『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル』著者。24歳。一般社団法人Colabo代表。
高校時代は月25日を渋谷で過ごし、ホームレス的生活。中退後、農業・国際活動を経て大学へ。

現在は、居場所や社会的なつながりを失った10代の少女たちに目を向け活動中。

高校中退者数:年間約5万5千人
不登校者数:(中学)年間約9万5千人(高校)年間約5万6千人
10代の自殺者数:587人
10代の人口中絶件数:1日57件
子どもの貧困 7人に1人、虐待、ネグレクト、いじめ、家族関係、友人関係、性被害・・・・・

さまざまな状況が重なって、
居場所や社会的なつながりを持たない「難民高校生」が生まれています。

性搾取や違法労働の現場には、「衣食住」と「関係性」を失った少女が多くいます。
自立の機会や手段を持っていない高校生世代の彼女たちの多くが「貧困」から抜け出せなくなっています。

私たちは声を上げることのできない女の子たちの声を聞き、彼女たちの自立を後押ししています。


『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル』(英治出版)全国の書店で発売中です!Amazon書籍紹介ページはこちら!http://amzn.to/168j0PY

取材・講演のご依頼はこちら→ http://www.colabo-official.net/

----------------------------------------------------
-「難民高校生」の問題を発信し、少女たちの自立支援を-
----------------------------------------------------
 一般社団法人Colabo / Colabo女子高等学院
 HP: http://www.colabo-official.net/
 Twitter: @colabo_official / @colabo_yumeno
 Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
 ★Facebookページでも、活動について掲載しています。
  ぜひ「いいね!」をお願いします。
----------------------------------------------
 ★『「難民高校生」を贈ろうプロジェクト』支援者募集中!
   1口2000円で、1人の高校生に『難民高校生』を届けられます!
 → 詳細はこちら http://ameblo.jp/colabo-yumeno/entry-11680215612.html
----------------------------------------------
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年04月19日(土)

子宮頸がん検診が1000円で!@アースデイ東京2014

テーマ:日常

そういえば今日、アースデイで子宮頸がんの検診を千円でやっていました!すごい!!!


私は最近検査済なのでしなかったけど、明日行く人はぜひチェックを!!みんなにしてほしい!!!


アースデイ東京2014

4月19~20日10時~17時

代々木公園LOVE49 ブース


検診費用:1000円(HPV+細胞診併用)、500円(細胞診)


NPO法人子宮頸がんを考える市民の会

移動レディースクリニック(検診バス)

http://love49.org/blog/?p=863

---

若い女性が集まる場所に出て行き、検診受診をトレーニングを受けた弊会の女性スタッフが

子宮頸がん予防についての説明をし、希望者に検診バス(同友会協力)で女性婦人科医による最新の子宮頸がん検診を実施します。

わざわざ時間を作って婦人科へ足を運ぶだけでなく、この様なイベント会場で手軽に短時間で
「子宮の健康についてチェックできる」という検診の形も提案していきます。

---


今日、会場にいらした「よつばの会」代表の原千晶さんに「難民高校生」をお渡ししました^ ^!


女性特有のがんに関する活動をしている「よつばの会」→ http://www.yotsuba-kai.com


検診バスの近く「からだこころエリア」のLoving Marketというコーナーで、「特定非営利活動法人 人身取引被害者サポートセンター ライトハウス」のみなさんが「難民高校生」を販売してくださっています♪


※アースデイとは→ http://www.earthday-tokyo.org/


人身取引被害者サポートセンターライトハウスについてはこちら→http://lhj.jp/


みなさんぜひ、お出かけくださいー!

---
2014年4月1日「大竹まことのゴールデンラジオ」に出演しました。
こちらからYouTube放送をお聴きになれます。女子高生を取り巻く問題について 13分ほどで語っています。ぜひ、お聴きください!
■ミニ講演映像がこちらからご覧になれます。
----------------------------------------------
『”難民高校生”を贈ろうプロジェクト』支援者募集中!
※1口2000円で、1人の高校生に『難民高校生』を届けられます!
 → 詳細はこちら
----------------------------------------------
-「難民高校生」の問題を発信し、少女たちの自立支援を-
----------------------------------------------
 一般社団法人Colabo
 HP: http://www.colabo-official.net/
 Twitter:@colabo_yumeno 
 Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
   ★Facebookページでも、活動について掲載しています。ぜひ「いいね!」をお願いします。
-----------------------------------------------
◼︎『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(英治出版)
 ★Amazonページhttp://amzn.to/168j0PY
   ★ 英治出版オンラインストア(送料無料)  http://eijipress.ocnk.net/product/389



PR
2014年04月19日(土)

アースデイで、難民高校生!

テーマ:日常

一昨日・昨日と福岡に行ってきました!

その報告はまたにして、

今日は代々木公園で行われているアースデイ東京に行ってきました!

※アースデイとは→ http://www.earthday-tokyo.org/


会場内の女性をテーマにしたエリアで「特定非営利活動法人 人身取引被害者サポートセンター ライトハウス」のみなさんが「難民高校生」を販売してくださっています♪

{7FAA8408-9414-416E-B5A5-ECFD1C56340B:01}

(ライトハウスのみなさんと♪)

日本の人身取引について、みなさんは考えたことがありますか?

アースデイは今日・明日開催されています!こちらのブースは、からだこころエリアのLoving Marketというコーナーです。女性保護施設の入居者の方が作ったかわいいポーチも販売していますよ!


人身取引被害者サポートセンターライトハウスについてはこちら→http://lhj.jp/


【講演情報】来月5/24には、ライトハウスの代表藤原さん・評論家の荻上チキさんと共にイベントに登壇します!

今を生きる女性たちのリアル-貧困と希望の距離」

詳細は→ http://sfml.jp/?c=340779&o=0031000000XXpuYAAT&v=bcac45a4

アースデイ、女性エリアは可愛いものたくさんだし、農家のブースで有機栽培の玄米や野菜を買ったり、愛犬用に美味しくて安全なドッグフード(犬用だけど試食して感動)を見つけたり、大地を守る会の藤田会長にも再会できたり、楽しかった^ ^


みなさんもぜひー!


■2014年4月1日「大竹まことのゴールデンラジオ」に出演しました。

こちらからYouTube放送をお聴きになれます。女子高生を取り巻く問題について 13分ほどで語っています。ぜひ、お聴きください!
■ミニ講演映像がこちらからご覧になれます。
----------------------------------------------
『”難民高校生”を贈ろうプロジェクト』支援者募集中!
※1口2000円で、1人の高校生に『難民高校生』を届けられます!
 → 詳細はこちら

----------------------------------------------
-「難民高校生」の問題を発信し、少女たちの自立支援を-
----------------------------------------------
 一般社団法人Colabo
 HP: http://www.colabo-official.net/
 Twitter:@colabo_yumeno 
 Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
   ★Facebookページでも、活動について掲載しています。ぜひ「いいね!」をお願いします。
-----------------------------------------------
◼︎『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(英治出版)
 ★Amazonページhttp://amzn.to/168j0PY
   ★ 英治出版オンラインストア(送料無料)  http://eijipress.ocnk.net/product/389

2014年04月15日(火)

【メディア掲載】読売新聞2014.4.10「女性たち 性被害の危険 受け入れ先に限界 風俗業へ」

テーマ:メディア掲載

本日、読売新聞の夕刊にコメントが掲載されました。


【メディア掲載】読売新聞2014.04.10夕刊

女性たち 性被害の危険 受け入れ先に限界 風俗業へ」


<一部転載>

自分も高校時代に都心を漂流し、「難民高校生」の著書もある仁藤夢乃さん(24)は、近年は取り締まりが厳しくなり「家出少女が街角から消えた」と言う。「今は泊まらせてくれる男性がネットで簡単に見つかるが、危険は増している。少女らが風俗業に流れるのは、住居や生活支援も提供してくれるから。まっとうな支援がないからだ」

{DAC29C4C-57AD-4D01-BE83-EEDD8BA51B34:01}

女性を取り巻く現状や危険、困難な状況を多くの人に考えていただきたいです。


声を挙げることができない少女たちの声を届け、自立に繋げるためにも日々の活動に励み、講演会などでの発信にも力を入れて現状や必要なことをお伝えします。



※Colaboでは、講演のご依頼をお受けしています!※
代表の仁藤や、副代表の稲葉(キャリアカウンセラー)が講演・ワークショップを行います。 
「学校での学習に困難を抱える高校生」「被災地の高校生」
「性的搾取の対象になりやすい少女」「若年女性の貧困」など・・・
 「居場所や社会的つながりを持たない高校生」を取り巻くさまざまな問題や事業について、経験者や支援者、キャリアカウンセラーとしての視点からお話します。 

高校中退者数:年間約5万5千人
不登校者数:(中学)年間約9万5千人
        (高校)年間約5万6千人
10代の自殺者数:587人
10代の人口中絶件数:1日57件
子どもの貧困 6人に1人、
虐待、ネグレクト、いじめ、家族関係、友人関係、性被害・・・・・・・・・・・・
 
さまざまな状況が重なって、
居場所や社会的なつながりを持たない「難民高校生」が生まれています。
 
「最近の若者はわからない・・・」
「子どもたちを守るにはどう関わればいいの?」
困難を抱えた子どもの現状、若年女性の貧困、居場所づくりについて
一緒に考えてみませんか?

私たちは、みなさんに直接お伝えできる講演の機会を大切にしています。
講演会、高校や大学での出張授業、 イベントや勉強会などにぜひお呼びください。
お問い合わせはこちらから。よろしくお願いいたします。


■2014年4月1日「大竹まことのゴールデンラジオ」に出演しました。

こちらからYouTubeで放送をお聴きになれます。女子高生を取り巻く問題について 13分ほどで語っています。ぜひ、お聴きください!

■ミニ講演映像がこちらからご覧になれます。

※このブログの「女の子と♩」というテーマの記事で、女の子たちとの関わりを綴っています。ぜひご覧ください!


※Colaboでは、活動資金や少女たちの生活支援に必要なお米、物資の寄付、
本「難民高校生」を困難を抱えた高校生に届ける活動を支援してくださる方を随時募集しています。

寄付やご支援のお申込み・お問い合わせ、講演や取材のご依頼はホームページの問い合わせフォームからお願いいたします。


◼︎以下の記事でも風俗業につながる少女たちの現状について触れています。
(タイトルをクリックすると記事に飛べます。)

お散歩の女の子からの嬉しい報告

----------------------------------------------
『”難民高校生”を贈ろうプロジェクト』支援者募集中!
※1口2000円で、1人の高校生に『難民高校生』を届けられます!
 → 詳細はこちら
----------------------------------------------
-「難民高校生」の問題を発信し、少女たちの自立支援を-
----------------------------------------------
 一般社団法人Colabo
 HP: http://www.colabo-official.net/
 Twitter:@colabo_yumeno 
 Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
   ★Facebookページでも、活動について掲載しています。ぜひ「いいね!」をお願いします。
-----------------------------------------------
◼︎『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(英治出版)
 ★Amazonページhttp://amzn.to/168j0PY
   ★ 英治出版オンラインストア(送料無料)  http://eijipress.ocnk.net/product/389
2014年04月10日(木)

今日は三部制高校で、講演+ワークショップ!

テーマ:講演活動
今日は朝から神奈川の高校に向かっています。
入学したての高校1年生に進路ガイダンスとして講演+ワークショップを行います。

数年前から御縁のある、高校生の進路ガイダンスなどをやっている会社とのコラボ企画。
3部制の高校なので、9時~12時、13時半~16時半、17時半~20時半と
各3時間×3回、拘束時間12時間の長丁場・・・。
私がアイディアを出し、キャリアカウンセラーの稲葉がワークショップをつくり、私の講演+ワークで3時間です。

社長さんがとても熱い素敵な方で、
「新たな試みに力を貸してほしい!」と声をかけていただいたので喜んでお受けしたけど、普段高校で行う講演は1.5時間+その後の生徒とのコミュニケーションだけでも結構体力使うのに、ひゃ~!!

少でも生徒たちに「きっかけ」を届けられるよう、頑張ってきます!
たくさんの生徒たちに会えるの、楽しみ。

震災後、被災地宮城県女川高校の生徒たちと開発した
支援金付のお菓子「たまげ大福だっちゃ」を
社長が用意してくださり、生徒全員に講演の中で渡せる予定!

どんな雰囲気かな。どんな生徒たちかな。
良い時間にできるよう、生徒たちに「きっかけ」を届けられるよう頑張ってきます!


※Colaboでは、講演のご依頼をお受けしています!※
代表の仁藤や、副代表の稲葉(キャリアカウンセラー)が講演・ワークショップを行います。 
「学校での学習に困難を抱える高校生」
「被災地の高校生」
「性的搾取の対象になりやすい少女」「若年女性の貧困」など・・・
 「居場所や社会的つながりを持たない高校生」を取り巻くさまざまな問題や事業について、経験者や支援者、キャリアカウンセラーとしての視点からお話します。 

高校中退者数:年間約5万5千人
不登校者数:(中学)年間約9万5千人
        (高校)年間約5万6千人
10代の自殺者数:587人
10代の人口中絶件数:1日57件
子どもの貧困 6人に1人、
虐待、ネグレクト、いじめ、家族関係、友人関係、性被害・・・・・・・・・・・・
 
さまざまな状況が重なって、
居場所や社会的なつながりを持たない「難民高校生」が生まれています。
 
「最近の若者はわからない・・・」
「子どもたちを守るにはどう関わればいいの?」
困難を抱えた子どもの現状、若年女性の貧困、居場所づくりについて
一緒に考えてみませんか?


私たちは、みなさんに直接お伝えできる講演の機会を大切にしています。
講演会、高校や大学での出張授業、 イベントや勉強会などにぜひお呼びください。
お問い合わせはこちらから。よろしくお願いいたします。
■2014年4月1日「大竹まことのゴールデンラジオ」に出演しました。
こちらからYouTube放送をお聴きになれます。女子高生を取り巻く問題について 13分ほどで語っています。ぜひ、お聴きください!
■ミニ講演映像がこちらからご覧になれます。
----------------------------------------------
『”難民高校生”を贈ろうプロジェクト』支援者募集中!
※1口2000円で、1人の高校生に『難民高校生』を届けられます!
 → 詳細はこちら

----------------------------------------------
-「難民高校生」の問題を発信し、少女たちの自立支援を-
----------------------------------------------
 一般社団法人Colabo
 HP: http://www.colabo-official.net/
 Twitter:@colabo_yumeno 
 Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
   ★Facebookページでも、活動について掲載しています。ぜひ「いいね!」をお願いします。
-----------------------------------------------
◼︎『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(英治出版)
 ★Amazonページhttp://amzn.to/168j0PY
   ★ 英治出版オンラインストア(送料無料)  http://eijipress.ocnk.net/product/389
2014年04月09日(水)

4~9月の【講演情報】困難を抱えた子どもの現状、若年女性の貧困、一緒に考えてみませんか?

テーマ:講演活動
現在決まっている講演情報をお知らせします。
イベントに関するご質問は主催者にお問い合わせください。

■4月10日 横浜市の高校にて講演(非公開)
(3部制高校で、新入生を対象に朝から夜までの長期戦!頑張ります。)

■4月
27日13:00~15:00 「困難を抱えた子ども達の現状と対応」
  場所:足立区子ども支援センターげんき
  (主催:”がきんちょ”ファミリー・足立区発信/こども“ど真ん中”プロジェクト)
足立区子ども支援センター講演会”がきんちょ”ファミリー講演会
■4月30日 上智大学福祉学科ゼミ「当事者が創る支援の形」(非公開)

5月17日13:30~
希望と居場所を失う子どもに向き合い 自立を応援する若者に学ぼう」
  場所:八王子労政会館
 (主催:子供の権利条約を進める八王子の会
  後援:八王子子育て・教育問題連絡会 “手をつなごう”ネットワーク)
子供の権利条約を進める八王子の会講演会
■5月24日1:30~16:30
 「いまを生きる女性たちのリアルー貧困と希望の距離-
 場所:東京都ウイメンズセンター ホール
 ※詳細はこちら→ 
http://shienkyo.sakura.ne.jp/
  -この社会は’健康で文化的な最低限の生活’を保障できているか?
  とくに若い女性たちをさいなみ、希望を奪っている現代の「貧困」。
  その実態をあきらかにして、生きるに値する社会をつくっていく道を探る-

  パネリスト:
  仁藤夢乃さん(一般社会法人Colabo代表 「難民高校生」著者)
  荻上チキさん(評論家、編集者。テクスト論、メディア論)
  藤原志帆子さん(人身取引被害者サポートセンター「ライトハウス」代表)
  コーデイネーター:角田由紀子(NPO法人女性の安全と健康のための支援教育センター代表理事)

  (主催:NPO法人女性の安全と健康のための支援教育センター)

■6月113:00~16:00「第2回ストプロ★シンポジウム」
 場所:福岡男女共同参画推進センターアミカス ホール
 (主催:一般社団法人ストリートプロジェクト)

■6月6日 明治学院大学国際学部授業(非公開)

■9月15日10:00~12:00「ファミリーバイオレンス会議」
 場所:法政大学外濠校舎

{1F3F2535-55E2-4C7F-9415-540787532E20:01}
色々な地域で、さまざまな取り組みをされている方々にお呼びいただき感謝しています。
各講演会で、みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。
ぜひ、お越しください!

※Colaboでは、講演のご依頼をお受けしています!※
代表の仁藤や、副代表の稲葉(キャリアカウンセラー)が講演・ワークショップを行います。 
「学校での学習に困難を抱える高校生」
「被災地の高校生」
「性的搾取の対象になりやすい少女」「若年女性の貧困」など・・・
 「居場所や社会的つながりを持たない高校生」を取り巻くさまざまな問題や事業について、経験者や支援者、キャリアカウンセラーとしての視点からお話します。 

高校中退者数:年間約5万5千人
不登校者数:(中学)年間約9万5千人
        (高校)年間約5万6千人
10代の自殺者数:587人
10代の人口中絶件数:1日57件
子どもの貧困 6人に1人、
虐待、ネグレクト、いじめ、家族関係、友人関係、性被害・・・・・・・・・・・・
 
さまざまな状況が重なって、
居場所や社会的なつながりを持たない「難民高校生」が生まれています。
 
「最近の若者はわからない・・・」
「子どもたちを守るにはどう関わればいいの?」
困難を抱えた子どもの現状、若年女性の貧困、居場所づくりについて
一緒に考えてみませんか?


私たちは、みなさんに直接お伝えできる講演の機会を大切にしています。
講演会、高校や大学での出張授業、 イベントや勉強会などにぜひお呼びください。
お問い合わせはこちらから。よろしくお願いいたします。
■2014年4月1日「大竹まことのゴールデンラジオ」に出演しました。
こちらからYouTube放送をお聴きになれます。女子高生を取り巻く問題について 13分ほどで語っています。ぜひ、お聴きください!
■ミニ講演映像がこちらからご覧になれます。
----------------------------------------------
『”難民高校生”を贈ろうプロジェクト』支援者募集中!
※1口2000円で、1人の高校生に『難民高校生』を届けられます!
 → 詳細はこちら

----------------------------------------------
-「難民高校生」の問題を発信し、少女たちの自立支援を-
----------------------------------------------
 一般社団法人Colabo
 HP: http://www.colabo-official.net/
 Twitter:@colabo_yumeno 
 Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
   ★Facebookページでも、活動について掲載しています。ぜひ「いいね!」をお願いします。
-----------------------------------------------
◼︎『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(英治出版)
 ★Amazonページhttp://amzn.to/168j0PY
   ★ 英治出版オンラインストア(送料無料)  http://eijipress.ocnk.net/product/389
2014年04月08日(火)

【ニュース】「JKお散歩」裏オプション、女子高生にわいせつ行為 35歳医師を逮捕

テーマ:ニュース

お散歩の女子高生ほぼ全員から「お医者さんが客で来た」とか「よく来る」という話を聞きます。

もちろん職種に関係なく、いろんな人が集まってきているけれど。。



【「JKお散歩」裏オプション、女子高生にわいせつ行為 35歳医師を逮捕】産経新聞 3月26日

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8669436/


 神奈川県警南署は25日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)容疑で、相模原市南区御園の医師、小花竜太郎容疑者(35)を逮捕した。


 逮捕容疑は、平成25年6月15日ごろ、東京都文京区のホテルで、当時16歳だった武蔵村山市の高校2年の女子生徒(17)に現金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとしている。容疑を否認しているという。


 同署によると、小花容疑者は犯行の約1週間前、有料で少女らと散歩させる「JK(女子高生)お散歩」で働いていた女子生徒とJR秋葉原駅前で知り合った。裏オプションとして別料金を支払った上で、わいせつな行為をしたという。

◼︎以下の記事でもお散歩やリフレについて触れています。
(タイトルをクリックすると記事に飛べます。)

お散歩の女の子からの嬉しい報告

※このブログの「女の子と♩」というテーマの記事で、性搾取や違法労働の現場に行き着いてしまった女子高生たちとの関わりを綴っています。ぜひご覧ください!


※Colaboでは、危険な現場に行き着いてしまった少女のサポートをしています。

活動資金や少女たちの生活支援に必要なお米、物資の寄付、本「難民高校生」を困難を抱えた高校生に届ける活動を支援してくださる方を随時募集しています。


寄付やご支援のお申込み・お問い合わせ、講演や取材のご依頼はホームページの問い合わせフォームからお願いいたします。

---------------------------------------------

『”難民高校生”を贈ろうプロジェクト』支援者募集中!

※1口2000円で、1人の高校生に『難民高校生』を届けられます!

 → 詳細はこちら

----------------------------------------------

-「難民高校生」の問題を発信し、少女たちの自立支援を-

----------------------------------------------

 一般社団法人Colabo

 HP: http://www.colabo-official.net/

 Twitter:@colabo_yumeno 

 Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official

   ★Facebookページでも、活動について掲載しています。ぜひ「いいね!」をお願いします。

-----------------------------------------------

◼︎『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(英治出版)

 ★Amazonページhttp://amzn.to/168j0PY

   ★ 英治出版オンラインストア(送料無料)  http://eijipress.ocnk.net/product/389

2014年04月08日(火)

お弁当★

テーマ:
女の子たちが料理をしたり、彼氏にお弁当を作る時に参考になるように載せているご飯シリーズ。お弁当。
{16B2454E-2B82-4FC6-8DDC-8C8325A4405D:01}
有機栽培の古代米混ぜご飯
チキンのマキシマム焼き
卵焼き、きんぴら、京菜としいたけのおひたし
{C90F0B1A-892A-426A-B748-C42FFC4B9DDB:01}
サービスエリアでお弁当
ナポリタン、唐揚げ、里芋煮、にんじんのきんぴら
{2CE4DFF0-4CE0-4E71-9DEC-BDEE8E5EBA2B:01}
ソーセージ玉ねぎ炒め、卵焼き、ほうれん草おひたし、きんぴらごぼう
{7FF39616-395E-40A4-880E-096596F70827:01}
ウィンナーピーマン炒め、ナポリタン、ほうれん草おひたし、きんぴら
{7B5ED933-34D0-47D4-87AD-BDD406B2B85C:01}
ハーブチキン、ポテトサラダ
{F6C56EA9-2CA4-4A93-8CE0-C5A2A0B72D4A:01}
アスパラウィンナー
{5C4289FB-C51A-4138-B83D-235F6F6EF358:01}
豚と大根と卵の煮物
{BD895633-4B3E-482B-B629-CEFA9D244CDF:01}
カレー風味ジャーマンポテト、トマト煮込み、生姜ようかん
{FAF41877-4083-4ECB-9776-ADDF6CAF7EDA:01}
レンコンの挟み焼き
{CCCCEAAA-8AC7-4A42-881A-399B10D52803:01}
ハンバーグ、ほうれん草とベーコン炒め、卯の花

 
似たような材料でもちょっとずつ中身や味付けを変えると飽きずに食べてもらえます。春になるとまた美味しい野菜が出てくるから楽しみ~!

---------------------------------------------

『”難民高校生”を贈ろうプロジェクト』支援者募集中!

※1口2000円で、1人の高校生に『難民高校生』を届けられます!

 → 詳細はこちら

----------------------------------------------

-「難民高校生」の問題を発信し、少女たちの自立支援を-

----------------------------------------------

 一般社団法人Colabo

 HP: http://www.colabo-official.net/

 Twitter:@colabo_yumeno 

 Facebook:http://www.facebook.com/colabo.official

   ★Facebookページでも、活動について掲載しています。ぜひ「いいね!」をお願いします。

-----------------------------------------------

◼︎『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(英治出版)

 ★Amazonページhttp://amzn.to/168j0PY

   ★ 英治出版オンラインストア(送料無料)  http://eijipress.ocnk.net/product/389


2014年04月07日(月)

農園大家族

テーマ:日常
昨日は竜ケ崎の農園でOBOGで集まりお花見でした!
{0E0E89E6-AD68-4889-9543-60AEFD5D84DB:01}

高校中退後に私に向き合ってくれた恩師・阿蘇敏文さんのお家のお庭。
{C3E9B967-D371-4172-B627-6CAF4AA4C1B4:01}
天気の良い日はこうしてテーブルを出して、朝食やランチをみんなで取るのが好きだった阿蘇さんもみんながこうして集まって喜んでいるはず。
{E6ED1782-29EC-45D5-B539-E9EB914F5004:01}
花より団子
{AA721D31-48D6-40C1-9B27-0814ECC4152D:01}
豪華料理&お寿司。
阿蘇さんの中学時代の親友(応援団の団長と副団長だった。阿蘇さんが副団長)と、弘前で寿司屋を営んでいた大将むっちゃんと、奥さんのけい子ちゃんが振る舞ってくれました。

寿司屋を引退後からこの家に住んでくれていて、阿蘇さんが亡くなってからも家を守り、みんながいつ来てもいいように綺麗に保ってくれています。いつもいつも、ありがとう。

大好き~!阿蘇さんは亡くなっちゃったけど、私には親みたいな人がたくさんいる。
阿蘇さんの奥さんの道子さんと、むっちゃん、けい子ちゃん。
他にもヤンチャな時代に色々世話をかけちゃったにゃんにゃんやお姉様方たちもいる。
{23E06F9B-8D52-4029-8EE9-4276DD60DE67:01}
写真真ん中がむっちゃんとけい子ちゃん♩
上下の写真はお家の土間と居間の雰囲気。みんなでこうやってご飯を食べるの久しぶり~。
{69EB89C2-5DF7-4DF7-B3B5-1BC7BE344550:01}
農園大家族。
みんな高校中退だったり、中学から学校行っていなかったり。

「中一から学校に行かないなんて、かっこよすぎる!私よりヤンキーじゃん!」なんて、後輩に本気で思う。

「学校なんて行かなくてもいいし、大丈夫だよね」
「中学行ってないからなんだ!」
そんな友達が私には300人くらいいます。
みんな色んな理由とか事情があってのことだから、当時はそれでHAPPY!クールだぜ!なんてことはなかっただろうけど、それでも生きているし、大学行ったり就職してもやれているし。一つ一つ乗り越えながら。その強さ。

出会ったときは15歳だった後輩がハタチを越えていたり、専門学校に行きたくなくて泣いていた子が皆勤賞でこの春卒業したり(彼女が15歳のとき、私たちが飲み会に行くため駅で別れたら、一人で電車に乗りたくなくて新宿駅で泣いていたのを今思い出したぞ!笑)、出会ったときは10代だった友達がアラサーになっていたり、私も16歳だったのが24歳に!まだまだこれからだなあ。

日々、阿蘇さんが残してくれたものに感謝して生きています。
たくさんの種をまいてくれた。
私もいつか花となり、実をつけて種をまきたい。

ありがとう。
2014年04月06日(日)

あなたには安心したり笑顔で暮らせる「ホーム」はありますか?

テーマ:日常

今週末は家族孝行DAY。おじいちゃんのお墓参りに数年ぶりに行ってきました。

{D6D85D2E-BADF-4933-A221-63B678B58C4C:01}

私の祖母は二人ともグループホームに入っているんだけど、二人の姿を見ていろいろ思う。


昨日は祖母と一緒にドラッグストアで口紅を選んだ。前はシャネルの口紅をしていたおばあちゃんがドラッグストアで口紅を。

「これは最近流行ってるブランドで、資生堂のだしいいよ!色も若々しくていいと思う」なんてアドバイスしながら色を選んで、父親がお金を払った。


この前おばあちゃんに会ったときは、美容院に行きたいと言い出せず白髪が耳の上まで伸びちゃっていた。元々はおしゃれで社交ダンスや近所付き合いが大好きなおばあちゃんのその姿を見たときはショックだった。

化粧もホームでしていると目立つから出来ないと超薄くなり、もちろん香水なんてできない。女性として悲しくなるの、分かる。


祖母は体が動きにくく介助が必要だけど、認知症は軽い。同居人の方たちは認知症が進行している人ばかりだから、まともに会話が成り立つ、話ができる相手がホームにいない。認知症の進んでいる人に、服や私物を持って行かれてしまうこともよくあるというけれど、いちいちスタッフに言っていたら相手が怒られたり問題になってしまうし申し訳なくておばあちゃんは黙ってる。


もう一人のおばあちゃんはおじいちゃんが亡くなった瞬間から弱り認知症になり、ホームに入ってしばらくは帰りたがっていたけれど、最近は認知症が進んだためホームで楽しく暮らせるようになった。


昔はみんなの輪に入ってわいわいやるタイプじゃなくて、優雅な控えめのお嬢さんだったんだけど、今はホームのレクリエーションを積極的に超楽しんでいて、元々好きな絵をかいたり、貼り絵をよくしている。

絵を書きたくても、部屋から見える景色は整備されていない竹やぶしかないから書くものがないと言っていたけど。


今は笑顔で暮らしているからいいんだけど、この前会いに行ったら、娘や孫のことをどんどん分からなくなっていて、進行が早くなっているなあと感じた。


ホームによって、雰囲気もスタッフの人数や印象も生活もレクリエーションも全然違う。笑顔が溢れているホームも、誰も笑っていないホームもある。

一歩中に入った瞬間にその違いを突きつけられて、生活の違いに複雑な気持ちになる。

もちろんホームによって入るための費用や毎月の利用料も違うし、スタッフの雇用体制も違う。


みんなが安心して笑顔で暮らせる「ホーム」が、ほんとうに必要だよなと思う。それはお年寄りに限らず、今関わっている女子高生たちにもそう思う。私にも数年前まで、そんな「ホーム」はなかったし。


そういう「ホーム」を増やすには、スタッフの雇用や、介助が必要な家族を支える仕組みもなくてはならない。


親戚同士で支え合い、介助が必要な老人も一緒に暮らしている家も残っているけれど、うちは正月も集まらないし、親戚もあんまり知らない。


地縁社縁血縁が機能しなくなり無縁社会と言われる今の時代、そういうお家って、たくさんあるよね。そしてこれからもっと増えていく。


私も父や母が年とっても、一緒に生活をして支えるとか絶対できないし。よい未来を作っていくのは若い世代の私たちなんだよなあ。


今日は私のもう一つの家族、高校中退後に通った農園に向かい中。

{736922DB-75AC-48CA-BD80-875FE823EC24:01}
{EE7C499B-1FD6-493B-9D07-687D1E68A572:01}


2014年04月05日(土)

【ニュース】少女蝕む裏風俗「援デリ」の実態…全国で横行、暴力団の介入も

テーマ:ニュース

援デリもリフレもお散歩も、私が高校生のときにはもうありました。

スマホが普及して、窓口が広がりハードルが下がる一方、どんどん目に見えにくくなっています。

都市だけでなく、地方でも広がっています。


【少女蝕む裏風俗「援デリ」の実態…全国で横行、暴力団の介入も】産経新聞 4月2日

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8694908/

 スマートフォン用の出会い系アプリで客を募る「援デリ」(援助交際デリバリー)が全国で横行している。

 携帯電話と女性がいれば簡単に始められることから、全国で社会問題化している新手の「裏風俗」だ。無店舗型の「デリバリーヘルス」と形態は似ているが、大きな違いは、未成年の少女たちを派遣することがある点だ。ときには、暴力団が介入して資金源として狙われ、“バイト感覚”で始めた少女らが深みにはまり、抜け出せなくなる取り返しのつかないリスクもあるという。スマホの普及により無数に存在する援デリの実態とは、どのようなものなのか。(桑村朋)


 ■女子中高生雇い、全国へ売春の旅


 兵庫県警は2~3月、援デリを運営し、女子中学生を売春させたとして、児童福祉法違反(淫行させる行為)と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(周旋)などの容疑で、神戸市須磨区の無職、中屋崇志被告(21)ら男4人を逮捕した。


 県警によると、他に逮捕されたのは、名古屋市中区の飲食店店員、吉武直人被告(22)、神戸市灘区の会社員、長谷川洋被告(22)、兵庫県尼崎市の無職少年(18)。犯行は中屋被告が主導し、他の3人に持ちかけたという。


 逮捕容疑は、共謀し平成25年9月29、30の両日、岡山市内のホテルで、当時42歳の男性客から現金計5万5千円を受け取り、当時13歳だった女子中学生に売春させたとしている。


 4人は知人同士だ。いずれも容疑を認めており、「約15人の中高生らを車で引き連れ、全国で売春させていた。簡単に金が手に入ると思った」などと供述している。


 中屋被告は昨年3~11月ごろ、街中でナンパしたり、知人に紹介を受けたりして18歳未満の中高生らを勧誘。出会い系アプリ「ひまトーーク」の掲示板で、個人で援助交際する少女を装って投稿し、男性客とやり取りした上で、待ち合わせ場所のホテルに少女を派遣していた。


 その手口は、このアプリの掲示板に、少女の写真と無料通話アプリ「LINE」や「カカオトーク」のIDを掲載。そのIDを通じて連絡してきた男性客と無料通話アプリ上で条件交渉をし、連絡を取り合うというもの。


 4人は愛知から福岡まで関西、中国地方を中心に、少なくとも数十人の客を集めたとみられる。売り上げは約200万円に上るが、大半を賭博で使い果たしていた。


 事件が発覚したのは、家出したまま援デリで稼いでいた少女の家族からの相談だった。


 ■出会い系サイト規制法改正後に流行

 なぜ、このような形態の風俗が現れたのか。


 平成15年に制定された出会い系サイト規制法が20年に規制強化され、18歳未満の書き込みを禁じ、運営業者には公安委員会への届け出が義務づけられた。援デリの業態が流行し始めたのは同法改正後だ。


 個人で援助交際する少女を装う客引きスタッフを「打ち子」と呼ぶ。少女になりすました打ち子が掲示板に、「¥3」「30K」(ともに「現金3万円」の意味)と隠語を示し、「困ってる。サポ希望」「割り切ったお付き合いできる方」などと投稿する。


 法改正後は出会い系サイト利用者の年齢確認が厳格化され、警察庁発表の被害児童数は減少傾向にあるものの、児童買春につながる書き込みは増え続け、客も絶えることがない。中屋被告の「掲示板で客を募ると、1分で40~50人から連絡が殺到した」という供述からも、サイトの“無防備”具合が分かる。


 打ち子は、LINEなどで少女になりすましたIDを作り、客とは匿名のままやり取りする。少女も売春に手を染めたことが発覚するのを恐れ、通報をためらうケースが多く、警察も事件の端緒をつかみづらい。全国的にも摘発例はまだまだ少なく、実態把握が難しいのが現状だ。


 ■時間かかる捜査、暴力団の援デリ狩りも横行


 広島県呉市で16歳の少女が殺害された事件でも、逮捕された少女が援デリに手を染めていたとされる。ある捜査関係者は「少女たちは、客探しの手間やトラブル処理の危険性が回避できるほか、打ち子と知り合いの場合も多い。一種の安心感を持って売春に走ってしまう」と指摘する。


 今や風俗店で働くより、援デリなどを利用して援助交際に走る女性の方が多いともいわれる。月に100万円以上を稼ぐこともあるなど、高収入とされる援デリの味をいったん覚えると、普通の仕事の給与では満足できない女性も少なからずいるという。


 だが、暴力団が客として現れるケースもある。少女が打ち子らと離れた隙を狙って「売春は違法。ばれたくなければ金を払え。払えなければ稼げ」などと脅し、強制的に配下の売春婦にする「援デリ狩り」も横行。実の親が打ち子となり、娘やその友人に客をあっせんした事件も発生している。


 中屋被告らは少女ら数人を車で連れ、客の待つ場所へと計7都市を周遊していた。援デリは場所にこだわらないため、全国の客が相手。警察も広範囲な捜査が必要なのだが、少ない人員の中で東奔西走しなければならず、1つの事件に多大な時間がかかる。


 ある捜査関係者は「援デリは個人売春の延長のような面があり、無知な少女を食い物にし、未来を奪うような悪質犯罪だ。本当はもっと取り締まりたいのだが…」と直面する捜査の難しさをこぼした。



※このブログの「女の子と♩」というテーマの記事で、性搾取や違法労働の現場に行き着いてしまった女子高生たちとの関わりを綴っています。ぜひご覧ください!


※Colaboでは、危険な現場に行き着いてしまった少女のサポートをしています。

活動資金や少女たちの生活支援に必要なお米、物資の寄付、本「難民高校生」を困難を抱えた高校生に届ける活動を支援してくださる方を随時募集しています。


寄付やご支援のお申込み・お問い合わせ、講演や取材のご依頼はホームページの問い合わせフォームからお願いいたします。

---------------------------------------------

『”難民高校生”を贈ろうプロジェクト』支援者募集中!

※1口2000円で、1人の高校生に『難民高校生』を届けられます!

 → 詳細は

----------------------------------------------

-「難民高校生」の問題を発信し、少女たちの自立支援を-

----------------------------------------------

 一般社団法人Colabo

 HP: http://www.colabo-official.net/

 Twitter:@colabo_yumeno 

 Facebook:http://www.facebook.com/colabo.official

   ★Facebookページでも、活動について掲載しています。ぜひ「いいね!」をお願いします。

-----------------------------------------------

◼︎『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(英治出版)

 ★Amazonページhttp://amzn.to/168j0PY

   ★ 英治出版オンラインストア(送料無料)  http://eijipress.ocnk.net/product/389


[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>