医師と偽り岩手県立宮古病院(宮古市)に勤務しようとしたとして、県警宮古署は10日までに、医師法違反容疑で自称大阪市天王寺区、無職一宮輝美容疑者(44)を逮捕した。婚約者だという男性も同容疑者とともに医師を名乗っており、同署は男性からも事情を聴いている。2人は8日に宮古市入りし、10日から同病院で勤務する予定だったという。
 同病院によると、一宮容疑者は2008年11月ごろ、「報道で宮古市の医師不足の現状を知った。地域医療の手助けをしたい」と同病院に電話。同病院は数回面接した上で今年4月、2人を医師として採用することを決めた。 

【関連ニュース】
エステ会社社長ら3人逮捕=無資格で光脱毛
診療報酬、病院を重視=勤務医対策手厚く-10年度改定案・中医協
エステ店経営者に罰金=無免許でしみ取り
美容機器会社社長を再逮捕=無免許でしみ取り

居酒屋強盗、系列店店長刺し40万円奪う 大阪・西淀川(産経新聞)
AEDの日常点検、添付文書通りには3割弱(医療介護CBニュース)
草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
タンカーと接触?金沢沖で漁船転覆、1人不明(読売新聞)
車内で見つかった乳児遺体、外因死の疑い(産経新聞)
AD