「ありがとう」で勇気づけ

アクティブ・ペアレンティング リーダー、チャイルドセラピスト、そして2人の子を持つ母として、親と子のより良い関係を育てる方法を、お母さん達にお伝えしています。

NEW !
テーマ:
ジャラール・ウッディーン・ルーミーという13世紀のトルコの詩人が書いた詩のご紹介。溝口よしこです。

{24B06345-F7FE-4E66-8A5A-6475977E6B71}

どうしてこのルーミーという詩人を知ったかというと、コールドプレイのクリス・マーティンさんが、ルーミーの「ゲストハウス」という詩に感銘を受け、人生観が変わったとの記事を読んだからです。

まだまだ、ライブの余韻を引きずっていますね〜(汗)

でも、これが素晴らしい詩なんです。

いつも私が思っていることが詩になっていることに驚きました。


「ゲストハウス」

人間であることは、ゲストハウスであること。

毎朝新しいお客が到着する。

喜び、憂鬱、意地悪な気持ち、

その時々の気づきが、思いがけないお客としてやってくる。

それらすべてを歓迎し、もてなしをしよう!

たとえそれが悲しみの集団で、
荒々しく家中の家具を持ち去って、

空っぽにしてしまったとしても、
どのお客にも敬意を持って接しよう。

それは新たな喜びを迎え入れるために、
あなたを空っぽにしてくれているのかもしれない。

暗い気持ち、恥ずかしさ、悪意も、
玄関で笑いながら出迎えて招き入れよう。

訪れるものすべてに感謝しよう。

なぜなら、どれもがはるか彼方から、
あなたの人生のガイドとして送られてきたものなのだから。


感情をゲストハウスにやってくるゲストに喩えていますね。

そして、その感情はあなたの人生のガイドとしてやってきているものだから、

「嫌なゲストはお断り!」

ではなく、

「嫌なゲストも大歓迎!」

でいこう!と、あります。

なかなか受け入れることは難しいかもしれません。

でも、ワケがあってやってくるものかもしれない。

もっと素晴らしい景色が見えるようになるかもしれない。

そう思いながら、感謝しながら受け入れることができるといいですね。

私は、この詩に出会えたことに感謝します。

今日もありがとうキラキラ


ラブラブ子どもに勇気・責任感・協力精神を育むAP講座の詳細はこちら


ラブラブ自主学校をつくるため、市原~袖ケ浦方面に空き家をお持ちの方、空き家情報をお持ちの方はご連絡をお願いします。
arigatoyuuki@gmail.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。