその方が話の流れが自然な気がします。

いくらなんでも諦める約束をさせた同じ相手と会っていたことがわかって

裏切られたのがショックだとしてここまで言うでしょうか。

彼は産んでほしい、二人で育てよう、そう言ったのだと思います。

はじめての子供ではありません。すでに母親なのです。

私は母親の発する言葉として信じられません。

母親が父親に子供を殺せ、そんなことを言うなんて・・・

私を引かせるためのおどしならいいのです。

でも彼に本当にそんなことを言ったのだとしたら

それはすでに産まれている子供に対しても許せない言葉です。

私はそんなストレートに殺すなんて言葉を使う奥さんの

メールを読んで彼の今後が心配になりました。


それともうひとつ、家庭を元に戻すには相応の時間がかかるとも。

元に戻すとはどういうことなのでしょう。

私とこうなる以前の家庭なのでしょうか。

でも彼はそれに満足していない。だから浮気をした。

その認識はあるのでしょうか・・・

確かに私の存在が決定打を与えてしまった。

なんだか彼と奥さんはきちんと話し合ってるのか、心配になりました。

彼がまた浮気をしそうでなんだかいやです・・・

所詮人の家庭、人の旦那、人の子供、私が心配する権利さえないけど・・・

浮気な彼の奥さんへは返信ができないまま、数日が過ぎました。

当初送る予定だったメールは、親友がすすめたとおり

深い関係などなかった、彼とは何でもありません、勘違いです

そういった内容のものでした。

でも考えれば考えるほど、それでいいのかわからなくなりました。

彼は奥さんに私の存在も名前も明かし一度別れの意思表示をしている。

その時にどこまで話したのかわからないけど・・・

彼からは私とのメールを「何?!このラブラブなメール!」と疑われた

ことがある、と聞いていました。今回もメールを見られてたし

奥さんは私を責めなかった。私とのメールを相当みているに違いないです。

そして彼の奥さんへの仕打ち・・・私まで奥さんに対して嘘をついて

果たしていいのでしょうか。疑いのままなら嘘をつけばいいのですが

確信しているものに関して嘘をつくことは奥さんに対して

最後の最後まで誠意がないような気がしてなりません。

そして奥さんに私の話をした彼の想いを考えると

それを勘違いだったと言うのは彼一人が悪者になる気がしていやでした。


私は迷った挙句、彼にメールをしました。

「この間は感情的になってごめんなさい。奥さんへ返信をしたいのだけど

正直どういうことを書いていいのか迷っています。

知らない事なら知らないままがいいし、知ってる事なら嘘つきたくない。

話がしたい。連絡ください」

数時間後、彼から返信がきました

「今仕事中だけど、もう少しで片付くからこれから会えないかな」

私は「奥さんにもう会わないって約束したから会うのはいやです。

後で電話いれるので、仕事終わったらメールください」と返信しました。

でも結局彼がどうしても会って話がしたいと言うので会うことにしました。


その日はとても寒い日でした。彼はすごく寒そうな服装で震えていました。

まだ居酒屋がやっているような時間ではありませんでしたが

話す内容が内容なので、やたらの店では話せません。

カラオケボックスは混んでいたし・・・

ようやくやっている居酒屋を見つけ、話をし始めました。

少し話したところで近くの席に別の客がきました。

そしてまたきまづい雰囲気になり・・・店を変えることにしました。

彼はカウンター席が好きなのですが私はあまり好きではありませんでした。

でも、確かにカウンターの方が話しやすい。

きっと彼は家でいつも向かい合わせで糾弾されていたに違いありません。

席が向かい合いになるのはかなりきまずく感じたようでした。


居酒屋がやってる時間になったので入ってお酒を飲み始めると

彼はぽつりぽつりと話し始めました。

妊娠のこと、聞いてショックだった?とか

前の浮気の時は周りも巻き込んでほんとに大事件になったとか

別居の最中は浮気相手との二重生活で金銭的にも大変で

疲れて、子供にも会いたくなって、母子家庭にしたくなくて

結局戻ってきてもらうことにした、とか、奥さんは復縁の際に

自分の悪いところ直すって言ったのに全然直らない、とか。

特に奥さんの話になるととまりません。

私が奥さんをかばうような発言をするのでいけないのかもしれないけど

でも、でも、と次から次へと出てきます・・・

私は奥さんからきたメールについて、自分が悪い、許してほしい

そう書いてたよ、と彼に告げると意外そうな顔で

「自分で悪いと思ってるんだ・・・」とつぶやきました。

きっと二人の話し合いは、、、いつも不毛なのでしょう。

直す直すと言って結局直らない奥さん

(復縁してすぐはよかったらしいけど、しばらくして元に戻った)

そんな奥さんにあきらめを感じている旦那。

ただただ毎日が過ぎて・・・だんだんと生活に疑問を抱いていた頃に

きっと私はひょっこり現れたのでしょう。

私は彼のうちが円満だと勝手に思い込んでいました。

若いのに仕事もしっかり一生懸命で子供も奥さんもしっかり養って・・・

でも実際はこんな問題を抱えていた。

彼とはじめて過ごした夜、彼の寝顔をみながら私が癒してあげたい

そうふと思ったことを思い出しました。

なぜそんなことを思ったのかその時はわからなかった。

私は奥さんが妊娠中とかで酔った勢いで間違いが起こった位にしか

その時は思ってなかった。彼の家庭が円満だと信じていたのだから。


居酒屋を出て、少し歩きました。でもとても寒かったので途中建物に入り

暖をとりながら、駅へ向かいました。

駅に着き私はちゃんと別れると、もう会わないと言ってほしいといいました。

そして奥さんとやり直して子供をしっかり育てると、そう言ってほしかった。

彼には幸せでいてほしかった。家庭不和の話なんて聞きたくなかった。

そしてそのことによって、また浮気を繰り返してほしくなかった。

でも今のままではお互いなんの歩み寄りも見せずにまた繰り返される。

それがいやだった、本当にいやだった。


何度お願いしても彼は別れの言葉を言ってくれません。嘘でもいいのに。

私を引き止めるためなら平気で嘘をつく彼です。

でも肝心なところでは嘘を、私のほしい言葉を言ってくれない。

「わかった、仕事頑張るよ」そう言ったかと思うとすぐに

「だめ、やっぱ一緒にいたい」いくら待っても彼の口からでるのは

「一緒にいたい」 それだけです・・・

何時間待っても・・・「一緒にいたい」 それしか言いません。

私は「奥さん、具合悪いんでしょ?お願い、早く帰ってあげて」そう言っても

「あいつのことはもういい!家庭を円満にする気なんてもうない!」

だめです・・・奥さんの話をすると意地になります。

「私が心配するなんて・・・立場逆でしょ?」「そうだけど・・・」

彼には明日も仕事があります。そして早く家に帰って体を休めてほしい。

もう諦めて、帰ることにしました。


最初の夜、彼をどうしてもふりきることができませんでした。

ぽつんと一人、おいて帰ることができなかった。

それができていたなら・・・事態はここまでにならなかったでしょう。

そして今でも友人のまま、相変わらずくだらない話をしながら

お互いに高めあって仕事をよりよくすることができていたでしょう。

でも私にはできなかった。そして今でもその気持ちは変わりません。

改札口で「じゃあ、元気でね、もういいよ、行って」  そう言いました。

でも彼は背を向けて歩きだすことができません。

「お願い、先に行って・・・」 そう言うのです。私もいやなのに。

私がとまどっていると 「行って!」 強い口調で言われました。

私は改札を抜け、後ろを振り返らずにホームへの階段をのぼりました。

このときの気持ちを、私は覚えていません。


自分の思いのままに進んで結局予想通りに傷ついて終わりました。

すべては自分の予想したことです。それでも進んでしまった。

そして彼も彼の奥さんも傷ついた。何が、どこからが間違いだったのか・・・

せっかくもう会わないと決めたのに我慢しきれずメールしてしまった私?

せめて友達でいたいと反省したのに再会してさらに想いを募らせた彼?

離婚を思いとどまった彼ときちんとやり直しの話をしなかった彼と奥さん?

たった一度の間違いを間違いだと処理できずに気持ちを打ち明けた彼?

風俗でも行ってくれば?とすすめた奥さん?

そんな奥さんにキレて浮気をしてしまった彼?

それとも、私と彼が出会ってしまったこと?

彼と奥さんが結婚したこと?

・・・答えはないように思います。でも傷ついたのが大人だけでよかった。

ほんとにそれだけが救いです。


不倫は確かに悪いことだと思う。でも同じ人だけを見続けることは難しい。

でもこれは不倫だったのでしょうか・・・ただの浮気だった、そう思いたい。

彼とは気持ちの確認をしあい、その上でつきあっていたわけではない。

不倫という関係を認識して、会い続けていたわけではない。

彼は私を愛人という立場にすること、そしてその関係を家族がいながら

続けることに悩んでいました。だから離婚という選択肢を最初は選んだ。

でも子供を捨てること、違う女のひとを選ぶこと

父親としての彼は自分の選択に嫌悪したに違いありません。

奥さんにも親兄弟にも責任を問われたと思います。

彼は自分を悪人だといいます。でも私はそう思わない。

彼は家庭をそこそこ守りつつ私との関係を続けることもできたはずです。

でもそうしなかった。それに私のことを一度も責めなかった。

彼は私の前では男としての威厳を、示したかったのかもしれません。

それは「かっこつけただけ」かもしれません。

そのためだけに嘘をついたかもしれません。

でも私は彼の想いを、存在を否定したくない。それだけはしたくない。

そして彼のことを好きでいつづけたい。2度と会わないかもしれないけど。

浮気な彼のメールからは会えないさみしさを感じるようになりました。

そんなある日「今週末、一緒にいられないかな。前回は泥酔してしまって

結局大した話ができなくて申し訳なかった。今度はちゃんとデートして

ゆっくり食事してゆっくり寝たい。そして次の日も一緒に過ごそう」と。

私はさすがに罪悪感がまさって「やっぱり外泊はまずいよ・・・」と返信。


翌朝も昼も彼からはメールがきませんでした。

こんなにメールがあくのは久々だったので、どうしたのかな?と

思った矢先、メールがきました。

でも、それは見慣れないアドレスからのものでした。

読んでみると、、、それは彼の奥さんからのものでした。

びっくりして指先が冷たくなりましたが、その内容にも驚きました。

多少の違いはありましたが、彼と会ったり連絡をとりあっていた時期が

ほぼあっていたし、そして今妊娠中で彼の浮気に悩むせいでつわりが

ひどく、体調が芳しくないこと、そして彼の私を誘うメールを読み

彼におなかの子はもうおろせないから蹴って殺せと言ったこと

そのメールへの私の返信を彼が見る前に削除したこと

などが書いてありました。その文章は決して暴力的ではなく

また私を責めるようなものでもありませんでした。

でも、、、散々悩んだ挙句に私に直接メールした

そんな感じはすごくしました。

彼からは、奥さんからは拒否されてセックスレスでつらい

そう聞いていたので、まさかの妊娠に驚きました。

そもそも彼の言うことは調子がよく、結局なにひとつ守れてないと

感じていはいたのですが、ここまで決定的に嘘をついていたとは・・・


もちろん仕事中なので平静をよそおっていましたが

内心早く帰って奥さんに謝罪のメールをしたかった。

とりあえず親友に「どうしよう!奥さんからメールがきた!」

とメールしました。その後は仕事が手に付かず・・・

あまり遅くなっても失礼だし、今日返信しなくて眠れない日が

続いてもよくないので、夕方、とりあえず謝罪と

もう2度と会わないことと、また落ち着いてメールすることだけ

返信しました。そして結局終電・・・疲れた1日でした。


奥さんからのメールには「会って話がしたい」とありました。

親友にそのことを伝えると「あなたが奥さんに責任もつことないよ

むしろ巻き込まれたのはあなたの方なんだし・・・

もし会うとしたら、3人で会ってケリつけた方がいいよ

奥さんに責任負うべきは旦那の方なんだしさ

それか関係は全くありませんでした、って言って

シラを切りとおして2度と会わないって約束すること

続ける気がないんだったら不要な修羅場は必要ないよ」

もうほんとにその通りです。心強いです。

私は彼から奥さんの気性の荒さを聞いていたので

会ったら殴られたり、刺されたりしないか、かなりびびってたので・・・

さすがに職業柄、いろんな浮気、不倫を見ているだけあります。

そして覚悟もないくせにいちばんズルズルしてたのは自分なんだと

気づきました。帰宅して、食事も早々に済ませ、深夜までかかって

彼の奥さんへのメールを打ちました。

そして明朝出勤時にメールを送って、それで終わりにするつもりでした。

自分の存在が、大事な命を奪っていたかもしれない・・・

そう思うと本当に恐ろしい。自分の知らないところでそんなことが。

もう何もかも手放して逃げたい心境にかられました。


朝電車に乗って奥さんへのメールを送ろうと思ったその時

彼からメールがきました。

「昨日妻と話し合いをしました。キミにメール送ったらしいけど本当?

内容は教えてくれないんだ。妻はとても攻撃的なところがあるので

キミがショックを受けたのではないかと心配です。会って話がしたい」

私はすぐに返信しました。

「メールはきました。会いたいのは言い訳したいから?

だったら会う必要はないです」

結局奥さんへのメールを送信しそびれてしまいました。


また・・・どうしたらいいのか、わからなくなりました。

ここまできたら、最良の判断なんてないのだろうけど

とにかくこれ以上奥さんに心理的不安を与えたくない。

奥さんは自分に原因がある、といいました。

彼もこうなったのは奥さんが悪いと思っています。

だから浮気することも彼が家をあけてしまうのもある程度は仕方ない。

でも、、、奥さんのおなかには彼の子供がいる。

その奥さんを放置してもいい程の間違いを奥さんはしたのでしょうか。

私にはわかりません。それは夫婦の問題。私には理解の域を超えている。

彼は自分の子供は世界でいちばん大事だと言いました。

私はそのことは疑いたくない。いくら嘘が多い彼だとしても・・・