5月4日の日記を書こう【GW特別企画!日記を1日書くごとに抽選会に1回参加できる】 ブログネタ:5月4日の日記を書こう【GW特別企画!日記を1日書くごとに抽選会に1回参加できる】 参加中
本文はここから



GW特別企画!アメブロ春の大抽選会
GW特別企画!アメブロ春の大抽選会



連休と山菜シーズンが重なるのっていいような悪いような
良いとこは毎日山へ行けるポケタンズ
悪いとこは毎日後始末に追われるフィフィ

美味しいけど嬉しいけど
休日を休日にしたいと
ちょびっと思うフィフィだよ

さてさて、今日もまた山菜料理

今日は「山菜の王様」と言われる しどけ、シドケ、モミジガサ、シトギ、モミジソウ

はっぱの形が、そのまま紅葉に似ているところかついた名前
こんな大きなのは当然食べない

このくらいから、もうちょっとだけ大きくなったところを食べる

山菜の王様と言われるだけの事はある
薫り高く、歯触りがよく、味わい深い山菜
艶のある葉もシャキッとした歯触りで
天ぷらにもおひたしにも極上の一品になる

モミジガサ(紅葉笠、学名:Parasenecio delphiniifolius)は、キク科コウモリソウ属の多年草。別名、シドケ、シトギ、モミジソウ。春、茎が20-30cmに伸び、茎先の葉がまだ展開しないものは山菜として食用にされる。

北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の湿り気のある樹林の林床、林縁に自生する。群生することが多い。~~転載

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%9F%E3%82%B8%E3%82%AC%E3%82%B5



しどけ  レシピ

採取してきたら
枯草を取り除き、水洗いし水気を切っておく
鍋にたっぷりのお湯に塩少々
茹でる→法蓮草の感覚
すぐに冷水にとり、よく冷まして水気を切り冷蔵庫へ

あ、同じく天ぷら用の分の葉は
生のうちに取り分けて置く
手に入ったら是非に作りたいのが
このシドケの葉の天ぷら
山菜天ぷらの中で
フィフィ的には独活新芽とこのしどけ葉天ぷらが双璧
甲乙つけがたい
どちらもそれぞれの美味しさがあり
どっちも是非に皆様に味わってほしい一品

おひたし
だし汁に味醂、醤油を入れ、おひたし液を作り
そこに10分程度入れて、軽く水気を切って
お皿に載せて召し上がれ
しどけを味わうためにもシンプルなおひたしが一番に思える


運よくたっぷりあるときは
ニラ玉ならぬ、しどけ玉も又美味しい
物凄い贅沢な一品
作り方はそれこそ、ニラ玉のニラをしどけ(茹で)に変えるだけ
茹でてあるから、加熱時間を短くするだけ
ニラとは違う香りの料理が出来上がる

和え物
味醂、ごま油、砂糖少々、酢少々、醤油ダレで和える 仕上げに胡麻振りかけ
胡麻の代わりに海苔も又磯風味になって美味しいよ

サラダ
マヨネーズとの相性良し
贅沢に生ハム添えて(普通のハムでも、シーチキン、カニカマでも)
醤油をぽっちり足す

豚肉と炒め
豊富にあるなら
その香りを生かして豚薄切り肉と炒める
しどけの癖の強さが豚肉の臭みを和らげ
いつもとは違う一品に















AD

コメント(4)