Color Pencils

趣味の楽器や手芸、読書、フィギュアスケートのお話。色鉛筆で書いたみたいに色々と♪


テーマ:
 最近読んだわけではないのですが・・・12月のはじめくらいに読んだもの。珍しく途中でやめられなくて夜中の3:00まで読んだ本。そしてどうしても彼に読ませたくて、無理やり貸し出した本です(笑)絶対気に入ると思ったのよー>彼


 例によってネタバレありです。

 まだ見たくない!という方はブラウザバックお願いします☆

 もしくはamazonで注文しちゃいましょう♪
 ちょっとかわいい表紙ですよね。
 卵色の表紙が本屋さんでも目を引くはず。
  ↓



 さてさて。

 実はこれ、私はもっとずっと前にも本屋で見てるんですね。で、最初の数ページは読んだ覚えがあります。表紙に惹かれて、それで手にとって読んでみて・・・ちょっと読んでパタッと本を閉じた覚えがあります(苦笑)

 なんでそのとき買わなかったのかというと・・・最初のテンションについていけなかったから^^;「おめでとーございます!!」みたいなテンションで、ノリも軽いし・・・読むほうのテンションが普通より低い状態だったらまずついていけないテンションです。

 これは今回も思いました。が、今回はまだ自分のテンションがある程度あったので、ダメージもなく(笑)、あーこれ一回読んだよなーでもやめたんだよなーと思い出して、買ってみたのです。

 何度読み返しても、最初の方のテンションはやっぱり引いちゃうけど、読み進めるにつれて、最初のテンションは徐々に降下。落ち着いて、どちらかというと結構冷めたテンションに。

 冴えない男子中学生、小林真(おまけに高校受験まで控えてる)、として無理やり生きる羽目になった主人公。何一つ記憶がないのに、前世に犯した悪事を思い出さないと今の状況を抜けだせないことになって・・・というストーリー。

 ほっとんど友達もいない暗い性格、成績もよろしくない、という小林真を、自分なりに変えていき・・・今まで白に見えていたものも実は真っ白ではないことや、黒く見えていた中にもっと違う色があったことに気づきます。

 ホームステイ、という言葉に流されて、私としては全然思いもしなかった結末を迎えたのですが、結構ありきたりといえばありきたりなオチかも。

 最後にプラプラが彼を現世に送り出すときの言葉・・・あれが好きです。本編を通じて、主人公を支え、はっぱをかけ、時には突き放して、見守ってきたガイド役。途中までは天使っていうか天上界バージョンはセールスマンぽいし(口調が)、ただの二重人格かと思ってたけど、最後の最後でいい台詞を♪これを聞くためなら最初のテンションにも耐えて読み返せるかな(苦笑)

 これ、実は映画化もされてるんだとか??ちょっと気になります。でも天上界のシーンが安っぽかったらやだなぁ・・・検索かけてレビューでも見てみようかな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 他にも書きたいことがあるのですが・・・こんなのをmieちゃんのブログで知ったのでやってみました☆やってみたい方はコチラをクリック→ディズニー占い

 結果はこんな感じ。

 リョウさんはアリエル です!

● アリエルさんのあなたは、楽天家のロマンチストです。見かけが温和でおっとりした感じなのでのんびり屋に見られがちですが、実はかなりの合理主義者。何事も手際よくテキパキこなす、しっかり者です。正義感も強いので、間違ったことや理不尽なことは黙って見過ごせません。また、何事も真剣に取り組む情熱や熱意も兼ね備えています。そんな強い意志を持つ反面、デリケートでロマンチストな一面も。大きな壁にぶつかったときは、クヨクヨしないよう心がけてください。本来の楽天家気質を発揮していれば、必ずや乗り越えることができ、さらに一回り成長できるはずです。直感力にも優れているので、芸術分野などで才能を遺憾なく発揮するでしょう。

ふむふむ。アンダーラインのところは自分なりに合ってるかな、と思うところです。皆さんから見た私はどうでしょう??

ちょっと前にmixiでバトンをやったときに、改めて自分って合理主義だなぁと思ったのですが、それがそのまま出てきてびっくり(爆)



● リョウさんは一生のあいだに、3人の異性を好きになります。

ふーん、そうですか。一生の間に、だから・・・・・・元カレ(過去の人)・ジェフ(目の保養担当)・今カレ(支えてくれる人)でいいですかね(爆)ってことで・・・50年後も一緒にいて、例のブツをしっかり見せてもらいますことよ(笑)

っていうかこの人数だけはやるたびに変わるみたい・・・?もう一回見てみたら、18人に増えてました^^;
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ちょぉーっと思うところありまして書いてなかったのですが。今更ですがせっかくなので思い出せる範囲で書きます。

 とりあえずテレビ局に関しては何も触れない方向で行きたいと思います。極力。多くのフィギュアファンの皆さんと同じことを考えてるであろうことだけは書いておきます。

 えぇ、もう思い出しても腹が立つだけなのでやめます。

 基本的に怒るエネルギーと時間がもったいないと思うタチなので、私が怒るのは、何か直してほしいとか、しないでほしいとか、過ちを認めてほしい、とか改善してほしいから。全ては改善される余地があるんじゃないかっていう望みがあるからこそです。ゆえに望みがないならエネルギーも時間も割きません(爆)ってしっかり毒を吐いたところで本題に戻ります☆

 まずは結果♪一応公式のresultはコチラ→男子シングル

 男子は世界選手権1位2位が、そのままファイナルの1,2に入りましたね。まぁまぁ予想通りでしょうか。そして昨年、男子ではアジア人として初のファイナル表彰台を獲得したチェンジャン・リー選手に続いて、アジア人としては2人目、日本人では初めてのファイナル表彰台が高橋大輔♪おめでとー!!

 ショコラくん・・・ランビエールは序盤のジャンプが課題ですかね。高速スピン以外にも終盤でジャンプの調子も復活するし。昨日のSPはジャンプがしっかり決まって冒頭こけまくったのがLPだったから良かったけど、これが逆だったら。。
四回転を終盤でも入れてきて、しかも始めの頃にやった一回目のより綺麗に決まってたし。しばらく滑って感覚が戻ってたからかなぁ。
 そういえば彼のオレンジ・青・黒・白の縞々模様・・・あれはシマウマなんですか。なぜ四季でシマウマなのかわかんないけど・・・確かに言われてみればシマウマそのまんまですね^^;

 ジェフはアクシデントがあったそうで。詳しくはいつもお世話になってるニョロさんがコメントに載せてくださったのでコチラ をご覧ください☆
 うーん、まぁカナダ大会での衣装破れた事件は、ジャンプで本人が転んだせいでもあるけど・・・なんだか今季は一試合ごとにアクシデントがあるような^^;

JIC:疲れてただろうけどバッチリ→カナダ大会:衣装破れる&エッジで怪我→フランス大会:何事もなく優勝♪→ファイナル:エッジのアクシデント;
 ってことはですよ。・・・次はカナディアンですよね。これはきっと何事もないはず。そして次は・・・トリノ!?も、もし次のカナディアンがうまくいったら・・・どっか小さい大会にでも出てアクシデント起こしてからトリノに行くのはどうでしょう(爆)

 直前にそんなアクシデントがあったせいか、四回転には挑戦せず三回転のまま。ところどころステップアウトしてたと思いますが、転倒はないまま終了。これは一つの収穫じゃないでしょうか。多分今までの試合、必ず一回は、転んで減点されてますからね;でもやっぱり四回転がない分、TESでショコラ君に追いつかなかったんですよね。。個人的には彼はジャンプなしでもいいんですが・・・そういうわけにもいきませんよねー(苦笑)

 高橋君は四回転が転倒でしたが・・・後はしっかりまとめて、なかなかよかったのではないかと。NHK杯のときよりずっと良かったですよね。もうすぐ全日本、しっかり調子を整えてほしいです。
 そういえば、終わって3位が決まってから、日本人初だということを聞かされたらしく、ホントにびっくりした様子でインタビューに答えてて面白かったです(笑)

 SPでジャンプでお手つきしてしまった織田君は、LPもあんまり調子が出ない感じでしたね。どこのジャンプでどうこうというのはすぐに出てこないけど・・・NHK杯ではトリプルアクセルの失敗から、その後しっかり持ち直して優勝しただけに、ちょっと残念でした。結局今回は大泣きはしてないんでしょうか!?

 そしてサンデュー・・・今シーズン二度ともLPで盛り返して、逆転優勝してた彼も今回は駄目でしたね;放送なかったし、しかも散々な出来っぽかったのでSPは見てないのですが・・・相性が悪いんですかねぇ。ミラクルパワーの復活も願いたいところですが、それよりまずSPを安定させた方が絶対いいですよね(苦笑)

 よし、全員分書いた・・・全日本に間に合ってよかった(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 見てきたのはだいぶ前ですが・・・。ハリー・ポッターシリーズの4作目、炎のゴブレットの映画を見てきました。
 原作では、日本語で出てからもうだいぶ経ちますので・・・ご存じの方も多いかと思いますが念のため。しばらく下にはリンクを張っておきますので・・・ネタバレがイヤな方はこれ以上下をご覧にならないでください。4作目以前の原作のネタバレもありますので・・・m(_ _)m

 まずは・・・ここでも絶賛増殖中のフィギュア関連のエントリーに飛んでみる方はコチラ

 
 続いて、興味があるからこそネタバレは見たくない・・・そんな方は以下の原作をチェックしてみましょう☆


J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2)
J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)
J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (5)


 そして・・・手っ取り早くブラウザバックっていう手もあります(笑)



 さて、そろそろいいかしら・・・では感想いきます☆


 一言で言うと・・・思ったより良かった(苦笑)これに尽きます。

 実のところ、原作は全部読んでるけど、今までで一番好きなのが3作目(育ての親が出てくる・・・ハリーがそれまで持ち得なかった家族を得る喜びから守護霊を召還したシーンが好き)、4作目はロンと喧嘩するし、最後はセドリックが;;と言うことでシリーズの中ではワースト1なのです。
 実際一回読んでから、読み返してないし。最初に読んだときのショックが強すぎて、読み返す気が起きなかったんですね。これって私としては相当珍しいです・・・大抵の本は一度読んで、しばらくおいてから、また読み返します。そのために借りるんじゃなくて買ってるので。
 でも、もう一回読んでみようかなっていう気になりました。まぁ、時間がないから当分先だけど;

 まず今回の特徴は・・・ダーズリー一家が全く出てこない、というところじゃないでしょうか。原作もそうだったかな・・・なんか違った気がするんだけど。まぁあのボリュームだから・・・端折るしかないでしょうね。

 続いて新学期がはじまる直前のクィディッチ・ワールドカップ・・・まずこれがだいぶ端折られてます(苦笑)人を魅了するヴィーラの存在とか・・・それに対するロンの反応とか・・・双子の賭けとか・・・ノータッチですよね。クラムがとりあえずすごいってことが分かればいいシーンだったっていう話もありますが。でも本で読んだとき、一番ショックを受けたのが、このワールドカップの試合後の暴動だったので・・・まぁさっさと終わってくれて良かったかもしれないです。
 あとパーシーも全編通して無視されてましたね。。大丈夫なのかな;これは、今後5作目以降の展開をどうするのか、という上では一番気になりますが、4作目に限って言うならヴィーラとロンの絡みだけは出しておいた方が良かったんじゃないかなぁ。フラー・デラクール関連の布石になるし。

 でも、気になったのはこれくらい。他は本当に楽しめました♪舞踏会の会場も見事だったし、ハーマイオニーの変身っぷりも♪ハリーのモダンなドレスローブとロンのオールドファッション・・・というか悪趣味(笑)なドレスローブもなかなか良い感じの対比だったのではないかと。ホントはこれも原作だとロンのお母さんがどうこうっていうエピソードがあったはずなのに・・・まぁこれは仕方ないですね。

 チョウ・チャン、セドリック、クラム、フラー、の今回出てきたキャラクター達もイメージが合ってて私は好き。あ、でもセドリックって・・・実はもう前作から出てるはずですよね?ハリーの箒がおれたとき・・・相手チームのシーカーだったのはセドリックだったはず。ってことは映画でもそれなりに出てきてたのかな・・・記憶がない(苦笑)でもなかなかの好青年でよかったです。最後・・・自分の体だけでも両親の元へ連れ帰ってほしいと頼む場面は本当に哀しいけど・・・本当にいい子なんだなぁと思えるシーンでもありました。

 そしてマルフォイがどんどん救いようがなくなってくるのがちょっと悲しいです・・・1作目とかなら、まだ高慢ちきで生意気なライバルで済んだのに(もうこの時点で既に結構ひどいけど)、父親とともに(っていうか父親が先か・・・)極悪人まっしぐらですよ;一応学校の同級生なのに。。

 スネイプ先生は1作目の反対呪文とか、審判を無理矢理交代したり、憎まれ役を買って出るほどの、劇的な「実はいい人」ではないけど、”敵にしたら恐ろしいけど、微妙にこっちサイド”というポジションでOK。あんまりハリーと仲良しすぎてもダメですからね、憎まれ役で可哀相なお人なんです(笑)

 あとはシリウス・ブラックがほっとんど出てこなくて、シリウスファンとしてはちょっと寂しい。。生首の場面だけですよね;まぁ原作もそんな感じだった気がするから、まぁ仕方ないか。。

 ついでにポリジュース薬のくだりをすっかり忘れていて、あー、誰だっけ、ムーディに変身してるのは(=`~´=)って感じだったので、それが明らかになる最終盤も楽しめました。

 あ、あとオープニングのテーマが、今回の雰囲気に相応しく暗く、重々しいアレンジでよかったです。

 って感じで見てからだいぶ経ちましたが、ハリー・ポッターの感想(箇条書きチックですが)終了~♪
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日からはじまったグランプリファイナル。放送はNHKじゃないということで・・・民放の放送には高望みしてはいけないというのを忘れてたわけではないんですが・・・昨日だって大学でいろんな人に愚痴ったし(笑)聞いてくれた人ありがとう~~特にバトルくんの名前を覚えてくれたあなた!!ついでにBS見れるからもしとれたらビデオとってあげるよと言ってくれて・・・神に見えました!うちの大学(しかも同学年)に神がいた!!(笑)本当にありがとうございます!!それに免じて(?)文句言うのはちょっとにします(苦笑)

 でも・・・やっぱりあの放送には納得がいかない(ToT)(早速文句一言目;)

 さてさて、結果はこんな感じ。
1. Stephane LAMBIEL 80.60
2. Jeffry BUTTLE 76.70

3. Daisuke TAKAHASHI 74.76
4. Nobunari ODA 67.13
5. Emanuel SANDHU 57.86

 この結果で・・・放送があったのは日本選手のみ。いや、いいですよ、ここは日本だし。

 でもさ・・・ランビエール、通称
ショコラくんのこの得点で、なんで放送がないのか理解不能。ジェフだって結構な高得点なのに。

 とりあえずテレビで見たのは・・・
①大輔くんはちょっとランディングがスムーズじゃないような気がして、残念かな。でも、公式練習ではほとんどトリプルアクセルが決まってなかったと・・・いきなり本番で決めたのか;すごい、なんか強くなりましたねって感じ(とか言って・・・私は誰 苦笑)今まで2大会ともSPはほぼ完璧に決めて1位だったけど・・・今回はFSで追いかける立場になりましたね。でもショコラくんまであと6点、今日のFS頑張れ!!

②織田くんはフリップでお手つきが;トリプルアクセルが決まっただけに悔しいだろうなぁ。。ジャンプの失敗でやっぱり得点は伸びず、3位の大輔くんとはちょっと離れてしまいましたが・・・でも今回は泣きませんでしたね(笑)座頭市、のびのびとやってほしいな。
 あ、もしかしてSP泣かなかったのは、FSで逆転して大泣きするつもりなのかしら(笑)

 そして、2位のジェフくん・・・仕方ないので某ボードからビデオを。まったく何が悲しくて日本語のアナウンスが入ってるCCTVのビデオをDLしなきゃならないんだか・・・と切なくなりながら。まぁCCTVは演技中ほとんどアナウンスが入らないからゆっくり見れて良いんですけど・・・でも画質が悪いんですよね;
 一応流れてるものの・・・なんか微妙にかくかくした動きになってて、優雅さが半減です;とりあえずジェフはジャンプも決まってたし、まぁ良いのではないかと。PCSに関しては上記のような状態なので、判断が付きません;もう少ししたら、もう少し状態のいいのが出てくるんじゃないかと期待してます。

 SPトップ通過のショコラくん。ジャンプがきれいに決まってすばらしかったですね。高得点も納得。トリプルアクセルはよく抜けてしまうイメージがあったけど、若干崩れたけどしっかり降りました。そして4回転、3回転のコンビネーションジャンプ!!普通に跳んでましたね。終わった後もガッツポーズが見られて良かった^^
 
 女子では・・・結果は↓
1. Mao ASADA 64.38
2. Irina SLUTUKAYA 58.90
3. Miki ANDO 56.70
4. Yukari NAKANO 56.04
5. Elena SOKOLOVA 52.30
6. Alissa CZISNY 48.26

 真央ちゃんトップ!!というのはバイト中にメールで教えてもらいました。それは嬉しかったけど・・・むしろイリーナが失敗しちゃったのか;と思って凹んだ私。非国民ですか?・・・だって頑張ってほしいんだもん(><)女王だから常にトップにいてほしい、というのもないわけじゃないけど、一番は、彼女が好きだからトップにいてほしいんです。。真央ちゃんがトップなのも喜ばしい結果でしたけど。本当にすごいですよね、彼女は。。

 さて、男子と違ってたっぷり時間をとってあった女子シングル。感想いってみます♪

エレーナ・ソコロワ:なんかあんまり調子よくなかったですねぇ。そしてロシアの妖精って某テニス選手とかぶるけどいいのかな(苦笑)笑顔がチャーミング、というのはとっても納得だけど、個人的には妖精のイメージじゃないなぁ・・・。
 っていうか演技中、ソコロワが一瞬画面から完全に消えた気がしたんですが!?どういうこと!!スパイラルの手前です。私の気のせいかなぁ・・・。
 スパイラルはいつもだとチェンジエッジの時に頑張ってる感が出るけど、今回はあまりそれがなくて、綺麗で良かったと思います。ただジャンプはちょっと無理矢理決めた感があって・・・大きなミスもなかったけど、ものすごい点数を稼げたわけではない、という感じに終わってしまいましたね;でも笑顔が可愛くて本当に癒されます。
 
中野友加里:大きなミスもなく、最後も笑顔で終われて良かった♪最初に見たときは、やっぱり巻き足が気になって・・・点数が出ないのはそれかな、と思ったのですが・・・もう一回見てみたら、もっと点数出て良かったのでは、と思うようになりました。巻き足に関しては、もう練習の時ではかなり直っていると聞くし、NHK杯のエキシビの時はそんなに気になった覚えがないので・・・やっぱり本番に決めるのが難しいんでしょうね。

アリッサ・シズニー:彼女、手とか腕とか細いですね・・・折れそう。。とどうでも良い感想から入ってしまいましたが。演技は最初のジャンプが失敗だったのが(ToT)まぁ結果を聞いたときからジャンプの失敗だろうなぁと思ってたけど。スパイラルとか本当に見事なので、彼女もジャンプの精度を上げたい選手ですよね。

イリーナ・スルツカヤ:まぁ間違いなくショートから彼女が一位だと思った私、一体何が起こったのかと思いましたが。。ちょっとコンビネーションもダブルループのランディングもスムーズじゃなくて危うかったし、フリップも二回転になっちゃったし・・・ダブルアクセルはきれいに決まったけど、仕方ないかな。ちょっと調子が悪いようで心配ですが・・・病気のせいじゃなければいいのですが。
 あと、どうでも良いですが、テレ朝・・・彼女が女王なのは誰もが認める事実ですが、ミセス・パーフェクトはどうなんでしょ。。ミス・パーフェクト(=クワン)の二番煎じになるからやめてほしい。。 
 
 
 (ふぅ、男子だけで終わってた感想に、女子のを付け加えました。 記:12/19)

 
 SPで失敗しちゃった選手はFSで挽回を、 SPうまくいった選手はFSもその勢いで!!

 みんながんばれp( ^ ^ )g

 
と書いて出かけたのは土曜日のお昼・・・その後部活、飲み会、そして飲み会翌日で冬休み第一日目をだらだらすごして、今に至ります;FSの感想はまた後日・・・。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。