今夜2006年プロ野球セントラル・リーグが開幕する。

 長年プロ野球ファンだが、それ以上に阪神タイガース・ファンであるcologneは、阪神タイガースの開幕当初が苦手だ。

 開幕から連戦連勝したときでさえ「これだけ勝ち続けた反動がどこかで連敗の形となって現れる」なんていう心配してしまうし、開幕から連敗しようものなら「昔の弱かった頃のタイガースに戻ってしまったか」なんて悲観してしまう。

 ということで、勝ってくれるのが一番なのは間違いないのだが『5割』、とりあえずオールスターまでに勝率5割でいてくれというのがオールドファンcologneの願い。

 今のセ・リーグで独走出来るような傑出した球団はないと考えているので、5割でいれば優勝のチャンスはあるはず。

 競馬の世界でいえば"逃げ"や"追い込"という脚質の馬が好きだが、阪神タイガースに関しては2番手キープからゴール前で先頭の馬を僅かに交わすというのが最も好きなパターンかもしれない。

 

 "セ・リーグ連覇"とか、"日本シリーズの忘れ物を獲りに行く"なんてだいそれたことをスポーツ紙には書いて欲しくないのが本音。そんなこと書いたら他球団にマークされて各チームのエース級が阪神戦に登板してくるかもしれないじゃないか、なんて心配してしまう。

 長年弱小チームを応援してきたトラウマは簡単には消えない。

 消えないけど、しっかり密かに優勝を充分意識しているからこその緊張感。

 

 開幕10試合は5勝5敗でいい、そしてオールスターまでそのペースでいいから。

 


 月になったらこう言ってやる。

 お前なんかに負けてたまるか!落合監督

 まるで去年と違うメンバーでんな原監督

 監督兼任で勝てるほど甘くはないぞ古田兼任監督

 阪神戦以外は頑張ってねブラウン監督

 2年目のジンクスやったな牛島監督

AD

 新聞の広告欄にアエラの臨時増刊号発売を見てすぐに買ってきました。

 ”吉田拓郎すべてを語る”だけでも読みたくなるのに、”真説1971年中津川フォーク・ジャンボリー”や”ユーミンの季節VSみゆきの時代”、極めつけは”「20世紀少年対談」遠藤賢司×浦沢直樹”という見出しを見たら読まずにはいられません。

 中を見ればさらに”春一番”や”ヤンタン”に”森田童子”の名前等数え上げたらきりがありません。

 またまた増えたcologneの”永久保存版”

 

 ただいま780円で発売中です。まだ中身全く読んでいませんが・・・

AD

 阪神大章典でディープインパクトが楽勝した。上がり3ハロンが36秒8ということだが、当日の直線での強い向かい風と渋った馬場を考慮すれば、通常の上がり時計からプラス3秒といったところが妥当だと考えれば当然の結果なのかもしれない。

 元々重心の低い走法のディープインパクトにしてみれば他馬に比べて向かい風は有利なのだから楽勝するのはわかりきっていたこと。

 武豊が『飛ぶ』という表現をディープインパクトに使ったことと重心が低いということは相反する表現のようだが、重心が低いからこそ『飛べる』のだと考えている。

 しかし阪神大章典のディープインパクトはちっとも楽しそうではなかった。

 若駒ステークスや皐月賞のときなどは、気分良く楽しそうに走っているように見えたのに。

 負けないためのつまらないレースはシンボリルドルフだけで充分、武豊には勝つことはもちろんだが、さらに楽しく駆けて勝利するディープインパクトを魅せてほしい。

 今の彼の力量なら充分可能なはず。

 すべての馬たちに『競馬』をさせたうえで、それらすべての馬たちを差しきるのがディープインパクトの大きな魅力なのだから。

 

 余談

 皐月賞でのフサイチジャンクとアドマイヤムーン、デビューからずっと騎乗しているフサイチジャンクを豊が選ぶのが妥当な見方なのかもしれないが、空想の世界で両馬に武豊が騎乗して中山の2000m芝でレースをしたならエンドスィープ産駒であるアドマイヤムーンが勝つと信じている。

 皐月賞、豊には是非アドマイヤムーンに乗ってほしい。

 

 余談2

 WBCの王JAPAN優勝はとても嬉しかった。世界の王さんに本当に『世界』という冠がついたのだから。

 ただ、ちょっとへそ曲がりcologneには、それまで関心がなかったような人たちまでが突然大騒ぎする日本人には「?」

 そして参加した選手の発言の中に「感動をアタエタイ」や「王監督を優勝させてアゲタカッタ」という発言があったこと。

 発言した選手たちの真意はcologneが感じる違和感とは全く異なるものだと思ってはいるのだが、あんなふうな発言をされると「アタエテクレナクテイイ、ジブンデカンジルモノダカラ」と一言返したくなる。

 

 余談3

 ブログは自分に正直に書くもの、少なくともcologneはそう思っていることに気が付いた。

 だから書きたいときに書きたいことを書く。

 

 余談4

 毎日増え続けるあの訳のわからないコメントって「?」

 

 

AD

投資  7500円

配当   320円

収支  7180円△

 

 弥生賞のアドマイヤムーン、中京記念のエアシェイディ、仁川ステークスのオーガストバイオと3場のメインレースで買いたい馬はいるのですが、1着になれるかという観点にたつと少し自信が揺らぎます。

 ということで、逃げ切れるという自信では阪神12レースのウインセイヴァーをピックアップしました。

 相手には減量起用で13、外枠がいい16、京都より阪神ということで12を選びました。

 

 阪神12レース

 ◎ 8 ウインセイヴァー

 ○13 グリンガレット

 △16 スナークタイガー

 △12 アサクサソネット

 馬 券

 馬連 8-13  8-16  8-12の3点

 馬単 8-13  8-16  8-12の3点

 3連複 8軸、相手に12・13・16の3点

 3連単 8を1着固定、2着3着に12・13・16の6点

 

 以上でよろしくお願いします。 

 先週まで収支残高をマイナス表示しないといけなかったのにプラスのような表示になっていました。

 訂正してお詫びします。

 

投資  6000円

配当   320円

収支  5680円△

 

 金杯に始まり有馬記念で終わるのが競馬界の暦年ですが、別な意味で3月の競馬というのは、新しい年度でもあります。

 先週ラスト2レースを大穴と大本命で勝利し、通算1400勝を飾った松永幹夫騎手が引退したのが2月末なら、3月第一週の今週から新人騎手・調教師がデビューします、これもまた毎年、未来の武豊騎手がいるのかもしれないという期待感で胸が膨らむ時期です。

 

 中京11レース 中京スポーツ杯

 

 予想も半端なら馬券への「変換」がもっと苦手なcologneは今週から馬券については軸馬と相手馬を3頭に絞って<一定の法則>で馬券を買うことに決めました。

 その第1回目にあたる今日は自分なりにちょっと楽しみにしています。

 軸馬に選んだのは11番サンレイジャスパー、この馬馬場が良いことが好走するための絶対条件だという気がします、開幕週の中京というのは絶好ではないでしょうか。

 2番手には中京の鬼3番ロードグランディス、そして和田騎手で好走したこともある3番コウエイマーブル。

 最後の1頭は単騎先行の6番サウスポールにするか堅実13番ロードアンセムでいくか悩みましたが、今回は堅実を取って13番ロードアンセムにします。

 ◎ 11番 サンレイジャスパー

 ○  4番 コウエイマーブル

 △  3番 ロードグランディス

 △ 13番 ロードアンセム

  

 馬 券

 馬連 3-11  4-11  11-13の3点

 馬単 11-3  11-4  11-13の3点

 3連複 11軸、相手に3・4・13の3点

 3連単 11を1着固定、2着3着に3・4・13の6点

 

 以上でよろしくお願いします。