お久しぶりです!
カラーセラピストのタマーです。

最近、どっぷり会社員生活にはまっており
ブログもご無沙汰しておりました。

そして、今年に入って二回目の風邪をひき
またまた内省モードに入っておりました。




会社の前の桜に、とても癒されております。


働くの語源は、
はたが楽になること、
つまり周囲の人が楽をするために
自分が動くということですね。

サービス精神が求められる日本では
納得の行く語源です。

イメージカラーとしては、
ブルーTCブルーとかピンクTCピンクかな?

他人のためというより、
自分の夢を叶えるため、
自分の生きている証として仕事をしたい
という考え方もありますね。

私はこの傾向が強いのですが、
イメージカラーはパープルTCパープルとかイエローTCイエローです。


そして、フランス語の働くという意味の
トラバーユの語源をご存知ですか?

なんと、拷問を受けるだそうです!

労働は拷問。。。

何色をイメージしたらよいのか困りますが、
あえて言うなら、重荷を連想させるダークTCダーク
従順に従うことを求められるインディゴTCインディゴでしょうか?
(あくまで、私のイメージです。)


最近、会社での仕事が拷問に感じられてきました。

体調が悪いせいもおおいにあると思います。

単調なつまらない仕事にも
楽しみを見つけるのが大事だとも思います。

でも、仕事を自己実現の手段と捉えると
自分の置かれている立場が苦しくなることがよくあります。

もっともっとがんばらなきゃと
自分を追い込んでしまうこともあると思います。

そんなときは、仕事なんて
所詮拷問と思うのもありだと思います。

仕事から解放されて、ほっと緩んで
美味しいご飯やお酒を楽しむために働くのでも
よいのだと思います。

自己実現出来る仕事に出会って、
実際に働くことが出来たらとても素敵だけど、
理想と現実のギャップに苦しくなったら、
仕事は生活のための拷問と割り切るのも大事!

風邪を引いて気が弱くなったタマーから、
頑張りやさんで無理しているあなたに贈りたいメッセージです!
AD