テーマ:

 

 

 

 

★ 2017年のあなたのテーマカラーは??

 

>> 数秘カラーによる

「 2017年のテーマ 」をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

2017年の世情のもつムードは

 

「 1レッド 」


古いものが壊れ新しいはじまりの去年2016年(9マジェンタの年)まさに、トランプさん当選は象徴的でした。これまでの「ふつう」が終わり、新しい流れの始まりの2016年。* 参照 9年周期について 

 

「従来・ふつう」ではなく「ありえない」ものが選ばれた。こういう人=こういう流れを、世界(わたしたちの意識)は選んだのだなあ、というかんじがする。 

 

だから、しょうがない笑

 

このムード・流れはもう起きていくことなので、

この波にどう乗るか?

=どう活かすか?

が個々の自由意志によるところです。

 

もし揉みくちゃにされているなーとかんじるときがあれば、「 流れに抵抗している 」ときなので、調整していけばいい。

 

 

 

 

2017年は「ありえない」新大統領の就任にはじまり、内省・冷静さをテーマとする来年2018年までは一言でいうと

 

「 極端に、極まって、わかりやすい1年。」


1レッドの年は、季節に例えると、


早春。


種まきの年。

9年周期の「はじまり」の年です。


創造性、衝動の年。

計画、行き先の決定、新規にはじめる。


猪突猛進ムード 

理性より本能のおもむくままに、エネルギー吹き出す年 になりそうです。1はスタートの年なので「おもいっきってやってみる」ということがやりやすいムード。新しい環境、新しい事柄、新しいチャレンジ

 

その様子は、バッファローの群れが ガガガガガーーーと走っていくような勢いがあります。(走り出したら誰にも止められない、やめられない止まらない)

 去年のポケモンゲームみたいな「集団でわーーっと盛り上がる」みたいなことも起きやすい。がーーーーと一斉にみんなの意識が向くみたいなこと。

そういう「勢い」を建設的につかえたら、祭りのように楽しくワイワイ盛り上がれることもできるのだけど、間違ったベクトルで使われると、どーにも歯止めがかからない=創造性の反対・破壊。みんなで一斉にバッシングとか、一斉に攻撃、テロ行為のような。

 

おもいっきり成功する/おもいっきり失敗する とか「わかりやすい現象」となって現れやすい。

 

今年起きたことを内省・落ち着いて我が身をふりかえられるようになるのは来年2018年(ブルーそれまでは「真っ赤」に傾き、エネルギッシュにまっしぐら 

、、、、なのですが、「いまは、そういう傾向なんだよなあ。。。」とわかっていたら「 気づく間・客観視できる間 」が生じるので、まわりのムードに流されるのではなく「 自分の意思で取捨選択する 」こともできるとおもいます。

 

 

 

< レッド のキーワード >


情熱、本能的、正義感、行動力がある、リーダーシップ、決断力がある、エネルギッシュ、生命力、バイタリティ、現実を生きていくちから、ストレートな感情表現、中途半端でない、白黒はっきり、義理人情、面倒見がいい

 

 

自信家(自信過剰)、ゆずれない、協調できない、強引、一方的、興奮しやすい、怒りっぽい、すぐキレる、本能的(闘争心、攻撃性)、勝ち負け、負けず嫌い、冷静さに欠ける、自分のことに夢中でまわりを思いやる余裕がない、自らを省みることが苦手で人のせいにしがち

 

 

 

* 参照 

レッド にとってのフツー( 情熱的、決断力、強引、空気がよめない )

レッド と ブルー の対比でみえてくること。

 

 

 

 

レッドの特徴については、レッドの象徴トランプさんをみていると、とてもわかりやすい。


パワフル、上昇志向、勝つことへのこだわり、攻撃性、怒りっぽい、本能的、協調できない、、、、等々

 

今年は、そんなトランプさん「真っ赤なレッドなあり方」を目の当たりにすることで 自分の中のレッドな部分に気づき「 他人のふりみて、我がふり直せ 」な年 だろうとおもいます。

 

日頃から 怒りっぽい人、正義感の強い人、闘争心の強い人は注意な年 です。いつも以上にレッドな部分が過剰にあらわれやすいため、いつも以上に大ごとになったりトラブルになりやすいからです。

 

先日、友人が「今年はまじで正当性を手放す!」と言っていたけれど、まさにそういう年だなーとおもう。自分の中にいる「動物(本能)」を手なずける、しつける =感情コントロールについて学ぶ年。

 

2016年後半より、高齢者の運転事故など含めて「 謙虚に我をみつめることができないと、どういうことが起きるか?」というのを、もうすでにわたしたちはマザマザと見せつけられているようにおもいます。そういう出来事を「他人のフリみて、我がフリなおせ」的に活用していく。

 

もともとレッドの傾向が強い人→

冷静に我を内省しておく、感情本能の暴走によって言い争いやトラブルを起こさないように「謙虚さ、思いやり」がキーワード

レッドの傾向が少ない人→

いつもより活発に自己主張しやすく、自分に正直な一年を送れそうです。

 

レッドは 内省することが不得意ゆえに、他人やまわりのせいにしがち。自信をもつことは素晴らしいけれど、いきすぎれば自信過剰・攻撃性によるトラブル、理性が本能をセーブできないがゆえの出来事がおきやすいので「 一呼吸おいてみる 」がバランスポイント。

謙虚な気持ち、協調性、冷静さ、winwinの意識(おもいやり、配慮)、深呼吸・一呼吸おいてみる。

 

健康管理も大事になりそうです。

「自分は大丈夫、わたしは関係ない」ではなくて、謙虚な気持ちで、我が身をみつめてみる=健康診断、人間ドック、専門家にみてもらう。

 

平和的にエネルギーを発散する術を身につけるのもオススメ。意識的に能動的にエネルギーを発散することで、誤発散(キレる、過剰な闘争心からの攻撃性)を解消していきます。運動をして汗をかく、サウナ、呼吸法(イライラしたら、一呼吸・深呼吸など、自分にあった感情コントロールの術)

 

 

レッド的なことは意識しなくても勝手に起きていく一年であるため、それとは対照的な 謙虚さ、協調性、冷静さ、winwinの意識 に関しては「 積極的に意識しないかぎりは使われることがないムード 」なので

 

謙虚さ・ ありがとうの気持ちが

後回しになりそうだから、ときどき、「ありがとう」の気持ちを意識的に思い出すことでバランスがとれそうです。

 

 

今年2017年のキーワードは

 

「 いつも、ありがとう 」

 

来年2018年は(ブルーの年)なので、今年のレッドの反動から「やり過ぎちゃったね、やっぱり謙虚さって大事だよね」ってバランスをとるだろうと予測。

 

2018年ブルーは「自分一人で生きているのではない」ということ「他者の助けをかりる・相互協力」「ときに主役をゆずって裏方にまわってサポートすることの大切さと必要以上の責任を負いすぎない」がテーマになってきます。

 

 

レッド/1の意味

ブルー/2の意味

オレンジ/8の意味

グリーン/4の意味

イエロ/3ーの意味

パープル/7の意味

ピンク/コーラル6の意味

 

 

かんじるココロケア あまのこころ

http://cocoronowa.jimdo.com/

 

 

数秘カラーによる「 2017年の運勢 」

 

「 色 」からのメッセージをお伝えしていきます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

レッド のイメージは

 

情熱的、猪突猛進、行動力

リーダーシップ、正義感

エネルギッシュ、生命力、

バイタリティ、サバイバル能力、

決断力、現実を生きていくちから

アスリート、身体をつかった仕事、社長業

 

というようなイメージと共に

 

 

感情的、怒りっぽい、攻撃性

弱肉強食、負けず嫌い

強引、一方的、協調性がない

空気がよめない、鈍感、天然

人との適度な間合いがとれない

エネルギーのはけ口としての依存傾向の克服

 

 

なので、補色であるグリーンの要素

協調性、平和的解決

WINWINの視点

 

がバランスポイント。

 

*参照 レッド と ブルー の補色関係。

 

 

1の数字のメッセージは

「 創造と自信 」

建設的な創造エネルギーを世の中に送り出すこと。

高いエネルギーとインスピレーションを生かし、

創造力と奉仕力を発揮する。

自分を心地よく受け止め、自信をもつ。

(行き詰まり、苛立ち、劣等感、無気力、不安、病気に苦しむ傾向。

薬物依存などの悪癖に染まりやすい)

 

*参照 「魂の目的」ソウルナビゲーション―あなたは何をするために生まれてきたのか

 

自分だけ、ではなくて

相手の考えや立場を理解したり尊重すること

勝つばかりではなく、ときには、

負けてあげる=合わせる、譲歩することも

必要かもしれません。

 

逆に、疲れていてパワーが欲しいときにも選ばれる色

疲れてはいませんか? 休息やリラックスを。

 

• 行動的、即行動

• 迷っている暇なくやってしまう

• 考えるより、やってみる

• 闘争心、ナンバーワン

• 負けたくない、謝れない

• 自信と劣等感

• 正義感、人情に厚い

 

レッドは、後ろを振り返らずガシガシ先に歩いていっちゃうかんじ、そこに全然悪気はない(自分のことに夢中で気づいていない、空気がよめないだけ。)

 

自分のあげたいこと・してあげたいことが相手にとっての欲しいものだと信じきっているかんじ。レッド。昭和の男性像。高倉健。

 

レッドは、相当なレベルにならないとセラピー的なものはうけない。

 

考えるまえに、行動。悩むぐらいなら、行動、、、という人。ぜんぶ自分ひとりでできるとおもっているし、それだけの能力や自信もある。なので、レッドな人が心が折れたときというのは、生きるか死ぬか、、、の域。それまでポジティブに向いていたものがネガティブに向くのだから。そこから猛烈に、心身のことをはまっていくというのも没頭型のレッドならばあり得るパターン。

 

 

レッドのやさしさは「正義感」なのだとおもいます。そのやさしさは「相手が欲している=ニーズ」とは違う場合がある、、、っていうことまで、情熱的・夢中すぎて、気づけない。ある意味、すっごくピュア=天然さん。

 

看病とか気の利いた気遣いとか空気が読めないかもしれないが、それがレッドらしさ。だから責めないであげようともおもうけれど、ハッキリ言わないとわからない/気づかないのもレッド。

 

赤に傾きすぎていると、強制終了(病気や怪我などで心身から強制的に休みをとらされる)が起きて、ようやくストップする的な出来事がおきる。

 

レッドは「がんばらない」ぐらいで人並み/丁度場合が多いのだけれど、「がんばらないということが、なんなのか」がよくわからなかったり「がんばらないと負け」「止まったら死ぬ」とおもっているから、脱力できない。

 

でも成熟した赤はどんどん「ON/OFF」を習得していく。「きっかけがないと休めないレッド」は、そういう物理的な強制終了的な状況を無意識でつくって、体験=痛い目にあいながら「ON/OFF」を学習していく。年齢を追うごとにずっとONは体力的に無理なので、歳を重ねるごとにマイルドになっていく? 

 

レッドのセーターが似合う男子は、もともと草食系男子(もともとレッドの要素が少ない) or レッド(体力精力)が抜けてきたおじさん&おじいちゃんがパワー(活力)をもとめて赤を着たりする。

 

なので、強制終了が起きる前に気づいてバランスをとれるといいよね、というかんじなのですが、意識やエネルギーが 外向きレッドは「内省・内観・気づく」ということが難しいので、そのバランスをとることが難しい。

 

ゆえに意識的にブルー的なことをとりいれていくとよい。

* 参照 赤 と 青 の稼働率占い。

* 参照 レッド と ブルー の関係性。

 

 

>> レッドな人への接し方。

 

*参照 レッドな人への接し方。

 

レッドのペースに合わせすぎると、それはもう「振り回されている」ことになってしまいがち。ふつうなら引くだろうところで、レッドの場合はっきり言わないと、グイグイくる(まったく相手の都合に気づいていない、夢中だから)

 

なので、レッドに対してそんなに合わせたり我慢したりしなくてもいいよ、っておもいます。その我慢や気遣いに、残念ながら、レッドは気づいていないから笑

 

レッドは、後ろ・まわりを振り返らずガシガシ先に歩いていっちゃうかんじ、そこに全然悪気はない(自分のことに夢中で気づいていない、空気がよめないだけ。)

 

レッドにレッドで対応するのは血で血を洗うエンドレスウォー。わかりあえる(おなじ思考回路をもっている)という観念を外して「そういうもんだ」と受容しつつ、「なんとなく」じゃ伝わらないし、勘違いが起きやすいから、曖昧な表現で余計な期待をもたせない(こちらが想像している以上に真に受けてしまうから)きっぱり・早めに・はっきり伝えることがポイント。

 

はっきり言わないと伝わらないのだけれど、傷つかないわけでもない。ほんとうに、ただただ、自分に夢中なだけだから。面倒見がよかったり人情味あふれていたり、裏表のない感情的なきずな・繋がりをもとめているレッドにはレッドの繊細さがある。

 

看病とか気の利いた気遣いとか空気が読めないかもしれないが、それがレッドらしさ。だから責めないであげようともおもうけれど、ハッキリ言わないとわからない/気づかないのもレッド。

 

鈍感といより、隠れ天然。悪意や悪気があるわけではなく、自分に夢中すぎて、周りがみえていないだけ。

 

思春期の娘との絡み方がわからないお父さん、世代の違う部下との絡み方がわからない上司、レッドの不器用さってそんなかんじの切なさがあるようにおもう。

 

 

 

 

レッド/1の意味

ブルー/2の意味

イエロ/3ーの意味

グリーン/4の意味

ターコイズ/5の意味

ピンク/コーラル6の意味

パープル/7の意味

オレンジ/8の意味

 

 

 

 

 

かんじるココロケア あまのこころ

http://cocoronowa.jimdo.com/

 

  「色」から、いまのあなたへのメッセージお伝えします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

1レッドの年 種まきの年 早春

9年周期の「はじまり」の年。

創造性、衝動の年。

計画、行き先の決定、新規にはじめる。

>>レッド/1の意味

 

ちなみに2017年の世情のムードは「 1レッド 」
極端に、極まって、わかりやすい1年。
新しいことが始まる年。猪突猛進、スタートダッシュ
理性より本能のおもむくままに、エネルギー吹き出す年

* 詳しくはこちらにて >> 2017年「 極端に、極まって、わかりやすい1年。」

 

 

2ブルーの年 水やりの年 春

とりあえずやってみるの1年目よりも

「冷静」に状況を眺められるようになり

「まわり」がみえてきます。チームワークと協力。

周囲の助けが必要であることに気づき、

他者をサポートする大切さ「相互協力」のとき。

そのプロセスをとおして、

新しい仕事、役割、絆、協力者が形成されていきます。

>>ブルー/2の意味

 

 

3の年 初芽の年 晩春

新しい活動が形を成し始める、発芽の喜びの年。

同時に「弱さと疑いの克服」がテーマ。

未熟な新人が、体験経験によって、

新人期を卒業していく成長の時。

>>イエロ/3ーの意味

 

 

4の年 詰めの年 初夏

再編成と地固め。急いで先に進むことよりも、

ここまでのプロセスの振り返り、

再検討再検証、見直しのとき。

内省、やり残していたことをやり直してみたり、

「準備・ベース」ができているかどうかを確かめる「詰め」の年。日々コツコツ継続していくことが吉。

>>グリーン/4の意味

 

 

5の年 拡散の年 夏

ここまでの4年間の結果が花開き、

最初の実となるとき。

チャンス、ブレイク、祝福の季節。

>>ターコイズ/5の意味

 

 

6の年 与える年 晩夏

果実の収穫、豊かさのわかちあい。

できあがったもの/成果を

周りと共有し、分け与えていきます。

寛容さ/完璧主義の克服、豊かさ、認識の年。

>>ピンク/コーラル6の意味

 

 

7の年 感謝の年 秋

収穫への感謝の年。くつろいで、内省するとき。

これまでの活動のすべてがあったからこそ今がある

(あるがまま・起きたことの完璧さ)を悟り、

「良い/悪い」の尺度を超えた視点で

全体を見渡せたとき「感謝」の想いが込み上げます。さまざまな恩恵に気づき、感謝する年。

>>パープル/7の意味

 

 

8の年 報酬の年 晩秋

これまで7年間の成果、

豊かな実りをうけとるとき。

どれだけの成果をうけとるかは、

これまでどれだけ地道に

エネルギーを注ぎ育んできたかに比例します。

>>オレンジ/8の意味

 

 

9の年 次の「始まり」に備える 冬

終わりと始まりの「始まり」の年

新しい季節のために、なにかを終わらせ手放し、

次のはじまりのための準備をしはじめるとき。

>>マジェンタ/9の意味

 

 

 

レッド/1の意味

ブルー/2の意味

イエロ/3ーの意味

グリーン/4の意味

ターコイズ/5の意味

ピンク/コーラル6の意味

パープル/7の意味

オレンジ/8の意味

マジェンタ/9の意味

 

 

 

かんじるココロケア あまのこころ

http://cocoronowa.jimdo.com/

 

 

数秘カラーによる「 2017年の運勢 」

 

「 色 」からのメッセージをお伝えしていきます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

ひさしぶりに、非二元的なことを書いてみる^^

 

 

 

 

 

完全性の入り口はどこにでも。

「できない自分」にも、

「理想的でない今」にも、どの瞬間にも。

 

目の前にリンゴがある、怒っている、悲しんでいる、

すべては、それ以上でも以下でもない = あるがまま。

 

「あるがまま。」に対して、

意味や価値、良し悪しを持たせず、

そのままに=シンプルなままにしておく。

 

そうやって「 重要性を手放す 」というのは、

脱力、肩の力をストンと抜く、

手放し、赦し、ありのまま、

コントロールのなさ、無抵抗さ、

そのまま、、、そんなふうにも訳せる。

 

できない自分(なにかの理想や基準を満たしていないようにおもえるモノこと)である瞬間にも、気づく/思い出すことはできるし、そういうモノことをさらに責めている思いや気持ち、その瞬間にも、そう気づくことはできる。

 

「どーしようもないダメダメな自分」であっても、

それとはまったく関係なしに、どんなときも、

完全性はある。

 

いまの「これ」でも「それ」でも、

 

どの瞬間にもあるから、

どの瞬間もそうだから、

どの瞬間に気づいてもいいし、

どの瞬間であっても、思い出すことができるもの。

 

そして、思い出しても思い出さなくても、

意識されようともされずとも、

それはいつでも変わらずありつづけてる。

 

ぐたぐたぐたぐたぐたぐた怒って怒って怒ったあげく

なんどもなんどもなんどもおなじようなことを繰り返して

やってやってやったあとに、そのことを思い出してもいい。

 

手遅れとか、遅いとかいうことはない

 

だから、

反応して、反応して、反応しきったあとに、

ふっと思い出してみてもいい。

 

そうなる とか そうする というより

「 もともとそうであることに、

ただ気づくだけ=思い出すだけ。」

 

ただ、ただ、無条件にありつづけるものだから、

 

重要性を手放したとき露わになるのは、

いつでも完璧・完全性。

 

できてない自分とか 

事足りてないようにおもえることとか

 

そういう不完全にみえたりおもえるものも

すべて包括している

 

その完全性の入り口はどこにでも、どの瞬間にも。

 

 

 

ノンデュアリティ非二元

 

 

 

かんじるココロケア あまのこころ

http://cocoronowa.jimdo.com/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。