こころの万華鏡

こころの色でもっと楽に子育てしたいママを応援します


テーマ:

7月16日母乳育児サークル特別例会は、

「スリングや抱っこ紐の上手な使い方」
ということで、

子育てを楽しむ会の代表の迫きよみさんに、
 

 http://www.ujikko.net/ujikosodate/

参加ママの要望にお応えして、
個別にスリングなどの使い方を教えていただきました。



スリングの場合、赤ちゃんの背中のCカーブを
大切にして抱きやすいけれど、
リングの位置を左右付け替えたりして
ずっと同じ向きにならないように、気を付けたり
ある程度大きくなったら、
縦抱きにいれて、赤ちゃんの足の下を
すっぽりおおうようにいれるといいそう。

おんぶをするさい、胸もとでクロスすると
胸元が強調されるのがちょっとというママには、

リュックのように肩にひもをかける
やり方もあるとか。



後ろでおしりの下で交差させ、
足の下をとおして前にだし、結ぶやり方。


おんぶされた時に、赤ちゃんの体がそってしまいがちな場合、

ガーゼなどの布をからめて、
赤ちゃんの背中をおおってあげると、
赤ちゃんも落ち着く感じでした。



赤ちゃんにとって、
ママが素手で抱っこして
背中をなでなでしたり、
おしりの仙骨のあたりを
やさしくトントンしてあげることがとっても大事。

リラックスして副交感神経が優位になって
ぐっすり眠ってくれたりします。

抱っこひもも、最近はいろんなタイプがあるものの、
10年以上、研究されてきた結果、
一番融通性がきくのは、ひもと布

ひもと布は、どんな体型のママ、赤ちゃんにも
あわせて使えるすぐれもの。

その方の身長などにあわせたオーダーメイドに近いのが
抱っこひものむぎゅっと。

実際にむぎゅっとを使って抱っこしてみたママが

「すごい楽!」と感激されてました。



なかなか、こんな風にこてっとよりそって
くれなかったんだとか。

ママと子どもとを一体化して抱っこできるので、
ママの背中の姿勢ものびて、腰への負担がぐっと減ります。

むぎゅっとで抱っこしてる時も、

赤ちゃんの首の下、背中あたりをなでて
ほぐしてあげるといいですよと。

赤ちゃんも、背中にこわばりがあったり、
おなかも堅かったりするので、
まあるく抱っこしたり、
ママの膝をたてて、その上の赤ちゃんのせて
背中を服の上からなでてあげることを
してあげてねと、

具体的に教えていただきました。



台風の前のくもり空の中
参加くださったママに、「きてよかった」と
満足していただけて、私としてもうれしかったです。

次回は例会  
参加費無料 
7月31日金  10時~14時
     
「赤ちゃんの夏の過ごし方Q&A」
 あせもや湿疹、夏風邪など、夏の困りごとや
 疑問や体験を語りあいましょう。
  
 午後はママむけのリラックス体験、産後ケアなど
 体験して帰ってね。

母乳育児サークル
http://www.geocities.jp/bonyuikuji1983/

メール  bonyuikuji1983@yahoo.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

星野 光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。