いま私たちにできること

テーマ:
今回で、大規模な地震を経験したのは2回目になりました


はじめは阪神大震災の時の西宮で。

そして今回は東京で。


ただ今回は、全く被災地ではないです


交通機関の影響と計画停電の影響くらい。


何の不自由のない生活です。


これくらいで、まわりが騒ぎたっているのが、なんとも悲しいかぎりです。




もっと考えないといけないことがあるんじゃないですか?

もっとしなければいけない事があるんじゃないですか?

本当の被災地の人達のために。



東京でのものの買い占め、ガソリンの買い占め。

共に被災地への物資の略奪と同じです。


東京がパニックにならなければ、何人の人が助かるのでしょうか。


東京の人達、ひとりひとりが少しずつ被災地のことを考え、少しずつ行動を起こせば、何人の人が助かるのでしょうか。



東京は大規模な都市です

少しずつでいいんです

それぞれができることでいいんです



今日、妻がきれいな花を買ってきてくれました。

被災地にも、少しでもきれいな花があれば、被災者の人も、少しは心が安らぐのではないでしょうか。



被災者の人達のことを思って、私も、今私にできること、していきたいと思います。


ハチドリのひとしずく
のように。
仕事忙しく全然更新していませんが、
年の初めくらいは更新しないとですね。


今年の目標は、さらに仕事を効率化して
家族との時間を増やしたいです。


昨年2月に2人目も無事産まれて、
賑やかなお正月を過ごしましたニコニコ


車もミニバンにしますアップ


子供の時にしか見られない景色を。
いろいろな経験を。
たくさんの楽しみを。


そのために、家族との時間を作りたいと思いますビックリマーク

八田進二・木村剛のこれが「内部統制」だ!/八田 進二
¥1,890
Amazon.co.jp


内部統制って結構誤解されていますよね。

いろいろとお金が掛かるものだと。


もう大分、内部統制の仕事から離れてはいますが、

内部統制のコンサルティングをやっていた頃から、

まず読むべきは八田先生の本だと思っていました。



金融庁から、誤解を解くための文書も出ており。

http://www.fsa.go.jp/news/19/syouken/20080311-1.html



そして、わかりやすいのはこの本。

八田先生と木村剛氏が、対談形式で内部統制の本当の意義を語ってくれています。



内部統制って大変じゃないの?

って思われている方。


「そんなに大変ではないですよ」 とも言えませんが、

皆さんの思っている大変さとは方向が違うような気がします。



お金が掛かる、労力がかかる。

のではなく。


ちゃんと考えてくださいよ。

ってこと。



どこかに文書化を丸投げされている方。

それで、これからの変化の激しいビジネスでリスクを把握できますか?



ちゃんとリスクの視点をもって、

それを改善していく気持ち、体制、サイクル。

それこそ内部統制だと思います。



文書化ができたから。

自動化ができたから。

ツールを入れたから。

お金をかけたから。



それで、内部統制対応ができたと思われている方は、

その時点でNGです。



法律ができたからやるのではなく、


自社のため。

株主のため。


何も言われなくとも、

きちんと内部統制の意義を考えて、

取り組んでいっていただきたいと思います。




これだけは知っておきたい内部統制の考え方と実務/八田 進二
¥1,785
Amazon.co.jp

これだけは知っておきたい内部統制の考え方と実務 (評価・監査編)/八田 進二
¥1,785
Amazon.co.jp

10年間の我が家

テーマ:

先日は我が家の結婚記念日。


10年間。

無事過ごしてきました。



記念に、結婚式をあげたレストランへランチに。


10年ぶりです。



これまで、なぜ行かなかったんでしょうね。

とてもおいしいレストランなのに。



そこには、昔と何も変わらないレストランが待っていてくれました。



そしてそして。



なんと、当時担当して下さった方が出迎えてくれました。



懐かしいですね。



料理も当時と同じく、とてもおいしい料理。

やっぱりいいですね。



いろいろあったようで、何もなかったような10年間。


早かったようで、長かったような10年間。




そしてこれからも。


ありがとう。


そして。


よろしくお願いします。



フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方/スティーブン・C. ランディン
¥1,260
Amazon.co.jp


昔、妻が妹さんに借りていた本を、たまたま見つけて読みました。

一時期有名になりましたよね。

この本。



で、読んでみると。


読んでよかったです。



心に残ったのは


『態度を選ぶ』

『どんな風に仕事をするかは自分で選べる』


という言葉でした。


世界中の人で、好きな仕事を好きなようにやれている人はほんの一握りだと思います。

そのほかの人は、それぞれがそれぞれの悩みを抱えながら、仕事をしている。


その仕事をしている時間は、その人の人生の多くを占める。

だったら、不快な気分で仕事すより、楽しみながら仕事をしよう!

ということが書かれてました。



まさにその通りだと思います。

仕事をしていると、人間関係でいろいろ複雑な悩み、怒り、悲しみがあると思いますが、

それを受け入れた上で、自分がどう仕事をしていくか。

自分がどう仕事をする自分をコントロールできるか。

だと思います。



仕事の悩みで、毎日が面白くないと感じている方。

是非、『フィッシュ』を読んでみてはいかがでしょう。



なんか、続編とかも出てるんですね。




フィッシュ! 実践篇 ― ぴちぴちオフィスの成功例一挙公開/スティーヴン・C. ランディン
¥1,575
Amazon.co.jp



フィッシュ!おかわり―オフィスをもっとぴちぴちにする3つの秘訣/スティーブン・C・ランディン
¥1,365
Amazon.co.jp