カラーコーディネーター&カラープランナー武田珠佳のブログ

北摂,カラー講師,カラーセミナー,インテリアカラー,インテリアカラーコーディネート,カラースクール,カラーレッスン,パーソナルカラー大阪,ファッション,カラーコーディネート,ショッピング同行,


テーマ:

カラーコーディネーターの武田珠佳です。

 

少し前、カラーレッスンの生徒さんのご要望で、ヘアアレンジレッスンをした時に来て頂いた、ヘアメイクの先生のお話です。

 

先生のチークいつもより濃い?と感じて(変だという意味ではありません)、そこに必ず濃いには理由があるだろうと勝手に分析。


ヘアメイクの先生ですのでプロフェッショナルですから、理由がないまま濃くなるはずがないと思ったわけです。

 

 

色々と思考を巡らせ考えてみた結果、ある法則に気づきました。
 

結論として、
①得意ではない色、素材、明るさのお洋服を着る

②いつもよりお顔色が沈む気がする

③メイクの色でバランスを取る

 

先生のその日のファッションは中~低明度の濁色で、素材もマット。せせいは恐らく「中~高明度」「清色」が得意な方。明るい色で濁っていない色です。

 

これをそのまま先生に質問をぶつけてみたところ、ご本人は無意識だったそうですが、「あ!そうかも!」を連発。やはりプロは無意識でもバランスを取る事が出来るんですよね。

 

 

先生には、明るいクリアな色の方がお似合いなのかもしれませんね~。と、お伝えしてからは、意識して明るい服を着るようになったそうで、なんと近頃、周りの方から「最近なんか変わったね!」「性格明るくなったね!」と言われているそうです(笑)

性格は以前から、明るくて裏表がなくて可愛い方なんですけどね(笑)

 

色の効果は面白いですね。
自分の得意な色や素材じゃなくても、好きなら着たい。でも着るときには「自分の得意な方向に寄せる」少しの工夫と、テクニックが必要で、

言い換えると、工夫する知識とテクニックがあれば、なんでも着こなせるということです。

あなたもご自身の「好き」や「心地いい」をみつけてファッションを楽しみませんか?
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)