いってきます!

テーマ:

ここ数日、引越しのための荷造りをしていたら、


お部屋の中がありえない散らかりようで・・・あせる


とてもブログにまでたどりつけない状態でした(-.-;




本日ふたたび荷物をヤマト便で送り、


ワタシも新居へ向かいま~す!!




よ・う・や・く!


新居が引き渡されたので、


お掃除 → リフォーム家


とりあえずは


・ 大掃除!


・ 床のワックスがけ


・ 壁を塗る

  呼吸する壁・珪藻土の塗り壁にします☆

  吸湿・消臭機能にすぐれているのだそうな。


・ 壁紙を張り替える

  塗り壁にしない部分は、クロスの張替え~


・ 和室→フローリングに♪

  畳をはずして、床板を張ります!


こんなものでしょうか。




今はまだ、家具がなーんにもないので、


荷物を開けることはできないのよねん・・・。


6月後半に、家具を買い揃えて搬入、引越しを完了させる予定ですラブラブ




なんだか、別居婚にも終わりが見えてきたワー!!


うれしいような、東京から離れるのがサミシイような・・・?!


AD

引越し開始!

テーマ:

ようやく新居のクリーニングも終わった、との連絡を受け、


本格的に引越しを進めることにしましたビックリマーク




といっても、


荷物をひたすら宅急便で送る、という地道な作業・・・(^^;


しかも、1ヵ月かけてゆっくりと・・・(笑)


東京からちょっと離れているので、


引越しやサンを頼むよりも宅急便の方が安いらしいのです。


さっそく昨日、


カレと使っていないものから荷造りし、送ってみました。




フツウの宅急便ではなく、ヤマト便というスタイルで送ると・・・


なんと!


数十個のダンボールなどを一気に送っても、ナゼか数千円で済んでしまう!


激安でした!!!




ちょっとずつ荷造りして、荷物がたまったら送る、


これからしばらく、その繰り返しが続きそうデス。


でも、6月末まで猶予があるので、少し楽チンかな~♪



それにしても、


荷造りって作業をストップさせる隠れ玉(昔の写真とか・・・)がたくさんあって


時間がかかってしまう~~~あせる


ワナに引っかからないようにしないと!!



AD

合羽橋デビュー☆

テーマ:

カレがパプアニューギニアから無事に帰ってきました~飛行機


なーんの連絡もないから、


飛行機が落ちてないか、海の藻屑となっていないか・・・


えらい心配しちゃいましたが、大丈夫だったみたいデス。


黒い顔がさらに黒くなって帰ってきました。


会うひと会うひと、家族にすら


「あなたたち オセロだね」


と言われちゃうワタシたちです・・・(T▽T;)




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆




そんなオセロなワタシたち・・・



昨日は合羽橋に行ってきました!!



合羽橋(かっぱばし)とは、

東京・浅草近くにある 「かっぱ橋道具街」 のコト。


昔から、台所用品の卸売り街として有名なところらしい。


そんなウワサを聞きつけ、


引越しに向けて、ゲスト用食器やその他キッチンツールを求めて行ってきました!




ほ~んと、たくさんのお店があるんですよぉ!!


ビックリしちゃいましたビックリマーク


ショーケースやサンプル品、のぼりや看板など飲食店向けのお店から、


和食器・洋食器・お鍋やカトラリー、レードルなどのキッチン小物まで・・・


台所用品なら何でもそろっちゃう!


しかも、有名&高級なブランドものから100円以下の食器まで、


選択肢がホントに幅広いんです☆


だから、数が必要なものはちょっと安めのアウトレット品にして、


カトラリーやキッチン小物はちゃんとした上質なものを・・・、と


思っても合羽橋だけで済んじゃうんですよ~♪




昨日は、来客時に使えそうな大皿&中皿などを買い揃えてきました音譜


今の悩みは、カトラリーナイフとフォーク


使いやすくて質のよいものを一揃えほしいんですが、


高くてもデザイン重視すぎると握ったカンジが今一つだったり、


フォークの形など使い勝手も考えてしまう・・・。


安くて軽いのは困るし。


カイ・ボイスン?


ittala?


ヘンケルス?


柳宋理?


WMF?


ま、数をそろえるものなので高すぎても買えないんですケドガーン


そこそこのお値段で、使いやすく上質なカトラリー・・・


オススメなものはありますか???




他に今狙っているのは、


圧力鍋ラブラブ


お料理上手を目指して、


ティファールのヴィタリーがほしい☆


と思っています。


圧力鍋、あると便利ですよね?!



AD

今日は、届いた写真からもう少し紹介します☆




こちらが会場。
吹き抜けになっている高い天井+一面の窓からの眺めで開放感バッチリ♪
それが気に入ってここに決めましたラブラブ
右手の高砂席に向かって、左側から高さがついて段々になっているので、
末席の家族からも高砂席がよく見えたようでした。
開始前は、陽射しが入ってこの明るさ!
終了までの光の移り変わりも楽しめましたキラキラ




こちらがレストランのエントランス。
水が流れる、涼しげなカンジなのニコニコ




受付に使ったグッズ☆
ウェルカムボードがお魚をモチーフにしたカレの手作り。
その近くに、和装の写真も飾りました~。




こちらはリングピローです☆
指輪をつけて結婚証明書といっしょに・・・。




こちらはレストラン前のロビー。
ちょうど桜の木のデコレーション でした~音譜



挙式のときのようす。
ダイニングホールの片隅が一段高くなっていて、
そこで宴内人前式☆



披露宴の入場シーン。
5時半くらいはまだ明るかったのヨ~晴れ < /div>



新郎からのウェルカムスピーチ。
初めて高砂席についてちょっぴり恥ずかしかったナ~ニコニコ




ケーキカット&ファーストバイトナイフとフォーク
このころにはうっすら夕暮れに・・・。 < /div>



スピーチを聞いているうちに・・・




徐々に暗くなって
また雰囲気が変わります星空
バックにはレインボーブリッジまで見えるのヨン♪




デザートブッフェコーヒー
ダイニングホールから階段を上ったところにあり、
一段と夜景がキレイなバースペースでした流れ星




さすがにワタシはお皿をもってあれもこれも♪
なんてできなかったけれど(笑)
ゲストのお皿から一口ずつもらったりしていました~!
ワタシたちもゲストも動き回っていろいろな人と話せた
貴重な時間でしたラブラブ




再入場前かデザートブッフェ前に
ホントにふつーにカレとおしゃべりしていたところをパチリカメラ
こんなの撮ってたとは知らなかったけれど、
自然に寄り添っていたシーンだったので
けっこうお気に入り♪




デザートブッフェのあと、
ラストスパートで食べまくりな二人(^^;
東京タワーがバックにキレイキラキラ




花束贈呈後、
新郎からの挨拶にて披露宴は終了~




ロビーでの送賓シーンです♪
送賓も一人ひとりと話していると、
意外と時間が経ってしまうものですよネ~あせる


やっぱりプロに撮っていただいた写真は違いますね☆

小物や装花もバッチリ写真に収めておいていただいて、

ホントに記念と思い出に残る、ステキな写真になりました~!!

あぁ~、お姫様抱っこで撮るのを忘れちゃったことが心残りしょぼん(笑)

さて!My Book 作りと焼き増しに励まねば~虹


今日は挙式・披露宴以外でかかった費用についてメモ



<二次会>


二次会は披露宴終了後、

20:30~23:00カレッタ汐留のダイニングバーで

40名着席ブッフェ+飲み放題ビール


二次会招待状 2,850円
二次会不足分 18,000円
クイズ用紙 520円
クイズ景品 11,500円
プチギフト用チョコレート 35,960円
二次会用衣装(ドレスとスーツをそれぞれ購入) 149,780円
二次会合計 218,610円

当日欠席したひとが数名いたので、会費\6000/人だけでは足りず自腹を切りましたしょぼん

(でも、コレは予測していたこと)

会費を安く設定したかったので、景品もプチギフトも完全にワタシたちからのプレゼントプレゼント


二次会については、

「披露宴から来てくれた人に負担をかけず楽しい時間を過ごしたい!」 

というコンセプトは崩したくなかったので、初めからカレもワタシも自腹は覚悟で準備しました。


とぉ~っても楽しかったので、やってよかったし、必要経費でした!

衣装は今後も使えるものなので、思ったほどの痛手ではナシ・・・。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



<和装前撮り>


和装前撮りは、いまだに記事にしていませんでしたね・・・あせる

結局、アートウェディング銀座さんで撮りましたカメラ

白無垢(綿帽子)+色打掛に、カツラで。

4枚アルバムに仕上げてもらい、ネガ&プリント買取。

焼き増しは自分たちで台紙をつけて両親へ送りました♪

また改めて記事にしたいな~。


和装前撮り 86940円
焼増し用台紙(3枚) 3630円
写真焼増し(2カット×3組) 2520円
和装前撮り合計 93090円




とりあえずこんなもんかしらね~?

あとはエステ(10万?!)とか・・・(笑)

ホント、湯水のようにお金を使った気もするけれども、何の後悔も残らない幸せな使い方ができたと思います☆



ちなみに、カレとの費用の分担の仕方は・・・

・ お料理・引出物・ペーパーアイテムなどは人数割り

・ ヘアメイク、アテンド、プルズ用ブーケなどはワタシ

・ ほかはだいたい半分ずつ

で金額を算出し、それにプラスαカレが多く負担してくれましたニコニコ



二人でいただいたご祝儀は、結婚式にかかった費用の半分くらい。

それに親から多めにもらったお祝いと、自分の貯金とでヤリクリしましたチョキ



ふぅ~、結婚式にかかる費用・・・

改めてみてみても、ホントいろいろかかりましたねビックリマーク

みなさまの参考になるかどうか・・・

わかりませんが、しばらく公開しておきま~す☆




こどもいる?いらない?

テーマ:

昨日は学生時代の友人と、名古屋発の味噌カツやさん 矢場とん  にぶーぶー


じゅうじゅうと味噌が香ばしく焦げるのがおいしくて、毎回鉄板とんかつを頼んでしまふ・・・。



そのあとワッフルまで食べに行ってしまい、6時間もおしゃべりし倒してきましたコーヒー


---------------------------------------


そこで、話題になったのが、最近テレビで見た


「自分に時間やお金を使いたい」、「子育てはわずらわしい」 から

「こどもは欲しくない」 という人たち


のコト。



男女とも20~30代の4分の1くらいのひとはそう考えているようで・・・、

でも、ワタシらそんな考えをまったく理解できないのです・・・ガーン



こどもができたら自由な時間も少なくなるし、育てるにはお金もかかる。


泣くし喚くし散らかすし、それに四六時中つきあうのは大変だと思う。


独身のときのように、オシャレしてお出かけできるチャンスも少なくなるし、


簡単に飲みに出かけたりもできない、


仕事も辞めなきゃいけなくなるかもしれないし、


続けたら続けたで送り迎えやシッター代に頭を悩ませるかも、


友達と恒例の海外旅行に行くこともできない、


途中でやめたくなっても育児はやめられない・・・、


大変な生活になるだろうことは誰でも容易に想像できる。


でも、そんなの何百年も前からわかってることではないか!


それでも、何千年も世界中の女のひとがやってきたこと。


そこには、


そんな苦労を負ってもなお手に入れたいくらいの喜びと幸せ、発見の連続があるからでは?


そして、何より生き物として自然なことだと思うのだ。





それを、なぜ 「自分の時間とお金」のために、「自分が苦労を背負いたくない」から、


こどもが欲しくない、という思考になってしまうのだろう???


何より、「子育てはわずらわしい」 ってあなた!

あなたもわずらわしい中、ここまで頑張って両親が育ててきてくれたのに!


その苦労は無駄だって言うようなものじゃないか!





友達と話して、深い結論にたどりついた。(笑)


「 そう思ってしまうひとの親は、


結婚してよかった、あなた方こどもができてよかった、


ということを伝えてこなかったんだね。


きっとこどもに対しても、旦那(=こどもの父親)への不満、


家事の大変さ、あんた達を育てるのにどれだけ大変だったか、


というグチばかり聞かせてきたんじゃないか?


ちょうど母親の世代は、


自分たちは主体的な仕事も任されることなく型どおりに専業主婦になるのが当たり前だったけれど、


次世代に自分でバリバリ稼いで家事に縛られずに生活する女性が生まれてきたのを


その目で見てきたひとたち。


専業主婦として負ってきた苦労を、「こんなはずじゃなかった」と思っているのかも。


だから、


結婚の素晴らしさ、こどもを育てる喜び、家庭を円満に守る主婦の役目をこどもに伝えられず、


こどももそんな親の姿を見て、


結婚生活、育児は大変だからやらないほうがいいのかも、と思ってしまうのでは? 」


あくまで一般論ですよ、一般論。しかも仮定のはなし。





ワタシ自身は、母親を10歳で亡くしたけれど、


それまでの記憶で父親と母親が夫婦として十分に愛し合っていて、


楽しく仲良しな家族を築いてきたことを十分におぼえていた。


だから、こどものころから、父と母みたいな夫婦になりたい、


うちの家族みたいな家族をワタシも作りたい!と思っていた。


親や家族をみて、結婚も育児も大変なのはわかったけれども、


結婚や育児で得られるもののほうが断然大きいと自然に知っていたから。


だから、


ワタシ自身、まだこどもができるかどうかはわからないが、


こどもが生まれたら、カレと結婚してどんなに幸せか、


こどもができてどんなに楽しい人生かを、心から伝えたいと思う。




一方で、ワタシも昨日あった友人もナースなのだけど、


たくさんの家族のカタチを見てきている。


もちろん、家族がいたらいたで問題も生じるわけで、


正妻のほかに内縁の妻がいたり、隠し子がいたり、


瀕死なのに一度もお見舞いに来ない家族や、患者の前で遺産争いする家族、


生命の危機になるとそんな事情も見え隠れする。


だけれど、


そういう問題を抱えた家族がいる以上に、


家族の病気に本当に心を痛め、自分のことのように苦しみ、


献身的に尽くしてくれる家族がいる患者さんをたくさん見てきた。


病気の時ほど、家族のありがたみを感じるときはないだろうし、


つらいことではあるが、


病気の時、亡くなる時になって家族はいつも以上にその力を発揮するものだ。




こどもはいらない、と言っているひとたちは、


自分が病気になった時、死ぬ時のことを少しでも考えたことがあるのだろうか?


つらい時に寄り添える家族がいない、


自分が病気になった時、頼れるこどもがいない、

(そういうときのためだけに、こどもを作るわけではないですが)


病気の時にそばにいてくれる家族がいないのは本当に心細いことだ。


年老いていくと、友人たちは家族の代わりにはならないのだし。




そりゃ、20代の今は、育児よりももっと楽しいことはいっぱいあるかもしれない。


旅行も買い物もおいしい食事も、好きなときに好きなだけ遊びたいだろう。


だけど、そんなのは長い人生ではたった10年やそこら、一時的なものだ。


そのうち一緒につるんでいた友達も違う道をいくようになる。


年をとると友達も死んでいく。


そんなとき、苦労して育てたこどもたちが成長し、


ともに苦労してきたパートナーと二人、のんびりしていると


孫を連れてきてくれたりする。


それは苦労したからこそ得られる幸せなのでは?


まぁ、必ずしも望んだからといって


立派に成長したこどもたちに元気な孫ができるとも限りませんけれど・・・。



この間祖母の葬儀に帰ったとき、本当にたくさんの親戚が集まった。


祖母は娘二人しかおらず、しかもそのうち一人(ワタシの母)は死んでいるのだが、


甥っ子姪っ子(ワタシの母のイトコにあたる)からそのこどもたちまで、


たくさんの人が来てくれ、一緒に食事をしてみると、本当に楽しいひと時だった。


そういう様子を見て、


祖母は頑固な祖父と結婚し、戦後の時代を乗り越えて、昔の人には珍しく働きもして、


娘二人を大学まで行かせ、でも一人は若くして死んでしまい、


本当に苦労だらけの人生だったかもしれないけれど、


そんな祖母のおかげで、これだけの親戚が家族としてなにかあれば集まり、


仲良く楽しい時間をいっしょに過ごすことができるんだ!


と、主婦が円満に家族を築き上げる裏方であることを、心から実感した。




もちろん、こどもを生むだけが女性の人生ではないのだろう。


それに代わる充実を仕事で得られる時代になったのかもしれない。


けれど、仕事は自分ひとりの努力である程度得られるものだが、


家族は自分ひとりの努力では得られない、貴重な絆である。


家族は、こどもを生んで作りあげていくもの。


そうしたいと思ってもできないひともいるのに・・・。


だから、こんな時代になっても、やっぱり「こどもなんていらないよ」とは


ワタシは思えない。


こんな時代になったから、


「20代のうちはこどもより仕事」と生む年令を自分で選んで仕事と調整し、


生んでからもベビーシッターやら保育園やら産休やら駆使すれば働くことも不可能ではないのだし。


それを、


自分勝手な理由で家族を作り上げる努力を避けようとするべきではないと


ワタシは思ってしまう。


昨日もかなりこの話題でヒートアップしてしまったが、


こう思えて仕方ないので、


どうにも 「こどもがいらない」 というひとの思考が


理解できないのでした。




長くなってスミマセン・・・(-.-;)



□□追記□□

ワタシ自身、こどもができる身体かどうかはわからないし、

「結婚したからにはこども生まなきゃ意味ない!」とか

「こども作るために結婚した!」とかは全然思わない。

むしろ、カレとはこどもができなくても、二人いっしょに生きていきたいから結婚したんだし。

ただ、ワタシが言いたかったのは、

イマドキ?のひとたちがこどもを生んで家族を築くことのマイナス面ばかりあげて避けようとすることに対して、こどもを生んで家族ができるのは素晴らしく楽しいことなはず!と目を向けてもらいたかっただけ。

「こどもなんてわずらわしいもの、絶対いらない!」と言い切っちゃうひとに「???」だっただけでごわす。

念のため。




今日は、結婚式の費用について ワタシが思うことペンギン



挙式のとき、お父さんからカレへバトンタッチ


最終的に100万円以上も費用がUpして、「最初と言ってることが違うじゃないか!」的なキモチもなくはなかったですが、でも、結果的にはナットクの気持ちのほうが大きかったデスニコニコ

最初の見積もりと比べてUpしているのは 

①人数が増えた 

②お料理を一人当たり約5000円グレードアップさせた 

③装花の料金がかさんだ 

(初回見積もりには、お色直し用&プルズ用ブーケ、贈呈用花束など入っていなかった)

のが主な理由。

①、②はこちらの都合なのでしょうがないし、③はやっぱり高いナ~とは思ったけれど当日の装花は見事!ワタシたちのイメージにドンピシャだったので結果OK。

あとは演出(ビアサーブ、BGM用に購入したCD代etc.)やウェルカムボード、全員写真などワタシたちがやりたくてやったことだし・・・。





う~ん、結婚式が終わってみると 100万円UPにも納得?!





・・・というより、


やっぱり何ものにも代えがたいシアワセな時間をもらえるのに金額は関係ナイ 


ってことでしょうかニコニコ




3時間ごときに数百万なんてありえないプンプン と思っていたワタシですが、

当日はホントにたくさんの人たちがワタシたちの結婚の祝福のために動いてくれるのです!


実際には新郎新婦はパーティーの前後合わせて約7時間会場を使わせてもらい、

その間担当プランナーさんを始めとする5~8名のプランナーさんたちがあれこれ準備や進行に動き回ってくれ、

料理長を始めとするシェフたち、10名ほどのレストランの礼儀正しいステキなスタッフたちがお料理をサーブし、

司会者さん、カメラマンさん、アテンドさん、ヘアメイクさん、それぞれパーティーの間中二人のためだけに付きっ切りであれやこれやと動いてくれる・・・。


そうしたたくさんの人たちの協力があって、はじめてワタシたち新郎新婦はゲストの方たちと心の底から楽しい時間を過ごすことができ、祝福を受ける喜びをかみしめる余裕を持て、また最高の1日をステキな気分のまま写真などに残すこともできるのですクラッカー



両親へ花束贈呈して新郎挨拶のとき
感動も幸せもMAX↑


実際にそれを味わってみると、それぞれこれだけのお金がかかるのはしょうがないことなのかなぁ~?と思えるし、自分たちが払える金額、納得のいく金額であれば、どれだけかかったとしても絶対にやってよかった!と思えると思う。

ワタシたちもかかった費用を計算してみても、今思えばどれ一つとしてこれ以上削らなくてよかったと思った。



たとえば、アテンドをヘアメイクさんに追加1万円で頼むか、提携店に3万円で頼むか悩んだときがあった。

ヘアメイクさんは結婚式場でブライダルヘアメイク&アテンドをやっていた人ではあるが、今はフリーでグラビアやTVのヘアメイクを担当している方。

ヘアメイクはもちろんバッチリなのだけど、アテンドは少々自信がない・・・とのこと。

安さをとるか、確実さをとるか悩んだむっ

でも、当日はただでさえ慌しいのは目に見えていたし、ワタシたちも緊張するであろう。

その中で会場の間取りもそのレストランでのウェディングも知らないまま、アテンドしてもらうのはお互い安心できない・・・。

そう思い、アテンドは普段から会場に出入りしている方にお願いすることにした。

2万円余分にかかったけれど、当日はかーなーり大満足!

ヘアメイクさんにはヘアメイクに専念してもらえたし、アテンドさんがどうしてもつけないときはヘアメイクさんもアテンド並に動いてもらえた(^^;

アテンドさんは、さすが本業!

常にワタシのドレスさばきを気にしてくれ、涙を流すとさっとハンカチが!

さらに、会場のあちらこちらから入退場したのだけど、全て経路も把握しているし♪

やっぱりそれぞれプロにお願いしてよかったと思いました。


*あとから聞いたところによると、当日のアテンドさんはアテンド専門会社をご自分で立ち上げた社長サンでした(*^.^*) 

しかも、その会社のHP見たらアテンド料金はワタシのお支払いした額と同じ。

っつーことは、マージン取られてなかったのね~。

なんだか気分がよかった♪



ケチと節約は違うと思うし、

やっぱり「一生に一度の晴れの日だから」ということばもマンザラではないと思うナー。

そういう場をもうけてお披露目しよう!って自分で決めたんだしね。




結婚式に費用がかかるのはある程度しょうがないこと。

それだけたくさんの人の手を借りて、お姫様にしてもらえる特別な1日なんだもん♪

その中で費用に納得してステキな結婚式を迎えるには、

自分の予算内で自分たちのやりたいような結婚式ができるように調整すること!

こだわるところはこだわり、納得がいけばお金がかかることもいとわない。

削れるところ、お金をかけたくないところは徹底的に交渉して削る。

自分たちががんばって捻出するお金で、自分たちのナットクのいく金額を支払い、自分たちのやりたいような結婚式ができたら、それはホントに満足がいく、幸せな一日になると思います虹




それにしても・・・、

会場を探す時点=結婚式をすると決めたときに、細かなマネープランを立てておくのが一番賢いんだろうけど、全然わからないからそりゃムリってものよね~。

最低限、カレと自分で結婚式にMAXいくらまで出せるか、それは大まかに話し合っておいてそれに合わせて会場を探しているだろうけど、

それを考える際、前撮り写真撮影や新婚旅行、新居への引越しや新居の家具購入などにも、お金がかかることをお忘れなく!!

MAX出せる金額-100万くらいで考えておくと予算内にちゃんと収まるものなのかもね~はてなマーク

何かと要りようになるものなので、予算には余裕をもっておくことが大切だと痛感しましたワ(x_x;)



結婚式を終えたみなさまは、

かかった費用についてどう思いましたか~?



最後の退場
ガラスの回廊を通って・・・
写真左手はガラスの向こうにゲストが見えるの♪

アルバムも出来上がってきたし、結婚式関連もこれでひと段落。

忘れないうちに、費用のこともまとめておこーっと。

(あいまにちょこちょこプロの写真をご紹介♪)


宴内人前式


みんなが気になる結婚式の費用・・・ドクロ



ご他聞に違わず、

「打ち合わせが進むにつれて大幅UPショック!

「最初の見積もりよりも100万円以上UPとかげ

というのは真実でした。




<挙式・披露宴編>


親族33名+こども6名+友人28名+新郎新婦の計69名、

東京・汐留の高層レストランで宴内人前式+着席フルコースでの挙式・披露宴。


*=外注、☆=自分で購入or手作り、サービス料・消費税込

人前式(パーティ会場内で、司会・装花別) 52,500円
衣装(新郎新婦各1点、小物含む) 210,525円
ヘアメイク*(リハ1回、ヘアメイクチェンジ込) 60,000円
ドレス用下着☆ 21,000円
アテンド 31,500円

ペーパーアイテム☆

(招待状、席次表、席札、芳名カード)

40,680円
結婚証明書 6,300円
受付セット 2,100円
ウェルカムボード☆ 4,530円
受付和装写真ボード☆ 1,500円
記念写真(2ポーズ、2セット) 68,350円
スナップ写真(400枚カット、アルバム・ネガ付) 157,500円
スナップ写真デジタルデータ化(800万画素) 21,000円
BGM用CD☆ 7,900円
司会*(挙式+披露宴) 35,000円
お料理+ドリンク(63名+こども6名) 1,355,970円
引出物・引菓子(各44個) 231,860円
当日お渡しした全員写真☆ 8,830円
ビアサーブ 57,750円
会場装花 235,000円

ブーケ・ブートニア

プルズ用ブーケ・贈呈用花束

62,150円
コーディネート料 57,750円
音響設備使用料 40,450円
会場貸切料 115,500円
御礼・御車代・御心付け 120,000円
宿泊手配(16名分) 115,500円
航空券手配(4名分) 147,100円
当日新郎新婦宿泊 30.000円
披露宴合計 3,298,245円


初めの見積もりでは、60名、宴内人前式、10,500円着席フルコースで200万円でおつりがくる、というものだったのだけど、

人数が増え、お料理のグレードを上げたし、お心づけやその他ゲストに手配したものなども含めると、100万円Up・・・えっ


これでも頑張ったんだけどねぇ~。


☆がんばったトコロ☆

ヘアメイク 157,500円 → 知人のツテで外注 60,000円

司会 105,000円 → 外注 35,000円

ペーパーアイテム 約110,000円 → 手作り 40,680円

ウェルカムボード 約15,000~20,000円 → 手作り 4,530円

装花・ブーケ 最初の見積もり 387,450円 → 交渉して 297,150円


外注できるところは頑張って安いところを探したり、ペーパーアイテムも初めから単価計算したりすれば、もっと安くすることは全然可能だと思う。

ただ、ワタシの場合、知人に聞いてみて見つかれば外注、見つからなければそのまま提携店で、くらいなユルさで探したので、これで十分!

しかも、ヘアメイクさん、司会者さんには当日かなりステキにお仕事していただいて大満足だったので、満足度的にはこれでもお安く感じたくらいでした~。

ペーパーアイテムも特に値段比較することもなくキットを購入したので、会場にお願いするよりは断然安いけれど、気合の入った安さまでは追求できませんでした・・・(^^ヾ

何にせよ、この会場にしてヨカッタ!と思ったことのひとつは、持ち込み料がかからないコト!


「予算オーバーだから外注を検討してみます」 とプランナーさんに伝えても、嫌な顔ひとつせず 「提携店もこんなところがオススメなんですけど、予算オーバーならしょうがないですね!」 とゴリ押ししてこないかんじで好印象だった。

それぞれ持ち込み料がかかっていたら、もっとお金がかかっただろうし、外注先を探して頼む手間のが大変になるくらい大した節約にはならなかったかもしれない。


ちなみに装花に関しては、ブーケ類は持ち込み料ナシで持ち込み可能だったが、会場装花は水を使用する関係で会場と提携しているお店でなければならない、とのこと。

ブーケも会場の装花と雰囲気を合わせたかったし、特別値段が高いってこともなかったのでそのまま提携店にお願いしました。


カメラマンも持ち込みできたかもしれませんが、普段その会場で撮りなれているカメラマンさんにお願いしたかったので、そのまま提携店にお願いしました。

400カットでネガはついているけれど、プリントは自費でしなければならないし、カメラマンの指名もアルバムに入れる写真の選定も不可、ということで、ちょっと高いかなぁ~、と若干不満は残ったものの、ここは賭けてみることに!

アルバムの出来上がりに大大大満足なので、結果的にはナットクのお値段。


節約を追及するなら、引出物の紙袋を持ち込まなかったことが悔やまれる・・・(-.-;

レストランオリジナルの紙袋の存在を知っていたので、それに入れてくれるのかしら?!と期待していたのだけど、どこにでも売っている白い紙袋でしたガーン

それなら持ち込めばヨカッタ~!

最後の最後にそこまで気が回らず確認しておけなかったワ・・・。

紙袋だけで1枚300円近く取られるので、シモジマなどで自分で購入しておけばかなりの節約になったはず!

みなさま、お気をつけあれ☆



□お得だったこと□

キャンペーン中で、

・ ウェディングケーキ 52,500円相当がプレゼントだった!

(もちろんリクエスト可)

・ レストランオリジナルの小菓子が人数分プレゼントだった!


これは今考えるとけっこうオトクでしたネチョキ

オリジナル小菓子+全員写真を送賓の際のプチギフトとしたので、通常3万円前後はかかると思われるプチギフト代がほとんどかからなかったもん♪


こんなウェディングケーキにしてもらいました♪


それから、この会場にしてヨカッタ!第二弾・・・諸費用が安い!


コーディネート料(プロデュース料、プランニング料などとも呼ばれる)が5万円っつーのは、下見にまわった会場の中ではかなり安い方でした。

フツウは10~20万円かかるところが多いし・・・。

お高いトコロはそれだけサポートが手厚いのだと思うが、打ち合わせ3回+常にメールで対応、当日は5~8人体制でサポートしてくれたので十分でした!


音響設備使用料も安かった。

最初からこのお値段で、プロジェクタ・スクリーン・DVD使用しても追加料金ナシ!

これが気に入りました!(笑)

スクリーン使うだけで5万円ほど取られるところもあるくらいだからねぇ~。


そういう意味では、ここはかなり良心的な料金設定なような気はしましたラブラブ




まぁ、具体的なお値段を出したけれども、それはあくまでワタシの結婚式にかかった金額。


もし同じ場所でやったとしても、カップルそれぞれによって値段は全然ちがうと思うし、


結婚式の金額ってあくまでそのカップルに対する価値しか持たないと思うのだ。


だから、330万という金額も、


まぁ客観的にみても150~600万という相場の中では高いとも安いともいえないし、


ワタシ自身にとっても高いとも安いとも感じない。


あえていえば、


ワタシとカレの大切な一日の楽しく素晴らしいひと時を作り出してくれたイベントとして


ワタシとカレが精一杯払える金額で、想像もしていなかった幸せを得られた、


というかんじ。


だから、これから結婚式を迎える人は予算のことも心配だろうけれど、


ワタシの例はあくまで参考で、


自分たちのやりたいような結婚式を納得のいく金額でできるよう、


そのことを考えてくださいネ。




次回は、費用についてワタシが思ったことをまとめてみようかな?



写真が届いた~♪

テーマ:


結婚式から1ヶ月と3週間・・・


ようやく写真&アルバムが届きました~ラブラブ






ワタシたちの場合、


事前のカメラマンとの打ち合わせなし、カメラマンの指名も不可、


アルバムの写真も選べないし、表紙の色など装丁も全ておまかせ・・・


ということでちょっぴり不安もあったのですが、


当日終わってみれば、プランナーさんから


「今日のカメラマンさんはプランナーの間でも


        1番腕がいいと評判がいいんですヨ!」


とのおコトバo(〃^▽^〃)o


出来上がりを楽しみにしていたんです~♪




届いたアルバムは、

  期待通りとぉ~~~ってもステキキラキラ




モデルがイマイチなのを除けば・・・(^^;


ホントに 「こんなのだったらいいなぁ~流れ星」 と思い描いたとおり音譜


テーブルフォトもすべて載せてくれたし、


両親との写真、ウェルカムボードやリングピローなど小物の写真など、


リクエストした写真も全部載っていた!!!




頼むときは 「高いな~ガーン」 と思っていたけれど、


これなら全然 大満足ビックリマークビックリマーク




ちなみに、

「スナップ写真 約400カット、アルバム、ネガ付き 157,500円」

という情報しかないままに、お願いしていたのですが・・・(^^ヾ

実際は、カラー396カット、白黒73カットの計469カット撮影してくれて、アルバムはプリント写真で作った、34ページ、掲載枚数114枚のものでした☆

アルバムは、レイアウトに合わせて写真をカットしてあったりもして、コレなら手間もかかっただろうなぁ~、と納得・・・。

さらに、

追加料金2万円で800万画素相当のデジタルデータにしてCD-RにしてもらいましたCD

通常は400万画素相当にしかしてもらえないそうなのですが、

ワタシが

「低画素ならばその辺のカメラ屋に出したらフィルム1本500円程度でやってもらえるからそうするけど、高画素ならお願いしたい」

とちょー強気なリクエストをしてみたら、

「特別にお値段据え置きのまま、800万画素相当にしてくれるそうです!」

とのこと。

ラッキー♪

まぁ、L判写真にするくらいなら400万画素でも問題ないんですけどね・・・

なんとなく。




さっそくデータから My Book  を作成して、両親へプレゼントしなきゃ☆

アルバムを複製してもらうとまたン万円かかってしまうので、両親分はリーズナブルに手作りさっ。

My Book DXなら、枚数も無限だし、レイアウトも自由だから便利~♪

カレ親とワタシ親でそれぞれの親戚の写真を多めにしたり、ちょっぴり内容を変える予定。
親の知らないゲストや相手方親戚などについては、テーブルフォトのところで簡単な紹介文を入れようかな?と思っていま~す。

アルバムは重いので、ワタシたちが友達などに見せるために持ち歩く用にも1冊作ろうかなぁ~音譜

別に、フツウにネガからプリントしてアルバムに入れればお安くできるんですけどね・・・(笑)



あとは、焼き増し・・・カメラ

テーブルフォトの写真はもちろん全員にお送りするつもりだったけれど、それに合わせて友達と撮った写真はぜんぶ焼き増ししてあげた方がいいのかなぁ~???


みなさん、どうしてます?


それぞれけっこうな枚数になっちゃうかも・・・。

でも、もし自分だったら、もらえたらウレシイかな?


あげるときは、封筒とかに入れちゃってよいのかしら?

それとも、安いものでもアルバムに入れてあげたらよいのかなぁ?


なんだか、悩むような楽しみなような・・・(*゚ー゚)ゞ




とにかく、カレのいない今週は、アルバムを見て

シアワセ気分にひたります&サミシさを紛らわせますラブラブ



母の日

テーマ:

カレが今日から1週間、旅行に行ってしまいました~しょぼん


まだ新婚旅行にも行ってないのに!


なーんて、お仕事であるダイビングの海外視察旅行なのです波


ワタシもいっしょに行けないのは残念ですが、


今後ワタシもカレをおいて旅行に行くこともあるだろうし・・・(^^;


無事を祈って送り出してきました☆


でも、今回いっしょにいられたのは3日だけ。


しかも、海外では電話もなかなかできませんしネ(ノ_-。)


つきあい始めてから電話しない日なんてほとんどないので、


サミシイな~~~。


別居婚もいつまで続くのやら・・・。


いっしょに過ごせたあとの別れはいつまでたっても慣れませんワー。





さて、カレが海外へ行くにあたり、カレの実家のほうが成田に近いので、


昨日はカレの実家にお泊りしてきましたクマ


もうカレの実家へのお泊りは、5,6回になります。


今回は、祖母が亡くなった際お心遣いいただいたので北海道のおみやげと、


母の日のプレゼントを持っていきました♪


おみやげは 「かま栄のかまぼこセット」ナイフとフォーク


母の日のプレゼントは お義母さんのリクエストで「折りたたみ傘」雨


習い事やスポーツなど、お出かけの多いアクティブなお義母さんなので、


これからの時期に重宝していただけそう音譜


銀座でカレとあーでもない、こーでもないと散々選んだ挙句、


シックな深緑色のイヴ・サンローランの折りたたみ傘にしました♪


日傘はいくつもお持ちらしく、雨傘として丈夫なものを、とのリクエストでしたが、


ピッタリのものが見つかって、しかもお義母さんにも気に入ってもらえました!


お互い余計な気遣いにお金をかけるのはやめよう、


ということでお花は贈りませんでしたが、


傘を気に入ってたくさん使ってもらえたらナ~ニコニコ


ワタシは母が亡くなっているので


母の日のプレゼントなんて約20年ぶりでしたが(^^ヾ


感謝のキモチをこめてプレゼントを選ぶのは楽しいものですね~♪




みなさんはお義母さんへの母の日のプレゼント、


何を贈りましたか???