【貧困ビジネス】

 自称NPO法人「あけぼのの会」(旧あしたばの会北大阪支部)の代表らが生活保護費を詐取したとされる事件で、同会代表の畑勲容疑者(47)=詐欺容疑で逮捕=が昨年5月から大阪市の生活保護を受給し、直後に転居を届け出て数十万円の敷金(礼金)扶助を受け取っていたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。

 転居先とされた神戸市内のマンションは約1カ月で退去、その間実際に住んでいたかは不明。大阪市に提出されたマンションの賃貸借契約書が偽造されていた疑いもあり、府警捜査2課は畑容疑者が本人名義の申請でも不正を行っていなかったか詳しく調べている。

 捜査関係者らによると、畑容疑者は昨年5月、大阪市の福島区役所から保護の開始決定を受けた。翌6月になって「神戸市灘区のマンションに転居する」として市に敷金扶助や引っ越し費用を申請、計数十万円が支給された。

 このマンションの管理会社によると、家賃3万9千円、礼金5万円で敷金はなかった。畑容疑者は6月28日、この条件で賃貸借契約を結んだが、約1カ月後には退去。「その間居住していたかどうかは分からない」(管理会社)という。

 大阪市への扶助申請の際、畑容疑者から市に提出された契約書は管理会社が作成した正規のものと異なっており、畑容疑者が偽造の契約書で水増し受給した疑いが浮上している。

 畑容疑者は同8月になって、再び大阪市の大正区役所に保護を申請し、受給が決定。新規で賃貸住宅に入居し、この際も数十万円の敷金扶助を受けていた。畑容疑者への保護費の支給は昨年12月まで続いていたという。

【関連記事】
貧困ビジネス 逮捕の自称NPO代表「囲い屋と違う。お礼は受け取ってない」 
「弱者の味方」実体は… 敷金扶助、群がる不動産業者
これが貧困ビズ「囲い屋」の手口、巧みに生活保護申請させ紹介料
大阪市が貧困ビジネス排除策 業者より先に受給申請者を囲い込み
「貧困ビジネス」で蓄財5億円 名古屋国税局、無料低額宿泊所運営団体を告発
「はやぶさ」帰還へ

<トキ放鳥>「若い方が適応早い」0歳4~5羽も(毎日新聞)
<菅首相>民主政調会長に玄葉氏を内定…閣僚兼務へ最終調整(毎日新聞)
<たちあがれ日本>中川氏、参院比例代表で出馬へ(毎日新聞)
【from Editor】黄砂アレルギー(産経新聞)
<野口宇宙飛行士>「すばらしい一歩」愛知工科大教授が評価(毎日新聞)
AD