北九州・福岡 松井美由紀の心理セラピーBlog

母親問題・夫婦問題・共依存・子育て不安に悩む
女性たちを応援します。

●ごあいさつ




ご訪問ありがとうございます。

心理カウンセラーの松井美由紀です。

北九州・福岡で活動中です。




自分に気づきをもって、

自分の心を楽にしていく、

自分の体験や、クライエントさんの例を

書き記していこうと思います。
 
どうぞよろしくお願い致します。





テーマ:

朝、犬の散歩をしているときに、よく会う、

通学途中の小学生男子人組。

 

団子になって歩いているから、

ふとした拍子に2人がぶつかってしまい、

互いの持ち物の金具が引っかかってしまう。

 

前にいた太郎君は、後ろにいた次郎君

「次郎が悪い!!」と一方的に怒る。

 

次郎君は、「太郎、待って、動かんで」と、金具を取ろうとして、

なんとか金具は取れるが、

 

太郎君は「次郎が悪い!おまえのせいだ」を繰り返す。

 

次郎君はプイっとむくれて、早足で先に行く。

 

3人は、次郎君を追いかける。

 

三郎君が「次郎~、先に行くのはダメだよ」と声かけるが、

次郎君は、振り返らず、もっと早足になる。

 

 

 

三郎君がもう一度、

「次郎~、無視は良くないよ~。先生が言ってたよ~」と言い、

 

四郎君は、トトロの歌を歌いはじめる。

「歩こ~♪歩こ~♪私は元気~」

 

3人で歌を歌いながら、次郎君を追いかけて、

次郎君は、学校の門の前で、やっと振り向く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

さて、これは、

実際にあった小学校2年生のグループの1シーンですが、

あなたの世界でも似たようなコミュニケーションが、

繰り広げられていないでしょうか。

 

次郎君が門前で振り向いたので、

無事終了したように見えますし、なんといっても最後ほっこりしたのですが、

 

実は根本的解決はしていないので、

たぶんまた、同じパターンを繰り返されるでしょう。

 

それでも、こんな小さい頃から、無意識に心理合戦を繰り広げ、

自分の世界をなんとか渡り歩こうとしているのですね。

 

これはあくまで一例ですし、

とりあえずこれ以上にこじれずに済んでいますが、

 

大人の世界では、(いえいえ子どもの世界でも)

ちょっとしたきっかけでも、

もっとややこしくねじれ、もっと多彩に絡み合い、

不毛な状態が延々と続き、

心が疲弊するようなことは

巷でよく起きているとかと思います。

 

なんてわかりにくく、面倒くさく、難しいと思ってきましたが、

 

どんなふうにねじれ、

どんなふうにうまくいっていないのか、

どんなふうに同じことを繰り返すのか、

 

操作のメカニズムを知ると、紐解いていくヒントは

つかめるのです。

 

人間関係、もっとシンプルに見れるようになってみませんか。

巻き込まれなくなり、

今後の日々の生活にきっと役立つと思います。

 
 
🌺GW3.4日開催!!
ゲシュタルトセラピーワークショップ 「だからキレる!家族の綱引き」

 

日程:5月3日(木)13時~19時
   5月4日(金)10時~17時(うち1時間ランチタイムあり)
参加費:2日間8000円(税込み)
    1日のみ4500円(税込み)
    ※2日間のプログラムですので、両日参加がおすすめです
    ※お支払は初日受付にてお願い致します。
会場:IPG北九州セラピールーム 
 
詳細お申込みお問合せは、

 

 
 
🌺4月26日スタート・家族のコミュニケーション連続講座

https://www.cocoup.jp/menu/家族のコミュニケーション講座/

日程:4月26日~月1回 10時~15時 全9回
参加費:1回5500円(税別)
会場:IPG北九州セラピールーム 

 

詳細お申込みお問合せは、
 

 

 


テーマ:

人それぞれ、怒りのポイントがあると思います。

 

「相手が悪い」と思って、感情が沸き上がるものですが、

(出す、飲み込む、は人それぞれですが・・)

 

実は同じ相手で同じ出来事が起きたとして、

誰もが同じように怒りの感情を抱くかどうかは、

わからないものなのです。

 

つまり、自分の中で、

地雷ポイントのようなものがある可能性が高いと思います。

 

例えば、私の場合は、

 

「わかってくれない」「誠実に向き合って対応してくれない」

 

人に対して、

 

怒りの感情を抱くのだと、ある時わかったのです。

 

これを掘り起こしていくと、母親に行き着きます。

 

母は、大家族でさらにお店までやっていたため、

365日忙しく、私の話を聴いたり、向き合ってくれたりしたことが

ほぼなかったのですね。

 

でも、母は忙しいから、邪魔しちゃいけない。

 

母が大好きだから、

(自覚はないのですが、幼い私はそうだったようです)

 

言いたいことを言ってはいけない。

 

という幼少期を続けてきたので、

 

 

わかってほしいとも、話を聴いてほしいとも言えなかったのでしょう。

(どうしてほしいかわからないから、我慢した記憶もない)

 

そんな記憶にもない、過去のアンフィニッシュな感情が、

 

大人になって、別の人が

母と同じような対応をしてきたとき、

忙しいからと誠実に対応してくれないとき、

 

噴き出してしまうわけですね。(地雷ポイント!)

 

本当は、怒りではなく、寂しさ・悲しみが、

私の中で癒されていなかったのですが・・・。

 

こんなふうに、自分の地雷ポイントを知っていくと、

(人によっては、地雷ポイントはいくつもあるものです)

 

自己理解を深めることができると思います。

 

自分の心のケア法もわかってきます。

 

こういうことを気づいていかないと、

勝手に怒ったり、勝手に傷ついたりしてしまうので、

 

自分を知っていくのって本当に大事だって思います。

 

だからと言って、自分の感情を折りたたむだけではなく、

 

不誠実な対応しかしてくれない人に対しては、

きちんと伝える必要もあります。

 

自分を不幸せにしないために、

自分の心に、嫌な感情を残して心を腐らせないために、

 

自分に気付き、

コミュニケーション方法を学んで

 

自分を自分の手で、幸せにしていきましょう。

 

⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑

 

コミュニケーション講座マインドケアクラス

  4月26日(木)スタートです。

 

グループセラピーの日程更新しました。

 

ママカウンセラー育成講座、5月スタートします

 

⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑

 

 

 

 

 


テーマ:

今年に入ってから、めまぐるしい日々が続き、

まだまだこれからも続くので、

どこかで抜かないと、まずいと感じ、

スケジュールをへ無理やりこじあけて、京都へ行ってきました。

 

 

京都の桜は本当に美しく、

 

川面に桜の花びら

 

 

 

ずっと行きたかった、春日大社と伏見稲荷にも、

行ってきました。

 

 

 

京都在住の娘に、

「伏見稲荷は山登りだからね」と言われ、

 

「それは、無理」と、山頂まで行く気は全くなかったのに、

 

季節がよすぎて、気持ちよく、

つい、山頂まで登ってしまいました。

 

一万基もあると言われている鳥居。

 

 

階段をどこまでも登り続けていくのは、

運動不足の私の足にはつらく、

苦行のように感じたりもしたのですが、

 

 

無心でのぼっていると

仕事でパンパンになっていた頭と心が、

いい感じに抜けました。

 

その先に広がる景色の、美しこと。

ことのほか、空気の気持ちいいこと。

 

 

のぼっていけば、必ず、

そのステージの景色に出会えるのが、たまらないですね。

 

新しい春。

次のステージへ、進んでいきましょう。

 

 

クローバー 春からの講座のご案内はこちら

https://www.cocoup.jp/menu/

 

 

 

 


テーマ:

前回、修了ランチ会のご報告をしましたが、

アクシデントがあって参加できなかった方がいらっしゃいました。

 

とても心配だったので、後日連絡をとってみると、

思いがけず、爽やかで、お元気そうで、

しかも、その報告が素敵で、胸が熱くなりました。

 

抜粋して一部紹介します。****************

 

当日は落ち込んで悶々としていたのですが、

引きずるよりも、今自分が出来ることを、一日一日やっています。

 

翌日、ラジオで流れてきたドリカムの「何度でも」を聴いて、

今の私に何度でも立ち上がり進むしかないと、

応援メッセージをもらった気がして、涙が出ました。

これまでの自分を讃える涙であり、未来につながる涙です。

 

出来事があっても、立ち直るのが早くなりました。

 

これまで挫折して、もがいて、喘いで、潰されそうでも、

次に進めたことが、自分の力になっていると思いました。

 

落ち込んでいた時、やるせなかったので、

夫にハグしてもらいました。私にとっては、大きな一歩です。

するとその後の家族での掃除タイムも卒園式も

スムーズでした。

なんて変化でしょうね☆

 

園の先生に、「お母さん、満面の笑みで、嬉しそうで」

と言われるほどの笑顔でいられました。

 

*********************

 

人生は、当然、

いいことがあれば、残念なこともあり、

上昇ラインの時期があれば、下降ラインの時期もあります。

これを繰り返していくのでしょう。

 

この下のラインに位置したときこそ、多くの気づきを得る成長のときなので、

ここで、洞穴に落ちるのではなく、どう起き上がるか、
どう波に乗っていくか、なのだと思います。

 

また、こんなときこそ、周りの人のありがたさもつながりも、

感じるものですね。

 

一年前は、「離婚」のワードが出ているほど、

ご主人との関係が厳しい状態にあり、

とても苦しそうな表情をしていたNさん。

ハグなんて論外だったでしょう。

 

「今一番ハグがしっくりくるなあと思って」

してもらったそうです。

今は、ご主人と「円満」だとか。

 

10か月の時間を通して、小さなステップを繰り返し、

転んでも起き上がり、

気が付いたら、「なんて変化でしょう」と、

満面の笑みでいられたNさんに、さらなる勇気を頂きました。

 

春から、コミュニケーション講座スタートします!!

https://www.cocoup.jp/menu/家族のコミュニケーション講座/

 

読者登録してね


テーマ:

先日、新・クラス、家族のコミュニケーション講座の

修了ランチ会でした。

 

お子さんがインフルエンザになるなど、

お二人欠席となったことがとても残念でしたが、

 

いつもとは違う空間で、

1年間がんばってきた自分へのご褒美ランチを頂きました。

 

 

 

 

このクラスでは、通常の講座とは異なり、私が現在

トレーニングを受けているゲシュタルトセラピーの手法を取り入れ、

 

各自抱えている問題の具体的な改善策を

見い出し、実践していく、勉強会スタイルでした。

 

お子さんとの関係性や、

夫との関係性、

親族との関係性、

仕事上での関係性等々、

 

うまくいかないとき、

自分や相手を責めがちですが、

 

そうではなく、

 

コミュニケーションの「方法」に焦点を当て、

改善策を見い出していくことができます。

 

人は無意識に、

育った幼い頃の家庭環境で習得した

コミュニケーション方法をとりがちです。

 

それが当たり前すぎて、

なかなか改善ポイントに気づけないものです。

 

自分が相手に対してどんなポジションをとっているのか、

どんな距離感で、どんな向き合い方をして、

どんな伝え方をしているのか。

どこでどんな方法でどんなねじれを起こしているのか。

 

一人一人違います。

 

又、巷にあふれているコミュニケーション方法の正論はあっても、

その通りにできないそれぞれの背景もあります。

 

一人一人ベストな改善策は違うのです。

そこを丁寧にセラピーを通して、見つけていきます。

 

自分に向き合うことは、しんどい部分もあるのですが、

そこを受け入れていくことで、人はより成長でき、

周りといい関係性が築いていけるように思います。

 

新しい手法を手に入れていくことは、

新しい翼を手に入れていくこと、

ですね。

 

 

*************************

参加してくださった皆さんの感想を一部抜粋して紹介します。

 

この1年は私にとって正念場でした。

自分が子どもの頃、最も辛い体験をした歳と娘の年齢が重なったからです。

娘と目を合わせるのも嫌で、そんな自分を責めて自己嫌悪に陥り、

さらに子どものころを思い出すという悪循環でした。

セラピーを通して、さまざまな気づきがあり、(略)

自分にOKが出せるようになり、

自分のインナーチャイルドを積極的に癒すことで、

娘の甘えを受け入れられるようになってきました。

長時間向き合うことが難しくても一秒でもよいから目を合わせ心向ける。

それだけでも、私と娘の関係は改善したように思います。

さらに、心が満たされた娘は、より一層妹を可愛がるようになりました。

苦しいときもあったけれど、「自分が変われば家族が変わる」と

実感した一年でもありました。 

今ではインナーチャイルドを癒す機会を与えてくれた娘に感謝しています。

Aさん************

 

最近では、家族の中でいらだつことがあっても、

その場面を客観視して、いらだちからつながる自分の「怒り」を抑制し、

相手に自分の考えを押し付けるのではなく、

自分の考えてとし伝えたり、

時には笑いに変えることもできるようになりました。

(略)

息子に対するネガティブな感情が、思わぬところからきている

感情だったことがわかったことが、大きな発見でした。

その後、以前ほど息子に対して「嫌だ」という感情は無いように思います。

(略)

また、母を見て育ち、母から言われた言葉によって、心の中に

常に「楽しんではいけない」という想いがあるのだとわかりました。

これを手放します!

Bさん************

 

私はどれだけ、母の期待に応えようと生きてきたのだろうか。

気が付けばそうしていたし、それさえも気づいてすらいなかった。

本当に私は心の中を母で支配されていた。

今もその姿をちらつかせているけれど、それに気づくことができたし、

客観的にみられる自分ができてきている。

それは本当に嬉しい。

(略)

夫に言いたいことが伝わらないとずっと思ってきたけれど、

感情をあびせているだけであることがわかった。

別のやり方をすると、ストレートに伝わることもわかった。

(略)

「子どもの状態をどうしていいのかわからない」と悩んできけれど、

「できない」ではなく、

具体的な策を自分なりにとればいいことに、気づくことができた。

 

いろいろなことが気づくことができて本当によかった!

今ここにいることができて本当によかったです。

Cさん************

 

 

他の方の感想もまた、おいおい紹介させて頂きたいと思います。

 

 

春からも、家族のコミュニケーション講座スタートします。

 

家族の関係性の改善を目指す方、

心をケアしていきたい方、

自分のさらなる成長を目指し、

家族やパートナーとよりhappyになっていきたい方、

自分の心の世界を広げていきたい方、

よろしければ共に学び合っていきませんか。

 

詳細はこちらです。

https://www.cocoup.jp/menu/家族のコミュニケーション講座/

 

 

 

読者登録してね