女子高生サポートセンター・Colabo代表。
『難民高校生』『女子高生の裏社会』http://amzn.to/UJOeLD 著者。第30期東京都青少年問題協議会委員。

高校(中退)時代は毎日渋谷で過ごし、段ボールの上で寝たことも。少女たちと共に声を上げ、支え合い、暴力のない社会へ。
ご支援・取材・講演のご依頼はこちら→ http://www.colabo-official.net/

【お願い】アメンバーは受け付けていません。ブログメッセージでの講演や取材の御依頼・活動に関する問い合わせもお断りしています。大人の方(返信が必要なご連絡)はHPよりお問い合わせください。応援メッセージをくださった方は、ありがとうございます!

----------------------------------------------------
すべての少女に「衣食住」と「関係性」を
----------------------------------------------------
女子高校生サポートセンターColabo
 HP: http://www.colabo-official.net/
 Facebook: http://www.facebook.com/colabo.official
----------------------------------------------------
■活動が取り上げられました!
<クローズアップ現代>広がるJKビジネスの闇
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3545_all.html
<ハートネットTVブレイクスルー>JK・可能性を信じる
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-09/01.html
----------------------------------------------------
■書籍情報
『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(http://amzn.to/UJOeLD)
『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル-』(http://amzn.to/168j0PY)
----------------------------------------------------


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-24 08:00:15

ミルフィーユ鍋の偶然

テーマ:女の子と♩


夜ご飯に、コラボで高校生とミルフィーユ鍋作って食べて、一人暮らししてる別の子に「今日ごはん食べた〜?」と聞いたら、彼女もお家でミルフィーユ白菜作って食べたんだって!嬉しい偶然。
{20768462-91F5-4AD8-8489-E92BE07B1A11}

{F3C43CF1-D2F5-4E80-9271-7F5217ADC776}

***
Colaboでは、中高生世代を中心とする女子を支える活動を行っています。以下のページに必要としているご支援のお願いを記載しています。

私たちの活動は、個人の方の想いとご支援に大部分を支えられています。これからも、細くても、長〜い応援、よろしくお願いします!

《ご支援のお願い》
http://goo.gl/oFEPyb

《Amazonからの物品寄付》
http://goo.gl/24g9zt
AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-01-22 12:00:36

布団カバー

テーマ:Colaboとは?
昨夜、ある女の子が選んだシーツ。
新しくお贈りいただいたもの。
{2649D027-B1EC-47B7-A01C-86A36D8FAB24}
「きゃー何これ!誰か送ってくれたの?テンション上がる〜」と高校生。

欲しいものリストから寝具などお送りくださった方々、ありがとうございます。大切に使わせていただきます。色々お送りいただいているからこそ、好きな柄を「選べる」っていうのが、また嬉しい。

コラボでは、緊急時の保護だけでなく、
今日は家にいられない、家では眠れないから仮眠したい、家のガスや電気が止まったときや、親の恋人が遊びに来るから家にいられないなど様々な事情で家にいられない時や、お風呂や洗濯機を使いたいときにも使えるようにしています。

今まで布団が5枚しかなくて、大勢集まるときなど足りなくて窮屈な思いをさせちゃってたので追加で5セットご寄付を募り、さっそく使用しています。ありがとうございます☺️


***
Colaboでは、中高生世代を中心とする女子を支える活動を行っています。以下のページに必要としているご支援のお願いを記載しています。

私たちの活動は、個人の方の想いとご支援に大部分を支えられています。これからも、細くても、長〜い応援、よろしくお願いします!

《ご支援のお願い》
http://goo.gl/oFEPyb

《Amazonからの物品寄付》
http://goo.gl/24g9zt
AD
 |  リブログ(0)
2017-01-21 15:15:22

朝ごはん

テーマ:Colaboとは?
朝ごはん。
{36114C6F-4E55-480E-89DD-8ECFC1B7C59E}
女の子がシェルターに宿泊してると私も朝から起きて食べて健康的に。応援者の方にいただいたドレッシング、おいしい!


コラボでは、緊急時の保護だけでなく、

今日は家にいられない、家では眠れないから仮眠したい、家のガスや電気が止まったときや、親の恋人が遊びに来るから家にいられないなど様々な事情で家にいられない時や、お風呂や洗濯機を使いたいときにも使えるようにしています。


今まで布団が5枚しかなくて、大勢集まるときなど足りなくて窮屈な思いをさせちゃってたので追加で5セットご寄付を募り、さっそく使用しています。ありがとう。

***

Colaboでは、中高生世代を中心とする女子を支える活動を行っています。以下のページに必要としている物品やご支援の方法を記載しています。


《ご支援のお願い》

http://goo.gl/oFEPyb


《Amazonからの物品寄付》

http://goo.gl/24g9zt


《シェルター開設・運営応援サイト》

虐待などを背景に家に帰れない少女が夜間駆け込める「一時シェルター」を開設・運営したい!

http://japangiving.jp/p/2148


他にもブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。


--------------------------------------------

すべての少女に

「衣食住」と「関係性」を

--------------------------------------------

女子高生サポートセンターColabo

HP:http://www.colabo-official.net/

FacebooK:http://www.facebook.com/colabo.official

--------------------------------------------

AD
2017-01-21 10:00:55

『難民高校生』文庫版!

テーマ:日常

書店で『難民高校生』の文庫版を探したらサシで置いてあったんだけど、店長さんにお声がけしたら目立つところに置いてくれました即席POPも書いてきました!ありがとう✨

{BCB3B56A-DF53-4864-9CDE-0A5676835A99}

{8AA8EF38-25D8-4BC5-89FE-422A66E5032D}

単行本や『女子高生の裏社会』も売れ続けていて12月にも売れたんだって。嬉しい。たくさんの人に手にとってもらえますように‬


***

Colaboでは、中高生世代を中心とする女子を支える活動を行っています。以下のページに必要としている物品やご支援の方法を記載しています。


《ご支援のお願い》

http://goo.gl/oFEPyb


《Amazonからの物品寄付》

http://goo.gl/24g9zt


《シェルター開設・運営応援サイト》

虐待などを背景に家に帰れない少女が夜間駆け込める「一時シェルター」を開設・運営したい!

http://japangiving.jp/p/2148


他にもブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。


--------------------------------------------

すべての少女に

「衣食住」と「関係性」を

--------------------------------------------

女子高生サポートセンターColabo

HP:http://www.colabo-official.net/

FacebooK:http://www.facebook.com/colabo.official

--------------------------------------------

 |  リブログ(0)
2017-01-19 13:27:03

「誕生学」でいのちの大切さがわかる? - 綺麗事で子どもを追い詰めないために

テーマ:Colaboとは?
私の講演などでもご著書をオススメしている松本 俊彦さんによる文章がアップされています。書籍『子どもを守るために知っておきたいこと』で書かれている重要な指摘です。

**

「誕生学」でいのちの大切さがわかる? - 精神科医 松本俊彦

》最大の自傷とは、「つらいときに人に助けを求めないこと」、すなわち援助希求能力の乏しさです。これこそが、彼らの自殺リスクを高める根本的原因と言ってよいでしょう。

》「誕生学」のような「いのちの大切さ」を伝える自殺予防教育がなぜマズイのかという問いです。最大の問題は、自殺予防教育が「道徳問題」にすり替えられている点です。

 すでに1割の子どもたちは自分を傷つけており、高い自殺リスクと「援助希求能力の乏しさ」という特徴があります。そのような子どもたちが、「いのちの大切さ」という道徳的な講演を聞いて、「よし、勇気を出して担任の先生に相談してみよう」という気持ちになるでしょうか?

 まさか。むしろ、いっそう助けを求めることを躊躇するようになるでしょう。

 それどころか、1割の自傷経験者はこう思うでしょう。「いのちが大切ならば、なぜ自分ばかりが殴られ、いじめられてきたのか」、「なぜ『あんたなんか産まなきゃよかった』と言われるのか」と。自殺リスクの高い子どもの多くは、家庭や学校で様々な暴力や自らを否定される体験にさらされる中で「人に助けを求めても無駄だ」と絶望しています。そんな子どもたちにとって、「いのちの大切さ」などという言葉は気休めにもなりません。 

 断言します。自殺予防のために必要なのは、道徳教育ではなく、健康教育です。それは、1割の少数派の子どもたちに「つらい気持ちに襲われたとき、どうやって助けを求めたらいいか」を教え、9割の多数派の子どもたちに「友だちが悩んでいたら、どうやって信頼できる大人につなげたらいいか」、「そもそも信頼できる大人は、一体どこにいるのか」を教えることです。

 それでは最後に、私たちはどうすれば「信頼できる大人」になれるのでしょうか?

全文はこちら 

**

私も、「誰もが愛されて生まれてきた」とか「子どもは親を選んで生まれてきた」というような、医学的根拠のないことを含むスピリチュアル的なメッセージを発信する大人には、うさんくささを感じてきました。

そう信じることで、その人自身が救われているのかもしれず、それだけならいいんだけど、そういうことを信じている人の中に、子どもを救いたがったり、支援したがり、教えたがりの人が多いんです。というか、誕生学協会が、講師になれる人を増やして教えを広めるやり方をしているんだけど。

その言葉に追い詰められる人がいることを知ってほしい。特に苦しい状況にある子どもにはそんな声かけしないでほしい。だけど学校でそういう授業を導入するところも増えてきていることに危機感を持っています。

「生まれてくれてありがとう。命は素晴らしいもの!」と、当たり前のように語り、それを子どもに押し付けようとする人に出会うと私もドン引きしますが、そういう人が結構いることを活動する中で実感しています。そういう考えを押し付けることが、むしろ苦しい状態を産み出すことになっています。

私が講演で、子どもに言わないほうがよい言葉・要注意な言葉として紹介している「親からもらった命なんだから」に通じるような教えや、
「誰もが生まれてきたことを喜びと感じられたら生きることが楽しくなる」とか「あなたは愛されて生まれてきた」とか、「自分を大切に」「命は大切なものだから死なないで」「自分を傷つけたり、死にたいなんて言わないで」というようなメッセージを(しかも関係性のない中で)伝えることは、今苦しんでいる子どもや、これから苦しいことに直面する可能性のある子どもの、助けを求める力を奪います。(誕生学協会のHPや関係者のブログにはそういうような言葉がたくさん散りばめられています…)

Colaboの活動や女の子たちのことを応援してくれる方の中にも、誕生学の教えを信じている方もいて、だからこそあえて伝えたいです。

特に、コラボと繋がってくれる女の子たちには誕生学はNGです。ある中高生は「そんな話聞いたら、死にたくなる。」「綺麗事かよ」と言います。その通りだなと思います。

私も、『難民高校生』に書きましたが、10代の時、親に無理やり連れていかれた、親が信じきっていたカウンセラーに「だりー。死にてー」と言ったら、命の大切さを説かれたことがあり、「ああ、この人も何もわかっていない」と死にたい気持ちを強くしたことがあります。

松本先生が精神科医の立場から、そのリスクを伝えてくれたことに感謝します。

自殺リスクの高い人への援助や対応については、松本先生の以下のような本に詳しいです。オススメなので読んでみてね。

『もしも「死にたい」と言われたら』
『自分を傷つけずにはいられない 自傷から回復するためのヒント』
『自傷・自殺する子どもたち (子どものこころの発達を知るシリーズ)』
『中高生のためのメンタル系サバイバルガイド』


追記(1/20):この記事を書いたら、数時間後に誕生学協会から、事実と違う情報になるので取り下げろという連絡があり、驚きました。

何についてどう事実と違うのかなどの説明はなく、松本先生の指摘に対して弁護士が動いていることなどを伝える内容でした。必死なのかもしれないですが、やり方がすごいなと思いました。

一方で、虐待など様々な理由で家族関係に悩んだり、いじめや孤立を経験した当事者などから、「こんなことを教える学校があるなんて信じられない…」など、記事に共感し、誕生学の授業は問題性を指摘する声がたくさん届いています。

誕生学協会の授業は小中高校などだけでなく、児童養護施設や少年院などでもされていて…子どもへの影響が心配です。

***

Colaboでは、中高生世代を中心とする女子を支える活動を行っています。以下のページに必要としている物品やご支援の方法を記載しています。


《ご支援のお願い》

http://goo.gl/oFEPyb


《Amazonからの物品寄付》

http://goo.gl/24g9zt


《シェルター開設・運営応援サイト》

虐待などを背景に家に帰れない少女が夜間駆け込める「一時シェルター」を開設・運営したい!

http://japangiving.jp/p/2148


他にもブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。


--------------------------------------------

すべての少女に

「衣食住」と「関係性」を

--------------------------------------------

女子高生サポートセンターColabo

HP:http://www.colabo-official.net/

FacebooK:http://www.facebook.com/colabo.official

--------------------------------------------

2017-01-15 10:00:06

年越し合宿!②Colaoの年始

テーマ:日常
12/28〜1/1まで女の子たちと合宿し、一緒に年越しできました。

合宿の様子その①はこちら

元旦の朝。11時。
私の2017年はみんなを起こすことから始まりました!
{957EF7CE-D0DA-49EF-8DC4-ACF240B97FDB}
「おせちとお雑煮食べるよー!起きてー!」
と無理やり布団をはがしたので、高校生たち、起きてからもテーブルやソファで寝てた(笑)

この写真ではみんな眠たい顔(笑)
{8CB4C2FF-0DFF-4907-BF8E-3A6BE5B24956}
でも、食べると元気に◎
{20991F66-6A68-4AD0-A942-405850FFD0FE}
おせちは、大晦日に高校生とお重に詰めました。
初めて!という人も(^^)
{410F358F-1441-43DA-8573-9D6DC6C175AD}
食後は新春運試しビンゴ大会!
ビンゴカードがなく、急遽作ってもらったオリジナルカードで(笑)

自分で好きな番号を書きます。
{65190F36-E52E-4029-AADE-B48EFF49C7C8}
ビンゴした人から、景品を選びます。
{5D2CB4CC-E557-41F7-A884-02431ECB8DAF}
景品はマフラーやノート、タンブラー、ドライヤー、ハーゲンダッツチケット、ブランケット、ハンドクリーム、ハンカチなどでした。

そのあとは、スペシャルゲストが高校生たちへお年玉をくれました。実は、今回の合宿には、コラボの一期生のような存在が参加してくれていたんです。

Colaboは2011年、震災後に宮城県石巻・女川での高校生との出会いから、立ち上がりました。当時、大学生だった私は、ボランティアとして避難所を回る中で、中高生と仲を深めていきました。
その中で、家庭や学校に居場所がないと感じたり、苦しい状況にある中高生の存在は都会だけではなく、どんな地域にもいるんだと気づくことができました。

そこでの出会いがきっかけとなり、宮城県女川町にあった女川高校の生徒たちと一緒に活動することになりました。
{3CE40E79-6DD6-4409-93DB-2775382B5EE8}
今回合宿に参加してくれた彼は、そのときの生徒会長でした(写真中央)。

被災した自分の町のみんなを元気にしたい!と、「たまげ大福だっちゃ」というお菓子を一緒に開発。コンセプトも味もデザインも高校生が中心となって考えました。
でもこちらから購入できます!(詳しくは、難民高校生の後半に綴っているので読んでください。)

彼らとも、合宿したり、色々なところに一緒に行って活動したり、語り合ったりしました。
あれから6年近くたち、出会った時には17歳だった彼が23歳になってやってきてくれて、女の子たちにお年玉として、折りたたみのミラーやシャーペンをくれました!感動…。
{28A82EEC-E672-4E57-A8BD-8E9A04D4498A}
高校生たちもサプライズにびっくり。

また、女の子たちが、コラボのトイレにカバーがなくて便座が冷たいっ!と言っていたことから、便座カバーやスリッパ、そしてペン立てもプレゼントしてくれました。
{C2D9DA1B-6301-46CF-A471-57A7AF660A8F}
ペン立て、実はずっとなくて、空き瓶で代用してたんです(笑)コラボの事務所を見渡して、何か足りないものがないかと考えて買ってくれました。よくみてるなー。一緒に過ごす中で、自分も何かしたいと考えてくれたんだって。嬉しい。。

その後、初詣に行きました。
おみくじ大吉でした。
{FDA1DA9A-4E12-40FC-9C4E-00E50355F4DF}
お持ち帰りおせちセットを
参加できなかった人、女の子の妹や彼氏に作りました。
{F8366598-9276-4D85-8603-31DE9316FE88}

{00F4E71A-EE89-499E-B59D-778204C2E5F2}
この春休み、ある女の子が学校の宿題で、
「自分の家族について」「家族とは」ということをテーマにした作文が出たことに悩まされていました。

彼女は「自分の家族のことなんて書けない。自分にとって家族とは、一緒にご飯を食べたり、一緒にいて安心できる人のこと。うちの家族はそういう家族じゃないけど、自分もいつかそういう家族をつくりたい」と言っていました。

去年も別の子が「家族とは」というレポート課題があって苦しんでいました。二人の通う高校は、複雑な事情を抱えた生徒が多い学校です。それなのに、どうして…?と思います。

「家が安心できる場所じゃない」
「父親や母親がいない」
「家族が自殺した」
「家族に暴力を振るわれている」
「母親の彼氏に性的虐待されている」

「そんなこと、書けるわけないじゃん」と。

夏休みには、家庭で料理を作り、家族から感想をもらってくるという宿題に困っている高校生もいました。
キッチンを使える状態でなかったり、そもそも家で過ごせていなかったり、安心して過ごせる場所でなかったり、食材を買うお金や、フライパンや、ガスがなかったり、食べて感想を書いてもらえるような関係性でなかったり、親が仕事や病気で家にいなかったり…そんな子どもたちがいます。学校には想像力をもってほしい。

家族って、いろんな形があると思います。
血縁だけじゃないと思っています。
出会う女の子たち、一人ひとりのこと、妹のように、家族のように思っています。

今年もそんな関係性や他愛もない時間を大切にしていきたいと思います。

おせちや食材、年末年始をみんなで過ごすための資金をご寄付いただいた方々に感謝します。

去年は、たくさんの方に支えられた一年でした。
今年もどうぞよろしくお願いします。


***

Colaboでは、中高生世代を中心とする女子を支える活動を行っています。


現在、シェルター・自立支援ハウスで使用する布団が不足しています。こちらで、現在必要なものをお送りいただける方を募集しています。Amazonからの購入でコラボに届く仕組みです。 http://goo.gl/24g9zt


他にも、以下に必要としている物品やご支援の方法を記載しています。応援よろしくお願いします!


《ご支援のお願い》

http://goo.gl/oFEPyb


《Amazonからの物品寄付》

http://goo.gl/24g9zt


《シェルター開設・運営応援サイト》

虐待などを背景に家に帰れない少女が夜間駆け込める「一時シェルター」を開設・運営したい!

http://japangiving.jp/p/2148


他にもブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。


--------------------------------------------

すべての少女に

「衣食住」と「関係性」を

--------------------------------------------

女子高生サポートセンターColabo

HP:http://www.colabo-official.net/

FacebooK:http://www.facebook.com/colabo.official

--------------------------------------------

 |  リブログ(0)
2017-01-14 10:00:27

年越し合宿① Colaboの年末

テーマ:Colaboとは?
12/28〜1/1まで女の子たちと合宿し、一緒に年越しできました。年末年始を振り返ります。

12/27
‪大掃除〜〜!
高校生がキッチン綺麗にしてくれましたピカピカ
{8FD18947-4A80-4C79-9F37-A21540AF6CCD}
夜は、コラボに関わる大人メンバーで忘年会!
なんと朝3時まで語り合いました。いつも支えてくれてありがとう。感謝です。
{273EECE4-175A-433A-8186-6F5648835AD7}

12/28
女の子とカゴ2つ分の買い出し。2日分。
煮物用の鶏肉も2キロ予約。
「大家族みたいだね」と高校生。
{DB186612-0CFE-45A8-9C78-31863F5CBE42}
大きいカブ?大根?をいただきました!
{8FE2CBB7-59D0-475E-B65C-B60A75281634}
バイト帰りの高校生と深夜鍋。‬
‪お正月用に用意してた餅食べちゃう。
コラボは年始まで賑やかになりそうです。‬
{C645E426-DBCF-4074-8376-556F61BF0CA6}

12/29
大鍋でおでんを作りました!
{D74463F3-394E-40AA-B72B-9111346807F1}
いただいた大きなカブ?大根?で千枚漬けを。
{FC6FA686-011F-4E13-9ED1-00D4FC990DC6}
この日は私がモノをいろいろ床に落としたり、焼きそば作ってる時に火傷したり、唐辛子を触った手で目を触ってしまったり、ドジをいっぱいしたけど女の子たちが笑いながらフォローしてくれました(笑)
{1D3DB19F-12C0-4CF7-BE87-83593118602D}
応援者の方への年賀状をつくるため、寄付していただいた書き損じ&未使用ハガキを女の子たちが仕分けしてくれました。

新しいハガキに郵便局で交換。書き損じハガキや未使用の切手は郵送費として活用できます。お譲りくださる方はHPからご連絡ください!

お世話になっている方々への年賀状書き。
{C83FEF26-1C2E-4D28-BDF6-4A5FDBA42A5B}
バイトに行って帰ってきた女の子が「みんなで食べて」とバイト先でいただいてきたお惣菜。うれしい。深夜に食べてしまう。キリンビールのグラスで泡でカンパイ(ジュース笑)
{9327DFDB-4474-4C4C-9AD3-D00360043742}
夜遅くまでみんなで年賀状書きしたり、この一年をそれぞれが振り返ったりしていて年末感。

12/30
朝からお蕎麦やさんでお手伝い。だるーい、緊張してきた、うち接客無理、人と関わるの無理、めんどくさいよ〜とか言いながら、いざとなるとハキハキするのが微笑ましい。(笑)みんなに任せて、私はお泊りスペースの掃除と料理。
{227F22FB-179B-4C2A-94AB-A46C547496D2}
カードを使って、進路相談。
{248C69A9-38EC-4D04-B8E6-61232620688C}
お昼は、ハタチのお姉さんたちと一緒に高校生たちのバイト姿を観にお蕎麦やさんへ。

声も出して、頑張って働いてました!
{E08EBACA-7C99-41BD-98D8-900497BB8702}
夜ご飯は栄養満点。野菜たくさん。キムチ鍋、おでん、春菊のナムル、ブロッコリーとカリフラワー、餅、アドボ、漬物。
{FA4D9CF4-D170-42AA-A489-94FA2DA3F90F}
夜は20時〜22時まで、大晦日に販売する年越しそば、予約分の袋詰め!1500〜2000食分くらいパックしたかな?予約に合わせて、お蕎麦をパックにつめて、空気が入らないように袋詰めします。

これを去年まではお店の方が二人でしていたそうで、今年はコラボにお声がけいただいて9人で!コラボの大人たちもお手伝い。私たちが帰った後も、お店の方は作業してました。
{E3B7C547-8460-41AF-8D03-D5C8C95C4D0F}
今年から年末はのんびり〜ではなく、ハードな合宿になりそうな予感。

みんなが楽しそうでなによりですが、
きっと元旦には疲れてる。笑
でも幸せな時間です。

12/31
大晦日、大量の筑前煮とお雑煮をつくりました!一緒に作ってくれたO田さんに感謝です。
{0D13537D-9D9E-4DF5-905C-1FB265768A84}
試食の名の下、女の子がお蕎麦やさんでバイト中に大人たちで一足先に食べました(笑)
{11912243-7B93-4DCA-BC0E-138E369BAB13}
この日はお蕎麦やさんで5人の高校生がアルバイト。ホールと、年越しそばの売り子をしました。お店の方の親戚の小中高生も一緒に(^^)小学生男子が女子高生のお姉さんたちに照れてて可愛かった。笑

お店の閉店後、みんなで年越しそばをご馳走になりました!
{FC66FC18-6420-41BF-B184-E7D2B6D7DD4C}
えび〜❤️一人3本も❤️贅沢〜!
{C872A2C0-3B07-45C7-95A7-3A0F08411EF2}
みんな蕎麦もおかわりしてました!
{160ADC32-885E-47CE-9F36-D4596776F1A5}
最後に、お店の方から女の子へバイト代をいただきました。コラボに帰ってから、中身を確認してびっくり!お年玉として、多めにくださっていました。女の子たちも大喜び。機会をいただき、応援してくれて、ありがとうございます。
いつも、食べ物を提供していただくなど、お世話になっているお店なんです。

コラボに戻ると21:00。
2016年もあと3時間。
急遽思いたち、一年の振り返りタイム!

・2016年はどんな一年だったか
・よかったこと
・自分の変化
・来年の目標

を一人ずつ発表したあと、
その人へのメッセージを別の人から一言ずつ言うことに。
{2FBB3B62-ED1E-4C7B-B544-E1205F96799F}
一人ひとりの一年の振り返りを聞きながらも、コラボに来てくれたときの状況や表情、暴力や恐怖から逃げて来て疲れていたり、怯えていたり、言葉を発しなかったりした出会いから、「ああ、これがこの子の本当の表情なんだな」っていう姿を見せてくれるようになり、すれ違ったりぶつかった日もあったこと、それでも一緒にいられること、場と関係性を大切に想って一緒に作ってくれていることへの感謝や、安心して過ごしてもらえるようになった関係性を嬉しく思ったり…いろんな気持ちが溢れます。

女の子から女の子へのメッセージにも、一人ひとりの変化が感じられ、思いやりに溢れていました。

「初めは、派手な見た目の人はみんな自分の母親のような人だと思って遠ざけていたけど、偏見だったことに気づいた。出会えたことで、人を見た目で決めつけない自分になれたから感謝してる」

「最初は趣味もタイプも全然違うと思って、仲良くなれないと思ったけど、話してみたら生きて来た状況とか似てて、共通してる部分も多くて、仲良くなれてよかった」

「自分は自分の意見を無理に通そうとしちゃうことがあるけど、考えは人それぞれじゃない?とか言ってくれるあなたをすごいと思っている」

「いつも頑張ってるけど、もっと子どもになっていいと思う」などなど…。

妊娠中の女の子に
「赤ちゃんが生まれたら、買い物行きたい時とか、私が面倒みるから1時間くらいとか預けて!」と年下の女の子たちが言ったら、
「ありがとう。でも私買い物1時間じゃ終わらない!」と言われた子が返して笑ったり。

それぞれが、出会おうとしたり、変わろうと思ったり、人を信じてみたり、チャレンジしたり、相談したり…一つひとつを、自分で選んで、決めて、勇気を持って生きて来たから今があるんだなあと。みんなを尊敬します。

大晦日に初めてコラボに来てくれた高校生たちも振り返りに参加してくれました。ありがとう!
{EB93D1B2-DA4A-47FD-8869-192B3449A27B}

24時。除夜の鐘をつきにいきました。
高校生は夜中に、ダッシュしてた。
2016年の感謝と2017年のみんなの健康と幸せを祈りつつ。
{B84DB33C-537B-40DF-A174-8E3370E9D07C}

年末から大晦日、年明けも緊急の対応をしながらの年越しでした。年末もホームレス状態だったり、ネットカフェで過ごしたり、暴力や性虐待にあっていたり…苦しい状況にある女の子たちがいます。

今年も出会う女の子たちとともに、歩んでいきたいと思います。一人でも多くの人に、安心して眠ったり過ごせる場所がつくられるように、私も行動し続けます。

今年も応援お願いします。


***

Colaboでは、中高生世代を中心とする女子を支える活動を行っています。以下のページに必要としている物品やご支援の方法を記載しています。


《ご支援のお願い》

http://goo.gl/oFEPyb


《Amazonからの物品寄付》

http://goo.gl/24g9zt


《シェルター開設・運営応援サイト》

虐待などを背景に家に帰れない少女が夜間駆け込める「一時シェルター」を開設・運営したい!

http://japangiving.jp/p/2148


他にもブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。


--------------------------------------------

すべての少女に

「衣食住」と「関係性」を

--------------------------------------------

女子高生サポートセンターColabo

HP:http://www.colabo-official.net/

FacebooK:http://www.facebook.com/colabo.official

--------------------------------------------


 |  リブログ(0)
2017-01-13 12:02:59

顔をみにいく。

テーマ:女の子と♩

体調崩してる女の子のところへ食材を届ける。本当はご飯作ってあげたい状態だったけど、時間がなかったので、お湯を入れるだけで簡単に作れるアルファ米をとりあえずたくさん。味噌汁、デザートにもお湯を注ぐだけのもので。


「自分をちゃんと大切にできる自分で居たい」と言っていた。そう思えることって大きな一歩だし力だと思う。


女の子たちの調子が悪くて食べ物とか届ける時って、いつもそうできる関係性を嬉しく思う。何なら食べられるかなとか、どういうものがいいかなとか選んでる時間も好き。


今日は稲葉さんが選んでくれたんだけど、パスタとカレーは今のその子には無理そうなのでなしにしました。(笑)


「こんな状況だから、こんなもの用意してー!」と頼んで、すぐに動いてくれる仲間たちにも感謝です。


お正月だからという理由で、ぜんざいと、お湯注ぐだけでできる餅、豪華気分を味わうフカヒレスープも入れてあった。そういうユーモア?もいいなあ(笑)


アルファ米は、函館で出会った自立援助ホーム・ふくろうの家で暮らす女の子たちにクリスマスプレゼントを贈ったら、ふくろうの家の方がお裾分けしてくださいました❤️嬉しい!


***

Colaboでは、中高生世代を中心とする女子を支える活動を行っています。以下のページに必要としている物品やご支援の方法を記載しています。


《ご支援のお願い》

http://goo.gl/oFEPyb


《Amazonからの物品寄付》

http://goo.gl/24g9zt


《シェルター開設・運営応援サイト》

虐待などを背景に家に帰れない少女が夜間駆け込める「一時シェルター」を開設・運営したい!

http://japangiving.jp/p/2148


他にもブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。


--------------------------------------------

すべての少女に

「衣食住」と「関係性」を

--------------------------------------------

女子高生サポートセンターColabo

HP:http://www.colabo-official.net/

FacebooK:http://www.facebook.com/colabo.official

--------------------------------------------

2017-01-12 10:00:25

全国フェミニスト議員連盟の方々と

テーマ:講演活動

昨日は全国フェミニスト議員連盟のみなさんにお話させていただきました!

少女を性的に搾取する違法店などの摘発や規制だけでなく、教育や福祉や医療制度からこぼれる人のないように見直すこと、児童相談所や一時保護所の実態調査をして改善してほしい等とお伝えしました。

女性が少ない政治の世界で、共に声を上げてくれる方々だと思います。Colaboの街歩き研修に参加したり、議会でJKビジネスについて質問してくださった方々もいます。

{C90F81F0-6DF4-4FA4-A40A-CFF88864D33B}

新たに自治体が児相の開設準備を進めている地域もあります。その地域の議員さんたちにも、子どもの声を聞いて、ここに来てよかったと安心できる保護をとお願いしました。でもそれが具体的にどんなことなのかがわからないのだと思うから、こんな風になったらいい、こんなことが嫌だったという利用者の声を届けて行かねばと思ったし、そのために女の子たちのグループインタビューなんかもしてもらえるといいなあと思いました。


警視庁JKビジネス犯罪防止対策担当官からの報告では、最新の去年6月末の調査でJKビジネス店舗は207店舗に増えているとのことでした。

これは、店があることを警察が見て確認した数なので、事務所を構えなかったりマンションの一室を又借りしていて場所がわからないなどで実態を確認できていない店は含まれないそう。

こちらは5月発表のもの→ http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/kodomo/jk_business_comment.files/report.pdf

困難を抱えている子だけでなく「普通」の子が多く取り込まれていると指摘されていました。


JKビジネスについては、私も2014年に『女子高生の裏社会』(光文社新書)に書きました。「貧困層」や、経済的に困窮してはいないが孤立や精神面の不安などの困難を抱えている「不安定層」だけでなく「生活安定層」も取り込まれています。https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/433403814X/ref=mp_s_a_1_3?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&qid=1484124763&sr=1-3&pi=AC_SX236_SY340_QL65&keywords=%E4%BB%81%E8%97%A4%E5%A4%A2%E4%B9%83&dpPl=1&dpID=318BF6JD9tL&ref=plSrch


私は単に18歳未満だから青少年の性を売りにしてはダメというのではなく、「女子高生」という対象に性的な価値を見出すような商売自体が青少年の成長や安心安全にも悪影響だと思っています。


児童買春やJKビジネスなどについて、子どもの自己責任で語るのはやめて、取り込む大人の巧みな手口を学んで教育したり、そういう子どもを生みださないための努力をするのが大人の責任だと思います。性暴力によるトラウマへの理解やケアの充実も必要です。


それと、児童買春を「援助交際」という言葉で大人からの援助のように、「少女売春」として自主的で積極的なものばかりであるかのように語ったり、「遊ぶ金欲しさ」と簡単に考えるのもいい加減やめてほしい。そこに至るまでの背景や、そこにある暴力、支配の関係性を知ってほしい


お金を介することで暴力を正当化したがる大人も多いけど、児童買春の現場で、どんな暴力が起きていて、子どもたちがどんなトラウマを抱えて生きているのか知ってほしい。


「売春=遊ぶ金欲しさ、気軽に」などというイメージを持つ人に、そのイメージはどこから来ているのかと聞くと、多くの人は直接経験者に関わったことはなく、メディアの影響という。それは誰によって作られたイメージなのか考えてみてほしい。


私たちは『買われた』展」には10〜70代まで200人以上の売春経験者の女性が来場しアンケートに声を残してくれました。その声から、ブルセラブームと言われた時代にも、力や支配の中で、虐待や貧困の中で、そうせざるを得なかったという女性たちがいたことがわかりました。


少女の売春動機を「遊ぶ金欲しさで、洋服を買っていた」などと報道されることもよくありますが、私が出会う中高生の背景には貧困や孤立があって、私服を買えず、洗濯もできず、洋服代にした人もいます。コートや上着を持っていない人も少なくありません。うわばきを買ったり、給食費や修学旅行費、生活費や学費にした人もいます。


「手っ取り早くお金が欲しかった」という報道もよく見ますが、なぜ10代の子どもたちが、今すぐお金が必要になるのか、考えてみてほしい。日本社会に「援助交際」という言葉で植え付けられた児童買春に対するイメージの根深さと罪深さを、企画展を通して強く感じています。


こういうことを丁寧に説明していかなきゃとずっと思っているんだけど、日々の活動に忙しくできていなくて…今年こそは、と思ってます。


***

Colaboでは、中高生世代を中心とする女子を支える活動を行っています。以下のページに必要としている物品やご支援の方法を記載しています。


《ご支援のお願い》

http://goo.gl/oFEPyb


《Amazonからの物品寄付》

http://goo.gl/24g9zt


《シェルター開設・運営応援サイト》

虐待などを背景に家に帰れない少女が夜間駆け込める「一時シェルター」を開設・運営したい!

http://japangiving.jp/p/2148


他にもブログ、Facebookページのシェアなど、様々な形でご支援いただけたら幸いです。


--------------------------------------------

すべての少女に

「衣食住」と「関係性」を

--------------------------------------------

女子高生サポートセンターColabo

HP:http://www.colabo-official.net/

FacebooK:http://www.facebook.com/colabo.official

--------------------------------------------

2017-01-11 00:21:23

1/11 13時ごろ〜NHK シリーズ 暮らしと憲法 第一回 女性

テーマ:日常
本日11日(水)13:05〜再放送のこの番組。よかった。たくさんの人に見てほしい。女性の権利と憲法のこと。

憲法24条の草案は、当時GHQのスタッフだった22歳の外国人女性が書いたんだって。その方は日本で暮らした経験があり、その時に日本ではなんでも男性が決めて、女性はその一歩後ろを歩くという姿をみてきたと。

それで、日本の憲法草案を作るとき、女性の権利について入れたいと思って提案したが、日本政府はそれは日本の文化に合わないなどと言い、大反対したんだって。
女性の権利、社会福祉については憲法でなく民法に入れるべき…などと日本政府はいったけれど、民法を作るのは官僚的な男性ばかりだから、そんな人たちの考えにはそんなことはない。憲法に入れれば、民法にも入れられると思ったんだって。でも、そこで盛り込みたかった女性の権利についての項目は色々削除されたそう。

ああ、今の日本も同じだなあ〜と思ってしまうけれど、憲法の中には、そういう想いも盛り込まれているのだと知る。

番組最後のメッセージに私も闘い続けるぞーという気持ちにさせられました。

(この番組のディレクターさんは、2014年にブレイクスルーという番組で私のことを取材してくださり、2016年には私たちは買われた展に密着してETV特集を制作してくれた方(^^))
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。