幸四郎くんの顔つきがこれまでとは全く違っていた。

 「勝っちゃいましたね♪」なんてインタビューで答えるのかと思いきや、そんなちゃらちゃらしたところは影を潜め、真摯な態度で応えていた。

 一皮むけた彼の今後を大いに期待したい、そしていつかは1番人気の馬でG1レースに勝利する幸四郎くんを見たい。

 

 ディープインパクトの凱旋門賞の敗戦についての自分なりの感想は下書きとして書いたのだがUPしなかった。

 それについては、調教のハードさとその影響による筋肉の鎧(よろい)がディープインパクトに疲労を残し、余計な筋肉の鎧が最後の瞬発力を発揮出来なかったと感じたからだ。

 しかし菊花賞のメイショウサムソンまでが不要な筋肉の鎧をまとって出走し、直線失速していった姿を見るにつけ、書かないではいられなくなった。

 

 競馬はそんなに単純なものではないことは理解しているが、ハードな調教に耐えて順調にきた馬が疲労から闘争心をなくし、あるいは余計に付いてしまった筋肉の鎧で瞬発力を発揮出来なかったケースは過去に数多い。

 

 素人の一意見に過ぎないが、そのおかげで菊花賞のパドックで一番良く見えたソングオブウインドと大好きな横山ジョッキーの馬単18-13をGET出来たのだから、”素人の目”も捨てたもんじゃない。

AD

仕打ち

テーマ:

 その年配の婦人はテーブル上に置かれたお会計伝票を仕方なく手に取り、お店の会計へと向った。

 そしてそこには少し離れた位置にすでに伝票を持たず先に席を立った高齢の男性60歳より少しだけ若く見える女性が別々の場所に立ち待っていた。
 年配の婦人が会計伝票と1万円札を取り出して支払おうとしたとき、少し離れた位置にいた60歳よりほんの少しだけ若く見える女性がバッグの中に入れてあるいろんな紙の中から1枚を探し出し、会計係りに渡してこう言った。「私、ここの店しょっちゅう利用しているからよく知っていますけど、このネットで手に入れプリントアウトしてきたクーポンを出せば料金20%オフですよね。」

 店員はホテルマンとしては許されないくらいのぶっきらぼうで「はい」とだけ言った。

 結局年配の婦人は、紅茶のケーキセットを3人分(約6千円)さっきの1万円で支払った。
 年配の婦人高齢の男性が店を出てしばらく経っても、まだ60歳より少しだけ若く見える女性が店から出てこない。
 他人が何かの用事があって店内から出てこないのをわざわざ見に行くような婦人ではないのだが、少し怒りで興奮しているせいもあり先ほどの会計場所まで見に行った。
 そこではなんと60歳よりほんの少しだけ若く見える女性がお店のスタンプカードにスタンプを押してもらっているではないか。
 そして遅れて店外へ出てくると年配の婦人に向って「今日はご馳走までしていただいて、ありがとうございました。」と言い放つや、「これから京都まで出向いて“時代祭り”の見物に出かけますのでここで失礼します。」そういい残してさっさと行ってしまった。
もうひとりいた高齢の男性も「ご馳走様でした。」と言って去って行った。 


 話は1週間ほど遡る。

 
 年配の婦人は17年ほど前に腰を手術して半年間、そして一昨年には両膝を手術して片足づつ6週間の合計3ケ月間入院した経験を持っていた。
 その後にリハビリを懸命に頑張り、今は重たいものを持ったり、走ったりしなければ、なんとか日常生活がおくれるようにまで回復出来たが、勿論リハビリは引き続き頑張っている毎日だ。
 そんなとき、毎週通院しているリバビリの病院で高齢の男性と知り合った。
 男性のほうから声をかけてきた。「リハビリ頑張っておられますね、私の知り合いにあなたのことをお話したところ、腰と両膝を手術しなければならない女性から「ぜひお会いして、手術のお話や体験談をお聞きしたい」そういう強い申し出があったと、高齢の男性年配の婦人に話しかけてきました。
 年配の婦人は、自分のようなものの体験談でも同じような手術を控えている患者さんになら、少しはお役にたてるのではないかと考え、会うことを了承した。
 すると、その60歳前にみえる女性は積極的で、数日後には高齢の男性に電話番号を聞いたのか、年配の婦人宅に「じゃあ今週の日曜日でよろしいでしょうか。」と電話をかけてきた。

 そして待ち合わせ場所としてJR大阪駅のホテル○グランヴィア19階の軽食の食べられるお店を待ち合わせの場所に指定してきた。
 そして当日、年配の男性が仲をとりもち、60歳前に見える女性年配の婦人の入院手術の経験談やリハビリの効果などいろんな事柄について質問し、懇切丁寧にアドバイスをもらった。

 2時間をやや過ぎたとき、話も一段落したので「そろそろ出ましょうか。」と高齢の男性がテーブルに置かれた会計伝票を持たずに店の出口へと歩き出す。
 一方、60歳前に見える女性もまた男性の後を追うように続いて出口へと向う。
 年配の婦人は一瞬のうちに一人テーブルに残され、仕方なく会計伝票を手に取り、出口へと向った。

 

 これがこの三人の間で起こった数日間のやりとりの一部始終です。


 そしてさらに60歳前の女性年配の婦人に連絡先として告げた自分の携帯に夫人が電話をかけてきたとき、こう言いいました。「奥様、私は今自宅にいるので携帯は通話料金が高くて大変でしょうから私の自宅の番号を言いますから、そちらに電話をかけてくださいますか。」


 携帯電話の通話料金に詳しくない年配の婦人は言われるまま60歳前に見える女性の自宅に電話しました。その電話の内容は60歳前に見える女性から依頼を受け年配の婦人が息子に頼んで調べてもらった事柄でした。
 
 私はこの話を聴いたとき、最初に仲介役になった高齢の男性、もしくはそもそも体験話を聞かせてほしいと言い出し、しかも待ち合わせのお店も指定してきた60歳前に見える女性のどちらかがすべての支払いを負担するだけの気持ちや覚悟をしていなければならないのではないかと感じました。百歩譲って“割り勘”ではないのでしょうか。
 

 しかしそんな金銭的なことより、
① 話を聞きたい
② 待ち合わせの日時と店を指示する
③ 依頼した件の電話を携帯電話の料金は高いからと言っておきながら自分からかけずに自宅にかけなおさせる。
④ 軽食代を支払わないのにクーポンやスタンプカードは平気で利用する。


 こんなひどい悔しい思いをしたのは年配の夫人とは、私の年老いた「母」です。


 母はプライドが高いというよりも、自分以外誰もいなくなってしまったテーブルに清算伝票が置かれたままになっているのを、そのまま知らないふりをして、店の出口に向うことのできるような人間ではありません。

 そして、そんな年金でひっそりと暮らしている高齢の母の善意を自分の知りたいことを知るだけのために利用した二人の人間が憎いです。

 そういう自分勝手な人間が善人の仮面をかぶって生活していて、しかも本人たちには全く加害者の意識というものがないのが悲しい。


 お二人にお願いしたい。今日自分がどんな人たちにどんな行いをしてきたか、お金かからずに食事が出来ていろんなアドバイスもらったかわりに20%割引のクーポン使ってあげたでは終わらないでほしい。


AD

 Sean Northが歌う final your song

 

 最近は新しい曲がいろいろ耳に入ってきても年に1曲か2曲くらいしか本当に好きになる曲がない。

 最後に気に入って手に入れた曲といえばレミオロメンの 粉雪 にまで遡らなければならない。

 そんなときTV東京系で先週までオンエアされていた 恨み屋本舗 のエンディングテーマであったこの final your song。

 ドラマの印象はあまりないのだが、淡々とではあるが内に秘めた感情を漂わせながら少しけだるく歌うヴォーカルのLumiさんの印象がGARNET CROWと初めて出逢った瞬間と似たものを感じた。

  


 僕がもしも いなくなれば

 君は泣いて 鳥になるだろう

 涙の海を背に 空へ溶けてゆくだろう

 だから僕は 生き抜かなきゃ

 アスファルトに 根を張ってでも

 君のために歌う

 ありったけの想いを 紡いだ歌

 

 世界中に響き渡れ

 心なくした誰もが また口ずさむまで

 愛は今ここに 君のすぐ近くに 


 君がもしも 星になれば

 夜が二度と 明けないままで

 空を見つめながら 銀色の涙落とすだろう

 生きることを ただそれだけで

 素晴らしいとか 誰が決めたの

 そんなの意味がない

 僕だけが残された 世界には


 世界中に響き渡れ

 いつか見えないなにかが 二人を分かつまで

 愛は今ここに 孤独なふりして気づかないだけ

 ほら聞こえるでしょう

 

 ちっぽけでも 不器用でも

 これが最初で最後の あなたへのLove Song

 歳をとっても 声枯れても


 歌え鳥よ 響け空へ 

 時を越えて 灰になるまで

 愛はここに 君のそばに

 生まれ変わり また出逢うまで

 

 

 

 

 

AD