保険の見直し相談「有料」‐保険コッケ【保険の選び方】有事に安心な保険設計

保険コンサルタント コッケの保険ブログ。ムリ・ムラ・ムダ、モレ・ダブリの無い保険設計。貴方・貴社は「有事に安心できる保険設計」ができてますか?コッケの保険相談・保険見直しは「有料」です。保険設計の玄人は「無料」「無償」で相談・保険アドバイスは致しません。

保険のコッケ 挨拶

コッケでは、保険のアドバイス・相談を「有料」で行っております。
「保険営業パーソン」⇒「保険代理店経営者」⇒「複数企業の経営者」という流れで現在に至ります。


個人や家族で必要になる保険、企業や経営者や従業員に必要になる保険、・・・・など保険にも色々あります。
色々な局面で資金は必要になりますが、普段は必要とされず、ある日突然必要とされる資金需要を満たすのが保険の役割と申し上げられます。
どんな局面で突然まとまった資金が必要になるかは個人や家族や企業で決まっておりまして、その必要となる局面で確実に資金調達できるよう「保険」を充てて行く・・・、それが保険設計です。


保険設計は素人には難しいですが、保険設計の玄人(プロ)には難しくありません。
保険設計の玄人という立場でアドバイスを「有料」で致します。
世の中には保険や共済など色々なサービスが存在しますが、貴方・貴社の予算の範囲内で最も適した保険や共済を貴方(貴社)の未来予定に組み込んで行き、未来の資金需要に応えられる状態を作って差し上げます。


保険設計は一般の保険営業パーソンの場合は「無料」ですが、コッケの場合は保険を売っても1円も手数料が入りませんので保険相談・保険設計サービスを「有料」で提供させて頂きます。
保険代理店であれば手数料が高い保険を顧客に売りつけるのが普通、一保険会社の雇われ営業パーソンならば自社の保険商品を良かろうが悪かろうがお客様に売りつけるのが普通です。

コッケの場合は「保険設計・保険アドバイス・保険相談」の対価として料金(コンサルティング料)を頂きますので、特定の保険を貴方(貴社)に売りつける事はありません。
コッケが行うのは、保険商品の販売では無く、「設計」「アドバイス」「相談」のみです。


保険外交員ではありませんので一切売りません、正確には現在は保険外交員ではありませんので「売れません」。
本当に貴方(貴社)のメリットとなる保険設計は、保険会社から販売手数料を貰っていたり、保険会社から給料を貰っていては出来ません。
保険設計・保険相談・保険アドバイスそのもので料金を頂いてるコッケのような立場の者で無ければできません。


コッケも保険営業パーソン時代は自社取扱いの保険商品のみ売っておりましたし、保険代理店の経営者時代は提携していた保険会社の保険商品のみ売っておりました。
保険営業パーソンや保険代理店経営者ではそうせざるを得ないのはご理解いただけるのではないかと思います。


コッケでの相談は全て「有料」となりますが、必要あればお声掛けください。


テーマ:

学資保険で戻り率の高い保険を探している方が多いようなので紹介しておきます。


学資保険で戻り率が高いのはアフラックの学資保険とソニー生命の学資保険です。
この2つが双璧を成します。


保険商品は後から後から出てきますので、もしかしたら新たな保険商品が出ているかもしれませんが保険業界ではアフラックの学資保険とソニー生命の学資保険が戻り率が高いという事で知られています。

実際、学資保険に関して「戻り率」重視で情報収集している方の多くは、アフラックの学資保険かソニー生命の学資保険のどちらかに入る事が多いです。


保険は商品の魅力だけでなく、「実際にいざという時に保険金・給付金等を支払えるのか?」という点もチェックが必要です。
幸い、アフラックもソニー生命も安定した保険会社なので支払いで問題が生じる事は無いと思います。

好きな方を自分で選べば良いと思います。


参考になると思いますので、アフラックとソニー生命の公式サイト内の学資保険ページへのリンクを張って置きます。
比べて良いと思った方に入ると良いでしょう。


ソニー生命の学資保険 ⇒ http://www.sonylife.co.jp/gakushi/

アフラックの学資保険 ⇒ http://www.aflac.co.jp/pmk12496/campaign/gakushi/index.html

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ガン保険と医療保険どちらに入るか?


【答】1つなら医療保険(入院・手術・通院)。


ガン保険と医療保険のどちらか1つしか入る余裕が無い場合は、医療保険を選んだほうが良いです。
理由は病気は「ガン」だけでは無いからです。
「ガン」以外にも入院の原因となる病気は沢山存在します。

「ガン」になった時だけしか人が入院せずに済むのであれば保険料が安いガン保険に入れ結構です。
しかし、現実には貴方が脳卒中で入院する可能性も心臓病で入院する可能性も肺炎で入院する可能性もあるのです。


また、入院する原因は病気だけではありません。
ケガをして入院する事もあり得るのです。

ですので、ガン以外の病気になった時もケガでも入院時に給付金がおりる医療保険に入っておいたほうが後々「お金の心配」をせずに済みます。


理想はケガでも病気でも、「入院」・「手術」時に給付金がおり、「通院」時にも給付金がおりるような入院保険に入っておくと安心です。

参考にガン保険と医療保険で一番有名なアフラック保険へのリンクを張って置きます。
ガン保険と医療保険の内容を見比べてみると良いでしょう。


ガン保険と医療保険を比較して自分が良いと思った方に入ると良いです。

アフラックのガン保険 ⇒ http://www.aflac.co.jp/gan/index.html
アフラックの医療保険 ⇒ http://www.aflac.co.jp/iryo/index.html

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
保険には、免責のようなものがあるんですよ。
戦争だとか天災時に、保険支払いの対象になる被保険者の数があまりに多過ぎると、保険会社も支払えませんので。
しかし、現実には天災である地震でも保険金や給付金をしっかり支払っております。

現在は東北地方の地震などの「天災」等で、一家の主を失い再建に多額資金を必要としている人も多いと思います。
こういう時に力となるのが「死亡保険」です。

「私は長生きするから大丈夫、死亡保険は不要!」と保険屋に対して言う方々が多いですが、死亡保険が不要になるのは純資産を数千万円や数億円くらい持っている一部の裕福な方々くらいのものです。
それ以外の方々には死亡保険は間違い無く必要。

いつも言ってますが、保険は必要になってからでは遅いのですよ。
目先の利だけでなく、何が貴方の人生に必要なのか?を、現在・将来を含めた時間軸という大局の中で、よく考える事です。
目先という小局だけを見て、利を判断しているようでは駄目です。
常に小局の利では無く、大局の利を追う事です。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。