コロンビアコーヒー日和

ブログの説明を入力します。


テーマ:

Hola桜*桜*桜*

 

2回『ナショナル・クオリティーコンテスト-多様性の土地、コロンビア』の予備選考が終了し、来月4日と7日にはアジア、欧州、米国から参加する30名の審査員たちによって最終選考が行われます。コーヒー豆

 

本コンテストはFNCがコロンビアコーヒーの品質のプロモーションとバリューチェーンの向上の目的で昨年から開催されています。

 

今回は1,000ロットを越える参加がありましたが、Almacafe* によって執り行われた3段階の厳しいテイスティングを経てファイナリストとして最終選考に残ったのは69ロット(大ロットのカテゴリーで2ロット、小ロットのカテゴリーで67ロット)です。産地別に見るとアンティオキア、ボジャカ、カルダス、カサナレ、カウカ、セサール、クンディナマルカ、ウィラ、マグダレナ、メタ、ノルテデサンタンデール、サンタンデール、バジェデルカウカ、トリマの14県からのコーヒーが勝ち残っています。

 

最終戦好結果は47日、海外審査員による審査の後、キンディオ県モンテネグロの“Parque de Cafe”にて発表されます。また、同日にはその場で海外バイヤー向けのライブオークションも行われる予定です。

選考は大ロットと小ロットのふたつのカテゴリーで分けて行われます。

なお小ロットに関しては『酸味』、『ボディ』、『マイルドさ』、『バランス』、『エキゾチック』の5部門別で最優秀ロットが選ばれます。

 

今回はどんなコーヒーが最優秀に選ばれるのでしょうか。

楽しみですね!

 

ちなみに今月いっぱいUCCカフェメルカードさんで限定発売されているコーヒーは昨年10月に行われた第一回『ナショナル・クオリティーコンテスト』のオークションで買い付けられたコーヒーです。コーヒー豆

こちらも併せてよろしくお願いいたします。

 

Hasta luegoパー

 

* FNC(コロンビアコーヒー生産者連合会)の物流担当部署

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Hola!!

 

本日はコロンビアコーヒーを精製する際に使用される節水型の機械についてのお話です。 

 

 コーヒーの味を収穫した後、まず果肉を取り除くのですが、豆の周りに薄粘液質の膜が残ってしまいます。これは水分と糖分でできたものなのですが、この粘膜をきちんと除去しなければ豆の品質を劣化させてしまう原因なってしまいます。いわゆる発酵豆、黒豆カビ豆など表面上の劣化のみならず、酢のような、または玉ねぎや腐った果物のような風味が出てしまったり、臭みが出てしまったりします。 

 

 この粘液を取り除くため方法として、アラビカ種のコーヒー生産国の多くでは角の丸い浴槽のような容器水を張りそこへ12時間から18時間(*気温やコーヒーの種類によかけて漬け込み、発酵し始めたところを微生物に分解させその後さらに水洗いをするが主流 

 しかし数年前に少量の水とわずかな時間で粘液の除去ができる新たな方法がコーヒー専門の研究機関であるセニカフェCenicafe)によって考案されました 

 

これが Becolsub(ベコルスブ)と呼ばれる器具です。このBecolsubではわずか1果肉と粘液の両方を除去することができ、使用する水1ℓみます従来型で40ℓの水を使うので、かなりの節約になります。 

 

★クリックすると拡大できます★

 同じくセニカフェによって考案された Tanque Tinaタンケティナと呼ばれる節水型の容器小規模農家に多く採用されています。 

 

セニカフェの調査によると現在コロンビアではコーヒー生産農家の約半分が上のどちらかの方法を採用しており、生産者環境保全への理解が浸透してきていると言えそうで 

 

Hasta Luegoコーヒー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Holaおんぷ

 

20172月締めのコロンビアコーヒー生産量と輸出量のご報告です。

 

2月の生産量は129万袋で前年と比べて18%の増加でした。

 

今年に入ってのの総生産量は約260万袋60kg/袋)で、前年を15%上回りました。

 

 

続いて輸出量です。

 

2月の輸出量は約119万袋で前年より7%の増加でした。

 

今年のの総輸出量は約230万袋を越え、前年を5%上回りました。

 

 

Hasta luegoバイバイ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Hola!!

 

こんにちは。

前回に引き続きコロンビアコーヒーの産地情報です。

今回はサンタンデールです。

 

   

 

サンタンデールはコロンビアの北東に位置しており、地理的に最高品質のコーヒーの生産に適した条件が揃っています。そのせいもあって、この地域でのコロンビアコーヒーの栽培は比較的初期、19世紀より始まっています。

非常に多種多様な動植物が生息している地域でもあり、渡り鳥の数は国内で最も多いのだそうです。サンタンデールはこの生態系を守りながらアグロエコロジーな栽培方法を採用していることでも知られています。

 

  

 

そしてこの地域は日照量が多く、長期的な干ばつに見舞われることもあるため、コーヒーはシェード(日陰)栽培されています。

 

 

サンタンデールも原産地呼称制度(D.O.)により産地ブランドが保護されています。

『サンタンデール』の名をかたって他のコーヒーを販売することは禁じられているので、消費者は安心してこの産地の商品を求めることができます。

 

サンタンデール産コーヒーのカップ・プロフィールは『ハーブの香りを含んだバランスの良さ』が特徴です。甘く、ハーブの香りのアロマで酸味は「中くらい」。ミディアムボディで味のバランスがよい、と評価されています。

 

  

 

サンタンデールについてより詳しくご覧になりたい方はコチラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Hola!!

 

こんにちは!

今回はコロンビアコーヒーの産地、シエラネバダをご紹介いたします。

   

 

シエラネバダは海沿いに切り立つ山地にあります。コーヒーは標高が低く気温の高い土地で栽培され、高低差で段階分けされた日陰で守られて育ちます。この土地では先住民や開拓時代の入植者の子孫たちが代々コーヒーを育ててきました。

 

シエラネバダ・デ・サンタマルタ(昔、さんまさんが出ていたネスカフェサンタマルタのCMがありましたね!あのサンタマルタです。) には778のコーヒー農園があり、先住民であるアルワコ族の人々が営んでいる小規模農園がその大半を占めます。

  

アルワコ族の栽培方法とは、すなわち有機栽培。
彼らは化学肥料などを一切使用せず、自然の恵みを大切にしながら時間をかけてコーヒーを生産します。これは近年のオーガニックブームや流行とは関係なく、アルワコ族にとってごく当たり前の方法でした。

  

FNC コロンビアコーヒー生産者連合会の打ち出した『オーガニック・コーヒー』プログラムの後押しもあり、シエラネバダ地域のオーガニック・コーヒーはオーガニックへの関心の強い国々に輸出され始めました。
その売り上げはそのまま現地の生産者の利益として還元されています。現在ではシエラネバダ地域のアルワコ族にとって、コーヒーは重要な収入源となっています。

 

  

『オーガニック・コーヒー』プログラムには、産地・生産の方法・カップの特徴という大きな三つの要素をもとに、フェアトレード、レインフォレスト・アライアンス、4C、UTZ、FLO(オーガニック)などの認定があります。フェアトレードやFLOでは特に、小規模農家の生産者が市場に参加しやすいような環境づくりを支援しています。

  

気になるカッププロフィールですが、ひとことで表すなら『強く、甘い』。これがシエラネバダのコーヒーの特徴です。ボディは「重め」で味の印象は「ヘーゼルナッツのような強い印象。チョコレートのような後味」です。

 

今回ご紹介したシエラネバダについてもっと詳しく読みたい方はこちら

 

次回はサンタンデールをご紹介いたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)