ダービーの枠順が確定しました。

 えっ、これってオークスのデジャヴみたいな組み合わせだな、というのが第一印象です。

 デジャヴということでもないのですが今回も内側4枠までの馬プラス15番シックスセンスで馬券は勝負します。


 cologneはレース前の騎手のコメントについてはあまり参考にしません。

 しかし武豊騎手と福永祐一騎手は例外です。

 福永騎手は正直すぎるくらいそのままをコメントする騎手だと思っています。

 一方武豊騎手は自分の発言がスポーツ紙の紙面等で大きく取り上げられることを充分考慮して慎重な発言に終始しますし、あまり自信がない場合でも否定的な発言ではなく「楽しみです」、と微妙なニュアンスの発言で関係者に配慮していることがうかがえます。

 これを慎重に裏読みしたりして、予想に際しても大いに参考にしています。(結果は別です)


 そんな普段慎重な発言の武豊騎手がここ数日すごい発言をしています。

 自身のHPの日記欄では<見ておかないと後悔しそうですよ>そしてスポーツ紙には<我々の、そして皆さんの夢をかなえたい>

 これほどの発言をする武豊騎手も珍しいです。


 絶対というものは競馬に限らずありえないものなのかもしれませんが、今回の武豊騎手のコメントからは<勝利>ということにおいては<絶対的自信>があると言っているように聞こえます。


 勝ったから凄い二冠馬だと騒ぐのではなく、無敗で二冠を達成するものと思ってダービーを見るほうが夢がかなった喜びがあると思います。

 cologneはそう考えてレースを観ます。


 

 前置きが長くなりましたが、ダービーの馬券予想に入ります。

 勝利する馬が確定しているという前提で予想していきます。


 この場合、打倒ディープインパクトで競馬する馬よりも、自分の競馬に徹する馬と騎手を選択したいと思います。

 まずブレーヴハート、デザーモ騎手がどんな位置で競馬をするか断言は出来ませんが、最内にこだわった最短距離での競馬をすることは間違いないでしょう、これはニシノドコマデモの田中勝春騎手にもいえることだと思います。

 ただ田中騎手は後方からの直線勝負に徹することでしょう、かなりの賭けですが人気面からすればさほどのプレッシャーもなく大バクチがうてるでしょう。

 シックスセンスもまた自分の競馬をすることに終始して、着順についてはレースが終わってみなければわからないといったところでしょうか。


 一番位置取りが問題だと考えているのが安藤騎乗のローゼンクロイツです。

 彼の位置取りがどちらか読めません。

 つまりディープインパクトの前にいるのか後ろにいるのか。

 後ろにつける場合にはそれほど怖くはないのですが、前にいた場合で手応えがいい場合には、ギリギリの幅寄せ的な仕掛けをしてくる可能性があると考えています。

 ラフプレーという意味ではありません、ディープインパクトが通りたいコース上に安藤騎手がローゼンクロイツを持って行くだろうという意味です。

 これによって内で我慢している馬たちが影響を受けるケースまで考えておかねばならないと思うからです。しかしこの馬を馬券対象にしようとは思いません。


 ダンツキッチョウは前で競馬する馬です。

 ハナにはこだわらないといってもスムーズなポジションがいいことは当然です。

 ここに武幸四郎コスモオースティンが先週オークスのエイシンテンダーのごとく立ちはだかってくるでしょう。

 ダンツキッチョウは望むスムーズな競馬が出来ないと考えて無印にします。


 もう一頭のディープインパクトと初対戦となるインティライミと佐藤騎手。

 ひょっとしたら勝てるかもしれないという魅力が逆にこの馬の不運ではないかと考えます。

 勝てるかもしれない騎乗と、自分の競馬に徹する騎乗、どちらが有利とかではなく馬に伝わる騎手の心理が最後の最後で着順として結果に現れるのではないでしょうか。


 

 ◎  5 ディープインパクト

 

 ○  2 ニシノドコマデモ

 

 △  1 ブレーヴハート

 

 △ 15 シックスセンス

 

 △  7 インティライミ(3着までとして)

 

 

 馬 券

 

 馬 単

 

 5-2  5-1  5-15

 

 3連単フォーメーション

 

 1着 5 ディープインパクト

 

 2着 2 ニシノドコマデモ

     1 ブレーヴハート

    15 シックスセンス

 

 3着 2 ニシノドコマデモ

     1 ブレーヴハート

    15 シックスセンス

     7 インティライミ 


 どうか18頭全馬無事に走り終えてきますように。

AD

 今週は日本ダービー、しかし何か盛り上がりに欠けている気がする。


 ディープインパクトがミホノブルボン以来の無敗での二冠達成がなるかどうかの話題しかないからかもしれない。

 競馬としてみた場合、確かに寂しいメンバーだ。

 初対戦となるダンツキッチョウやインティライミも楽しみではあるが、打倒ディープインパクトという迫力が伝わってこない。

 この2頭の馬たちが2・3着に入選するのではないかという下馬評が、その他の馬たちの躍進する可能性をより消していることが盛り上がりに欠ける原因となっているようにも感じられる。


 そうなると、生まれて初めて応援する馬が三冠馬馬になるかもしれないと興奮しているcologneとしては、なんとしてもディープインパクトが二冠を達成するダービーを盛り上げたい。

 ここは大事なところです、過去の三冠馬や三冠を目指した馬たちをcologneは応援したことは一度もありません。

 なんとかこの強い馬を負かす馬はいないだろうかと必死に考え、結果撃沈しまくりでした。


 唯一の例外といえるかもしれないのがミホノブルボンがライスシャワーに敗れて三冠を逃がしたときです。敗れた瞬間に、三冠獲らせてやりたかったなあと、つくづくおもいました。

 あのときほど競馬で自己嫌悪になったことはないです。

 しかしその後のライスシャワーのステーヤーとしての能力の高さ実力は、改めてミホノブルボンの名を高めました。

 

 話を戻します、そんなわけで前記三頭以外からダービーで馬券圏内に来る可能性のある馬を探していきます。

 

 実は青葉賞組の評価があまり高くないことが盲点になっていると考えています。

 勝ったダンツキッチョウにとっては理想的な流れになりました、しかも馬体は充分に仕上がっていました。

 かなり強いダンツキッチョウがじぶんの競馬をしながら僅差でしか勝てなかった。

 ここに活路を見出します。

 cologne自身のブログでニシノドコマデモを8点評価し、ブレーブハートを6点で評価しましたがこれは元は同じ7点評価でした。

 ただ屋根が大センセイのブレーブハートをマイナス1ポイントに、勝春がGⅠに勝利する夢を見たニシノドコマデモにプラス1ポイントを加えたことによって評価に差が出ただけです。(勝春がダービーでGⅠに勝利するなどとはこれっぽっちも思っていませんが)

 ブレーブハートはデザーモ騎乗とriceshower62 さんから教えていただきましたのでプラス1ポイントで8点評価に訂正いたします

 そういうことでこの2頭には2着または3着なら大いにチャンスがあります。


 青葉賞の時計が遅すぎる、しかも上がり勝負にしては3ハロンの時計がこれまた遅すぎるという意見もあるでしょう。

 しかし競馬というのは時計が大きなファクターであるときもあれば、そうでないときも大いにありなのです。

 わずかではあっても可能性に賭けて馬券を買って、それが実現することの醍醐味。

 出目やオカルト馬券も大好きなcologneですが、わずかな確立から選択した馬券でダービーの馬券をGETし、ディープインパクトの二冠達成とともに大きな忘れられない思い出にしようと思います。

AD
 ダービーの話に入る前にオークスにもう少し触れておきたい。

 直線入り口でエアメサイアの右後方にいたピューマカフェが少し外に膨らんだ。

 その隙間にすばやく馬をもぐりこませたのがデザーモのディアデラノビアと福永のシーザリオだった。

 武豊騎手自身がエアメサイアのレースは納得出来る騎乗だったが、あれがなければ勝っていたかもしれないと悔しがっていたとスポーツ紙が伝えていた。

 直線入り口での右後方での一瞬の出来事をちゃんと確認していることに改めて驚いた。

 こんな頼もしい男がディープインパクトに騎乗するのだからダービーは安心して見ていられる。

 

 

 ダービー出走予定の各馬の評価を月曜日の時点で確認しておこうと思う。


 

 アドマイヤジャパン 7

 

 横山典騎手が乗れなくなって誰が乗るのか、そっちが注目されているようだが騎手が誰になっても有力な2着候補に間違いはない。

 

 

 アドマイヤフジ 5

 

 よほどの気配で出てこない限り馬券圏内へ入ってくるのは苦しいのではないか。

 

 

 アフリカンビート 5

 

 出走出来ればチャンスはあると思う。

 

 

 インティライミ 7

 

 京都新聞杯は強い競馬だった、ディープインパクト以外の馬との比較では最上位の評価が必要か。

 

 

 エイシンサリヴァン 6

 

 スローペースで直線の瞬発力勝負になったときはかなりの有力候補。

 

 

 エイシンニーザン 3

 

 相手なりにそこそこは走る馬だがGⅠでは無用の馬

 

 

 ガブリン 3

 

 評価するデータがない、馬体を見てからだがノーマーク。

 

 

 コスモオースティン 5

 

 青葉賞で逃げずに持ち味を発揮出来なかった、今回は逃げるだろうが引きつけて逃げるようならいらない馬、大逃げを打つなら可能性があるかと思うが、タイプとしては引きつけて逃げるタイプだけに苦しい。

 

 

 コンゴウリキシオー 4

 

 どうやら早熟の底が見えてしまった感がある、いらない。

 

 

 シックスセンス 8

 

 皐月賞よりダービー向きの馬、オークスのエアメサイアのような存在か、見栄えのする馬だけにパドックでの状態チェックを細心の注意で確認したい。

 

 

 シャドウゲイト 5

 

 エイシンニーザンを取るよりはこちらか。

 

 

 シルクトゥルーパー 1

 

 NHKマイルCのレース内容から見て絶対にない馬。

 

 

 シルクネクサス 2

 

 レベルの低いメンバーを相手にしたときに実力の出せるチキン馬。

 

 

 ダブルティンパニー 2

 

 時計的に通用しない。

 

 

 ダンスインザモア 7

 

 蛯名は距離が問題というけれど、気楽に乗られると怖い一頭。

 

 

 ダンツキッチョウ 6

 

 瞬発力勝負では太刀打ち出来ないことが立証されたことで藤田騎手がどんな工夫で乗るのかに興味あり。

 

 

 チョウサン 6

 

 距離面でメリットのある馬、上手く乗れば掲示板に載る。

 

 

 ニシノドコマデモ 8

 

 過大評価かもしれないがディープインパクトのすぐ前にいて同じような競馬をするのではないかと考えている。ダービーで穴を出すタイプ。

 

 

 ブレーヴハート  8 (大先生→デザーモ騎乗につき変更します、失礼)

 

 素質はある、ただし運のない馬な気がする、それは屋根にも現れている。

 

 

 ペールギュント 5

 

 春はもう休ませてあげたほうがいいのでは。

 

 

 マイネルレコルト 5

 

 ダービー限定の評価、一瞬の脚では勝てないレースだし距離も明らかに長い。この馬の今後に悪影響が出なければいいが、心配だ。

 

 

 マチカネキララ 3

 

 素質は認めるが、いきなりダービーとは。

 

 

 モエレアドミラル 3

 

 将来性はあるだろうがダービーは疑問。

 

 

 ローゼンクロイツ 7

 

 極端な競馬をすれば馬券圏内も狙えるが、勝ちに行っては用無し。

 

 

 ディープインパクト 10

 

 馬体重が減り続けていることが唯一の不安点ではあるが、それは成長という面においてであって、ダービーというレースに関しては全く問題なし。

 武豊が他馬をマークしたりしない本来の競馬をし、ディープインパクトが普通に走ってくれば4馬身差くらいで圧勝してくるはず。

 ゴール入選後、ディープインパクトの首をなでて指2本立てる武豊騎手が見たい。

AD

バシッ!

 

「痛えよ」

 

「気を抜くな」

 

「ぶったね!、僕のことぶったね!、親にだってぶたれたことないのに!」

 

「甘えるな、ここで気を抜くんじゃない」

 

「わかった、いくよ、いってやるよ」

「インパクト行きまーす」

 

 

ギューーーン

 

 <ここまでファーストガンダムっぽく書いてみました>

 

「ヨシヨシ、もう大丈夫、勝てばいい、もうスピード落としても大丈夫だよ」

 

 

 

 1989年のシャダイカグラの出遅れを思い出した。

 でもあのとき最後は勝ったぞ、自分に言い聞かせて冷静さを装った。

 スタートで出遅れた分、行き脚がつかなかったのでかなり無理して集団の後方に位置した。

 じわっと追い上げて行くが、時折頭を上げて嫌がるそぶりを見せる、これで勝ったらバケモノだ。

 いや、元々バケモノ的な末脚を持っているのだから、あれでも来るのかもしれない。

 そう言い聞かせながらも気持ちは半信半疑だった。

 

 そんな4コーナーでの出来事が、冒頭の武豊騎手が初めて使ったムチだった。

 コースは異なるが、昨日ハットトリックが挟まれた位置とよく似た場所だった。

 ここでソラを使われて不安定な状態で直線を迎えてはいけない、武豊騎手のまさしく「愛の鞭」だった。

 そしてそこからの加速は別次元のものだった。

 直線を向いたときには勝負は決していた。

 なんという表現をすればいいのかわからないが「強い馬」であることを実証してみせたレースだった。

 

 無事でいってくれ、心配な点はただそれだけ。

 

 

 他の馬にも少し触れてみたい。

 ただ各ジョッキーたちの感想は聞かなくてもわかる。

 「完敗、力の差がはっきりとある」といった内容に終始するだろう。

 

 

 シックスセンス 四位騎手、皐月賞で勝っていたはずの完璧な騎乗だった。

 位置取り、仕掛けるタイミング、馬の伸び、どれをとっても皐月賞馬になれていたはずの競馬をした。

 ただ一頭次元の違う馬が存在していたことが騎手と馬には不幸だった。

 同じことはアドマイヤジャパンにも言えるのではないか。

 いつのまに、と思うくらい最内に入っていた、横山騎手の腕があっての芸当だろう。

 それでも勝てなかったのはアドマイヤジャパンの現時点での実力だから、仕方がないとあきらめられるのではないか。

 マイネルレコルトはやはり2000mは少し長いようだ、直線で一瞬馬群からすごい勢いで抜けてくるかと思われたが、坂上で止まった。

 これは長くいい脚を使えるマイネルレコルトにとっては、距離以外のなにものでもないだろう。

 安藤ローゼンクロイツもこれまで戦ってきた馬たちとのレベルが違うことがよくわかった一戦だった。

 薔薇一族GⅠに無縁なりといったところか。

 

 

 シックスセンスについては「狼の皮をかぶった羊」欄で取り上げて来たように、毎回見栄えのする馬体でありながら、これまで善戦マンで終わっていましたが、はまればこれくらいは走れる馬ということでコーナー掲載馬から外させていただきます。

 当コーナーを参考にして馬券予想から外した方が折られましたらお詫びいたします。

 

 ごめんなさい、cologneの馬を見る目が間違っていました。

 

 

 レース前、いつになく緊張した武豊騎手を見ました、そしてレース後もインタビューに答える武豊騎手にやはり笑顔はなかったように感じました。

 そのときcologneには21年前の岡部騎手とオーバーラップしました。

 三冠を意識して騎乗することは武豊ほどの騎手をもってしてもこれほどの緊張をもたらすものなのかと。

 勝利ジョッキーインタビューで「安堵」している武豊、今日は馬の力に助けられたと語っていたように感じました。

 

 ダービーでは俺が勝たせてやるの決意を見せながら。

 

 

 

 

 もう何十回シミュレーションしたことだろう、おかげで眠れない。

 皐月賞のゴール前のシーンと武豊ディープインパクトのウイニングランの姿。

 勝ったのは間違いなく14番ディープインパクト

 その内に13番安藤勝巳ローゼンクロイツがいた、この馬やはり強かった。

 そして最内で最後まで粘りに粘っていた馬が3番後藤浩輝マイネルレコルト、何度も何度も確認した黒い帽子の鹿毛の馬、でも少しだけマイネルレコルトの毛色のほうが濃いから見間違えていない、3着はマイネルレコルトだった。

 ディープインパクトよりも外から差して来たのは18番蛯名ダンスインザモアだった。

 しかし脚色は良かったが4着どまりだった。

 その内で半馬身送れてきたのが7番池添謙一ペールギュント、充分巻き返したと言っていいんじゃないのかその着順なら。

 

 唯一確認出来なかったのがアドマイヤジャパンだ。

 ひょっとしたらサンデーレーシングの勝負服に見えた13番ローゼンクロイツの位置にいたのが本当はアドマイヤジャパンだったのかも知れない。

 あんなに違う勝負服を見間違うわけはないのだが確認出来なかった。

 

 皐月賞のレース展開、いろいろ考えました。

 まず、ほとんどの出走馬関係者がディープインパクトをあまり意識しすぎずに自分の競馬を心がけたいと言っていた。

 これは当然のコメントだろう。

 自分の馬がまずスムーズな競馬をしないで、打倒ディープインパクトの達成は無理だ。

 では自分のレースをするとはいったいどの位置で競馬をすることか、と考えてみえば、これは前走まで経験をつんできたポジションそのままと考えていいだろう。

 そうなると前に行く馬と後ろから行く馬とに分けることが出来る。

 ではディープインパクトはどこかと考えたとき、弥生賞のようなポジションから今回もまくって行って勝てば格好いいけどそれでは取りこぼす危険性も高くなる。

 実際武豊でさえスペシャルウィークとタニノギムレットでいい脚で伸びてはきたが惜敗している。

 そう考えればいくらディープインパクトの末脚が切れるとはいえ後方からのまくりや、直線一気は今回に限ってはないと考えるべきだろう。

 10番手以内の外に付ける、しかもマイネルレコルトからは3馬身以内にいるはずだ。

 逃げている6番柴田善臣ビッグプラネットではなく内で2・3番手につけているマイネルレコルトから計った位置でレースしているはずだ。

 10番手以内にいるディープインパクトのすぐ前の内にアンカツのローゼンクロイツかヨコテンのアドマイヤジャパンのどちらか、あるいは両方がすぐ外の後ろにいる武豊ディープインパクトを前で見張っている。

 4コーナー半ばでこの2頭1回目の仕掛けを敢行するだろう、後ろにいるディープインパクトとの差を2馬身差まで広げてくる。

 

 今回の武豊はあくまでまくらない、まくらなくていい位置につけているのでしっかりと直線を向いてから手綱をしごいてディープインパクトの末脚を開放するはずだ。

 ゴール前50m地点ではディープインパクトの勝利は確定する。

 あとは早めに仕掛けたローゼンクロイツアドマイヤジャパンが最内で粘るマイネルレコルトを交わすことが出来るかどうかだ。

 

 ここでふたつの選択肢を選ぶ。

 ローゼンクロイツなら交わして2着、アドマイヤジャパンなら交わせず3着になるという結論を下す。

 ダンスインザモアが4着の位置にいるのが確定しているのでローゼンクロイツ2着アドマイヤジャパン3着はなりたたないのだ。(内でマイネルレコルトが頑張って粘っているため)

 

 ①のパターンはディープインパクト1着→ローゼンクロイツ2着→マイネルレコルト3着。

 

 ②のパターンはディープインパクト1着→マイネルレコルト2着→アドマイヤジャパン3着とまる。

 

 ただ今回は速いペースの競馬ではなかったのだが前が残りにくいレースとなった。

 それだけディープインパクトがキープしたポジションが前の馬や騎手たちを消耗させたのだろうか。

 さらに万全を期すため、後方待機していた馬たちが粘るマイネルレコルトを交わしてしまうケースも考えておきたい。

 この場合もローゼンクロイツとアドマイヤジャパンの2・3着の組み合わせはありえない。

 

 ③のパターンではディープインパクト1着→ローゼンクロイツ2着→ダンスインザモア3着 

 

 ④のパターンではディープインパクト1着→ローゼンクロイツ2着→ペールギュント3着

 

 ⑤のパターンではディープインパクト1着→アドマイヤジャパン2着→ダンスインザモア3着 

 

 ⑥のパターンではディープインパクト1着→アドマイヤジャパン2着→ペールギュント3着となる。

 

 

 以上六つのケースから馬券予想を決定したい。

 

 

中山第65回皐月賞

 

馬 券

 

馬 連  13-14  3-14  14-16

 

馬 単  14-13  14-3  14-16

 

3連複  3-13-14  3-14-16  13-14-18  7-13-14

      14-16-18  7-14-16

 

3連単  14-13-3  14-3-16  14-13-18  14-13-7

      14-16-18  14-16-7

 

 

 ディープインパクトの1冠は間違いないレースになるでしょう、まるで全盛期のオグリキャップのような重心の低いフォームと完成途上であるにもかかわらず芸術的美しさと逞しさが同居する馬体。

 春競馬が終わって夏の休養を挟んで秋に成長したディープインパクトの馬体が再び見れる頃にはどんな凄い馬体の馬になっているか、想像するだけでわくわくしてきます。

 

 いよいよ伝説の幕開けです。

 

 第65回皐月賞の枠順が確定しました。

 やはりディープインパクトは運のある馬だと感じました。

 内枠に入ってもそれなりの対処方法はありますが、スムーズな競馬をするのならこの7枠14番は絶好の馬番といえるでしょう。

 逆にアドマイヤジャパンは内枠に入った場合に脅威だと考えていましたが、8枠17番になってしまいました。

 横山騎手のことですから心配していませんが、打倒ディープインパクトには苦しくなった馬番です。

 マイネルレコルト後藤浩輝騎手はビッグプラネットのロケットスタートの後ろで好位置を確保出来そうで、この馬がディープインパクトに次ぐ2番手評価です。

 枠が決まるまでは2番手がアドマイヤジャパンで3番手がマイネルレコルトでしたが、2番手と3番手の評価を入れ替えました。

 

 枠が決まるまで入ってはいけない馬番が五つありました。

 マサムネさんの皐月賞データにあったものを参考にさせてもらったのですが(一口で言えばパクリ)4・10・13・15・17番にはcologneが印を入れた馬には入ってほしくなかったです。

 残念ながらコンゴウリキシオーとローゼンクロイツが不幸にして4番と13番に入ってしまいました。

 馬の評価は下げませんが馬券は減額します。

 

 枠が確定して最も脅威に感じてきた馬はダンスインザモアです。

 大外になったことで後方から無欲の競馬をすれば末脚の破壊力からみて馬券対象にしなければいけない馬だと思います。

 コンゴウリキシオーもマイネルレコルトと同じような位置で競馬をするでしょう、当日どれだけ毎日杯から体を絞ってきたか、見極めてから決断したいです。

 ペールギュントはなんとも中途半端な場所になりました。

 よほど恵まれた展開にならない限り馬券対象位置まで来るのは厳しいと言わざるを得ないでしょう。

 

 14日現在

 ◎ 14 ディープインパクト

 ○  3 マイネルレコルト

 △ 16 アドマイヤジャパン

 △ 18 ダンスインザモア

 ★ 13 ローゼンクロイツ

 ★  4コンゴウリキシオー

 

 ★マークの2頭については当日の気配を見て最終決断することにします。