ジャパン・カップのレースが終わってから二日経った。

 久しぶりにブログで書きたいほどの興奮を覚えるレースだったのだが、ブログはもう更新しないと宣言したことと、私と同じような見解を書かれる方々がたくさんおられることだろうと思い書かなかった。

 しかしスポーツ紙や競馬関連ブログを見ても(全て読んだわけではありません)私が最も強く印象に残った事柄に関しては書かれていないように感じたので、簡単にではあるが自分が受けた印象を記録しておこうと思った。


 外にヨレたヴィクトワールピサやエイシンフラッシュの影響がローズキングダムやブエナビスタに伝わったと感じた。そしてそれを最も敏感に感じたのが牝馬であるブエナビスタだったのだと。

 だからブエナビスタは手前を変え更なる加速をしてそれらの馬たちの前に出ようとして内に切れ込んでしまった。

 私が注目したのはJRAの裁定が遅いことや、それによる降着という結果でもない。

 あれだけの不利を受けたにもかかわらず、オーバーなしぐさも見せず、ただひたすらゴールを目指して人馬一体となって疾走した武豊ジョッキーとローズキングダムに感銘した。

 昨今審議のランプがともることがやたら目につく。それ自体は審議の対象となる事態があったことをまさに”審議”するのだから悪いことではないと思っている。

 ただ、不利を受けたことをアピールするためかどうかはわからないが、必要以上に手綱を引くという行為をするジョッキーが多いというのが問題だと感じていた。

 たとえ不利を受けたとしても競馬というものは馬券を買ってくれている人々によって成り立っていることを忘れてはならない。

 だからジョッキーたるもの不利を受けたとしても出来るだけ馬に影響を与えずひとつでも上の着順を目指してレース中は最善をつくしてほしいと願っている。

 そんなときに武豊が見せてくれたパフォーマンスに興奮した。

 彼は受けた不利をアピールするのではなく、最小限のアクションで切り抜け、レースを続行し、ゴールを目指すということに徹していた。

 その結果がハナ差だけヴィクトワールピサをかわしてゴール出来たということにつながったのだと。

 

 ブログでいろいろ書かれている方々の中には不利がなかったとしてもローズキングダムはブエナビスタに先着出来なかっただろうとか、ブエナビスタの鞍上が日本人ジョッキーだったら裁定が違っていたのではないかといったような意見もあったが、それはそれで個人の見解として意義をとなえるつもりはないが、勝利を目指して最善と思われる努力をしている”本物の騎手”の姿を見せてもらったことが私には一番強く印象に残った。


 今を生きている”伝説”の騎手「武豊」、彼の父親の現役時代と彼がデビューしたときを知っていることを誇りに思えることが自分自身うれしく思う。


 

AD

高血圧性脳内出血

テーマ:

 11月23日、日曜日の午後1時半ごろ、それは突然やってきた。

 久しぶりに勤務先の和歌山から帰ってきた息子のために昼食を作るために振っていた中華鍋を持つ右手とふんばっていた右足にしびれた。

 長時間正座をしたあとのようなしびれだった。

 だがしびれてはいるものの歩けないわけではない。

 右手のしびれも同様なのだが、持っている中華鍋が握れなくなって落としてしまうようなことはない。

 とりあえず椅子に座って様子をみることにした。

 1時間経ってもしびれた状態に全く変化はない、相変わらず右半身のみだ。

 これは左脳をやられた、そう冷静に分析している自分がいた。

 三連休の合間の日曜日ということもあり、近くの大学病院に行ったところで脳外科の専門医がいるとは思えず、たまたま知り合いに脳外科の医者がいたのを思い出し、電話した。

 とにかく脳の検査だけ至急にお願いしたいと頼んだ。

 自宅からその脳神経外科病院までは車で約20km、息子に連れて行ってもらった。

 すぐにMRIとCT検査。

 それからSCUに入れられ出血を止める点滴や血圧降下の点滴などが施され絶対安静状態。

 そのときの血圧は240を超えていたらしい。

 

 それから約二週間入院した後、無事退院することができた。

 視床神経を少し圧迫したことによる脳の損傷でしびれは今も全くとれてはいない。

 しかし処置が早かったおかげで半身麻痺や言語に障害は出なかった。

 

 体は見事に鼻の中心から右側全部がしびれているけれど、下手なりに字も書けるし歩くことも出来る。

 洗顔や洗髪は右手にグローブをはめたみたいな感覚だけど、こんなもの慣れればどうってことはない。


 医者も普通の生活を送ることが最善のリハビリだと言っていた。


 今はそういう心境であり状態といったところだ。

 

  


AD

 「子供というのは、親が育てたようにしか育たない。」ものだということを最近学んだ。


 「親はなくても子は育つ。」という言葉も意見も存在するが、ここでいう意味はそういう次元の事柄ではない。


 世の中に生きている総ての人々を批判的に観るのではなく、その人々総てが、なぜそうなったのかを考えたと


き、「親が育てたようにしか育たない。」という言葉を、今自分が批判的にしか観ていない人々に投げかけたとき、


その人々に対する厳しかった眼差しがかなり和らいで見えるようになれた。


 言葉で語ることの大切さを痛切に学んだ瞬間だった。



 ※ ここでいう「子供」とは、未成年の子供たちのことだけを示しているのではなく、かつて親に育てられ、今は高齢者と呼ばれている人々や、現在子育てをしている人々など、それら総ての人々が「子供」なのである。




 久しぶりの更新がなぜこれほど哲学的な内容になってしまったのか、自分でもよく理解できない。


 そして、「ずっと一緒!」


 この言葉も素晴らしい表現だ。


 実はこれが言いたかった。


AD

Roy Buchanan

テーマ:

 若い頃は映画のオ-プニングとエンディングにかなりこだわりがあった時期もあった。

 そんなことさえ遥か昔に忘れてしまっってからさえ何年経ったことだろう。

 それが「ダイハ-ド4.0」の劇中でC.C.Rの「Fortunate Son」が流れ、エンディング・クレジットではフル・コ-ラス聴いた。

 そして「THE DEPARTED」のエンディング・クレジットではロイ・ブキャナン(Roy Buchanan)のスィ-ト・ドリ-ム(Sweet Dreams) がいきなり流れてきた。

 何十年ぶりだろう。

 目を開いてはいても、もはや画面など見てはいなかった。

 ただ懐かしさと、ロイ・ブキャナンの奏でる音の世界に浸った。

 音楽とは不思議なもので、ソフトバンク・ホ-クスにブライアン・ブキャナンが入団したときなどは、「今年はホ-クスの優勝で決まりだな、なにせ「メシアが再び」 注(メシアとは救世主のこと)が入団してきたのだから。」なんてことを思いながら、結局ロイ・ブキャナンを聴くことはついぞなかった。

 それがエンディング・クレジットでは体に電流が走る程の衝撃と懐かしさを感じるのだから。



 余談になるが、最近ディ-プ・パ-プルを聴いたときにはイアン・ペイスのドラムが最高によかったしC.C.Rを聴いたらジョン・フォガティのヴォ-カルが最高だし、自分が好きなギタリストはやっぱりロイ・ブキャナンかなぁ、なんてすぐ思うくらいだからリ-・リトナ-のギタ-聴いたらすぐに「こいつが最高!」と言い出すだろうと思っている。

 ちなみに今好きなベ-シストといえばQUEENのジョン・ディーコンかなぁ。

 

 

夢がない

テーマ:

 たかが日本シリーズで4勝目をあげることが完全試合をあきらめさせるほどのことなのだろうか。

 「夢を売る商売」よく耳にする言葉だが、今夜のそれは「夢を見させない采配」だ。

 53年ぶりだかなんだか知らないが、こんな後味の悪い日本シリーズは記憶にない。

 まあセ・リーグで今年から始まったクライマックス・シリーズを最大限活用した監督が現役時代、選手会に所属していながら何も活動せずにいて、選手会が苦労してフリー・エージェント制度の権利を獲得したとき、真っ先にフリー・エージェント権を行使した人物だったことを思えばしごく当然のことか。


 監督の交代が決定した中で、来季の契約が宙ぶらりんのままコーチングしなければならなかったコーチ陣、両チームの選手たち、お疲れ様!


時は流れても

テーマ:

 ブログを更新しなくなって久しい。

 例外的に自分にとって衝撃的な出来事が起きたときは記憶にとどめておきたくて更新したことはあるけれど。

 

 人それぞれ個人差があるだろうが自分にとってのブログは”そこにある空間を楽しみたい”ということにつきる。

 それがだんだん出来なくなり、ある日から中段した。

 ブログを閉鎖してしまおう、何度も考えた。

 しかしそのこととは別に、アメブロで知り合った他の何人かの方々との”空間”を自ら断ち切ることはどうしても出来なかった。

 現実の世界で会っていなかったとしても、そこは自分自身にとっての”大切な空間”だと感じていたから。


 だからそれらを自ら断ち切るときっと後悔すると思った。 

 月日の流れはそれらの思いを徐々に薄めていってくれるものだと思っていたのだが・・・・

 

 自分の中での時間経過はそれを癒すにはにはまだまだ短すぎるようだ。


 自分なりにひっそりと元気を出して何人かの方々に久しぶりにコメントを書いてはみたのだが、元気を出すって難しい・・・・


 

 ※ 自分がコメントした方々には一切関係のない事です、誤解なきよう 

『学』駅の入場券

テーマ:

 お昼のニュースで、受験の合格祈願のため『学』駅の入場券を購入する人々のことが紹介されていた。

 今も昔も変わらない季節ニュースのひとつだ。

 年配のご婦人がインタビューに応えて「一昨年もご利益がありましたから・・・」と話されていた。おそらくお孫さんかだれかの受験があって無事に入学されたのだろう。

 本当にご利益なのか?、じゃあもし受験に失敗していたら『学』駅の入場券を怨むのか、一瞬疑問に感じた。

 しかしご利益がなかったからといって、それを怨んだりせずそのことをあっさり流せるのも日本人の特徴だ。

 もしご利益がなかったときにどうなる・・・、なんて余計なことを考えてしまったのは、世界にはちょっとしたことで過剰に反応したり逆恨み的な報復行動に出るような人々のニュースを連日見せられているからかもしれない、なんて思った。

 そう考えたとき、日本はつくづく平和な国なんだなと感じた。

 世界中のいろんなところで、こういった平和な季節ニュースが報道されていればいいのに。

 ふと見上げた空は冬にしてはよく晴れた青空だった。

 なぜか、自分が重松清の小説によく出てくる人物キャラになったような気分になった。

 

 ちなみに、『学』駅の入場券を5枚購入すると”御入学”になるそうです。

ナサケナイ

テーマ:

 オリックス中村ノリ選手が自身のコメントとして今季の怪我を公傷扱いにしてほしいと言っている。

 理由として、怪我しているのを我慢し、無理して試合に出場したので故障箇所が悪化したことが成績不振の原因だからと言っている。

 お前はそれでもプロかと言いたい。

 プロは結果が全て、怪我をして思うような結果が出せなかったのも実力。

 怪我をしていたとしても出た結果で総てが評価される、それが夢を売ることを商売としている”プロ”というものではないのか。

 年俸が大幅にカットされるのが不満なら、来季活躍して巻き返せばいいではないか。

 もっとも、こんなことでがたがた言っている選手を来季の試合に出してやろうという指揮官はどこにもいないと思うが。

 ちょっと前だが、昔から唄っているプロ歌手の現在の生歌をオンエアーで聴いた。

 ”○partures”などのヒットがあった『○lobe』、”寒い○だから・・・”の『○RF』、往年の”戦争を○らない子供たち”の『杉田○郎』、”○歳の別れ”の『○勢正三』。他にもまだまだたくさんいるのだが書ききれない。

 彼・彼女らに共通しているのは全盛期の声や音域が全く出なくなってしまっていること。

 キーを下げていても全く高音部が出ていない。そしてそれは、その唄を聴くこと自体が、こちら側にストレスを溜め込んでしまうと感じるほどのものだった。

 すぐにchを切り替えた。

 でもひょっとしたら、さっきのは自分の聞き間違い又は一時的に自分の耳がおかしくなってしまっていたのではないかと考え、再度chを戻してみたが、それは聞き間違いでもなんでもなく否定しがたい事実だった。

 彼らにもそれなりの事情があって一時期唄うのを辞めたり、音楽活動そのものを中断していたこともあっただろう。

 しかし『プロ』としてお客からお金をいただいて舞台で唄う以上、恥ずかしくない最低限のレベルには戻しておいてほしかった。

 年齢のせいにしてはいけない。

 吉田拓郎や中島みゆき、岩崎宏美が今でもあれだけ唄えるのは日々のヴォイス・トレーニングがあるからではないだろうか。

 人から聞いた古い話だが、戦後まもなくヒットした”りんごの「歌」”の歌手”『並木道子』は亡くなるまで終生、この曲の『キー』を変えることがなかったらしい。

 聴いてくださるお客様のイメージを壊したくない、それが理由だったそうだ。

 


 幸四郎くんの顔つきがこれまでとは全く違っていた。

 「勝っちゃいましたね♪」なんてインタビューで答えるのかと思いきや、そんなちゃらちゃらしたところは影を潜め、真摯な態度で応えていた。

 一皮むけた彼の今後を大いに期待したい、そしていつかは1番人気の馬でG1レースに勝利する幸四郎くんを見たい。

 

 ディープインパクトの凱旋門賞の敗戦についての自分なりの感想は下書きとして書いたのだがUPしなかった。

 それについては、調教のハードさとその影響による筋肉の鎧(よろい)がディープインパクトに疲労を残し、余計な筋肉の鎧が最後の瞬発力を発揮出来なかったと感じたからだ。

 しかし菊花賞のメイショウサムソンまでが不要な筋肉の鎧をまとって出走し、直線失速していった姿を見るにつけ、書かないではいられなくなった。

 

 競馬はそんなに単純なものではないことは理解しているが、ハードな調教に耐えて順調にきた馬が疲労から闘争心をなくし、あるいは余計に付いてしまった筋肉の鎧で瞬発力を発揮出来なかったケースは過去に数多い。

 

 素人の一意見に過ぎないが、そのおかげで菊花賞のパドックで一番良く見えたソングオブウインドと大好きな横山ジョッキーの馬単18-13をGET出来たのだから、”素人の目”も捨てたもんじゃない。