2009-10-11 21:33:53

シモーネ・ケルメスの溶岩アリア集

テーマ:音楽(クラシック一般)
CD買いをしばらく自重してましたがそろそろ潮時。
というのも、このところ「気になるCD」リストがどんどん長くなる一方なんだもの。
たとえばバロック・ソロものではコジェナのヴィヴァルディ・アリア集、バルトリジャルスキーの最新盤とか。

ミュンヘン・ カフカ通り徒然日記 彼女のオルランド・フリオーゾにも魅かれるが・・

ミュンヘン・ カフカ通り徒然日記 この奇妙なアンドロギュン・チェチリアも気になるが・・・

ミュンヘン・ カフカ通り徒然日記 彼は11月13日リリースだから取り合えず問題外(ほっ)

このお三方この秋立て続けにミュンヘンで歌うんですよねっ
おっと、チェチリア姐は来る水曜日だわ。
コジェナとフィリップ君は11月。
でもチケットが安くなくて・・とグズグズしてるうちに、ほんとに高い席しか残ってない。
同じお金を出すならオペラに行きたいと思ってしまったのも原因ですが。
しかし後ろ髪引かれる。誰かスポンサーになってくれぃぃぃ。

ま、それはそれ。

昨日はコジェナやバルトリのも手にとって思案思案時計
それで思い切ってこれにしよっ!と買ったのは・・
ドイツはライプツィッヒ出身のソプラノシモーネ・ケルメスラヴァ(Lava)

$ミュンヘン・ カフカ通り徒然日記  赤毛は地毛かどうか不明ですけど・・・

バロック・アリア集が氾濫してる昨今、それぞれ取り上げるテーマで個性を出してますが
この夏に出た彼女のCDは、バロックとその後のオペラの橋渡し的役目を果たした
ナポリ派作曲家たちの作品集だ。
ラヴァ=火山溶岩というタイトルはヴェスヴィオ山近いナポリで生まれた
感情(愛・憎しみ・悲嘆)が溶岩の如くほとばしるオペラへのオマージュ。

シモーネ・ケルメスってドイツを中心に歌ってるようですが、実は私はまだ生で聴いたことない。
バロック界のクレイジー・クイーンとか呼ばれてるという彼女。
シュピーゲル誌のインタビューでもとても個性的でパワフル。
綺麗に歌うことより、髪の毛が逆立つくらいの本物の感情表現が一番肝心だと(ツバを飛ばして?)おっしゃってます。

なるほど~Youtubeにも魔女っぽい感じで叫び迫力のソプラノがアップされてますね

気性の激しいそうなオバサン(年齢不詳)はドレスのデザインも自分でするとか。


そして、こちらが当CDの中の一曲。よいじゃあありませんか。


収録されてるアリアは後世まで生き残れなかったオペラ作品のものだけど
ヘンデルよりもヴィヴァルディに近い、時にモーツァルトさらにはベルカントにも通ずる
美しい調べに満ちた聴き応えありの一枚です。満足グッド!

sarahoctavianさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。