昨日書いた「ヒーリングの効果を出すには」。
別の角度からも書きました。

 

 

結果を出したいのに、出ない。

 

これは、とてもつらいことだと思います。

それはね、私も一時、すっごく悩んだから、その気持ちはわかります。

 

「引き寄せなんてなんじゃこらー!」

「ヒーリングとかもうどうでもええわー!」

って、やさぐれていた時期もあります。

 

そういう時に、

「結果が出ている」ということにフォーカスしよう

と言われても、私は響かなかったと思います。

 

だから、昨日の記事ですっきりしないし、

道が開けていかない、

つらいのは変わらない

・・・という方も、きっといらっしゃるだろうなと思うんです。

 

今日はもしかしたら、さらに「納得いかない!」ということを書いてしまうかもしれません。

 

が、ここ、鍵なので、書いちゃいます。

 

 

耳に心地よい励ましの言葉をいくらもらっても、その時はよくても、また後でがっくりきちゃいますよね。私はそうだったな。

 

だから、伝えるべきを伝えたいなと思うんです。

 

 

まず、こんな例をご紹介します。

 

 

ある方がヒーリングの練習会で「私は結果が出ていない!」とおっしゃっていました。恋愛についてのワークを行ったけれど、半年たってもまだ彼氏ができないとおっしゃっていたんですよね。それを聞いたその場にいたメンバー全員が思わずつっこみました。

 

「結果、出てるじゃないですか!」

 

実はその女性、最初にいらした時は、髪の毛はボサボサ、モスグリーンかグレーのつなぎを着てらしたんです。それがいい悪いはなく、あくまでご本人のしたいようにできるのが一番だと思います。その上で、男性が好むか好まないかを冷静に考えると・・・彼氏ができる可能性はなんだか低そうですよね。

 

ところが、半年後の練習会に現れた彼女は、肌ツヤもよく、お化粧もし、髪の毛はうるつやでくるるんと巻かれていました。かわいいピンクのセーターに、感じのよいミニスカートを合わせていたのです。

 

「外見、全然、違ってるけど!」

 

と、みんなにつっこまれた彼女は「え?」とびっくり。

この半年で、服装などの好みがどんどん変わり、最近はおしゃれにも興味が出ているとのことでした。

 

「それが、結果だとは思わないのですか? 今、願いが叶っている途中だとは思わないのですか? 前より明らかに男性受けもよさそうですけど」

 

そう聞かれ、その女性は「ああ!!!」とすごく明るい表情になりました。

「私は、『結果とはこうあるべき』という思い込みにとらわれてましたね! それ以外は『結果』として認めないみたいな! でも、そうか!時間軸の中にストーリーとして実現していくものでしたね!」

 

これ以降、彼女はたくさんの「結果」を受け入れられるようになったとおっしゃっていました。

 

 

 

とはいえ、ストーリーが長い(時間がかかる)願いは、時にハードです。私は子育ての悩みを持っていたことがあって、シータヒーリングの創始者であるヴァイアナさんに相談したことがあります。「息子さんが9歳になった頃には解決している」と言われ、まだあと3年近くあったので、「がーーーん、そんなにぃ・・・」って思いました。。。

 

 

実現までに時間のかかる願いばかりワークしていたら、待つのがつらいのは人の心理です。

 

だから私は、HFでもなんでもいいんですが、ワークする願いはいくらでも色々なものを持っているといいと思っています。

すぐに最終結果がでるもの、時間がかかるもの(タイムラグがあるもの)、大きな願い、中くらいの願い、小さな願い、様々な願いをどんどんやると、結果がはやいものに当たる確率もあがります。

 

そして、いっぱい願い事をもつと、ひとつに執着できなくなってくるので「あれは叶っただろうか?」と「あれ」を特定的に考えて悩む時間も減ってきます。すると、「いつの間にか、願いが叶ってしまっていた。振り返ると、結果が出ていた。」ということも起きます。

 

もちろん、あ、まだ叶っていない!ということにも出会いますけどね。

 

そういうものは、どうしたらいいか。

 

 

それはね、

 

「これを実現するために、自分がとるべき行動は何か?」を考えて、今までしなかったことを、ひとつでもいいからやる。

 

これです。

 

私たちの思いが具現化する場は、物理空間です。

物理空間のルールとして、アクション(行動)がいるんですよね。

うまくいっている人は、みんな、行動しています。

 

棚ぼたもたまにはあるかもしれません。

しかし、棚の下に立つことをしていなければ、棚ぼたは、床にぽとんと落ちて、誰にも発見されずに腐るわけですよ。

棚の下に行って、立つからこそ、棚ぼたを手にすることができるんですよね。

 

私も、結果が出ない願いに苦しんだ時期があるので、つらい気持ちはわかる気がします。今も、結果が出てないことも、ありますよ。

 

でも、それが、なんだろう〜〜。
と、いうのが、たどり着いたポイントです。大した問題ではないんですよね。

 

「たったひとつの願い」しかもっていなくて、それが「タイムラグが長いもの」であれば、こうはなれなかったかもしれません。

 

だからね、苦しんでいる方はぜひ、これを覚えておいて実践して欲しいのです。

 

 

・大小様々な願いたくさんを持つ

・結果が出ている、ということにフォーカスする

・実現のための行動をする

・いま、この瞬間を幸せに生きることにする

 

 

image

 

これは、ただいまお気に入りのナイティ。
ふわとろな触感に癒されております。

 

 

AD