こころの万華鏡

こころの色でもっと楽に子育てしたいママを応援します


テーマ:
2016年の母乳育児サークルの新年会、

雪降るかもという予報もありながら、

寒いながらも楽しく終わりました。

1月24日 10:00~14:30
新年会 「体験談もちより交流会」

会員さんで中学の英語の教師をしながら、
5人のお子さんを育て、40代の時には
お子さん4人連れてアメリカへ留学もされたという方の
体験談をお話しいただきました。



サークルの会員さんや元会員さんの中には
4月から仕事復帰され、先生や保育士さんなど
子育てを仕事をともにされてる方もいらっしゃいます。

働く女性の先輩のじかに聞く体験談は、
いろいろ響くものがあるのでは?

5人のお子さん育てながら、先生のお仕事を続けられた時は、
実のお母さんに子育ての協力してもらいながら、
世間体は気にしないと思いながらも、
かなり肩身が狭かったのだそう。

30代は子育てに振り回されてもしょうがない、
40代からは、中学の進路指導もひきうけて、
夜中まで会議もされていたものの、
このまま続けられないと、いったん先生はやめることに。

ただ、好きな仕事だけに絶対復帰しようと、
一番下のお子さんの成長する間の5年間に
語学だけでなく、カウンセリングの勉強なども
したいと思い、アメリカへ留学を決意。


お子さんをアメリカのスクールに通わせる中で、
アメリカの家庭での教育は、
 子どもを幼い時から個人として扱う、
 親が話しをして納得させる。
 親の言うことは絶対的

親は子どものいいところをほめるから
自信をもってる子が多い。

学校でも、テストだけで能力を判断するわけでなく、
本人が学んで考えないと提出できないようなレポート

高校までは義務教育で、
個人個人の事情を大切にし、希望者が多い高校は
抽選できまるとか。

全国統一の資格試験も、年に数回あって、
何度か受けたテストの中のいい成績を
希望する大学に提出できるんだそう。

そういうシステムのため、大学進学も、
自分で選択して判断する経験になるらしい。


かたや、日本はというと、

 謙遜の文化のせいか、親がほめるということも少なく
 自信のない子が多いし、まだまだというイメージ。

学校の勉強も、暗記力のある子が点数とれる制度で、
先生から言われたことをしてたらいいといい風潮。

大学入試も一発勝負で、落第したら挫折といった
マイナス思考気味。

根底にある文化や環境がそもそも違うのに、
アメリカの一部分の制度だけを
導入するのはいかがなものか?

ご自分の子育てについては、いろいろな思いもありながらも、
常に自分自身にとって大切なことは何かを考え、
それを大事にして選んでいくぶれない姿勢は、
時代や環境が変わっても、
うけついでいきたいものですね。

お子さんを交えてのなごやかなランチの後は、
質問や感想も交えつつ、
まだまだ話したいないくらいで
名残おしくも終わりました。

先輩の方も新年会であって話すのを楽しみに
参加されていて、近況伝えたり、
いろんな体験談を聞ける機会となってます。

1月、2月も参加費無料の例会やってますので、
気軽にのぞいてみてくださいね。

母乳育児サークル
http://www.geocities.jp/bonyuikuji1983/

メール  bonyuikuji1983@yahoo.co.jp





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

星野 光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。