早いもので、ヤマト2199は第15話のTV放送も終わりましたね。

発売されているDVDに追いついてしまいました(笑)

そして、本編が少し長いためか、オープニング曲をカット^^:

今週からは新しいオープニング曲になるらしいので、14話がいつもの曲「宇宙戦艦ヤマト」の見おさめ、聴きおさめだったわけですね。。
それを教えておいてほしかったわ~。

TV放送の録画はしてるんですけどね。
でも・・・。

そして、今度のオープニングは、UVERworldというグループの曲らしいです。

「UVERworldが『宇宙戦艦ヤマト2199』オープニング主題歌を歌う!!」
http://yamatocrew.jp/crew/info/130710

すいません、だれ?(笑)

いえ、グループ名は聞いたことがある気がするので、Mステか何かで見ているんだと思うのですが、全く印象がなく^^;
ファンのみなさん、ごめんなさいm(_ _ )m

というか、誰の曲だからというわけではなく、これはイケテマセン。

宇宙戦艦ヤマトは、テーマ曲「宇宙戦艦ヤマト」があってこそだと思いませんか?

旧作がどうとか2199がどうとかではなく、やっぱりこの作品には「宇宙戦艦ヤマト」の曲が必要だと思うんです。

すべてのシリーズでテーマ曲は変えずに「宇宙戦艦ヤマト」にこだわってきたんですよ。

スポンサーは大事でしょう。
曲の版権がどうとかいうツイートを見かけたので、そういうこともあるかもしれません。
まあ諸事情があると思うので、エンディングはいいとしましょう。

しかし「宇宙戦艦ヤマト」が流れないヤマトはヤマトではなくなってしまう~しょぼん


旧作ファンの私も、2199は大好きですよ!
だからこのまま進んでほしかったんです。

あ~あ~。。

オープニングの映像も変わるのかしら?
いや、それはむしろ変えてほしい。
あの映像には「宇宙戦艦ヤマト」しか合わない。


21日はどうなるのかな~?不安・・・

AD

ヤマト音楽団大式典2012

テーマ:
それにしても「ヤマト二次小説」の検索で来られる方がほんとに多い。
ですが、こちらのブログではヤマトの小説は読めません。
ごめんなさいm(_ _)m

妄想はしているものの、小説を書く文章力がないものであせる


でもたまにヤマトネタは上げていこうかと(笑)
今日はまた音楽で、サントラパート2ではなくて大式典を。

この『宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典2012』は、去年の秋に開催されたライブCDなんですよね。



見に行きたかったなぁ。
でも知り合いにはヤマトファンはいないし、かといって一人で行く勇気もなく・・。

CDで我慢することにしました。

でもこのCD、最初PCで聴いた時は、「え??聴こえない?」って感じでびっくりでした。
まあPCのスピーカーなので文句は言えないのかもしれませんが、MCのところでは音量を上げないと何もわからないくらいで^^;
イヤホンで聴くと大丈夫なんですけどね(笑)

(ちなみにPCのプレーヤーはパイオニア製です。)


で、このCDのポイントはやっぱりMC。
宮川彬良さんが語る作曲の裏話がおもしろい。

宮川泰さんはほんと苦労されたんだなぁと。

『美しい大海を渡る』
「『虹のかなたへ』のような曲を作ってほしいと言われてできた曲

とか

『艦隊集結』
「ベン・ハー」の音楽に似てるとか(笑)

どちらにしても、私にはヤマトの曲の方を先に聴いているので、問題ないです(笑)


「ベン・ハー」懐かしい。
一度NHKで放送されたときに、途中だけ観たことがあります。
あまりにも長い映画なので、途中で15分か20分だったか休憩が入るんですよね(笑)


宮川彬良さんもおっしゃってますが
ヤマトの曲の一番の魅力は『宇宙戦艦ヤマト』のテーマ曲にあると思います。

アレンジ次第でここまでいろんなイメージに変わる曲はなかなかないですよ。
『ヤマト渦中へ』もすごく良い曲!

宮川泰さん、宮川彬良さん、ほんとにありがとうございます!


このCDに関して欲を言えば、ささきいさおさんが歌った曲をもっと入れてほしかったなぁ。
アマゾンのレビューを読むと『ヤマトよ永遠に』も歌ったとか。
ライブで聴きたかったなぁ。

先日興味深いニュース出ていたので、ヤマト記事はちょっとお休みです。


【運動と生野菜、ぜんそくに効果 国際医療センター調査】
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG28016_Y3A620C1CR0000/


[記事全文]

 ぜんそくの症状を抑えるには、定期的な運動と生野菜を食べることが効果的だとする調査結果を、国立国際医療研究センター(東京都)のチームが28日まとめた。

 ぜんそくは、薬をうまく使ったりアレルギー物質の吸入を避けたりすることで自覚症状がなくなることもあるが、生活習慣で改善できるかどうかははっきり分かっていなかった。

 同センター呼吸器内科の飯倉元保医師は「ぜんそく患者は、特に健康的な生活を心がけてほしい」としている。

 チームは、大人のぜんそく患者437人を対象に、飲酒、運動、食事などの生活習慣と、症状をどの程度抑えられているか関連を調べた。

 散歩程度の運動を週に1時間以上する人や、片方の手のひら5杯分以上の生野菜を毎週食べている人は、うまく症状をコントロールできていることが分かった。肥満度を表す体格指数(BMI)や、飲酒の習慣は関係なかった。〔共同〕



私ではなく主人がぜんそく持ちなので、主人と結婚してから、ぜんそくの改善に効果のある食べ物を調べてみたことがありました。

ですが、はっきりと「ぜんそくに効果的」と書かれているものはなく、だいたいが、アレルギー体質の改善と併せての表記で「野菜や果物がいい」というような書き方だったと思います。

ですが、私自身がすごく生野菜好きなことと、野菜が体にいいことは間違いないだろうということで、朝食ではパンの他に「果物」、夕食ではメインメニューの他に「山盛りサラダ」を食べるようになりました(笑)
(いつもサラダだと飽きるので、漬物やキュウリの酢の物の場合もあります。)


10年前に「山盛りサラダ」生活を始めたころ、主人のぜんそくの薬は
飲み薬が2種類、発作のための吸入の薬、肌に貼るシールタイプの薬でした。

それが5年前くらいから、飲み薬がなくなり、吸入の薬を使うこともなく、今では、肌に貼るシールタイプの薬だけです。

肌もきれいになったような・・・。

お酒もほどほど呑みますし、ぜんそく持ちなのに煙草まで吸う。←オイオイむかっ

でもぜんそくの発作も起きないし、薬も減ってる。


どう考えても野菜のせいだろうなと思っていたところに、このニュース!!

人それぞれ体質もあるでしょうが、ぜんそく持ちの方には効果はあると思います。

超おすすめです!!

個人的には果物も効果があると思うんですけどね。
便秘にならないですもんにひひ


それにしても、主人の体調がいいのは嬉しいことなのですが、煙草だけは絶対やめてもらいたいんですけどね汗

公開初日にヤマトを観に行くなんて何年ぶりのことか。
完結編以来です(笑)

残念ながらBD-DVDは確保できなかったので、連続2回観賞!
(BDはまたもや密林で予約しましたw)

PVを観た時に予想した部分は一部当たってました。
でもディッツ提督については、いい意味での予想外。
それに関連して、メルダがヤマトに乗っているわけですね。

もうすでにネタバレしている方も多いですが、もったいないので、あやふやな感じで感想を書こうと思います。


まず、想像以上に七色星団の戦いは素晴らしかった!!
沖田艦長とドメル将軍との会話で、泣いてしまいました。
ここ必見ですよ!

やっぱり「宇宙戦艦ヤマト」はいいな、と改めて思ったシーンでした。

航空隊の活躍もイイ!!

加藤隊長の「命を落とすな!敵を落とせ!」

この一言にしびれましたわ!


どうやって雪がさらわれるのかと思っていましたが、なるほど、あの状態のヤマトでは可能ですね。

しかし雪、どんだけ美しいんだい(笑)
ユリーシャに似ているからといっても、ヤマトの艦内服を着ていてさえ高貴な雰囲気も持っているということですか!
そして彼はずいぶんと雪が気に入ってしまったようで。
まあ、そのおかげもあって、雪は無事なわけですが。


そして古代君!
今回すごくいいですね~!活躍してます!

戦術長としての判断と雪を想う男としての判断との狭間で苦悩してますね~。

そしてこちらもモテ過ぎじゃないか?
メルダも古代君がお気に入りか?

古代君ファンとしては文句ないですけどね(笑)


第6章を観てつくづく思うのは「やはり旧作を観るともっと楽しめる」ということ。

瞬間物質輸送機やドリルミサイル、宇宙葬など、ここは入れてほしいと思っているシーンはしっかり入っていて、尚且つ、オリジナルな部分もあり、旧作で無理があると思った部分を解消するための新しいキャラクターもちゃんと活躍させています。

さらに、ガミラスの描写が増えて厚みが出ているという感じですね。
監督がガミラスファンだけあって、ちょっとガミラスの描写が多すぎか?という気もしますが・・。

男性に人気のある彼女もチラッと出ますしね~(笑)


それから印象に残っているのが選曲。
このシーンは前回と変えてこの曲でくるか!
とか
ここで「さらば・・」のこの曲を使うか!
という驚きがあって楽しかったです。


あと、ツイッターで少し流れていましたが、途中で作画がね汗
大画面で観るとわかってしまいますね。

時間がなくてそうなったのか、まさか。わざとなのか?
まあ、コミカルなシーンで多かった気もしますけど。


でもやっぱり良かったです!
このまま8月24日まで待つなんて酷ですわ~しょぼん



第7章までまた2か月しかないので、スタッフのみなさんには、なんとか頑張ってもらいたいです!
すごく良い作品になっているので、最後はもっと盛り上げてもらいたいですね!

隠し玉もあるそうですし。
⇒ 出渕裕総監督「宇宙戦艦ヤマト2199」8月24日上映決定の最終章へ「隠し球がある」 http://newslounge.net/archives/82880


なんだか書き忘れていることもあるような感じですが、とりあえずここまで。
まだ観ていない方は、ぜひ劇場で楽しんでくださいね!ニコニコ

いやはや、PVで2回もブログを書くことになろうとは(笑)
もうリピが止まりませんわ。

ロングバージョンPVはこちらから
 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=-YZwgo5WQVs


今回もいくつかポイントになる部分が入ってましたね~!


まずは気になるこのセリフ!

ユリーシャの「なぜ尋ねないのかな?どうして波動エンジンではなく、コスモリバースを直接持ってきてはくれなかったのだ、と・・・」

長年ファンが思っていたけど、触れないようにしていた部分。
ここに焦点を当てますか!
(旧作の場合は「コスモクリーナーD」ですが。)

ほんと、細部まで切り込んでいきますね~。
もはやリメイクを超えているというか(笑)


2199では、イスカンダルの使命は「あまねく星々の知的生命体の救済」ということなので、救済するなら、コスモリバースシステムの設計図を持ってきてくれればいいのに、と思いますよね。

あえて試練を与えて、救済するにたる人間かどうかを見極める、あるいは、人として大事なことを学ばせる。

というところでしょうか。



次に気になるセリフは

デスラー総統の「この星にしがみついて何になる」

この星というのは、ガミラス星のことですよね。
数話前にタランが「総統は遷都を考えているらしい」と言っていたので、どこかに移住するつもりで言ったことなのか?
それとも旧作のように、ガミラス星が死んでしまってから言った言葉なのか?

気になりますね~。



映像的にも面白いものがいろいろありました。


まず、前回の記事で書いた女性の新キャラは、ガミラス人でしたね。
某ブログで書かれていたのを読んで確かめてみましたが、首のところに翻訳機をつけていました。

ということは、ガミラス人がヤマトに侵入して雪がさらわれるのは、間違いなさそうです。
ユキーーしょぼん

イスカンダル人のドレスを着ているのは、雪なのかユリーシャなのか・・ですが、髪型が向かって左分けの場合は雪で全体的に白っぽいドレス、向かって右分けの場合はユリーシャで少しラベンダー色が入ったドレスのようですね。
ややこしい(笑)

となると、PVの途中でパフェを食べようとしているのは、玲とメルダとユリーシャということですね。
(このパフェ、食べたくなった(笑))

というか、メルダはいつヤマトに乗るんだろう?
また疑問が増えてしまいました(笑)

また、PV1:44あたりでちらっと映るデスラーの隣にいるのは、雪ですね。
「何を始めるおつもりです?」というセリフも雪の声に聞こえます。

うーん、ここでデスラーと雪を会わせるとは・・。
「さらば・・」や「ヤマト2」のことを考えると感慨深いものがあります。
監督も粋なことをしますね。


そして、古代君ファンとしては、PV1:19あたりの、拳で後ろの壁を叩く古代君!
そうそう!私はこういう古代君を観たいんです!
楽しみだわ~ドキドキ


もう待てない~。
やっぱり初日に行くしかないか(笑)