テーマ:
{0182D4AD-57D4-418B-83D8-26B57571703B}
 
 
 
 
 
意識レベルが上がるにつれて
エゴ/二元的体感 の活発さが落ち着き
くつろぎ/非二元的体感 の一体感・滞在時間が深まる。
 
エゴ/二元的体感 がハンドルを握っているのではなくて
くつろぎとの一体感
「 くつろぎ が私である 」という実感が強まる。
 
 
意識レベルが低いほどに
エゴとの一体感
「 エゴ(思考感情、考える心)が私である 」という感覚
 
 
意識レベルが上がるほどに、そこ(くつろぎ)に戻るまでの(間・時間・タイミング)が短くなり、簡略化されていく。
→ 最終的には 絶え(間)なく(くつろぎ)と共にある状態。
 
くつろぎ = 愛、すべて、愛、一なるもの、無限、至福、、、等々いろいろな表現で呼ばれている「それ/これ」意識レベルによって、この(その 質・深度・体感)も変化していくから、それがどのようなものか、表現したときにも個人差がある。
 
 
意識レベルが上がれば上がるほど
 
・ カルマ(衝動、肉体精神機構から出力されるもの等)から影響を受ける度合いが低くなる。気になれない。⇄ カルマ衝動に振り回されている、どーにかしようとコントロールしようとしてさらに振り回されている感
 
・ 「くつろぎ/非二元的体感そのもの」である。そこからブレずらくなる。⇄ 二元的体感(感情思考)が“自分/メイン”である感覚。
 
・ エゴ/二元的体感から「我にかえる」タイミングが早く・スムーズになる→ 最終的には 絶え(間)なく「くつろぎ」と共にある状態に。⇄ くつろぎを「思いだせない」ことによる不足感(不安などの欠乏感、焦燥感など)
 
 
意識レベル600だとしたら、
くつろぎ/非二元的体感エゴ/二元的体感 
 
解脱(カルマというシステムからの解放、肉体精神機構をの超越、完全なるワンネス)は、
くつろぎ/非二元的体感10エゴ/二元的体感0 なイメージ。
 
観照(者)の 者/何者かがそれを行なっているという感覚 が
完全に抜け落ちた意識状態が、意識レベル700〜なかんじがする。
 
エゴ/二元的体感の割合は
( あるテーマに関しての視野の狭さ、気づきのなさ )の割合を示していて、その割合が多ければ多いほど
( エゴの活動性 )
・ 怒りや悲しみなど「考える心」への四苦八苦感
・ 二元的体験への一喜一憂
・ 目の前の出来事・自分への抵抗感、摩擦感
・ 感情的起伏、アップダウンの大きさ
・    逃避行為、まぎらわし
・    内観の欠如、目を背ける、責任転嫁
・ エゴの元気さ・活発さ に比例するかんじ。
 
くつろぎ/非二元的体感が増えれば増えるほどに
そのような(エゴの活動性)のかわりに 
静寂、静けさ、安堵感、普遍性、くつろぎ が高まる。
 
エゴ/二元的体感 が元気であっても
くつろぎ/非二元的体感 は消えてしまうわけではなく、
「 エゴという子供 のかたわらでずっと癒し包みこむように 」いつも共にあり続けている。
 
いつでも思い出すだけで、
その存在感(くつろぎ)が際立ってくる
ただ思い出すだけで、
その心地よさ(くつろぎ)の密度が高まってくる

そんなかんじのもの。
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

 

 

★ 2017年のあなたのテーマカラーは??

 

>> 数秘カラーによる

「 2017年のテーマ 」をお伝えします@ココナラ

 

 

 

 

 

 

 

2017年の世情のもつムードは

 

「 1レッド 」


古いものが壊れ、新しいはじまりの去年2016年

9マジェンタの年

 

まさに、トランプさん当選は象徴的。

 

これまでの「ふつう」が終わり、

新しい流れの始まりの2016年。

* 参照 9年周期について 

 

 

「従来・ふつう」ではなく「刷新のためのありえない」ものが選ばれ、新しいはじまりの「はじまり」が起きる。という流れの中で、こういう人、こういう流れ、トランプさんを、世界/わたしたちの意識は選んだのだなあ、というかんじがする。 

 

だから、しょうがない笑

 

このムード・流れはもう起きていくことなので、

この波に、どう乗るか?

この波を、どう活かすか?

が個々の自由意志によるところです。

 

もし揉みくちゃにされているな〜〜とかんじるときがあれば、それは「 流れに抵抗している 」ときなので、調整していけばいい。

 

 

 

 

2017年レッド1の年

 

「ありえない」新大統領の就任にはじまり、

内省・冷静さをテーマとする来年2018年までは

 

一言でいうと

 

「 極端に、極まって、わかりやすい1年。」

 

1レッドの年は、季節に例えると、早春。

 

種まきの年。

9年周期の「はじまり」の年です。

 

創造性、衝動の年。

計画、行き先の決定、新規にはじめる。

 

猪突猛進ムード 

理性より本能のおもむくままに

エネルギー吹き出す年

 

1はスタートの年なので「おもいっきってやってみるーーー!」というのがやりやすいムード。

 

新しい環境、新しい事柄、新しいチャレンジ

 

その様子は、バッファローの群れが ガガガガガーーーと走っていくような勢いがあります。(走り出したら誰にも止められない、やめられない止まらない)

 

去年のポケモンゲームみたいな「 集団でわーーっと盛り上がる 」みたいなことも起きやすい。がーーーーと一斉にみんなの意識が向くみたいなこと。

 

そういう「勢い」を建設的につかえたら、祭りのように楽しくワイワイ盛り上がれることもできるのだけど、間違った方向性に使われると、どーにも歯止めがかからない=破壊行為、群集心理。みんなで一斉にバッシングとか、一斉に攻撃、テロ行為のような。

 

おもいっきり成功する/おもいっきり失敗する とか

「わかりやすい現象」となって現れやすい。

 

今年起きたことを内省・落ち着いて我が身をふりかえられるようになるのは来年2018年(ブルーそれまでは「真っ赤」に傾き、エネルギッシュにまっしぐら 

、、、、なのですが、「いまは、そういう傾向なんだよなあ。。。」とわかっていたら「 気づく間・客観視できる間 」が生じるので、まわりのムードに流されるのではなく「 自分の意思で取捨選択する 」こともできるとおもいます。

 

 

 

< レッド のキーワード >


情熱、本能的、正義感、行動力がある、リーダーシップ、決断力がある、エネルギッシュ、生命力、バイタリティ、現実を生きていくちから、ストレートな感情表現、中途半端でない、白黒はっきり、義理人情、面倒見がいい

 

 

自信家(自信過剰)、ゆずれない、協調できない、強引、一方的、興奮しやすい、怒りっぽい、すぐキレる、本能的(闘争心、攻撃性)、勝ち負け、負けず嫌い、冷静さに欠ける、自分のことに夢中でまわりを思いやる余裕がない、自らを省みることが苦手で人のせいにしがち

 

 

 

* 参照 

レッド にとってのフツー( 情熱的、決断力、強引、空気がよめない )

レッド と ブルー の対比でみえてくること。

 

 

 

 

レッドの特徴については、レッドの象徴トランプさんをみていると、とてもわかりやすい。

 

パワフル、上昇志向、勝つことへのこだわり、攻撃性、怒りっぽい、本能的、協調できない、、、、等々

 

今年は、そんなトランプさん「真っ赤なレッドなあり方」を目の当たりにすることで 自分の中のレッドな部分に気づき「 他人のふりみて、我がふり直せ 」な年 だろうとおもいます。

 

日頃から 怒りっぽい人、正義感の強い人、闘争心の強い人は注意な年 です。

 

攻撃的な人は、ときにそれが「正しいこと・正義感」によっておこなっています。テロ行為も、テロリストには正当な理由があるように。正義のための戦い、正義のための暴力、そうやって「正当化」されている状態であるとき、歯止めとなるものがありません(なぜなら、それは正しいことだから)。

 

先日、友人が「今年はまじで正当性を手放す!」と言っていたけれど、まさにそういう年だなーとおもう。自分の中にいる「動物(本能)」を手なずける、しつける =感情コントロールについて学ぶ年。


2016年後半より、高齢者の運転事故など含めて「 謙虚に我をみつめることができないと、どういうことが起きるか?」というのを、もうすでにわたしたちはマザマザと見せつけられているようにおもいます。そういう出来事を「他人のフリみて、我がフリなおせ」的に活用していく。

 

レッドは 内省することが不得意ゆえに、他人やまわりのせいにしがち

 

自信をもつことは素晴らしいけれど、いきすぎれば自信過剰・攻撃性によるトラブル、理性が本能をセーブできないがゆえの出来事がおきやすいので

 

「 一呼吸おいてみる 」がバランスポイント。

謙虚な気持ち、協調性、冷静さ、winwinの意識(おもいやり、配慮)、深呼吸・一呼吸おいてみる。

 

 

健康管理も大事になりそうです。

「自分は大丈夫、わたしは関係ない」ではなくて、謙虚な気持ちで、我が身をみつめてみる=健康診断、人間ドック、専門家にみてもらう。

 

平和的にエネルギーを発散する術を身につけるのもオススメ。意識的に能動的にエネルギーを発散することで、誤発散(キレる、過剰な闘争心からの攻撃性)を解消していきます。運動をして汗をかく、サウナ、呼吸法(イライラしたら、一呼吸・深呼吸など、自分にあった感情コントロールの術)

 

 

レッド的なことは意識しなくても勝手に起きていく一年であるため、それとは対照的な 謙虚さ、協調性、冷静さ、winwinの意識 に関しては「 積極的に意識しないかぎりは使われることがないムード 」なので

 

謙虚さ・ ありがとうの気持ちが

後回しになりそうだから、ときどき、「ありがとう」の気持ちを意識的に思い出すことでバランスがとれそうです。

 

 

今年2017年のキーワードは

 

「 いつも、ありがとう 」

 

来年2018年は(ブルーの年)なので、今年のレッドの反動から「やり過ぎちゃったね、やっぱり謙虚さって大事だよね」ってバランスをとるだろうと予測。

 

2018年ブルーは「自分一人で生きているのではない」ということ「他者の助けをかりる・相互協力」「ときに主役をゆずって裏方にまわってサポートすることの大切さと必要以上の責任を負いすぎない」がテーマになってきます。*参照 ブルー/2の意味

 

 

レッド/1の意味

ブルー/2の意味

オレンジ/8の意味

グリーン/4の意味

イエロ/3ーの意味

パープル/7の意味

ピンク/コーラル6の意味

 

 

かんじるココロケア あまのこころ

http://cocoronowa.jimdo.com/

 

 

数秘カラーによる「 2017年の運勢 」

 

「 色 」からのメッセージをお伝えしていきます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
学生の頃ファッション雑誌が「好き」でみていた
そうおもっていたけど、あれは単なる「憧れ」だったんだな
、、、というのに気づいた。
 
「好きと憧れの違い」
 
憧れは、一種のプロパガンダを真に受けて吸収した価値観。
好きは、「いまの感覚」からきているもの。
 
憧れは、建て前
好きは、本音
 
本音と憧れ/本音と建前 が混合していたことにきづき、
憧れ(単なる先入観/本当はまったく興味がない)に気づいたあたりから、
本音=いまに従順に分別できるかんじがある。
 
もし「こうなりたい」というのが
好きではなく「建て前(単なる憧れ)」のほうであると、
本音と建て前の不一致感に違和感をかんじる=苦しい。
 
「こうなりたい・夢・理想」としているものが、
本音(ありのまま)のほうではなく
建て前(外からやってきたもの)のほうであるなら、
本音と建て前とが相反する違和感によって苦しさ=葛藤が生じるはず。
 
それは、ありのまま、自分そのもの。
わざわざ教えられたり概念として植え付けられたりしなくても、
自然とそうしたり選んでしまうもの=もうすでに知っているもの。
 
 
 
 

かんじるココロケア あまのこころ

http://cocoronowa.jimdo.com/

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
「インナーチャイルド」という概念に
むしろマイナスに引っ張られてるケースがある
 
インナーチャイルドだけじゃないな
 
「 過去こういうことがありました 」
っていうことが、
「いま・自分を制限するような言い訳」
になってしまうようなこと。
 
そういう「過去・記憶の誤用」
 
インナーチャイルドにはまって
「可哀想な自分という世界観」にはまっちゃうと、
それは、ただただ苦しい。
 
 
「過去のせい」にできないと、どうなるか?
 
「いま・自分」とガチで関われるということになる
 
 
それは本当は、とても自由なことなのだとおもう。
 
「過去のせい」にできないからといって
いま・自分を責めなくてもいい
だから「過去のせい」という緩衝材を手放してしまっても
本当は、まったく大丈夫ない。
 
過去・記憶 も
「いま・自分」による生成物
 
というより、むしろ、
 
過去・記憶 も「いま」
 
 
 

かんじるココロケア あまのこころ

http://cocoronowa.jimdo.com/

 

 

数秘カラーによる「 2017年の運勢 」

 

「 色 」からのメッセージをお伝えしていきます。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。