チョコろぼろぐ

チョコレート、ガーデニング、スポーツ、宇宙戦艦ヤマトなど興味のあることを書いています。


テーマ:
昨日の全日本フィギュア 女子ショートプログラムの結果です。
(現地ではフリーは始まりましたね。)

■女子ショートプログラム 結果
1 浅 田 真 央 中京大学 66.22
2 安 藤 美 姫 トヨタ自動車 64.76
3 村 上 佳菜子 中京大中京高校 61.50
4 庄 司 理 紗 西武東伏見FSC 58.22
5 村 主 章 枝 陽進堂 57.18
6 西 野 友 毬 武蔵野学院 57.02
7 鈴 木 明 子 邦和スポーツランド 56.86
8 大 庭 雅 名東FSC 51.54
9 鈴 木 真 梨 東北福祉大学 51.02
10 石 川 翔 子 明治大学 49.04
11 毛間内 かれん 日本橋女学館 46.92
12 友 滝 佳 子 倉敷FSC 46.62



●浅田真央選手
3Aも3Fも着氷しました。本当にすごい選手です。
前回よりも良い結果になれば・・・と思っていましたが、まさかここまで跳べるようになるとは!
スピンもすべてレベル4にしてくるとは、びっくりです。
ただ前の衣装の方が私は好きです。
フリーもこの調子で頑張ってほしいですね。

●安藤美姫選手
本当にきれいでした。ジャンプもすべて加点が付くクリーンなジャンプでした。
ステップとスピンのレベルの取りこぼしがなければ、もっと高い点だったと思います。
衣装もとてもきれいですね。なんかウェディングドレスに見えました。
フリーは激しいプログラム。後半の2A+3Tを決めてGPFのような演技ができるように祈っています。

●村上佳菜子選手
いつもながらの元気な演技でしたが、世界選手権出場権がかかった全日本のプレッシャーからか、2Aが1Aになってしまいました。
ただ連続ジャンプ3T+3TのGOEが1.68もついていて、トータルで9.88点!浅田選手が3Aをクリーンに跳んで基礎点8.5点にGOEがついたとしても、おそらく9.88点には届かないでしょう。このあたりが、今の採点システムでおかしいと思うところです。
演技を観ていると、どうしてもジャンプ時の跳ね足のクセが目についてしまうところと、スピードを出すためにたくさん漕いでいるあたりを修正してほしいなと思います。
フリーはスタミナも必要なので、ミスのないようがんばってください。

●庄司理紗選手
やはりいい得点がでましたね!
連続ジャンプ3S+3Tもきれいでしたが、庄司選手の魅力は表現力ですね。
14歳ながらバレエ的な所作がとても美しいです。首の使い方もきれい。
スピンのレベルを修正できれば、これからもっと伸びる選手だと思います。
楽しみな選手ですね!
フリーはとてもやわらか動きのやさしいプログラムです。
最後までしっかり滑って、みんなに魅力的な演技を見せてください。

●村主章枝選手
村主選手は、本当に全日本に強いですね。
ジャンプもきれいに決まって、今シーズンの演技で一番よかったと思います。
SPの衣装は品があっていいのですが、肩ひもも同じ布の方がいいのでは?
フリーもスタミナを切らさず最後までがんばってください。

●西野友毬選手
昨年の全日本では不安定な感じがしましたが、今年は落ち着いて滑っているように見えました。
所作もきれいになりましたね。ステップもよかったです。
フリーは最終グループに入って緊張すると思いますが、自分を信じてがんばってほしいです。

●鈴木明子選手
う~ん・・・どうしてこんなに低い点なのでしょう?
最初の連続ジャンプ3F+2TのGOEが0点です。そんなジャンプでしたか?
ルッツのダウングレードはスローでわかりましたが、スピンもステップもよかったのに、なぜPCSが上がらないのか・・・
どなたかわかる方がいらっしゃったら、説明していただけませんか。


残念だったのは、今井遥選手後藤亜由美選手

今井選手は2回の転倒もあり、現在17位。
フランス杯の時よりもかなり緊張してしまったようですね。
ほんと全日本はこわいです。
フリーでは、落ち着いて思いっきり滑ってほしいです。

後藤選手にいたっては、演技を観ることもできませんでしたしょぼん


さて女子フリーはもう中盤くらいまで終わっているようですね。
放送が始まるころには結果が出ているころかも。
どうなるか楽しみです。
選手のみなさん、実力が出せるようにがんばってください!

真央ちゃんがんばれ!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
いよいよ、本日午後からは、女子シングルの試合が始まります。
放送は19時からですが、実際は 13:50-18:10 に行われます。

○女子シングル滑走順

1 上野沙耶 神戸PFSC
2 鈴木春奈 新横浜プリンスFSC
3 水津瑠美 中京大学
4 井上はるか 同志社大学F
5 武田奈也 早稲田大学

6 國分紫苑 関西大学
7 村元哉中 神戸PFSC
8 大川珠里 慶応義塾大学
9 谷川奈穂美 青森GOLD F・S・C
10 毛間内かれん 日本橋女学館

11 庄司理紗 西武東伏見FSC
12 友滝佳子 倉敷FSC
13 澤田亜紀 関西大学
14 那須野光 山梨学院大学
15 西野友毬 武蔵野学院

16 望月梨早 明治大学
17 大庭雅 名東FSC
18 押川ロアンナ紗璃 武蔵野学院
19 瀬藤愛里 関西大学
20 佐々木理紗 札幌大学

21 高山睦美 明治大学
22 中村愛音 中京大中京高校
23 石川翔子 明治大学
24 村上佳菜子 中京大中京高校
25 今井遥 日本橋女学館
26 安藤美姫 トヨタ自動車

27 鈴木真梨 東北福祉大学
28 鈴木明子 邦和スポーツランド
29 浅田真央 中京大学
30 村主章枝 陽進堂
31 後藤亜由美 愛知みずほ大学瑞穂高校
32 河野有香 倉敷翠松高校


色の選手が、個人的に注目している選手です。


●武田奈也選手
昨シーズンはケガの影響もあり、いい成績が残せませんでしたが、明るくダイナミックな演技が大好きです。
ジャンプを確実に決めれば上位に入ると思います。
そしてあの笑顔を毎年観たいと思っている方も多いはず!
うちの旦那さんも大好きです(笑)

●庄司理紗選手
全日本ジュニアで優勝している、まだ14歳の選手です。
全日本ジュニアの放送を見ましたが、14歳とは思えない大人っぽさとなめらかな動きが魅力。
SPでは、3サルコウ+3トーループを入れてきます。
この連続ジャンプは、村上佳菜子選手が得意の3トーループ+3トーループよりも少し基礎点が高いジャンプ。
全日本ジュニアのSPで58点を出しているので、シニアでどの位置につくのか注目ですね!

●今井遥選手
今シーズンはGFシリーズにも出場した、伸び盛りの選手です。
昨シーズンから気になっている選手で、長久保コーチが指導しているだけあって、とてもいいジャンプを跳びます。
得意なジャンプは、3ループ+3トーループ。これは庄司選手よりもさらに基礎点が高いジャンプです。
元選手の中野友加里さんにも匹敵するほどきれいなドーナツスピンも注目。
ちょっと手首の動きを抑えるといいかなと思いますが、柔軟性もあり動きも滑らかで、スピンもとてもうまい、いい選手です。
シニアの試合にも慣れてきたと思いますので、上位に入ると思います。

●安藤美姫選手
今シーズンの安定感は素晴らしいですね!
モロゾフコーチに止められていた、最高難度の連続ジャンプである3ルッツ+3ループを試合で挑戦できることが、モチベーションになっているのだと思います。
やはり世界一のジャンパーです。
昨年からやわらかくて美しい動きもできるようになり、表現力での評価も高いのですが、ジャッジにはPCS(演技・構成点)を評価してもらえないところがほんとに歯がゆい。

●鈴木明子選手
とにかく演技が観たいんです!
ジャンプ、スピン、ステップ、リズム感。どれをとっても素晴らしい!
昨シーズンから常に安定した成績を残しているので、現在世界ランク2位です!
それなのに、鈴木選手もジャッジにはPCS(演技・構成点)を評価してもらえないところがほんとに歯がゆい。
ジャッジの眼は絶対おかしい。誰かが順位を操作しているとしか思えない!
もし万が一、世界ランク2位の選手を世界フィギュアに出場させないなんてことになったら、日本の恥ですよ!

●浅田真央選手
もう説明はいらないですね!
とにかくベストの演技ができるように祈ります。
どうかフランス杯よりも1つでも多くジャンプが決まりますように。
今シーズンのSPもFPも大好きです。
正直、今シーズンは世界フィギュアには出場できなくてもいいと思っています。
でも本人は出場したいと思っているようなので、見守るのみです。
どういう結果が出ても、いつも応援します!

●後藤亜由美選手
昨シーズンの全日本フィギュアで演技を見たときに、きれいで落ち着いた演技に光るものを感じました。
後藤選手も長久保コーチが指導しているだけあって、とてもいいジャンプを跳びます。
今シーズンのプログラムは見ていませんが、どれだけ成長したか楽しみです。


日本女子フィギュアはすごいですね!
どんどんいい選手が出てきています。
4年後のオリンピックはどうなるのか、バンクーバー五輪よりもさらに贅沢な悩みになりそうですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
(加筆・修正しました)

全日本フィギュアスケート選手権の男子ショートプログラムが終わりました。
結果は以下の通り。

■男子ショートプログラム 結果
1 小 塚 崇 彦(トヨタ自動車)87.91
2 羽 生 結 弦(東北高校)78.94
3 織 田 信 成(関西大学)77.48
4 高 橋 大 輔(関西大学)74.78
5 町 田 樹(関西大学)73.75
6 無 良 崇 人(中京大学)72.33
7 村 上 大 介(靑森短大)69.39
8 佐々木 彰 生(明治大学)64.84
9 中 村 健 人(立教大学)64.27
10 中 庭 健 介(パピオフィギュアクラブ)62.09
11 南 里 康 晴(福岡FSC)61.86
12 板 井 郁 也(武蔵野学院)58.18



小塚選手、素晴らしかったですね!
SPで87点はすごいですね!
スピンもステップも全てレベル4とは!

ジャンプも完璧で、心配されていた3アクセルも今日はとてもきれいな着氷でした。

試合を重ねるごとに上半身の動きがよくなってきて、音楽をよく表現できていたと思います。

玄人好みと言われるほどのスケーティングのうまさに加えて、筋力トレーニングと表現力の向上を目指して練習してきた成果が出てきたでしょうか。

スケーティングスキル(SS)に至っては、高橋選手よりも高い得点です。
⇒http://www.skatingjapan.jp/National/2010-2011/fs/national/data0103.htm


羽生選手、昨年よりかなりうまくなりましたね~。
ジャンプもきれいに決まっていました。

16歳特有の中性的な魅力もありますが、日本男子選手には今までいないタイプの個性があっていいですね。

スタミナ面が課題ですが、シニアの試合経験を積むごとに良くなると思います。


織田選手は、4回転とステップでの転倒が残念でした。
奥様とお子さんが見に来ていたようなので、はりきりすぎてしまいましたかね?

でもジャンプの着氷のうまさは相変わらずなので、明日のフリーは落ち着いて演技できれは、いい結果が出せるのではないでしょうか。

私は、今シーズンの織田選手のSP『Storm』は、結構好きです。
三味線の音は結構織田選手に合ってると思うのですが、みなさんはどうでしょうか?


高橋選手は、ジャンプの調整がうまくいっていないようですね。
2つのジャンプで着氷にミスがありました。
GPFでの接触事故の影響がまだあるのかもしれません。

昨シーズンは、鉄壁というほどの確率で決まっていた3アクセル
メダル獲得の原動力となっていたように思いますが、どうも今シーズンは安定しないようです。

加えて、コンビネーションジャンプのセカンドの3トーループが要注意です。
昨シーズンから着氷で回りすぎるなぁということが何度もあったので心配していたのですが
今シーズンも修正できていません。

スピンのレベルのとりこぼしにも注意が必要です。


小塚選手は今シーズン、フリープログラムの後半にも3+3を入れてきているので
PCS(演技構成点)で常に優位な高橋選手といえども、明日のジャンプ次第で、どうなるかわからないですね。

GPFからの高橋選手の不調は、小塚選手にとって精神的につらいかもしれませんが、小塚選手にできることは、高橋選手がベストの状態でもかなわないかもしれないと思わせるほどのいい演技をすることだと思います。


どの選手もフリープログラムでベストの演技ができるようにがんばってほしいです。


さて、ここからちょっと文句を・・・パンチ!

今回の全日本選手権は、男子シングル、女子シングル共に、32人の選手が出場しています。
今回の男子シングルSPの放送は、関東圏では19時からというゴールデンタイムを2時間使っての放送でした。

やっと男子の演技もゴールデンで放送してくれるようになったんだなぁと嬉しかったのですが・・・

今日のフジTVの放送、あれはなんですか?!
最初の1時間は、タレントを使ってのクイズ番組とは!
フィギュアスケートを理解してもらうための情報が必要なら、せいぜい15分で収まるでしょうに。

ツイッター情報では、関東圏以外の地域では、20時からの1時間放送だったとか・・・
タレントを見ているくらいなら、1時間放送の方がよかったです。

あまりにもひどいので、フジTVには、下記のページから苦情のメッセージを送りました。
苦情のメッセージを送るのは初めてです。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/101226figure/index.html#message


フィギュアスケートファンは
今シーズン限りで引退する南里康晴選手や中庭健介選手をはじめ、
町田樹選手や村上大介選手といった若手の選手を一人でも多く観たいんです。


それが、2時間の番組で、たった6人の演技しか流さないなんて・・・

これでは、明日(25日)の19時からの女子フリープログラムも期待できませんね。

さらに、あの上からのカメラはどういう意図ですかね?
スピンやステップ中にぐるぐるカメラが回るし、上下にも揺れて不安定なんて!
観ていて酔ってしまいそうでした。

あくまで勝手な憶測ですが、世界フィギュア対策ですか?
スピン、ステップ、スパイラルではアラが目立ってしまう、ある選手の演技対策のために、視聴者を慣れさせるためなんていうことはないですよね~?



ちなみに男子のフリープログラムの放送は
明日の23:25~24:45です。
深夜の放送ではすでに結果はわかっている上に、フリーは、採点時間も入れると一人当たり7~8分かかるので、また6人くらいしか放送してくれなさそうですね。

ほぼリアルタイムで男子シングルの結果を知りたい方は下記でどうぞ。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/bcast/live/show/132


●たまにツイッターでつぶやいてます。よろしければフォローしてやってください。
colobox
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フィギュアスケートグランプリファイナルが終了しました。
シングルの結果は以下のとおりです。

●男子シングル
1 Patrick CHAN 259.75
2 Nobunari ODA 242.81
3 Takahiko KOZUKA 237.79
4 Daisuke TAKAHASHI 219.77
5 Tomas VERNER 213.64
6 Florent AMODIO 201.90

男子フリーのリザルト→ http://www.isuresults.com/results/gpf1011/SEG002.HTM


●女子シングル
1 Alissa CZISNY 180.75
2 Carolina KOSTNER 178.60
3 Kanako MURAKAMI 178.59
4 Akiko SUZUKI 173.72
5 Miki ANDO 173.15
6 Rachael FLATT 127.57

女子フリーのリザルト→ http://www.isuresults.com/results/gpf1011/SEG004.HTM


あくまで、個人的な感想ですが

優勝したパトリック・チャン選手のPCS(演技・構成点)が高すぎるなぁ・・・
転倒もあり、ステップもいつもよりも良くなかったわりには高橋選手のPCSも高いなぁ・・・
などと、男子もいろいろ疑問に残るところがあるなぁと思っていますが

なによりも前々から、
女子の安藤選手と鈴木選手のPCSが低すぎるなぁと思っています。

まず、安藤美姫選手。、
ここ数年、フリーのPCSが55~58点台で、60点を越えたのは、昨年のGPFとオリンピックのときくらいです。
PCSは過去の実績に左右されることもあるそうですが
(それも変なことですが・・・)
安藤選手は2007年の世界チャンピオンで、昨年のGPFでは2位になった選手です。
腕の動きも一層美しくなって、表現力が増している上に
今日のあのすべてのジャンプもしっかり決めた素晴らしい演技!
どう考えてもPCSが低すぎると思います。

それから、鈴木明子選手
数年のブランクがあったこともあり、昨年のフリーのPCSは52点前後
オリンピック以降少しPCSが上がり、先日のロシア杯では60点を越えたので
やっと認めてもらえるようになったと思って、本当に嬉しかったです。
今日の演技は、3回転ジャンプの予定が2回転になったミスがあったくらいで
その他はロシア杯よりもよかったと思うのですが?
ジャッジの方々は、鈴木選手のリズム感の良さや首の使い方が抜群に素晴らしいところ、深いエッジで踏むステップが見えていないのでしょうか?
鈴木選手のPCSもどう考えても低すぎると思います。

いつも思うのですが
観客は、技術点のことははっきりわからなくても
PCSの良し悪しはちゃんと感じ取っていますよね。



浅田選手の演技を見られなくて、少しさびしい大会でしたが
いい演技ができた選手も多くて、見ごたえのある大会でした。
選手のみなさん、おつかれさまでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
初めてフィギュアスケートをTVで観たのは
渡辺絵美さんの演技でした。(歳がバレる汗

それから、できるだけTVで放送されたフィギュアスケートを観ていますが
今でも印象に残っている演技が
アイスダンスのジェーン・トービル&クリストファー・ディーンの「ボレロ」です。

当時の採点方法で、すべてのジャッジが芸術点で6.0の満点を出した演技です。

最近フィギュアスケートのファンになった方は、ぜひ一度観てみてください!
(私も本当に久しぶりに観ることができました。UP主様、感謝します。)



これが、芸術的に優れた演技というものではないでしょうか?
この演技以降、フィギュアで「ボレロ」を使いにくくなったとまで言われています。
それだけこの「ボレロ」が強い印象を残しているということです。

鼓動のような単調なリズムと曲がずっと続いているのに、演技と曲に惹き込まれていき、
終盤で激しく爆発して終わる。


この感じ、似ていませんか?
先シーズンの浅田真央選手のプログラム「鐘」に・・・。


昨年の記事「浅田選手のプログラムは五輪シーズンにふさわしいのか?」でも書きましたが
フランス杯の「鐘」を観たときは、まさにこの感じだと思いました。

ただ、この芸術性を引き出すには、ノーミスであることが重要でした。
ジャンプでミスをしてしまうと、惹き込まれている感覚が現実に引き戻されてしまうからです。

浅田選手もそのことはわかっていたのではないでしょうか?
先シーズンはいつも以上にノーミスの言葉を口にしていたように思います。

世界選手権でそれが達成できたときは、私も涙があふれて止まりませんでした。

間違いなく最高の演技でした。
おそらくこの「鐘」も、フィギュアでは他の人が使いにくい曲になったと思います。

改めて、もう1つのフィギュアスケート史上最高の演技をどうぞ!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。