内と外

テーマ:
 メイショウオスカル藤田騎手、直線までは内で我慢しても最後は外に出してほしかった、一瞬すごい瞬発力出しかけたのにコース取り悪かった。

 まあ藤田騎手は同じ過ちをしない騎手だから次回に期待することにします。


 アサクサデンエン横山騎手、エアポケットに入ったみたいでもがいていたが、開幕週の東京コースでなぜ馬の首を横に向かせてまで大外に出す必要があったのかな。

 あそこは慎重に内側コースでばてた馬の隙間狙いがスタート前からの作戦でしょう、まして道中、あの位置どりならなおさらイン強襲しかないはずだった。

 まあ横山騎手は日本で一番お気に入りの信頼出来る騎手だから、来週からの挽回期待してます。


 ストラタジェムとエリモピクシーに騎乗した福永祐一、一流騎手とは呼べないです。

 ストラタジェムは前走、福永の騎乗ミスで勝利を逃した。今日はその汚名返上の場であって、福永を一流と認めようとしている馬主や調教師の方々が今日リベンジする機会を作ってくれたことを判ってるのですか。
 一流と言われる騎手なら、今日間違いなく勝利しています。
 しかも11レースでも同じような叩き合いでまた追い負けて、もう直線で馬を追えない騎手のレッテル貼らせてもらうから今後はメイショウボーラーのようにまたがっていれば勝てる馬にだけ乗せてもらってください。


 藤岡騎手初重賞制覇おめでとう。

 東京の池添騎手は今日は悔しかったでしょう。
AD

京都牝馬ステークス

テーマ:
 競馬に限らず「消去法」なる分析方法がある。あまり有効とはいえないが、ついつい手段として用いるときがあるが、大抵は「主観」であって「客観」の見地ではない場合が多い。

 京都11レース、どう考えてもスンナリ決まるとは思えないメンバーと騎手。

 ならば「消去法」でなく「巻き戻し法」(そんなのない)で考えて見た。

 3時55分頃に勝利騎手インタビューを受けている騎手を再生してみた。

 有力といわれている馬の中で松永・田中勝・安藤はインタビューされてなかった。

 佐藤哲・藤田・藤岡・小牧・本田騎手しかいなかった。

 福永祐一どこにもいなかった。降着か失格か!

 というわけですぱっと勝てない馬が有力馬に多いので勝に行って、結果早仕掛けで何か穴馬に差されるという直線のスローが再生されたので

 ◎  5番 メイショウオスカル

 ○  6番 アズマサンダース

 △  2番 フォルクローレ
 △ 15番 ラバンディエーラ
 △ 12番 チャペルコンサート
 △  9番 エリモピクシー (仕方なしに押さえる)

  馬連 ◎から印へ

  3連単フォーメーションで

   1着候補  ◎・○
   2着候補  ◎・○・△
   3着候補  △


 再生見たのに予想してる自分はいったい何者。

 

 
AD

京都9RバイオレットS

テーマ:
小倉10Rのコンゴウリキシオーも鉄板だが(馬券は7-9一点)人気がそこそこ分かれているレースで一番買いたいレースは京都9Rの6番コパノフウジン、佐藤騎手が自信もって乗ってくれると期待している、相手も絞りたい。
 買いたい順に8レッドペガサス、4ドンクール、5ドラゴンアローまで

 馬連 6-8 4-6 5-6

 馬単 6=8 6-4 6-5

 3連単 1着候補6・8
      2着候補4・5・6・8
      3着候補4・5・8
 

    フォーメーションで

    勝ったど

東京新聞杯

テーマ:
 それほど買う気の起こるレースでもないのだが、結構人気しそうな豊騎乗のハットトリックは勝てないだろうという読みなので、おいしいかなと。

 ◎ 2番 アサクサデンエン コースが異なるが近3走の上がり3ハロンだけをみればハットトリックの方が上位にくる計算になるが内外のコース取りの差が直線での伸びに違いが出る、開幕週につき内枠の差し馬アサクサデンエン

 ○ 6番 グレイトジャーニー この馬には長すぎる距離を使われてきていた、マイルから二千までが守備範囲、蛯名も気楽に乗れる人気の馬なので買い

 ▲ 1番 アルビレオ 不利を受けずに普通に乗れば間違いなく勝負出来る絶好枠

 あと書いている途中に消してしまった(hazakuraさんと一緒)途中まで残ってるから何とか書きます。

 △ ダイワバンデット・ミッドタウン・キネティクス


 馬券は 馬連2番から印へ

 3連複は2番軸に印の馬へのボックス

 3連単はアサクサの最後の詰めの甘さを考慮してフォーメーション

  1着候補1・5・6・9・12
  2着候補2のみ
  3着候補1・5・6・9・12


 △印以降の馬の予想、力入れて書いてたのに消えたから尻すぼみになってしまったが馬券は変わっていないので。  
  1番 ストラタジェム
   前走完全なミスで勝利を逃がした祐一にもう一度チャンスを

  8番 メガスターダム
   長期休養明け後の2走目のポカだった前走、ニホンピロウィナー
   の仔が2400で勝利する

  6番 シゲルゴッドハンド
   ストラタジェムとの勝負付けは今回

  10番 ゴージャスディナー
   勝ち切るにはちょっとだが連下に

   馬券としては祐一のミスも考慮して 馬連と3連複 で
   馬連
   1-8 1-6 1-10

   3連複は4頭ボックス

   
 根岸ステークスのレース展開はおおむね予想通りだったのだが、一番肝心なメイショウボーラーは左周りが下手、という判断が根本から間違っていたので当然馬券は全くダメだった。

 決して右周りに比べてスムーズではない左回りのコーナリングなのだが、それを脚元に負担が来て直線で失速すると読んだのが間違い。

 コーナリングが下手な分、息が入っていた、回転の速い超ピッチ走法のこの馬がコーナーで余裕をもってコーナリングすることで直線の脚色が全く衰えなかった。

 なんて、正しい判断かどうか確信なんてないのだが、こう解釈すると外れた馬券に対して少しでもあきらめがつこうというもので。


 毎週毎週、明日に向かって頑張ってるのだから今日も


 明日に向かって頑張って予想しよう。

完敗に乾杯! 予想は上手

テーマ:
 運転中の携帯電話の使用は禁止です。

 今日は膝の手術で入院している母親を見舞うため朝から実家に父親を迎えに行き、母親の入院する病院へ連れて行く日でした。
 で昨晩のうちに根岸ステークス以外の馬券予想をまとめ、根岸Sは朝から予想まとめて家を出た。

 まあ10時過ぎには実家に着くから、そこで馬券買えばいいか、と思ってたけど実家に少し遅れて着いたら、もう父親は見舞いに出かける準備とっくに出来ていて「遅い、遅いもっと早く来てくれ」と年齢からくる自己中なことを言って息子である自分を困らせる。「すぐ出かけよう」と心優しい息子は着いたばかりなのにまた高速道路へと向かう。

 来る途中混んでいた道は当然まだ混んでいる。

 病院到着時に時計の針は11時を少し過ぎていた。

 「あー小倉3レース買えなかったなー」と思ったのは昼食時、まだ結果もなにも知らなかった。一応聞いとこう、と午前のレース結果聞いたら小倉3レース馬連12-17で3950円。 めったに一点に絞らないのにな、といっても遅かった。

 もし途中で締め切り時間思い出したとしても


 運転中の携帯電話の使用は禁止です。

根岸ステークス予想

テーマ:
 メイショウボーラーの取捨選択がこのレースのキーポイントだと考える。
 前走初ダートを芝並みのペースで逃げ、圧勝したが、これはある程度予測出来たことで今回もコースが右回りなら本命にするところだが左回りなら全く条件が違ってくる、メーショウボーラーは左回りが下手。あっても3着以下とみる。コーナリングは見た目は同じように回っていても「脚」にかかる負担はスタミナを奪う。

 よって予想は大混戦になったのだがハイペースであることに変わりはない。

 ◎ ハードクリスタル 前々走ス上がり3ハロン35.9秒の末脚はすごい、横山騎手
が内で辛抱して直線馬群をさばいてくると見た。

 ○ サミーミラクル この馬も内で我慢して直線勝負にかけるしかない枠になった、幸四郎の「決め打ち」に期待

 ▲ アドマイヤマックス 砂をかぶるのを嫌がらなければこの馬が一番強いはず鞍上も強力なので頭あってヒモなし候補として単穴評価

 馬連馬券なら1・3・4のボックスなのだが、あくまで狙いは3連単

 △ メイショウボーラー
 △ ストロングブラッド
 △ カフェオリンポス
 △ エンゲルグレーセ
 △ エコルプレイス

 この5頭を3着候補とする


 3連単1・3・4が1・2着候補で8・5・7・13・14を3着候補とする馬券で勝負

根岸S以外の予想

テーマ:
 根岸Sは今から朝まで考えて結論をだすことにした。

 で京都・東京・小倉のその他レースの推奨馬だけ

 京都

  1R  3番 ツルマルベレイザ

 東京

  1R 11番 ハチヤマル

 小倉

  3R 12番 クラウニングワーク


     このレースだけ 馬連 12-17 一点 

 11R  7番 ビエナオンリーワン