コロンビアコーヒー日和

ブログの説明を入力します。


テーマ:

Hola!!

 

こんにちは!

今回はコロンビアコーヒーの産地、シエラネバダをご紹介いたします。

   

 

シエラネバダは海沿いに切り立つ山地にあります。コーヒーは標高が低く気温の高い土地で栽培され、高低差で段階分けされた日陰で守られて育ちます。この土地では先住民や開拓時代の入植者の子孫たちが代々コーヒーを育ててきました。

 

シエラネバダ・デ・サンタマルタ(昔、さんまさんが出ていたネスカフェサンタマルタのCMがありましたね!あのサンタマルタです。) には778のコーヒー農園があり、先住民であるアルワコ族の人々が営んでいる小規模農園がその大半を占めます。

  

アルワコ族の栽培方法とは、すなわち有機栽培。
彼らは化学肥料などを一切使用せず、自然の恵みを大切にしながら時間をかけてコーヒーを生産します。これは近年のオーガニックブームや流行とは関係なく、アルワコ族にとってごく当たり前の方法でした。

  

FNC コロンビアコーヒー生産者連合会の打ち出した『オーガニック・コーヒー』プログラムの後押しもあり、シエラネバダ地域のオーガニック・コーヒーはオーガニックへの関心の強い国々に輸出され始めました。
その売り上げはそのまま現地の生産者の利益として還元されています。現在ではシエラネバダ地域のアルワコ族にとって、コーヒーは重要な収入源となっています。

 

  

『オーガニック・コーヒー』プログラムには、産地・生産の方法・カップの特徴という大きな三つの要素をもとに、フェアトレード、レインフォレスト・アライアンス、4C、UTZ、FLO(オーガニック)などの認定があります。フェアトレードやFLOでは特に、小規模農家の生産者が市場に参加しやすいような環境づくりを支援しています。

  

気になるカッププロフィールですが、ひとことで表すなら『強く、甘い』。これがシエラネバダのコーヒーの特徴です。ボディは「重め」で味の印象は「ヘーゼルナッツのような強い印象。チョコレートのような後味」です。

 

今回ご紹介したシエラネバダについてもっと詳しく読みたい方はこちら

 

次回はサンタンデールをご紹介いたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コロンビアコーヒー生産者連合会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります