北九州・福岡 松井美由紀の心理セラピーBlog

母親問題・夫婦問題・共依存・子育て不安に悩む
女性たちを応援します。

●ごあいさつ


ご訪問ありがとうございます。
心理カウンセラーの松井美由紀です。
北九州・福岡で活動中です。


ブログタイトルの
「自分を解き放つ」
「自分を発見する」
「自分を生きる」
 は、私自身のテーマです。


十分、自由に自分を生きてきたつもりでしたが、
そうでない自分も確かにいて、
そのために、日々のひずみや、
息苦しさ生きづらさが、起きてくるのですね。


でも、この機会こそ変容への第一歩。
せっかくの人生。
自分を生きていくための道のりを
綴っていきたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。



花アイコン白 自己紹介

花アイコン緑 最新のお知らせ

花アイコン白 今月のセミナーのご案内

花アイコン緑 ココリセセラピーHP

花アイコン白 FACEBOOKページ


テーマ:

先週は、大野城市様にご依頼いただき、

講座をさせていただきました。

北九州から、車で1時間ほどで到着。

意外と近いものですね。

 

今回は35名の方々で、大人数。

人数が増えればその分悩みも異なり、

正直、時間がもっともっとあったらと・・・。

 

 

同じような悩みに思えても、

1人として悩みの中身は同じではありません。

その人の個性もお子さんの個性も

そして環境も背景も違うわけなので・・。

 

本当はおひとりおひとりと、じっくり関わりたいのですが、

講座は講座で、少しでもヒントとなるものをすくい取ってもらえればと

願っております。

 

ただ、伝えきれなかった数々のものを

また、こうしてブログやコラムなどで、お伝えできればとも

思っております。

 

講座前に託児ルームをのぞきに行くと

可愛いキッズたちが・・・♪

 

 

 

私自身子育て真っ只中のときは、

この可愛さを可愛いと思える余裕もあまりなかったと思います。

 

子育てって、普通にしんどい。

 

可愛いけど、しんどい。

 

悩みも次々と、湧いて出てくる。

 

だからこそ、ひとりで抱え込まずに、いろんな人とかかわって、

悩みをちゃんと話して(放して)

 

間違っていないか正しいのか、心配になるものですが、

 

あまり正しさや正解なんかにとらわれることなく、

目の前の我が子を感じていく。

 

思考で正解探しをしていると、

大切なことが見えなくなってしまうかもしれません。

 

ただ、お母さんが、

共に笑って、

共に呼吸して、

共に困ってみたりして、

共にいるだけで、

子どもって、嬉しいもの。

 

つながっている感覚があれば、大丈夫!

 

そんなふうに思っています。

 

そうそう、この日は、スーパームーンでした。

夜は雨だったけど、

 

ふと深夜に窓から外をのぞいてみたら、

ちらっと、顔を見せてくれました。

 

暗闇の中に、小さいけれどパワフルな光。

雲に覆われ見えないときも、こんな強い光が存在しているのだと、

希望を感じさせてもらえた一日でした。

 

 

 

クローバーココリセ講座のご案内は、こちら

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 振り返れば、母として、恥ずかしくない子どもにしつけなければならないと、

いろいろ注意してきたものです。

 

 ただ、心理学を学んで、私は「~べきである」「~しなければならない」という

Shouldが強いほうであると知り、

ずいぶん気を付けるようにしてきたつもりなのです。

 

 それでも、人は自分で気づいている分は、あまり問題ないもので、

たいてい、気づいていないところが問題だったりします。

 

先日も、ひとつ、自分の固定概念を娘や家族に押し付けていることに気づきました。

 

些細なことですが、私は、服などについているタグや、食品の袋などを

歯で切る夫や娘が、嫌だったのです。

 

 

もともと夫がやるため、娘も真似をするのですね。

 

そのたびに、「お行儀悪いからやめなさい」

と、言い続けてきました。「歯にも悪いよ」と。

 

 しかし、師匠曰く、

「噛む」のは、生の本能。生命力!生きる力。

「自分として生きる」力。

 

師匠は、わざわざ固いもの食べるようにと、

著名なセラピストから指導を受けてきたそうです。

 

だから、固いものを歯で引きちぎる行為は、

とても自然体でパワフルで、やめさせる必要がないとのこと。

 

確かに、「噛む」ことの重要性は、学んでいます。

 

娘は、固いものが大好きで、

パンも白い部分より耳のほうがすき、フランスパンは端っこのほうが好き、

いりこも堅パンも大好物。

固いものだって、歯で簡単に切るわけです。

 

「娘さんに、お母さんが間違ってましたと伝えるべきね。娘さん、将来有望よ!」

 

言われてみれば、そうだなと思えるのだけど、

自分一人では別の視点に気づくのも難しいもので、

しつけとか、お行儀とかにこだわって、

自分の理想の枠の中にきれいにはめたくなって、

我が子を小さく小さく、おさめてしまうのかもしれません。

 

自然体の娘は、もっともっとパワフルなのに。

 

 さっそく、娘に電話すると、ちょうど、大学のサークルの

拳法の試合から帰宅したところ。

 

なんと、ボロボロに負けながらも、敢闘賞をもらったとか。

 

娘:「アントニオ猪木って、どんな人だっけ?」

 

賞状にはアントニオ猪木氏の名前。ご本人も会場にいたそうです。

 

 幼い頃、モダンバレエを習わせた母の理想に逆行し、

十分、パワフルさを発揮しつつある娘。^^;

母の枠は、とっくに飛び越えているようです。

 

 

 

 

クローバー今週末ココリセセラピーは、固定概念についてです。

10月23日(金)10時半~13時半

子育てセラピー 「自分や家族を縛っている固定概念チェック!」

 http://www.cocorise.com/セミナー日程/

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、ココリセ講座日だったのですが、台風で延期となりました。

小中学校、幼稚園が臨時休校が決定したため、

残念ですが、致し方ありません。

 

さて、秋から、北九州市内のフリーペーパー

Donnna Mamma(ドンナマンマ)にて、

新しくコラム連載がスタートします。

 

 

ドンナマンマは、幼稚園や保育園に配布されているほか、

子育て交流プラザなどでも、置いてあります。

 

この秋から誌面がリニューアルするということで、

執筆させていただくことになりました。

 

先日、何冊も届けていただいたのですが、

お洒落な雰囲気もプラスされ、素敵な冊子に生まれ変わっていました。

 

コラム執筆は、しばらくお休みさせていただいていたので、

久しぶりで、

また、ソファーで眠る日が続かないように、今度こそ

自分を整えながら、書いていきたいと思っております。

機会がありましたら、ご覧ください。

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お知らせ:ただいま、ココリセHPが非表示の状態です。

もう少しで復元予定ですので、ご迷惑をおかけしますが、

しばらくお待ちください。

 

セラピストのトレーニングを受けているのですが、

9月は北九州→岡山、そして東京4日間合宿もあり、

留守がちで、HPが接続されていない事態への対応が

遅くなってしまいました。猛省中です。

 

さて、東京から戻ると、

電話の横に置いていたメモが捨てられていて、

夫と喧嘩になりました。

 

「大切なものはしまっておけ!」

 

まさに、その通りです。

 

それはそうですが、せめて捨てずに引き出しに

入れておいてほしかったわけです。

 

それで思い出したのは、

息子が小学生だったころ、机の引き出しに石ころが、

いっぱい入っていて、その石についた砂まで入っていて、

 

それを見て、「捨てなさい!」と叱ったこと。

 

彼はもちろん言い返してきて、言い合いになりました。

 

こちらから見るとゴミのようなものでも、

幼い息子にとっては宝物なのだとわかったので、

強烈に覚えています。

 

 

 

数年前、師匠のご自宅でワークショップの準備をしていたときのこと。

 

ゴミ箱の横に、チラシのはしきれが落ちていたので、

私は無意識にゴミ箱に入れました。

 

ゴミ箱に捨てたはずのものが、

ひらりと横に落ちたのだと勝手に思い込んだのです。

ゴミだと疑わなかったのです。

 

でもそれはゴミではなかったのです。

人のものを勝手に捨ててはいけないこと、

勝手に判断してはいけないこと、

必ず確認しなければならないこと。

 

たぶん、ものすごく普通で当たり前のことなのに、

自分のものさしで動いていて

おろそかになっていたことに気づいたのです。

 

これは、カウンセリングやセラピーの際でも、

非常に重要なこと。

境界線をもって、緻密に確認をとっていく大切さ、

相手をどこまでも尊重していく在り様、

思い込みには要注意であり、

丁寧に丁寧に関わっていくことなどなど、

学びは盛りだくさんです。

 

やはり、いくらこちらの不備だとはいえ、

勝手に捨てられるのは、ショックなものだということも

よくわかりましたし。

 

まだまだですが、

日常のひとつひとつが、気づきであり、トレーニングです!!

 

ただ、

自分の部屋ではなく、家族が共有するリビングでは、

境界線も難しいものです。

悪いところを責め合うのではなく、今後どうしていけばよいか、

互いがストレスにならないように、

ルールを決めた私たちでした。

 

つい互いにかっとなって喧嘩はしましたが、

こうして、互いを尊重して調整していきながら、

家族の平和を保っていきたいと、感じています☆^^

 

 

 読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もう、秋ですね。

 

夏は自然の中で、ワークをしたり、

 

 

久しぶりにコラム原稿と格闘したり、

京都から帰省した娘と母娘の時間を過ごしたり、

団体様を自宅にお招きしたり、

息子が体調を崩したので病院に行ったりボディケアしたり、

様々な出来事に、いろいろ考えさせられたり、

 

 

 

なかなかパソコンに向かう時間も、

FBやブログにアップする余裕もなく、

座ると同時に眠っているような夏の日々でした。

(年齢のせいでしょうか・・・)

 

今にはじまったことではないけれど、

世の中の母親は、自分のことだけではなく、

家族のことがあるから当然忙しいし、

それに加えて仕事やら勉強やら趣味やら、

自分のことにも取り組む女性陣、自分も含め、

すごくタフだわ!と思うわけです。

 

家族がそばにいるうちは、

やっぱり家族をいちばん大切にしたい。

 

でも、最終的に人はひとり。

子どもは必ず巣立つし、

死んでいくときは、ひとり。

 

自分で自分を幸せにする力量をもって、

家族を大切に

ご縁ある人たちを大切に過ごしていきたい。

と思う、秋の日。

 

窓の外は、台風の前の静けさと暗さが佇んでいます。

 

嵐がやってきても、

自分の心の中だけは、自分で守ることができる。

 

どんな言葉もどんな行為も、自分が受け取らなければ、

自分の心を傷つけないですむから。

 

さらりとかわすのも、

しなやかに対応するのも、

上手にブロックするのも、練習次第!!

 

自分を大切にしていきましょう。

 

それぞれの秋が、スタートしますね。

 

 

クローバー秋からのココリセセラピーはこちら

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)