横浜たまプラーザマヤ暦&心理カウンセリング&ボイジャータロットで潜在意識から問題解決!

横浜市青葉区で、カウンセリングサロン「Smiley Lab」を主宰。心理学、心理療法、マヤ暦、カラー、タロットカードなど各種ツールであなたが本来のあなたとして輝くお手伝いをしています。


マヤセラピスト講座



単発講座

個人セッション

ロゴ

テーマ:

 

黄色い花マヤ暦と心理療法で心の荷物を下ろし、人生好転のお手伝い黄色い花

横浜市青葉区のカウンセリングサロン『スマイリー・ラボ』黒田藤子です。


サロンのHPはこちらをご覧ください ⇒ smiley-lab.com

宝石紫たまに更新している心理学コラムはこちら ⇒ 

 
 
マヤの13の月の暦では、
明日の7月26日が宇宙の元旦。
 
 
毎年、この日に、宇宙は新しい365日の
サイクルをスタートさせるのです。
 
 
その前日である今日は、
時間をはずした日』と呼ばれ、
あらゆる時間の枠組みから自由になった

一年の最後の日。

 

 

地球が太陽の周りを一回りし、

新たな次元へとスライドしていく日。

 

 

今日は、普段の生活パターンや時間の流れから心身を解放し、

今年一年の成果を振り返って、

来るべく新年へと新たなバトンを渡していきましょう。

 

 

というわけで、久しぶりに

マヤ暦の記事を書いてみたいと思います。

 

 

今日は角界で、屈指の人気を誇った初代貴ノ花関(故二子山親方)について、

マヤ暦リーディングさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

実は、たまたまマヤ暦で診てみたら、

びっくりするほどぴったりなお方で★

 

 

国民的人気を誇った稀代の名力士。

 

 

あれほどまでに期待されていたのに、

最終的に横綱に昇進できなかったのは

やはり、その理由が天のサイクルにありました。

 

 

また、二人の息子さんたちが共に角界に入り、

弟の貴乃花が後を継ぎ、

兄の若乃花はレストラン経営の道に進んだのも、

紋章を見れば納得できます。

 

 

マヤ暦はエネルギーレベルで、

その日、その年、その人の本質やサイクルが

読み解ける暦。

 

 

日々、使えば使うほど、感覚的にエネルギーを

捉えられるようになっていく、

超次元的、不思議な暦です。

 

 

占いというよりも、直感を磨いて

高次元へとつながるための暦なので、

最初はわかりにくいかもしれませんが。

 

 

でも、慣れると、本当に面白い暦なのですおねがい

 

 

さて、では、故二子山親方ご一家のキンナンバーを

現代マヤだけ書き出してみました。

 

 

 

●貴ノ花(父)    K152  黄色い人   黄色い種   音9    ガイド 黄色い星

●紀子夫人(母)  K37   赤い地球   青い手     音11   ガイド 赤い地球

●若乃花(兄)    K247   青い手    青い鷲     音13   ガイド 青い猿

●貴乃花(弟)    K36   黄色い戦士  青い手    音10    ガイド 黄色い種

 

 

 

父である故貴ノ花関は、端正な甘いマスクと

細身で均整の取れた体格から、

角界のプリンス』の異名を取るお方。

 

 

黄色い紋章は、都会的で洗練された空気感をまとい

お洒落な人が多い紋章です。

 

 

そんな黄色い紋章が並ぶ貴ノ花関は、男の世界の角界にあって

ひと際華やかなオーラを放っていたのを、私もいまだ思い出します。

 

 

 

お写真、お借りしました

 

 

 

さて、貴ノ花関のライフサイクルを診てみると、

種まきの赤サイクルの11年目で初土俵を踏み、

魂磨きの白の1年目で史上最年少での新十両。

 

 

日本中のファンから熱い声援を送られながらも

大関で現役を引退。

白の13年目、ギフトの年の30歳のことでした。

 

 

貴ノ花関の15年間の力士生活のうち、

13年間は魂磨きの白の時代。

 

 

力士として背中を押してくれるエネルギーよりも

戦績の伸び悩みや持病の悪化等、

あらゆることに阻まれ、

苦しむことで魂を磨いていかれたことが

想像できる流れです。

 

 

(ちなみに、息子の若乃花関は、29歳で引退。

弟の貴乃花関も、30歳で引退と、

親子で同じような軌跡を辿られているのも印象的です)

 

 

そして、発展拡大していく青の時代の1年目には、

二子山付きの親方に就任し、

青の2年目、二者択一の年に、藤島部屋を興されました。

 

 

青の13年目、ギフトの年には、二子山部屋と藤島部屋を合併し、

大部屋の二子山親方となられたわけです。

 

 

青の時代は、波に乗ることでどんどん発展していく年周りですが、

そんな天の運気の後押しもあり、部屋がどんどん大きくなっていったのでしょう。

 

 

黄色は収穫の時代。

 

 

黄色の1年目、スタートの年に、若乃花、貴乃花ともに兄弟横綱となり、

二子山部屋が全盛期を迎えた年となりました。

 

 

その後、相撲協会で、幹事、理事、事業部長など重職を歴任されつつ、

51歳で妻紀子さんと離婚。

 

 

人生リセットのタイミングです。

 

 

そして、55歳の若さで病いのため、早世されました。

黄色の12年目、13年サイクルの集大成の年、

問題が解決していく年のことでした。

 

 

 

 

 

 

角界のプリンスとして、その人気には、すさまじいものが

あった貴ノ花関でしたが。

 

 

いかんせん。

 

 

力士として、一番の全盛期は、魂磨きの白の13年間が回ってきていたため、

結果を出すことにとても苦しまれたようです。

 

 

これが、もし社会的に活躍する赤や青、黄色のサイクルだったら、

力士としての運命さえ変わっていたかもしれません。

 

 

でも、あえて、運命はこのサイクルをここに持ってきた。

 

 

それには、理由があるのです。

 

 

それはまさに、貴ノ花関が

 

 

『どんな試練があっても、美しくプロ意識をもって臨むことを

この地上に顕現する魂』だったからに他ならないから。

 

 

私には、そう読めました。

 

 

『不暁不屈』

 

 

貴ノ花関ほど、この言葉が似あう力士はいない気がします。

 

 

あれだけの美しさを持ち、多くのファンを魅了しながらも

力士として肉体的なハンディや持病のため、

やすやすとは結果が残せなかった貴ノ花関。

 

 

だからこそ、国民はどこか貴ノ花関の悔しさと不甲斐ない思いに

自分自身の人生を重ね合わせ、

応援せずにはいられなかったのかもしれません。

 

 

今でもその美しさが伝説のように語られるのは、

貴ノ花関をガイドするエネルギーが、

人生を美しく生きることを示唆している紋章だからこそ。

 

 

相撲という国技に、花を添えたのも納得できる紋章です。

 

 

さて、ここで、貴ノ花関の家族関係を見てみると。

 

 

家族が貴ノ花関を中心として、

類似や神秘、反対、ガイドの関係で、

繋がり合っているのがわかります。

 

 

ちょっと珍しいくらいのつながり具合です。

 

 

特に、弟の貴乃花にとって、父はガイドキン。

 

 

少年時代から、いつも父の後ろ姿を追いかけ、

相撲の道に入り、親方として父の後を継ぎ、

今でも心の原風景には、父の姿があるのかもしれません。

 

 

強靭な肉体とタフな精神を持つ黄色い戦士の弟貴乃花。

クールな戦略眼でビジネスが得意な青い鷲の兄若乃花。

 

 

現役を引退されたあとは、

それぞれの持ち味を生かして、

お兄ちゃんは、ちゃんこのお店を経営し、

弟は親方として、二子山部屋を率いています。

 

 

いずれも、父から継承した『相撲』という道があってこそ

人生が花開いていったのです。

 

 

それは、まさしく、家族全体が相撲という一つのテーマを持ち、

そのテーマのもとに家族として生まれてきたことが

マヤを通しても読み解け。

 

 

兄弟にとっても、母紀子さんにとっても、

父である初代貴ノ花の存在は、内外ともに

人生をサポートしてくれる大きな存在でありました。

 

 

 

お写真、お借りしました

 

 

だからこそ、離婚というものが、家族の絆を引き裂き、

親子をバラバラにしてしてしまったことも、またうなずける気がします。

 

 

父貴ノ花の離婚前後に、息子たちが次々に相撲を引退したことは

偶然というよりも、必然の流れだったのかもしれません。

 

 

相撲を通して、家族システムが機能し、

離婚によってシステムが崩壊していったことを

証明するかのような出来事のように思います。

 

 

また、母と弟貴乃花とのキンナンバーが一番違いということは、

本来ならば、母と弟の魂の方が、過去世からの深いつながりを

持っていることを暗示しているわけですが。

 

 

今はまったく疎遠となってしまわれているのも、

それだけ、弟貴乃花が父との心の絆を、

無意識レベルで今も大切に思い、

父に対して忠誠を誓っている顕れなのかもしれません。

 

 

紋章を読み解くと、

父の貴ノ花が家族に及ぼす影響力は大で、

家族の中心にいたからこそ、

家族は相撲という絆で強い結びつきを保っていたのでしょう。

 

 

道を究める『黄色い人』の紋章を顕在意識に持っていた貴ノ花★

 

 

相撲道を究めることで、多くの人に感動を与え、

感化していかれたことは、歴史に残る事実です。

 

 

そんな花のある名力士が、これからも角界を引っ張っていかれることを

マヤ暦リーディングを通して、祈念してやまない私なのです。

 

 

長文、最後までお読みくださいまして、ありがとうございましたpeko

 

 

素敵な一日を

 

 

 

宝石赤スマイリーラボからのニュースレター ⇒ https://www.reservestock.jp/subscribe/4210

宝石赤多用なツールで潜在意識から問題解決・願望実現していくセッション ⇒ 

宝石赤潜在意識のブロックを解除して潜在意識をクリーニングしていくセッション ⇒ 

 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

黄色い花マヤ暦と心理療法で心の荷物を下ろし、人生好転のお手伝い黄色い花

横浜市青葉区のカウンセリングサロン『スマイリー・ラボ』黒田藤子です。


サロンのHPはこちらをご覧ください ⇒ smiley-lab.com

宝石紫たまに更新している心理学コラムはこちら ⇒ 

 
 
 
◆無関心な夫。それは性格?これからもずっと変わらない?
 
 
 
先日、ネットにこんな記事が載っていました。
 
 
『妻を浮気に走らせる夫たちの共通点』
 

●気が利かず自分のことしか考えられない夫
●無口で無表情でつまらない夫
●はっきりしない優柔不断な夫
●冷淡・無関心で何を考えているのかわからない夫
 
 
 
 
 
 
あら、これ、かつてのうちの旦那にちょっと似てる・・・?!(笑)
 
 
人間て面白いもので、パートナーがモテすぎても、
モテなさすぎても不満なのです(笑)
 
 
男性でも女性でも、人間的に魅力のある人は、
男女問わず人が寄ってくるので、
必然的に人生でややこしい問題に遭遇する確率が高まる訳ですが。
 
 
そんなリスクを恐れて、
『安心安全』を最優先にパートナー選びを行うと・・・。
 
 
かえって退屈でマンネリな結婚生活に陥ってしまい、
心からの幸せを感じられないという
別のリスクが高まってしまうのです。
 
 
う~~ん、人間て、どこまで行っても
悩んじゃうイキモノあせる
 
 
もし、旦那さんがこんなタイプの男性なら、
奥さんはいつも心のどこかで
「もっと、気を利かせてよ!」
「もっと私のこと、大切にしてよ」と
 
 
イライラや鬱憤が溜まってしまうかもしれませんねアセアセ
 
 
でも、これって、果たして、旦那さんだけの問題なのでしょうか?
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
「はい、もちろん、そう思います」
 
 
って、あなたが、もし、自信を持ってそう答えるのなら、
実はその考え方こそ、
悩みを作り出すものに他ならないのかもしれません。
 
 
え~~、どうゆうこと・・・・?!笑い泣き
 
 
 
 
 
 
実はですね。
 
 
『この問題の原因は自分ではなく、相手にある』
 
 
私たちがそう結論づけてしまった段階で、
私たちの脳は相手に対して、
勝手に、『自分は被害者である』という心の態度を取ってしまうのです。
 
 
これが、俗に言う、『被害者意識』。
 
 
実は、被害者と、被害者意識は、全く別ものでして。
 
 
私たちが被害者モード、被害者意識に陥ってしまえば、
何があっても相手が加害者。
 
 
この責任は相手にあって、
自分はかわいそうな人、
自分は一方的に被害をこうむっているだけの人と
脳は勝手に解釈してしまうのです。
 
 
で、一旦、そうなってしまえば、
相手のどんな誠意ある態度も
加害者だからそれくらいして当たり前でしょ。
 
 
加害者だから責任とってよと、
相手に対して、依存と反発を繰り返し、
悩みは延々、尽きることがないのです。
 
 
あー、なんだか、最近ネットでもそんな話が耳に入ってきますね・・・・(;^_^Aあせるあせる
 
 
 
 
 
 
そしてね、もう一つ。
 
 
旦那さんをそんな風にしてしまう、
もしくは、そんな男性をパートナーに選んでしまうのは、
実は、他でもない、
あなたの中にあるビリーフがその根底にあるのです。
 
 
ちなみに、ビリーフとは、幼少期の親との関係性の中で
獲得した思想・観念のことですが。
 
 
「私は、こうあるべき、こうあらねばならない」っていう
無意識に自分を制限する思い込み、価値基準、信念があれば、
 
 
たとえ、顕在意識でどんなに
「私は素敵な人と結婚して、幸せになりた~~いラブラブ
て思っていても、
現実はビリーフに引っ張られてしまうのです。
 
 
私は幸せにはなってはいけない。
私は、男性から愛されない。
 
 
そこには、父親との無意識レベルでの確執や
母親の生き方に迎合してしまう心の態度も
見え隠れしていますが。
 
 
ビリーフがわざわざ自分を幸せにしてくれない男性を引き寄せ、
幸せにならないような態度を、わざわざ自分で取ってみせるのです。
 
 
 
意識は無意識には勝てない!
 
 
どんな現実も、今、目の前に繰り広げられていることは、
あなたが無意識レベルで望んでいること★
 
 
あなたにとって、どんなに都合が悪くても・・・
どんなに自分の意志に反することであっても、・・・
 
 
ビリーフはあの手この手で現実化してくれるのです。
 
 
かつて、子どものあなたにとっては
生きていくために必要だったビリーフ。
 
 
でも、今となっては、あなたを困らせるだけのビリーフは、
大人のあなたにとって、すでに、必要ではないんです。
 
 
あなたが愛されないビリーフを持ち続けている限り、
あなたが望む幸せな結婚とは、
程遠い現実を引き寄せてしまうのです。
 
 
 
 
 
 
だからこそ。
 
 
今あなたの中にある不都合な現実を引き起こしている
ビリーフは、さっさと解除していきましょう!!
 
 
私も、かつて、人に愛されてはいけないビリーフを持っていました。
 
 
でも、心理学を学び、心理療法を受け、
ビリーフを書き換えていくことで、
自然と私が変わり、夫が変わり、
二人の関係性が変わっていったのです。
 
 
自分の無意識と闘っても、
何もうまくいかないし、
誰も幸せにはなれない。
 
 
闘わず、潜在意識のビリーフを
今のあなたにとって必要なものへと書き変えていく。
 
 
心理療法とは、
そんなビリーフの解除に、最も有効なセラピーなのです合格
 
 
素敵な一日を

 

 

 

宝石赤スマイリーラボからのニュースレター ⇒ https://www.reservestock.jp/subscribe/4210

宝石赤多用なツールで潜在意識から問題解決・願望実現していくセッション ⇒ 

宝石赤潜在意識のブロックを解除して潜在意識をクリーニングしていくセッション ⇒ 

 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

黄色い花マヤ暦と心理療法で潜在意識革命黄色い花

横浜市青葉区のカウンセリングサロン『スマイリー・ラボ』黒田藤子です。


サロンのHPはこちらをご覧ください ⇒ smiley-lab.com

宝石紫たまに更新している心理学コラムはこちら ⇒ 

 
 
今日はしし座の新月☆
マヤ暦ではK61 赤い竜 赤い空歩く人 音9
 
 
 
 
 
 
志高く、世のため人のために奉仕していく13日間にあって、
今日は「完成と拡大」の音9の日です。
 
 
新たな展開に向けてチャネルを回すこの日は、
星読みにおいても同じく「新たな始まり」を意味します。
 
 
過去やりたくてもできなかったこと。
準備が整っていなくて挫折してしまったこと。
 
 
あなたの中に沈み込んでいる
やりきれなかった思いと
いつかもう一度、トライしてみたい衝動を
この獅子座のパワーが後押ししてくれます!
 
 
マヤ暦では、エネルギッシュな赤い竜が回っていて、
今日のコミットを行動につなげていくことをサポートしています。
 
 
 
◇ーーーーーーーーー◇ーーーーーーー◇
 
 
 
さて、私事ですが、マヤ暦とあわせて
今後ますます心理セラピーに力を入れていきたいと思います。
 
 
特に、子育てやパートナーシップで悩んでいらっしゃる方。
 
 
社会の原点である家庭、家族関係をよくしていきたい方に
少しでもお役立てできるよう、
自分自身の時間を使っていきたいと思います。
 
 
親子関係はすべての原点。
 
 
家族は子どもの社会性を育む所であり、
大切なルーツ。
社会へ子どもたちを押し出していく力を持っているのです。
 
 
そんな親子関係や家族関係が改善されていけば、
今、社会で起こっているさまざまな問題は
必ずや改善され。
 
 
物質的な意味ではなく、心から暮らしやすい社会に
なっていくのだと思っている私です。
 
 
まずは、以下、子育て中のお母さまを対象とした
プチセミナーを開催いたしますので。
 
 
お子さまとの接し方に悩んでいらっしゃる方、
旦那さんとの関係に悩んでいらっしゃる方、
何か家族システムに問題を抱えていらっしゃる方等々、
どうぞいらしてくださいねpeko
 
 
詳細は、昨日のブログにて ⇒ 
 
 
 
 
<子育て&夫婦のお悩み解決広場>
 
 
◆日時:8月3日(木)10時~12時

 

 
◆場所:田園都市線あざみ野駅最寄り
(人数によってカフェもしくはサロンにて。確定後、お申込みされた方にお伝えします)
 
 
◆参加費:2000円
 
 
◆内容:①自己紹介&お悩み相談コーナー
      ②座学(心理学的観点から子育てにとって大切なこと)
      ●子育てでやってほしいこと&やってほしくないこと
      ●家族にとって大切な法則とは
     
 
◆備考:カフェの場合、飲食代は各自お持ちください。
     お子さまへのマヤ的育児アドバイスをリクエストくださる方は
     お子さんの生年月日をあらかじめお知らせください。
 
 
◆お申込み先 ⇒ (子育て解決広場とし、お母様のお名前とお子さまの年齢、マヤワンポイント 
               育児アドバイスが必要な方は、お子様の生年月日をお書き添えください)
 
 

 

 
 
明日はマヤの13の月では、一年の最終日。
 
 
始まりは終わりを意味します。
明日という日は、あなたの次の一年を予兆する日。
 
 
良き一日を

 

 

 

宝石赤スマイリーラボからのニュースレター ⇒ https://www.reservestock.jp/subscribe/4210

宝石赤多用なツールで潜在意識から問題解決・願望実現していくセッション ⇒ 

宝石赤潜在意識のブロックを解除して潜在意識をクリーニングしていくセッション ⇒ 

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)