女子高生サポートセンター・Colabo代表。
『難民高校生』『女子高生の裏社会』http://amzn.to/UJOeLD 著者25歳。
第30期東京都青少年問題協議会委員。

高校(中退)時代は毎日渋谷で過ごし、段ボールの上で寝たことも。
孤立し困窮した少女たちと共に声を上げ、支え合い、暴力に立ち向かう。
ご支援・取材・講演のご依頼はこちら→ http://www.colabo-official.net/

【お願い】アメンバーは受け付けていません。ブログメッセージでの講演や取材の御依頼・活動に関する問い合わせもお断りします。大人の方(返信が必要なご連絡)はHPよりお問い合わせください。応援メッセージをくださった方は、ありがとうございます!

----------------------------------------------------
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
----------------------------------------------------
女子高校生サポートセンターColabo
 HP: http://www.colabo-official.net/
 Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
----------------------------------------------------
■活動が取り上げられました!
<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3545_all.html
<ハートネットTVブレイクスルー>JK・可能性を信じる
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-09/01.html
----------------------------------------------------
■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD)
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)
----------------------------------------------------

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年04月24日(金)

テーマ:女の子と♩
この前、女の子に作ったお弁当。
天ぷらと、支援者の方からいただいた肉じゃが・筑前煮を入れました。

白米が苦手な子だったので、芋をたくさん。食べられたかなあ。 {D3AD19C3-3C22-4A27-8BE1-1EE6F73207F2:01}

こちらは、地方から来てくれた女の子とご飯。
{2EF3AF6D-36AF-4382-A51D-DCEA24E8BCB7:01}
一人ではなかなかできないメニューをと、鍋&春の山菜天ぷら。支援者の方からのジュースで乾杯グッド!

「誰かとご飯を、手料理を食べたのは1年半ぶり」と話してくれました。

こんな時間を重ねていきたいな。

{B30BB404-CFA6-4E4E-8011-9BEE5376503B:01}
支援者の方から、スタバのギフトカードをいただきました。女の子と会うとき、相談にのるとき、マックやサイゼでなくてスタバでゆっくりできます(*^^*)

女の子の気持ちに寄り添った色々な形でのご支援に感謝して、これからも歩んでいきます。

*****
 ※Colaboでは、10代少女を支える活動を行っています。 
サポーター会員や、活動資金、物資のご寄付を募っています。

ご支援のお願い:http://goo.gl/oFEPyb

賛同してくださる方は、HP(http://www.colabo-official.net/)よりご連絡の上、ご支援よろしくお願いいたします。

他にも、活動やブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。
---------------------------------------------- 
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
 ---------------------------------------------- 
女子高校生サポートセンターColabo
HP: http://www.colabo-official.net/ Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
----------------------------------------------

■活動が取り上げられました!
<スーパーニュース>動画をご覧いただけます。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00286484.html

<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3545_all.html
 <ハートネットTV>JK・可能性を信じる http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-09/01.html

 ■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD) 
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)
AD
2015年04月11日(土)

居眠りしていて2時間2万3千円もらえる仕事。東京都青少年問題協議会の実態について。

テーマ:伝えたいこと。
私が委員を務める東京都青少年問題協議会のことです。

■会議中の居眠りについて

前回4月8日10時~12時に行われた会議中、明らかに居眠りし、頭をこっくりさせている委員と事務局の都職員が数名いたので、ついに注意しました。

今回が4回目の会議ですが、初回の会議から誰も注意しないので、様子を見ていましたが堪えきれませんでした。
(しかも、青少年問題に関する委員の方の重要な意見発表中。参考意見を聞く気がないなら委員の仕事を受けないでほしい)

委員報酬は2時間で2万3200円。
寝ててお金もらえる仕事ってすごい。

子どもの貧困について議論したけど、寝てる人の分のお金で貧困家庭の子が何回飯食えるよ?と…。

学校でも授業中居眠りすれば注意されるのに、著名な研究者の方は出席するたびに爆睡されています。

私はこういう会議初めてでショック受けてるんだけど、それが当たり前なのでしょうか?

そして、そんな実態を
公募で入った25歳・平成生まれの史上最年少委員(他の方は全員40代以上)の私が注意しなければいけないってどういうこと?

そんな大人が青少年問題を議論って…。

■情報公開・傍聴について

前回の会議(専門部会)では、
傍聴可といいつつ開催情報を公開せず実質傍聴不可になっていることについて指摘し情報開示を求めると、「傍聴者がいると自由な議論ができない」などの理由で遮られそうになりました。

でも、議論以前に寝てる。寝てる人を放置してる。寝ることを黙認してる。

・傍聴可にすると会議がネットで実況中継のようにされ、言葉尻をとらえられる可能性があり不安
・時には過激な議論も必要。傍聴者がいるとしにくい。
・会議中に実際の青少年のケースを紹介すると個人情報がもれる可能性がある


という方もいました。
こういう実態が私の発信で流れるのは本当に嫌だろなあ。

そもそも、(自身の発言によって叩かれる心配をしているようですが)誤解を受けるような表現はすべきでないですし、傍聴者がいるとできない「過激な議論」(という発言自体が危険だと思いますが)が公的な会議であってはいけないと思いますし、この会議で個人情報がわかるほど詳細に事例を出す必要は全くないと思います。

都は「生煮えの状態で情報が出ていく懸念がある」と言っていましたが、
私たちには都がどのように青少年問題を捉え「子ども・若者計画」をつくるのか、どう議論されているのか知る権利があります。

議事録が公開されているんだから傍聴させることはないだろうというような趣旨の意見もありましたが、議事録は修正して公開されているため、現場でどんな議論がされているのかはわかりません。
都がこれまで開催日を公開してきた総会でも、詳しい内容についてはわかりません。

傍聴について、詳しくはこちらをご覧ください。
【報告】東京都青少年問題協議会・実態傍聴不可から、情報公開へ
http://ameblo.jp/colabo-yumeno/entry-12007219995.html

※開催日の情報公開がされることになったはずですが、私は前回の会議の開催情報を見つけられませんでした。次回は5月8日の16時ごろ~の予定です。また決まり次第お知らせします。


■宿題をしない委員の存在

前々回の会議では、意見書を提出しない委員に対し、
「子どもでも宿題を出します。お金もらって引き受けてるんだからやりましょう」とお願いしました。

何度催促されても、提出しない方がいたようです。そんなことを私が言わないといけないのは、がっかりです。

倍以上生きている大人集団に「ちゃんとしましょう」と言うのは勇気がいります。マイクを持つ手が震えるくらい怒りがわいてくるし、緊張します。

私だって、会議の本題でないところに力を使わせないでほしいのですが、
こういうことをいちいち注意していると、そんなこといいからさ~みたいな空気を感じて辛いです。

そんな状況を作っているのはそっちなのに!都や議長にはまず、議論ができる状況をつくってほしいです。


■青少年について「よくわからない」と自称する委員

委員のなかに、青少年のことをわかっている人、関わりがある人がどれだけいるのか、本気で考えようとしている人がどれだけいるのか…と思ってしまうこともあります。

もちろん、日ごろから子どもに向き合われていたり、施策を良いものにしようとしっかり考えておられる委員もいます。
でも、それは誉められるべきことではなく、当然のことです。

実は、会議初日にある委員に
「こんな会だと知らずに来てみたら研究者や弁護士などの専門家、子どもに関わる方ばかりで驚いたが、そうでない方(仁藤)がいてよかった。
青少年について詳しくないから、どう振る舞ってよいかわからない。一応発言したほうがいいのよね」とトイレで言われました。

失礼すぎます。
休憩時間、ほっとして本音が出たのでしょうか。この時、私は驚きすぎて苦笑いすることしかできませんでした。ごめんなさい。

せめてColaboのHPを見たり、私の本2冊や他の委員の著書を全て読んで出直して欲しいと思いますが、何よりも、都は委員の選任をちゃんとすべきです。

一回の会議で、数十万の税金が使われています。

あんまり言うと良くないことが起こるかと控えてたけど、
私は、都民を代表しお金をもらって委員を引き受けている方々が、やるべきことをやらなかったり、寝ていたりすることを、黙認・容認できません。


■寝ている委員の2時間の報酬で、困窮した子どもに58件の豪華な食事提供が出来る!

会議の後、私が昼食に食べたうどんは、(贅沢して卵・とろろ入りだけど)400円でした。
{148B90D1-A567-438C-9E5F-1272CAB7E986:01}
協議会で寝ている委員1人の2時間の報酬で、このうどんを58人の困窮した青少年に食べさせられます。手料理すれば、もっと安く済むのでもっと豪華なご飯ができます。

そう考えると申し訳なくて泣けてきました。

私は活動の中で、女の子たちと共に料理をしたり食卓を囲んだり、食事提供支援をしています。美味しそうに笑う青少年の顔がポンポンと浮かんできます。
彼らが2万3200円稼ぐのが、どれだけ大変なことか…

それを都の会議で寝ていてもらえるなんて、あってはならないと思います。

多くの人に傍聴に来てもらって、会議を監視、委員の意識を高めてもらいたいです。
次回は5月8日15時~18時、都庁第一庁舎25階南側115会議室です。

・協議会について(委員名簿等):http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/09_seisyokyo.html
追記2015.04.17:
私の指摘について、
ヤフーニュースにも掲載されていました。

【居眠り委員も? 審議会って何】
東京都の協議会に参加する委員が居眠りをしているとして、運営のあり方に批判の声。協議会・審議会は何のため? 

メディアや、多くの方に目に留め、関心を持ち、怒りを共にしていただけ、心強いです。

これまで、この協議会の「おかしさ」について話すと「大きな声で指摘すると二度と呼ばれなくなる、危ない、気をつけろ」と言われることがありました。

そのため、居眠りの件も最初はTwitterにちょっと投稿。やっぱり放っておけなくてブログにも。それを、一人一人がシェアして大きな声にしてくれたのだと思います。

「勇気のある告発!」という声も
「青臭い。大人しく居眠りする側に回るべき」という声もいただきましたが、どちらの声もあがらないような協議会になってほしいと思います。

「大きなものを敵に回すと、活動を支えてほしいとき協力をもらえなくなる、権力に噛み付くならこちらも力を持っていないと潰される」等助言されることもありました。

協議会で寝ている人がいることを怒ったり、宿題はやろうよと注意する程度のことが「権力に噛み付くこと」になってしまうとしたら、そんな事態こそおかしいです。

でも、それを恐れなくてはならない現実があるのでしょう。たくさんの大人が、それを恐れているようだから。

万が一、大きな権力が、そんなことで私の活動=困っている女の子・孤立した10代を支えることを応援しないというのなら、私はそんな所にバックアップされたくないと思います。

「青臭い」と言う人もいるけれど、私は年をとっても、大きな権力より、想いある一人一人に支えられて、小さな力をあわせて活動を続けたい。

こういう活動をしていると「行政とはどんな連携を?行政からの支援は?」とよく聞かれ、それがないと信用されない・ショボいと思われたりすることもあります。

行政が本当に信頼できるのか、私たちは考えていかないといけないと思います。実態のない団体にお金を出していることもありますから…。

私は活動が、色々な背景を持った個人の想い・寄付に支えられていることに誇りをもっています。

女の子たちにも関わりの中で、支えてくれる一人一人の想いを、あたたかさを、希望を感じてもらえたらいいなと思っています。

これからも、おかしいことにはおかしいと言い、女の子たちとともに歩んでいきます。

*****
 ※Colaboでは、10代少女を支える活動を行っています。 
サポーター会員や、活動資金、物資のご寄付を募っています。

ご支援のお願い:http://goo.gl/oFEPyb

賛同してくださる方は、HP(http://www.colabo-official.net/)よりご連絡の上、ご支援よろしくお願いいたします。

他にも、活動やブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。
---------------------------------------------- 
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
 ---------------------------------------------- 
女子高校生サポートセンターColabo
HP: http://www.colabo-official.net/ Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
----------------------------------------------

■活動が取り上げられました!
<スーパーニュース>動画をご覧いただけます。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00286484.html

<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3545_all.html
 <ハートネットTV>JK・可能性を信じる http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-09/01.html

 ■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD) 
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)
AD
2015年04月09日(木)

サイバー補導、1万2千人と接触できず

テーマ:伝えたいこと。
児童買春に関して、弁護士ドットコムがこの程度の配信をしている。

【女子高生と援助交際した会社員が逮捕。補導された女子高生はどうなるのか。】

記事より
《買春者逮捕のきっかけは、昨年10月下旬の長野県警によるサイバーパトロール。スマホの出会い系アプリでその女子生徒の書き込みを発見し、少女を「補導」したところ、男の買春行為が判明。

この事例のように、「補導」された少女から得た情報や証拠にもとづいて、成人男性が児童買春などの容疑で逮捕されることは珍しくない。いわゆる「援助交際」が警察に摘発されるときの典型的なパターンだ。

いったい「補導」とは、どんな制度なのか。また、大人が逮捕されるような少女買春事件では、当事者でもある少女が罪に問われることはないのだろうか。元警察官僚で警視庁刑事の経験もある澤井康生弁護士に聞いた。》

「守られるべき子どもが守られていない!」という話ならわかるが、背景に目を向けることも、非行(売春)をSOSと捉える姿勢もなく、むしろ子どもに責任を負わせたい雰囲気を感じる。

そのせいもあってか、yahooニュースなどに転載された記事のコメント欄が子ども・女性への厳罰化を求める声ですごいことになっている。書くなら法律に切り込んでもらいたかった。

仁藤コメント
》サイバー補導とは、日本では禁止されているはずのおとり捜査を、少年保護の名の下に行い、子どもに接触するもの。
{63758D88-C67F-4D35-9789-328DC1CE1734:01}
(この写真は先日出演しサイバー補導についてコメントしたNHK NEWSWEBから)

警視庁発表で、2013年4月の開始から2014年末で約600人の女の子がサイバー補導されました。Colaboが関わっている女の子の中にもいます。

補導された個人に対しては一定の効果はありますが、基本的には少女を怒り、親や学校に連絡し、家に帰して終わり。
売春・非行の背景に目を向けたり、ケアにつなぐことはほぼありません。

また、少女の携帯に数百人の買春者のリストが残っていても、捜査すらされないことも多くあります。

警視庁は600人を補導したことの発表に力を入れていますが、接触を試みたができなかった少女が約1万2千件。(それぞれの少女に対し、接触した買春者は何人もいるはずです)
{403CE252-E9DF-4E46-A3E8-263F28FDFFFD:01}

そちらに目を向けるべきところが、これが「売春の摘発典型パターン」だと言われてしまうとは、驚きです。

私は、以下二つの補導が必要だと主張しています。

①「ケア付きの補導」
支援につながれずにここまできた子どもを、補導をきっかけにケアにつなぐ

②「おじさん補導(買う側の大人の未然補導)」

(買春者はおじさんだけでなく、20代の学生が13歳を買春するなどのケースにも日々関わっていますが、)現在、買おうとする側への注意指導は行われていません。

ネットで売春募集の書き込みをする少女は補導するが、その何千倍といる、買春者の書き込み・アカウントは野放しで、彼らのほとんどは常習犯です。

買う側こそ未然に補導し、注意指導、家族や職場に連絡する。補導歴が重ねば少年でいう「ぐ犯」にしてほしい。

先日掲載された日経ビジネスオンラインにて、詳しく話しているので、ぜひご覧ください。※無料登録で全文読めます

【福祉行政は風俗産業に敗北している/「元・難民女子高生」が語る支援の不備】

▪️声を掛けてくるのは買春者ばかり

仁藤さんご自身も過去に渋谷で路上生活をしたご経験があるそうですね。

仁藤:高校時代、約10年前になりますけど、渋谷をさまよう生活をしていました。家が安心して眠れる場所ではなくなったんですね。漫画喫茶に行ったり、カラオケで朝まで過ごしたり、マクドナルドで朝まで過ごしたりということが多かったんですが、お金がない日には、ビルの屋上で段ボール敷いて寝た日もあります。

 そういう生活していると、2種類の大人が声をかけてきます。1つが買春者。もう1つは、危険な仕事、夜の仕事にあっせんするようなスカウト。それしかいなかった。ほかの大人からは冷ややかな目で見られているような気がしてましたね。

 私に限らず、そうした子はみんな、子供だけではどうにもならない問題を抱えています。だけど、そこに声をかけてくれる支援側の大人はいない。

仁藤:今は、そういう子が行くところが本当にないんです。私の頃だったら、まだ漫画喫茶に入れたり、居酒屋にも入ろうと思えば入れた。だけど今は年齢確認などの規制が厳しくて、入れるところ、たむろできる場所がほとんどなくなりました。

 渋谷なんか、夜いたらすぐ補導されますからね。

◾️見えにくくなった売春

 はた目には、そういう子がいなくなって良くなったように見えますけど、別にその子たちの問題が解決するわけじゃありません。だから女の子はスマホで泊めてくれる人を探します。どんどん大人の目につきにくくなっているんです。

 今、みんなアプリで出会うんですね。誰と連絡しているか、周りの人に全く気づかれずに泊まるところを探せる。逆に彼女たちを狙う大人側も、人目につかずに直接個人にアプローチできるようになっちゃったんですね。昔は街で声をかけるしかなかったのが、何々高校とか調べるだけで、無数に出てくる。1人につながれば、周りにいる女子高生もすぐ見つけられます。一般の大人と少女が極めて容易に連絡が取れてしまう。

◾️警察などの対策はどうなんでしょうか

仁藤:警察とか行政は、昔から女の子を補導するというやり方で何とかしようとしています。ネットの状態は認識していて、ウェブ上でのおとり捜査や、「サイバー補導」とかもやっています。実際、私がかかわっている子でも毎月何件か、そうした形で補導されています。

 これは一定の効果はあるんですよ。でも問題なのは、補導した後にサポートにつなぐとか、そういう視点が欠けているんです。見つけた女の子にただ注意して、親と学校に連絡して終わりです。親からの虐待を背景に売春している子などは本当に多い。それに対して「親にばらす」という行為は、解決にならないどころか事態を悪化させることにしかならない。

◾️捕まる少女、捕まらない大人

 一方で「買う側」の男性については、JKビジネスなんかでも、ホテルのレシートがあって、さらにLINEのやりとりで、「幾らでお願い」とか「きょうはありがとう」とか、そんな決定的な証拠が出てこない限り、捕まることはほぼありません。

 例えば女の子に、「僕とホテル行かない?」と持ちかけている大人は、ネット上にはごまんといます。けど、それは取り締まられずに、それに答えたりする女の子は「補導」の対象になる。

補導は少年法に基づいています。子供を守るための措置ですから、子供にしか適用されません。だから、悪いことが起きる前の措置は、子供を対象にしかできないんです。

 でも本当は、そういうことを持ちかけている大人たちこそ取り締まらなければいけない。子供たちはそれで学校と家に連絡が行くわけですから、大人側でも親と職場と家族とかに連絡がいくようになるだけで、ずいぶん違うはずなのですが。

 ニュースになるのは大人の逮捕なのでイメージはないかもしれませんが、実際は大人はほとんどのケースで捕まりません。例えばそういう女の子の携帯には、300人くらい買春者のアドレスの連絡先が入っているのが普通です。でもそれは捜査の対象にすらならない。証拠が不十分なケースがほとんどですから、その労力を割くことが難しいということでしょうね。
{72BD925A-E403-462B-989A-D757BFA0C838:01}


*****
 ※Colaboでは、10代少女を支える活動を行っています。 
サポーター会員や、活動資金、物資のご寄付を募っています。

ご支援のお願い:http://goo.gl/oFEPyb

賛同してくださる方は、HP(http://www.colabo-official.net/)よりご連絡の上、ご支援よろしくお願いいたします。

他にも、活動やブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。
---------------------------------------------- 
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
 ---------------------------------------------- 
女子高校生サポートセンターColabo
HP: http://www.colabo-official.net/ Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
----------------------------------------------

■活動が取り上げられました!
<スーパーニュース>動画をご覧いただけます。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00286484.html

<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3545_all.html
 <ハートネットTV>JK・可能性を信じる http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-09/01.html

 ■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD) 
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)
AD
2015年04月09日(木)

【事件】元校長1万2千人買春 児童ポルノ作成

テーマ:ニュース
日本は買春大国、買春ツアー大国であること。それに対して十分な対策がとられていないことは世界的に指摘され続けていますが、またこんな事件。

日本での児童買春は特に、買う側ではなく、売る・売られる子どもの側に責任を押し付ける風潮、傾向があります。

問題は売春ではなく買春にあるのに。

〉フィリピンで13歳ほどの少女とわいせつ行為をし、その様子を撮影したとして横浜市の中学校の元校長が逮捕。1万2000人以上を買春していた。

{BE84DFC4-AE77-4592-BCCE-AC3F4FA54BC5:01}


追記 : 4/10
犯人がいた学校の卒業生から、地元には取材班がたくさんいて、大変だと聞きました。10代の子を狙って取材班が声をかけているようです。

学校で自分のこともそういう目で見られていたかもしれないという恐怖、卒アルがまだ犯人の家にあるかもしれないという不安がうまれています。

何千人もいる教え子や出身校の生徒保護者に与える影響は計り知れません。そんな中配慮のない取材がまた子どもを傷つけないとは思えません。

このニュースを見て、地方の女の子も、先生・大人を信じられないと言っていました。そんなことを子どもに言わせない社会にしたいです。

全ての大人がもこの事件を真剣に考え、動きに変える必要があると思います。

*****
 ※Colaboでは、10代少女を支える活動を行っています。 
サポーター会員や、活動資金、物資のご寄付を募っています。

ご支援のお願い:http://goo.gl/oFEPyb

賛同してくださる方は、HP(http://www.colabo-official.net/)よりご連絡の上、ご支援よろしくお願いいたします。

他にも、活動やブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。
---------------------------------------------- 
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
 ---------------------------------------------- 
女子高校生サポートセンターColabo
HP: http://www.colabo-official.net/ Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
----------------------------------------------

■活動が取り上げられました!
<スーパーニュース>動画をご覧いただけます。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00286484.html

<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3545_all.html
 <ハートネットTV>JK・可能性を信じる http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-09/01.html

 ■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD) 
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)

2015年04月08日(水)

夜間巡回で出会ったおじいちゃんと、迷い鳩の保護

テーマ:日常
3日前、25時頃夜回りしていたらフラフラ歩いてるおじいちゃんがいた。

深夜徘徊?と心配になりつつ(この時声をかければよかった)、しばらくして来た道を戻ると、頭から血を流して倒れてた。

80歳で、飲んで転んでしまったよう。
救急隊と警官が来てくれて、大事はなさそうだった。

ご本人は状況がわからないようだったけど、「大丈夫だ」といいたげで、迷惑をかけたくないと思ったのか、自力で動こうとされていた。
でも動けず、頭から血が出ているから、診てもらおうと語りかけ、救急車に乗るとき、最後に「ありがとうございます」と口を動かしてくれていた。

その日の日中に財布を拾って届けていて、その時に対応してくれた交番の同じ警官が担当してくれたので、財布は持ち主に返ったことがわかってよかった。

血を流したおじいちゃんが動かないように語りかけながら救急車を待つ時間は、非行少年といわれる女の子たちと関わるよりも緊張して疲れてしまった。

でも見つけられてよかった。

そして今日、今度は鳩を保護しました;_;
{D5037446-4946-4944-94FE-24A9853C1C47:01}
一日中ベランダにいたそうで、フンだらけ。寒いから避難してるのかと思ったら、動かないしへんな体制で心配になり観察。

調べると、体を丸めて羽毛をふくまらしてるのは寒かったり体調が悪いときらしい。このまま死んだらどうしようと不安になり、ポップコーンを置いてみるが食べない。

人が近づいても動じない。足輪があることに気づき、ネット検索で「迷い鳩」とわかる。確かになんか珍しいっぽい鳩。でもそんなのあるんだ。

発見の連絡を「鳩協会」なるところにする。いくつかかけるが、受付時間終了している。

一件電話に出てくれたが、足輪の番号がわからないと、持ち主がわからず何の対応もできないとのこと。

捕まえて番号を確認しないといけないという。

無理だ…
鳥触ったことないし、怖すぎる。
こういうときに限って、鳩嫌いの親友のことが思い出される。笑

夢乃「今日は雪だったし寒いから避難してるのかと思ったんですけど、ずっと動かなくて…具合悪いのかなと思って…」と言うと、

「そんなに寒いんですか?だったら、早く暖かいところで保護してあげてください。もうすぐ暗くなると見えなくなってしまうので、今追い払うと帰れなくなってしまいます」と当たり前のように言われる。

夢「え、保護って、どうやるんですか?」

「ダンボールに入れてあげてください。」

夢「え、無理です!触れません!怖い!
どうしよう。でも寒くて死んじゃうかも??」

「はい、家の中が難しければ、ダンボールに入れるだけでも大分違うので、ダンボールに入れてお水とお米をあげてください。」

夢「え、えー、怖い。どうしよう。
家に入れてあげなくてもいいんですか>_<?」

と、電話でパニック。

とにかくやるしかない!と、
彼に伝えて確保。(やるのは彼。笑)
私は足輪の番号確認も怖くてできない。
でも鳩は意外とかわいい。
ダンボールにタオルをしいて入れてみる。

番号を確認しネットで持ち主の名前はわかったものの、窓口が留守電なので連絡先がわからず。

今日は特別寒いし、かわいそうなので、やっぱりダンボールを家の中に入れてあげた。

明日の朝あたたかくなれば家に自力で戻れるようなことを電話で言われたけど…

迷い鳩のサイトには、当たり前のようにこんなふうに書かれてる。

《休日期間中に迷い鳩を拾得された方はご面倒でも、水や穀物(ピーナッツ・豆・とうもろこし・米など)を与えて》

面倒ではないんだけど、鳩を触ったことがない人には、簡単なことじゃない。笑

とにかく、「うちを選んで来てくれたんだね」と思って保護中です。

お米をあげるといいと書いてあったので、支援者の方にいただいたお米を少し鳩ちゃんのダンボールに入れてあげています。

少年少女を保護したり、お泊まりに来てくれたりすることはありますが、鳩は初めて。

部屋に入れ、暖かくなったからか鳩ちゃんダンボールの中で動いてます(*_*)
私の投稿を読んだ方からのアドバイスで、
ホカロンを危なくないようにダンボールの外壁に貼って様子をみてみています。

このホカロンも、女の子のためにと支援者の方からいただいたもの。こんな形でも使わせていただくことになるとは!感謝です。

元気になってくれるかな。

みなさんも足輪をつけた迷い鳩を見つけたら、こうしてね。
----------
迷い鳩を保護された方は脚環配布表の番号をご確認頂き、該当の協会に、連絡をお願いします。
なお、当協会事務局(日本伝書鳩協会)は土曜日、日曜日、祝日並びに年末年始はお休みさせて頂きます。

休日期間中に迷い鳩を拾得された方はご面倒でも
水や穀物(ピーナッツ・豆・とうもろこし・米など)
を少々与えて様子をみて下さい。
もし怪我をしていたら、持ち主の了解のもとに小動物病院で治療をお願いします。



----------
追記 : 鳩ぴっぴのその後…

保護した鳩は、昨夜死んでしまいました。
今朝改めて伝書鳩協会に連絡すると「生ゴミとして捨てるか埋めてください」とあっさり…
その後持ち主に連絡がつきましたが、処分はそっちでという感じだったので埋葬してきました。

この死を一番残念に思っているのは、昨日保護したうちらかも…と複雑な気持ち。

羽が白くふわふわで、首元が緑にキラキラ光る2012年生まれの綺麗な鳩でした。

最後に来てくれてありがとう(*^^*)
桜の木の下へ。
{E039E493-E1BA-4C47-B3E5-55DA5545BFA9:01}

*****
 ※Colaboでは、10代少女を支える活動を行っています。 
サポーター会員や、活動資金、物資のご寄付を募っています。

ご支援のお願い:http://goo.gl/oFEPyb

賛同してくださる方は、HP(http://www.colabo-official.net/)よりご連絡の上、ご支援よろしくお願いいたします。

他にも、活動やブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。
---------------------------------------------- 
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
 ---------------------------------------------- 
女子高校生サポートセンターColabo
HP: http://www.colabo-official.net/ Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
----------------------------------------------

■活動が取り上げられました!
<スーパーニュース>動画をご覧いただけます。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00286484.html

<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3545_all.html
 <ハートネットTV>JK・可能性を信じる http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-09/01.html

 ■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD) 
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)
2015年04月01日(水)

女の子同士のつながりに。

テーマ:女の子と♩
昨日は朝から女の子に会いに地方の病院へ。似た苦しみを経験した高3の子が書いてくれた手紙とテレカを持って。
{A412A499-4898-4CFE-8D56-AD1D034BE67E:01}

前は「こんな自分がもらっていいの?(支援者の想いを知ったら)もったいなくて使えない」と言って大切にとっていたので、今回はあえて使用途中のを集めていきました。

{B9D1D667-829D-4F90-9517-E860A76A519B:01}
18歳のお姉さんからの手紙を読んで、彼女も想いを言葉にしようと勇気を出してくれました。

どんなにたくさんの大人がお手上げしても、専門家に勘弁してくれといわれても、関わり続けたいと思っています。

私たちは待っているよ。
心からの笑顔でまた笑い合える日を。


今日はこれから北海道へ。
女の子に会いに向かっています。

東京は桜が満開だけど、北海道は寒そう!
ダウンとブーツで来たけど大丈夫かな?!笑

行ってきまーす(*^^*)

*****
 ※Colaboでは、10代少女を支える活動を行っています。 
サポーター会員や、活動資金、物資のご寄付を募っています。
 ①サポーター会員募集:http://goo.gl/oFEPyb

②物品寄付:http://goo.gl/AJSUsg
 ③難民高校生を送ろうプロジェクトへのご支援:http://goo.gl/WxzQJy

賛同してくださる方は、HP(http://www.colabo-official.net/)よりご連絡の上、ご支援よろしくお願いいたします。

他にも、活動やブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。
---------------------------------------------- 
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
 ---------------------------------------------- 
女子高校生サポートセンターColabo
HP: http://www.colabo-official.net/ Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
----------------------------------------------

■活動が取り上げられました!
<スーパーニュース>動画をご覧いただけます。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00286484.html

<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3545_all.html
 <ハートネットTV>JK・可能性を信じる http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-09/01.html

 ■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD) 
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)
2015年03月30日(月)

【感謝】難民高校生出版から2年

テーマ:Colaboとは?
二年前、大学卒業に合わせて難民高校生が発売されました。この本を通して、たくさんの女の子や想いある方々と出会えました。感謝です。

この本を書いたことで、私も当事者から経験者になったと感じています。今ではかけない生の言葉。
まだの方にはぜひ手にとってみていただきたいです。

{3E35F5E3-AA65-4C57-9E9C-5B91E20E22F7:01}
2013.03大学の卒業式にて。

*****

Colaboでは、10代少女を支える活動を行っています。

サポーター会員や、活動資金、物資のご寄付を募っています。


①サポーター会員募集:http://goo.gl/oFEPyb
②物品寄付:http://goo.gl/AJSUsg

③難民高校生を送ろうプロジェクトへのご支援:http://goo.gl/WxzQJy


賛同してくださる方は、HP(http://www.colabo-official.net/)よりご連絡の上、ご支援よろしくお願いいたします。他にも、活動やブログ、Facebookページのシェアなど、々な形でご支援いただけたら幸いです。

----------------------------------------------
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
----------------------------------------------
女子高校生サポートセンターColabo
----------------------------------------------
■活動が取り上げられました!
<スーパーニュース>動画をご覧いただけます。
<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇
<ハートネットTV>JK・可能性を信じる

■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)
2015年03月28日(土)

【報告】東京都青少年問題協議会・実態傍聴不可から、情報公開へ

テーマ:伝えたいこと。
昨日は、青少年問題協議会専門部会でした。
カリヨン子どもセンターの坪井弁護士と私から、青少年の実態と支援のあり方についてプレゼン。

制度の溝にいる「保護未満」とされる子どもたちの実態にみなさん衝撃を受けられていました。支援の現場ではそれが日常という現実に、どう向き合うのか。

都や委員のみなさんが、困難を抱える子どもたちへの支援の必要性を様々な角度から考え、本気で施策の策定に取り組んでくださることを願っています。

これは、都が各市町村におろす方針をまとめる会議です。少しでも現場で子どもに届くものにしたい。

もう一つ。
これまで会は傍聴可となっているものの、開催日や傍聴方法を告示することはなく、実質傍聴不可能となっていることに対して、おかしいのでは?と私は意見を言っていました。

都に問い合わせ、傍聴方法を確認し、ブログ等で告知したところ、前回たくさんの方が来てくださり(しかし傍聴席が5つ程しかなく、残りの方は部屋の外で会議のわずかな音だけ聞くことになってしまった)、これまでにないことで長年委員を務めてきた方も驚かれたようでした。

そのためか、今回議題に「今後の傍聴について」とあり(こんなことが議題になってしまうのか)、どうなることやらと思っていました。

はじめ、都から
《傍聴者がいると議論に差し支えがある場合は傍聴不可とできる。傍聴可の場合も開催は告示しない》
という新たな決まりを文書で提出し、提案されたので、

傍聴可といいつつあえて開催情報を公開しない理由や、実質傍聴できないようになっていることに対する説明を求めたところ、説明が理由になっておらず、以下のように決まりました。

《傍聴については、傍聴者が来ると自由な議論に差し支えがある(これも不思議な理由だと思うんだけど)ときなど、運営が判断した場合には非公開とできるが、傍聴可能な会に関しては日程や方法を都が公開する》

ここで一度開催情報は告示しないと決まってしまったら、今後長い期間実質傍聴できないような決まりができてしまうと思い、粘りました。

傍聴者がいると議論に差し支えがある場合とは、「議論の中で個人的なケースを紹介したり、情報扱いに差し障りがある場合など」と説明され、委員からは「ときには過激な議論も必要なこともあるのでは」という意見がありましたが、会議で個人的なケースを詳細に用いて議論する必要はないでしょうし、私にはイメージがわきません。

都としては、「生煮えの状態で情報が一人歩きするのを避けたい」とも言っていましたが、それについても、情報の取り扱いに対策をとればよく、どちらにせよ議事録で、施策策定までの過程は公開されるので理由にはなっていないと思うのですが…。

ひとまず、情報公開に応じ、実質傍聴不可という実態を変えてもらえてよかったです。

私は、多くの人に関心を持ってもらいたいと思っています。情報公開に関して誰かが強い意見を持っていなければ、なんとなく、面倒が起こらないように会が行われていることすら都民に知られない状況を怖く感じました。

青少年問題協議会に出席すると、私たち委員には2時間で2万円以上の報酬が税金からでます。
だけど、ただ座ってるだけだったり、寝ていたり、宿題を出さない委員がいるかもしれない。
誰の意見もないのに、何となく決まっていくことがあるかもしれない。

とくに、若い世代のみんなには、どんなふうに自分たちのことが議論されているのか、傍聴に来て知り感じて欲しいです。

青少年問題協議会なんてものがあることを、多くの人は知らないと思います。私もそうでした。

青少年抜きで、大人がどんなふうに青少年問題を議論しているのか、見てほしい。東京都が青少年問題をどうとらえ、どのような方針を持って子どもと関わるのかを。

若者からしてみると、違和感のあることもたくさんあるはずです。私もこういう会議は初めてで、色々とショックを受けつつですが、委員の方々と積極的に意見交換し、真剣に取り組んでいきたいと思っています。

次回は4/8の10時~。平日の朝からですが、傍聴に関心のある方は都に申し込みを!


・今期議事録:http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/09_30ki_menu.html  ↑議員からの卵子発言など、見られると思います…

*****

Colaboでは、10代少女を支える活動を行っています。

サポーター会員や、活動資金、物資のご寄付を募っています。


①サポーター会員募集:http://goo.gl/oFEPyb
②物品寄付:http://goo.gl/AJSUsg

③難民高校生を送ろうプロジェクトへのご支援:http://goo.gl/WxzQJy


賛同してくださる方は、HP(http://www.colabo-official.net/)よりご連絡の上、ご支援よろしくお願いいたします。他にも、活動やブログ、Facebookページのシェアなど、々な形でご支援いただけたら幸いです。

----------------------------------------------
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
----------------------------------------------
女子高校生サポートセンターColabo
----------------------------------------------
■活動が取り上げられました!
<スーパーニュース>動画をご覧いただけます。
<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇
<ハートネットTV>JK・可能性を信じる

■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)
2015年03月28日(土)

一緒に食べたご飯

テーマ:女の子と♩
原点の一つであるこの瞬間。
写真が出てきて胸いっぱいになる。
{F3F661F8-0507-4817-B1DC-8BD0F3C0319B:01}

弟のような大切な大切な存在を探し回り、ようやく再会できた奇跡の夜、急遽作った手料理にみせた涙。

翌朝、また必ず会うぞ、信じてるぞ、頼むぞと想いを込めた朝食をぺろっとたいらげて。カレーも冷凍できるように持たせた。愛を込めて。
{1A93D4DB-62D4-4367-A1A2-5828F2C6F927:01}

私は毎日目のつくところに、一緒に過ごした日々の写真を飾っています。これからもできることをし続ける。

このときも、今この瞬間の大事さを理解してくれる友人の協力があり(鍵を渡して、家を丸ごと貸してくれた)、一緒に過ごすことができた。一緒にご飯を食べることができた。私たちは泣き、笑い、励まし、励まされ、喝を入れ、抱きしめた。

どこかで覚えててくれたら、どうしようもなくなったときでもいいから、駆け込んでくれたらと、今もこれからも思ってるよ。
{55D87D48-986D-41E9-9B63-698F3245A63E:01}

{F69F2CB6-1634-4B45-901C-BBC91CB5C1C2:01}


*****

Colaboでは、10代少女を支える活動を行っています。

サポーター会員や、活動資金、物資のご寄付を募っています。


①サポーター会員募集:http://goo.gl/oFEPyb
②物品寄付:http://goo.gl/AJSUsg

③難民高校生を送ろうプロジェクトへのご支援:http://goo.gl/WxzQJy


賛同してくださる方は、HP(http://www.colabo-official.net/)よりご連絡の上、ご支援よろしくお願いいたします。他にも、活動やブログ、Facebookページのシェアなど、々な形でご支援いただけたら幸いです。

----------------------------------------------
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
----------------------------------------------
女子高校生サポートセンターColabo
----------------------------------------------
■活動が取り上げられました!
<スーパーニュース>動画をご覧いただけます。
<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇
<ハートネットTV>JK・可能性を信じる

■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)
2015年03月27日(金)

【メディア掲載】日経ビジネス「福祉行政は風俗産業に敗北している」

テーマ:メディア掲載
日経ビジネスにインタビューが掲載されました。

「福祉行政は風俗産業に敗北している」 http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150323/279042/?ST=smart
{3018916D-AEF4-4EC1-AF55-F5BCC737C085:01}

 
何とかせねば、何かしたいと思った方、ぜひ活動を支えてください!詳しくはColaboHPから。

ちなみに、記事にある、あるパーティとは日経のウーマンオブザイヤーの受賞パーティーのこと。笑

『この間あるパーティーに呼ばれて。「輝く女性賞」みたいなやつ。その人たちはエルメスとかのバッグを持って、とてもキラキラしている。この人たちに、もっと知ってもらいたい』

*****

※Colaboでは、少女を支える活動を行っています。

サポーター会員や、活動資金、物資のご寄付を募っています。


①サポーター会員募集:http://goo.gl/oFEPyb
②物品寄付:http://goo.gl/AJSUsg

③難民高校生を送ろうプロジェクトへのご支援:http://goo.gl/WxzQJy


賛同してくださる方は、HP(http://www.colabo-official.net/)よりご連絡の上、ご支援よろしくお願いいたします。他にも、活動やブログ、Facebookページのシェアなど、々な形でご支援いただけたら幸いです。

----------------------------------------------
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
----------------------------------------------
女子高校生サポートセンターColabo
----------------------------------------------
■活動が取り上げられました!
<スーパーニュース>動画をご覧いただけます。
<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇
<ハートネットTV>JK・可能性を信じる

■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇