ころころラボ通信☆ころころ歯ぶらし

TVCMや新聞広告で大人気の「ころころ歯ぶらし」

歯と歯ぐきに関する知識やエクササイズ。
また「ころころ歯ぶらし」の使い方や交換時期など
お口の健康を保つ情報を京都やまちやのころラボスタッフよりお届けします☆


テーマ:

4月も終わりに近づき、暖かい日が続いていますね。

 

気温が上がるにつれ、氷たっぷりのドリンクやアイスクリームなど、

冷たいものがほしくなってきませんか?

 

 

 

僕も最近は仕事の休憩中などに、よくアイスクリームを食べています。

 

 

冷たくてさっぱり美味しい!

 

はずが、食べるときキーンとしみてしまうことが。

 

ひょっとすると、それは知覚過敏(ちかくかびん)かも知れません。

 

 

 

知覚過敏とは、虫歯でもないのに歯がしみて痛い、という症状が特徴。

特に、冷たいものや酸味の強い食べ物を口に入れたときに、痛みを感じます。

 

ひどい人では、歯ブラシの先が当たるだけで痛い……なんてことも。

 

 

この痛みは、歯の象牙質が露出することで発生します。

 

歯は本来、エナメル質によって守られているのですが、

歯の表面が削れてしまったり、歯の根元が出るほど歯ぐきが下がってしまうと、

内側にある象牙質が露出してしまいます。

 

象牙質はエナメル質とは違い、非常にデリケート。

さらに無数の小さな穴が開いているため、

ある程度の刺激が与えられると、

象牙質の内側にある歯髄(神経)にすぐにダメージが伝わるため、

痛みを感じるというわけなんです。

 

 

 

それでは、象牙質の露出を防ぐためには、

具体的にどのようにすればいいのでしょうか。

 

 

 

①まず、歯のエナメル質が削れないようにする!

 

ゴシゴシと力強く歯を磨いたり、

酸が含まれる食品をたくさん摂取するなど、

歯に直接的にダメージを与える行為は控えましょう。

 

歯をキレイに保ちたい!

とゴシゴシ磨きたい気持ちは分かりますが、

それは歯にとっても、歯ぐきにとっても逆効果です。

 

歯磨きのときは優しく磨くようにしましょう。

 

 

②歯ぐきの衰えを食い止める!

 

歯周病や加齢などが原因で、歯ぐきが下がってくると、

歯の根元にある象牙質がむき出しになってしまいます。

 

歯磨きだけでなく、歯ぐきもしっかりケアして、

健康的な状態をキープしましょう。

 

毎日ほど良い刺激を与えると、良いと思います。

 

 

人によって知覚過敏の原因は様々ですので、

気になる方はかかりつけの医師に相談されてみるのも良いですね。

 

 

自分に合ったケアを続けて、

冷たい食べ物も思う存分に楽しみましょう!

 

 

 

 

※最近増えていますビックリマーク
「ころころ歯ぶらし」の類似品には
くれぐれもご注意ください
!!






京都やまちや 
なたまめ茶・薬用 なたまめ柿渋歯磨き・ころころ歯ぶらしのご注文はこちら 
URL:http://www.yamachiya.co.jp/
フリーダイヤル:0120-21-8018


京都やまちやのFacebookはコチラ
「いいね!グッド!」お願いします。
URL:https://www.facebook.com/yamachiya/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。