冬の日には。

テーマ:

芽 先日、下記のCDを購入致しました。

NagaraMusic Winter

キリンジ&ナチュラルファンデーション・プレゼンツによる洋楽コンピレーション!
第1弾は、キリンジ/堀込高樹がジャンルを超えて冬にオススメなナンバーをセレクト。


わかり易い購入動機でごめんなさい。

でも、Lampを聞いています。

冬もいいんですよ。これが。えぇ。

AD

Diesen KuB der ganzen Welt!

テーマ:

0918 オケの生演奏を聞いたのは何年振りでしょうか。と言っても、母校の管弦しか聞いた事がないのですが、とにかくサントリーホールなんていう格式高い場所でベートーベンなんかを聞いてしまいました。
行く前は絶対寝ると思ってたのに、眠気を感じないどころかギンギンで聞き入ってしまった。隣で誰かさんは頭コックリコックリ寝ていましたが…!
それにしても、弦の音というのはどこからやってくるのか、フワーッと音に包まれます。管に慣れているせいか、特に聞き始めに物足りなさを感じるのも確かなんだけど、耳が慣れると心地良い。

うん。

AD

半音が振り回す。

テーマ:

0826 「オオヤ君、なんで。ユズルさん、どうして。」
そう思いながら過ごした何週間かは無駄ではなく、むしろ昨日が来るのを待っていたかのような時間でした。
いつものように6時半に起きて準備をして家を出て、電車のホームに着いた時、雨のせいで蒸して重くなった空気とか朝のひんやりとした涼しさとか雨の音とか、まさに「これだ!」と思ったのです。それで納得できました。
先週やっとPolarisの『union』を買い、「月の恋人(Album Version)」を聞いて愕然としました。イントロのフレーズのファ(私にとってのファであって、ファではない)に♯がついていたのです。そして3連譜ともフ点とも思えるリズムも、16分音符になっていました。
どっちが良いとか良くないとか、そういう事ではなくて、慣れもあるし、私の好みを言えば、そりゃナチュラルに16分音符が好きだけど、だからそういう事ではなくて、ただあそこで半音上げたら、なんとなく途中で転調するんじゃないかとか変なコード使ってくるんじゃないかとか、ひねくれた期待を持ってしまうわけで、それもあるし、やっぱり効果的な臨時記号には思えないわけ。しかも曲途中で#とれてるしさ、突き通すものだと思うじゃん?そのままさ。だから、そういう事とか色々あって、トータルで若干残念がっていたのです。「月の恋人」を聞く度に、その副旋律を聞く度に、「あぁ、上げた。」「あぁ、上げた。」と嘆いてばかりだったのです。

が!

昨日の朝、朝のホームでちょうどウォークマンが「月の恋人」を再生した瞬間に納得した。妙に納得した。空気も光の明るさも湿気も、その全部をその#と16分音符が表していたというか、あ、逆か、この#を付けてリズムを弾ませなくしたのは、こういう日のためなのか、いや、違う、この曲は今日のような日に聞くべきなのか、いや、違う、いや違わないか、いや、とにかく、「いいじゃないか#君。」という心持ちにさせられたのですよ。
半音でこんなに違うのね。だから、この、いや、その、いや、なんでもだけどさ、どうしようもなく好きな曲が1曲でもあったら、それって結構奇跡的なものよね。

AD

A Small Trip

テーマ:
0701 なんと素晴らしい記事タイトルなんだろう。先週の土曜日の私はまさにこんな感じだった。
とにかく蒸し暑い夕方、街へ繰り出した。新宿で途中下車。時間が余り恵比寿。そして目的の渋谷。
久し振りに酒を飲んで酔った。例のごとく落ちたところに、良い音楽が聞こえてきた。うずくまりたかったけど耐えた。ライブハウスは大麻臭かった。大麻の臭いなんて知らないけど、公園通りから明治通りに抜ける歩道橋付近の臭い、あれが大麻の臭いなんだと誰かに聞いた。アジア系のお香なんだろうけど、とりあえず、あの歩道橋の臭いがした。
とにかく、気持ち良いのか悪いのか、落ち込んでいたのかハイだったのか、幸せなのか不幸せなのか、とにかく混乱した。
A Small Trip。
週が明けても混乱は続く。月末の忙しさにやっと混乱も薄まってきた昨日今日だけど、書きたい事が言葉にならないのは、やっぱりまだ混乱しているから。
菅井協太。今までの私にはあまりみられなかった嗜好なのは判っているけど、ライブハウスの入口で平積みされたアルバムをつい買って帰ってきた。アルバムは日本語ばかりで、それはそれで私向きではあるけど、悪く言えば期待外れではあった。生で聞いたあの曲が聞きたい、そう思ったら、すぐにたどり着いた。便利過ぎる世の中も時には味気ない。
菅井協太はともかく、メインはLamp。サポートメンバーが上手いせいか、前に聞いた時よりも普通だった。おかげで特別な感情を抱くようになった。特別なっていうのは、とても好きだとか素晴らしいとか、そういう事ではなく、もっと複雑な感情。
切なくも、暖かくも、ノスタルジーも、都会的な感じも、田園の風景も、どれも感じるようで、それもぴったりとはいかないような、何か匂うのよ。

!!!!!

テーマ:

ちょ、ちょっと!

こ、これぇ!

ね、ねぇぇぇええ!

これぇぇえええ!!!

時間限定です!

急いでぇぇえ!


今日発売だったのです。もちろん買いました。

素晴らしいと、どれだけ素晴らしいかとか、どこがいいとか、そんな事を語るほどじっくり聞けていません。

随分と先になるかもしれません。

でも、でも、でも!

とりあえず、見チャイナヨ。


そ、それから、コレ ね。

結構欲しいです。だって、メンバーが素晴らしい。香織さんも素敵だけどさ。

おおはた雄一。The Miceteeth。川上つよし。

なんてこったい!