チョコろぼろぐ

チョコレート、ガーデニング、スポーツ、宇宙戦艦ヤマトなど興味のあることを書いています。


テーマ:
昨日朝一で第7章を観てきました!
ヤマトらしい展開と後半の息つく暇もない名場面の連続で、もう号泣でしたよ~。

私は新宿ではなく、第6章の時と同様『MOVIX柏の葉』で観ましたが、第6章の時よりも女性が増えていたような感じがしました。
親子連れもいましたし、新しいファンが増えているのかなとニコニコ

公開2日目になったので、そろそろ観た方も増えてきましたかね。
少しネタバレするので、知りたくない方は他のページへ移動してくださいねw



最初に驚いたのは、旧作でも一度もなかった、あの彼(古代君ではい)が波動砲を撃ったところ!
彼のファンの方は、きっと涙しただろうと思います。
やっと、やっと撃たせてもらえてよかったね~w

そして結果的に、ヤマトはガミラスの人々を救うことになります。
ここもビックリしました。
まさかこういう展開になるとは・・・。
旧作はガミラス星を破壊してしまうくらいでしたから^^;
(大人気のヒルデちゃんも助かったので、ファンの方も安心したと思いますw)


ということは、古代君のあのセリフがここではないんですね。

「我々がしなければならなかったのは戦うことではなく、愛し合うことだった!
勝利か・・・くそでもくらえ!」

で合ってましたっけ?

でもこの大事なセリフを監督が入れないはずはないと思っていましたが、25話でしっかりと入れてくれました。
言い回しとこれを言うキャラが違いましたけど、かえって違和感がない状態で言ってくれます。
展開が早いので、余韻には浸れない感じがしましたけど、未完成の25話だったので、来月のTV放送で観るときは、もっと違う印象になるかもしれません。


そして、雪をどうやって助けるのか?ですが、多くのファンの予想通り、ノラン伍長のユキへの想いに助けられた感じですね。

もちろん古代君も「自分がしなければいけないのはユキを守ることだ!」と気づいて助けに行くのですが・・・。

ここのところ、古代君とユキの二人が好きな私としては、もっと古代君に活躍してほしかったんだけどなぁ。

そして、やっと二人が会えたシーン。
あそこは、ガンダムのオマージュに思えましたが、違いますか?
似たようなシーンがあったような記憶があるのですがw
(ガンダムは詳しくないので^^;)

まあでもいいか。
26話で素敵なシーンが観れたしラブラブ


イスカンダルに到着するシーンでの艦長の名セリフもしっかり入れてくれてましたね。
ここでも、さすが大事なところはしっかりおさえてるなと思いました。
ほんと嬉しかったです。


やっと辿り着いたイスカンダル、綺麗に描いてくれていました。
ここはぜひ大きいスクリーンで観てほしいところです。


そして、前回の記事でも書いた、守さん。
ここまで大事な役にしてくれていたとは、びっくりでした。
(イケ面お兄ちゃん、旧作の通りヤルことはしっかりヤッてましたけど(笑))


25話から26話の流れでは、もうずっと泣いてました。

セレステラのデスラーへの想い、古代君の仲間への気遣い、古代君のユキへの想い、真田さんと守さん、佐渡先生と艦長の地球を見たときのシーンでも。

「地球か。なにもかもみな懐かしい。」


他にもいいシーンはいろいろあります。
いま書きながら思い出して、また泣いてますしょぼん

やっぱりヤマトってほんといいですよ!



復活篇のがっかり感から、2199を観始めたのが昨年の秋からという遅い参戦だった私ですが、今ではすっかりヤマト熱が再燃し、リメイクしてもらえてよかったなぁと心から思っています。

また、これだけの大作なのに、最近よくある人気タレントを声優として使うということをせず、プロの声優でまとめてくれたことも、今回の成功に繋がっていると思います。


出渕監督、宮川彬良さんをはじめ、製作スタッフのみなさん、本当にありがとうございました!

といっても、このブログでは伝わらないでしょうが、本当に感謝しています。
一部残っている25話の完成も楽しみにしています。


やはりヤマトは、旧作も新作も素晴らしい作品です!


来週もう一度観にいきたいなぁ・・・
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
いよいよ今週末からの第7章でラストですね。
寂しいです・・・。

TV放送の七色星団の戦いでは
私の好きなサブちゃんのセリフがまるっとカットされてるのをはじめとして
いろいろカットされてるし・・・。

OPを無くしても入れるべきだったでしょうに!

TVだけ見ている方は、レンタルでもいいので、
ぜひフルバージョンを見てくださいね!


以下、先日公開された、第7章・冒頭10分の感想です。

第7章・冒頭10分
http://www.b-ch.com/contents/feat_yamato2199/

思ったままバラバラなので読みにくいかもしれませんが(笑)
(ネタベレされたくない方はご注意ください。)



第6章が終わった時点で、ユキはガミラスに捕まったまま。
きっとガミラス本星で古代君に救出されるのかと思いきや、そうではないんですね~。
びっくりです。

デスラーがデウスーラで星を脱出してしまうとは!
ユキが乗ったままのようだし^^;


そして、セレステラにもタランにまでも内緒にしていたと・・・。
ここにきて、デスラーの恐ろしさがわかるということですか。

でもスターシャに対してはやはり特別な想いはありそうですね。
「アベルト」という名前にまだ慣れないのだけど(笑)

でも、第2バレラスを見て、白色彗星帝国とディンギル帝国を思い出した。


(しかしここまでいろいろあると、守兄さんの生存説はなくなりそうな??)


それにユキ!だめだよ、ノランの前で脚を見せるようなことをしちゃ(笑)
古代君にも見せてないのに・・・w

それにしても、どうやって救出されるのかなぁ?
でも・・・
ユキは古代君が助けるんだと信じてますからね、監督!



あと、嬉しかったのは音楽!

いつものテーマ曲の新しいアレンジがありましたね。
すごくかっこいい!お気に入りの曲になりそう♪

デスラーとスターシャが話しているシーンの曲は新曲ですよね?
バイオリンで、せつない感じの。
これもなかなか素敵な曲♪

第2バレラスのシーンも新曲かな?

宮川彬良さん、すばらしいです!

今から3枚目のサントラが楽しみ~!


24日は他にも予定があるのだけど、第7章観にいけるかなぁ。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
早いもので、ヤマト2199は第15話のTV放送も終わりましたね。

発売されているDVDに追いついてしまいました(笑)

そして、本編が少し長いためか、オープニング曲をカット^^:

今週からは新しいオープニング曲になるらしいので、14話がいつもの曲「宇宙戦艦ヤマト」の見おさめ、聴きおさめだったわけですね。。
それを教えておいてほしかったわ~。

TV放送の録画はしてるんですけどね。
でも・・・。

そして、今度のオープニングは、UVERworldというグループの曲らしいです。

「UVERworldが『宇宙戦艦ヤマト2199』オープニング主題歌を歌う!!」
http://yamatocrew.jp/crew/info/130710

すいません、だれ?(笑)

いえ、グループ名は聞いたことがある気がするので、Mステか何かで見ているんだと思うのですが、全く印象がなく^^;
ファンのみなさん、ごめんなさいm(_ _ )m

というか、誰の曲だからというわけではなく、これはイケテマセン。

宇宙戦艦ヤマトは、テーマ曲「宇宙戦艦ヤマト」があってこそだと思いませんか?

旧作がどうとか2199がどうとかではなく、やっぱりこの作品には「宇宙戦艦ヤマト」の曲が必要だと思うんです。

すべてのシリーズでテーマ曲は変えずに「宇宙戦艦ヤマト」にこだわってきたんですよ。

スポンサーは大事でしょう。
曲の版権がどうとかいうツイートを見かけたので、そういうこともあるかもしれません。
まあ諸事情があると思うので、エンディングはいいとしましょう。

しかし「宇宙戦艦ヤマト」が流れないヤマトはヤマトではなくなってしまう~しょぼん


旧作ファンの私も、2199は大好きですよ!
だからこのまま進んでほしかったんです。

あ~あ~。。

オープニングの映像も変わるのかしら?
いや、それはむしろ変えてほしい。
あの映像には「宇宙戦艦ヤマト」しか合わない。


21日はどうなるのかな~?不安・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
それにしても「ヤマト二次小説」の検索で来られる方がほんとに多い。
ですが、こちらのブログではヤマトの小説は読めません。
ごめんなさいm(_ _)m

妄想はしているものの、小説を書く文章力がないものであせる


でもたまにヤマトネタは上げていこうかと(笑)
今日はまた音楽で、サントラパート2ではなくて大式典を。

この『宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典2012』は、去年の秋に開催されたライブCDなんですよね。



見に行きたかったなぁ。
でも知り合いにはヤマトファンはいないし、かといって一人で行く勇気もなく・・。

CDで我慢することにしました。

でもこのCD、最初PCで聴いた時は、「え??聴こえない?」って感じでびっくりでした。
まあPCのスピーカーなので文句は言えないのかもしれませんが、MCのところでは音量を上げないと何もわからないくらいで^^;
イヤホンで聴くと大丈夫なんですけどね(笑)

(ちなみにPCのプレーヤーはパイオニア製です。)


で、このCDのポイントはやっぱりMC。
宮川彬良さんが語る作曲の裏話がおもしろい。

宮川泰さんはほんと苦労されたんだなぁと。

『美しい大海を渡る』
「『虹のかなたへ』のような曲を作ってほしいと言われてできた曲

とか

『艦隊集結』
「ベン・ハー」の音楽に似てるとか(笑)

どちらにしても、私にはヤマトの曲の方を先に聴いているので、問題ないです(笑)


「ベン・ハー」懐かしい。
一度NHKで放送されたときに、途中だけ観たことがあります。
あまりにも長い映画なので、途中で15分か20分だったか休憩が入るんですよね(笑)


宮川彬良さんもおっしゃってますが
ヤマトの曲の一番の魅力は『宇宙戦艦ヤマト』のテーマ曲にあると思います。

アレンジ次第でここまでいろんなイメージに変わる曲はなかなかないですよ。
『ヤマト渦中へ』もすごく良い曲!

宮川泰さん、宮川彬良さん、ほんとにありがとうございます!


このCDに関して欲を言えば、ささきいさおさんが歌った曲をもっと入れてほしかったなぁ。
アマゾンのレビューを読むと『ヤマトよ永遠に』も歌ったとか。
ライブで聴きたかったなぁ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
公開初日にヤマトを観に行くなんて何年ぶりのことか。
完結編以来です(笑)

残念ながらBD-DVDは確保できなかったので、連続2回観賞!
(BDはまたもや密林で予約しましたw)

PVを観た時に予想した部分は一部当たってました。
でもディッツ提督については、いい意味での予想外。
それに関連して、メルダがヤマトに乗っているわけですね。

もうすでにネタバレしている方も多いですが、もったいないので、あやふやな感じで感想を書こうと思います。


まず、想像以上に七色星団の戦いは素晴らしかった!!
沖田艦長とドメル将軍との会話で、泣いてしまいました。
ここ必見ですよ!

やっぱり「宇宙戦艦ヤマト」はいいな、と改めて思ったシーンでした。

航空隊の活躍もイイ!!

加藤隊長の「命を落とすな!敵を落とせ!」

この一言にしびれましたわ!


どうやって雪がさらわれるのかと思っていましたが、なるほど、あの状態のヤマトでは可能ですね。

しかし雪、どんだけ美しいんだい(笑)
ユリーシャに似ているからといっても、ヤマトの艦内服を着ていてさえ高貴な雰囲気も持っているということですか!
そして彼はずいぶんと雪が気に入ってしまったようで。
まあ、そのおかげもあって、雪は無事なわけですが。


そして古代君!
今回すごくいいですね~!活躍してます!

戦術長としての判断と雪を想う男としての判断との狭間で苦悩してますね~。

そしてこちらもモテ過ぎじゃないか?
メルダも古代君がお気に入りか?

古代君ファンとしては文句ないですけどね(笑)


第6章を観てつくづく思うのは「やはり旧作を観るともっと楽しめる」ということ。

瞬間物質輸送機やドリルミサイル、宇宙葬など、ここは入れてほしいと思っているシーンはしっかり入っていて、尚且つ、オリジナルな部分もあり、旧作で無理があると思った部分を解消するための新しいキャラクターもちゃんと活躍させています。

さらに、ガミラスの描写が増えて厚みが出ているという感じですね。
監督がガミラスファンだけあって、ちょっとガミラスの描写が多すぎか?という気もしますが・・。

男性に人気のある彼女もチラッと出ますしね~(笑)


それから印象に残っているのが選曲。
このシーンは前回と変えてこの曲でくるか!
とか
ここで「さらば・・」のこの曲を使うか!
という驚きがあって楽しかったです。


あと、ツイッターで少し流れていましたが、途中で作画がね汗
大画面で観るとわかってしまいますね。

時間がなくてそうなったのか、まさか。わざとなのか?
まあ、コミカルなシーンで多かった気もしますけど。


でもやっぱり良かったです!
このまま8月24日まで待つなんて酷ですわ~しょぼん



第7章までまた2か月しかないので、スタッフのみなさんには、なんとか頑張ってもらいたいです!
すごく良い作品になっているので、最後はもっと盛り上げてもらいたいですね!

隠し玉もあるそうですし。
⇒ 出渕裕総監督「宇宙戦艦ヤマト2199」8月24日上映決定の最終章へ「隠し球がある」 http://newslounge.net/archives/82880


なんだか書き忘れていることもあるような感じですが、とりあえずここまで。
まだ観ていない方は、ぜひ劇場で楽しんでくださいね!ニコニコ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。