スキルス胃癌 ステージ4 余命6ヶ月 でも生きる!

2017.11
32歳でスキルス胃癌になってしまいました。
3姉妹の父です。復活します。見てて下さい。


テーマ:

末期がん告知されて 53日

目標余命まで 496日

経緯・自己紹介

 

 

 

先日のテレビ番組「世界仰天ニュース」で

取り上げられていたので、

まわりの人達から、声をかけられました。

 

丸山ワクチン注射

 

今日はそのことについて触れようと思います。

 

 

正直、その存在すら知りませんでした。

こう見えて、←見えてない人がほとんどかw

まだ割と若いほうなんで、

昔ニュースになったこととかも知りません。

あとで軽く説明しますが、

開発者の丸山千里先生が、会見で、

「忘れられない日」と言った日が、

1981年7月11日のことなんで、

僕、生まれてもないしねwガーン

 

 

先日のテレビもみてなかったので、

初めてワクチンの名前を聞いた時、

「なんやねん、胡散臭いねー」と

思いましたw

 

 

あ、先に結論から言いますと、

僕は、丸山ワクチンについて、

否定肯定しないスタンスでいこう

と思っていますニコ今のところ。

 

 

知らない人のために、簡単に説明を。

興味があるものに関しては、

調べる心が疼くタイプなんで、

図書館にも行ってある程度調べました。

 

ただし、あくまで参考としてご覧ください。

 

医療従事者でもなければ、全くの素人、

ただの末期ガン患者ですのでイヒ

そこんとこよろしく照れ

 

 

1944年に開発され、

半世紀以上、一部では、「伝説のワクチン」と

呼ばれている丸山ワクチン。

 

抗がん剤と違い、副作用もなく、

様々なガンに効果があると言われているが、

いまだに、国の認可は受けていない。

まさしく「伝説のワクチン」

 

1964年 

初患者に使われ、今では39万人以上に

1981年

有償治験薬 認可ではなく、

費用自費で治験の位置付け

要は、国は認めてない

1991年

放射線治療の白血球現象抑制剤として承認

要は、本来の使用としては認めてない

1998年

治験を無期限延長 

要は、いまだにすっきりしない立場の薬

 

 

なぜ、ここまで国に認められないのかは、

諸説ありまくりですが・・・

まぁ、医学界の問題、事情やらなんやら、

政治が絡んでるやら、金がどうとか

やらやらやら。

 

ま、そのあたりは置いといてにやり

 

ま、でも、置いとけないかちゅー

 

とにかく、やはり日本という国の体質、

医学界の問題は確かにあるのかと。

 

 

僕も病気になって、病気のことを調べたり、

実際に経験したりして、感じる違和感は

少なくはない。

 

ある書籍でも書いていたが、

まだやはり、アメリカほど、

患者本位の体質には

なっていないのが現状だと。

 

例えば、カルテ一つとってもそう。

 

アメリカでは、カルテの所有権は当たり前の

ように患者にある。

だから、転医してもすぐにカルテが送られ、

何より、ITを活用としたアクセスの改善が図られ、

患者個人が『この医師に診てもらいたい』

と選べるのが当たり前。

 

日本のカルテは、病院、医者のモノ。

もちろん開示義務はあるが、

僕も、セカンドオピニオンや、

役所関係への提出で、だいぶ難儀した。

なぜか、医者にお願いして、

書いてもらったり、

そのためにお金を払ったりも。

 

日本では行政や医療提供者を

中心とした話し合いで病院機能

を決めて、患者が選ぶ仕組み。

 

やはり、医者本位なのは否めない。

 

 

もっと、確かに!ガーンって思ったこと。

 

日本の医者とアメリカの医者の大きな違い

 

日本は一度医師免許を取れば、一生医者。

 

アメリカでは、州にもよるが、

1〜2年で免許の更新があり、

そのためにCME単位が必要。

要するに、勉強しなければ医者じゃなくなる。

 

 

僕は医者に文句を言いたいわけじゃない。

立派な仕事だし、本当にこの世に必要で

ある存在に間違いない。

 

 

ちょっと、日本の医学界の体質、

問題点に触れただけすまいる

 

 

ちょっとあつくなったえへへ…

 

 

話を戻します。

 

 

丸山ワクチンは、

もともと皮膚結核の薬として開発されたが

丸山先生が、

 

「結核患者にガンの人が少ない」

 

「ん?結核の抗体がガンを抑える??!」

 

「ほな、ガンに効くんちゃーーーん!?」

 

てな感じで、末期ガン患者に試したら、

 

「ほらぁ、ガンに効くやーーーーん!」

 

ってなった薬。というかワクチン星

 

でも色々あって認可はされないから、

話題にもなってる「伝説のワクチン」

 

ある統計では、

1000人に注射して152人に延命効果

が確認されたとか。

 

 

そう、もちろん絶対に効く

治るものではないし、そんなの当たり前。

 

 

ガンは200種類あるとも言われている。

僕は心から賛同した文がある。以下

 

 

少しでも「ガン」を知る者なら、

「○○療法が一番良い」なんて

言えるわけがない。

 

 

そう逆に言えば、

「○○療法が絶対に効かない」

と言えるわけがない。

 

 

さっきまで読んでた本がこれw

 

 

役、1000ページにわたり、

いろんな療法が載っている。

 

例えば、

 

「笑い療法」

「生きがい療法」

「イメージ療法」ゲラゲラ

 

言葉にすれば、胡散臭く、笑ってしまう

かもしれない。

 

でもそれぞれ理にかなっていると

僕は思う。

 

笑ってNK細胞を増やし、生きがいを持って

肯定的なイメージで免疫を上げる。

 

そう、僕も何気にしていることやんおーっ!

 

 

とにかく、人それぞれ何を信じるかで、

ガンとどう向き合い、何を選択するか。

答えはない。

だから難しい笑い泣き

 

 

そんな中、僕はある意味、本当に

モッているオトコと、

自分で思い込んでいる。

 

 

結論、僕は今の治療は変えない

変えるつもりはない。

丸山ワクチンも、樹状細胞もしない。

 

 

 

なぜなら、治験をしていて、

他のことはしたらダメだからぶちゅー

 

 

今日主治医に丸山ワクチンのことも

聞いた。

 

僕の主治医は、僕的にちょうどいい

距離感の人。

 

否定も肯定もされなかった。

ま、ちょっと否定よりかな?

 

いい距離感というのが、

なんとなく、何を言うかが読める人。

だから、僕的に変に惑わされない。

 

考えを変えさせられると言うより、

確認をしに行っている感が強い。

 

それが医者としていい医者なのかは

置いといて、嫌な気分にはもちろん、

惑わされることがあまりないから、

自分の乗っているレールに

自信が持てていく。

 

これが一番大事と思っているニコ僕はね。

 

 

そう、治験を決断したことで、

アレコレできないようになったこと

自体が、僕のレールをわかりやすく

まっすぐにしてくれていると考える。

 

 

もちろん、治験をしているからと行って

全ての選択肢をすぐに捨ててはいない

つもりです。

ただ、その治験薬についても自分で調べて

効果は期待できるとも思えている。

(また機会があれば書きます)

 

 

ちょっと待って・・・

 

 

 

今日のブログ、長すぎへん??びっくり

 

ま、ええかぶー

 

ま、最後の締めに、

丸山ワクチンの効果・作用だけまとめます。

 

僕も、治験が失敗に終わったら、

お世話になるかもしれない

「伝説のワクチン」なんでイヒ

 

 

丸山ワクチンの3つの作用

 

①白血球を活性化、増加

 

②ガン細胞の分裂を抑制

 

コラーゲンの増強

そう、このコラーゲンが大きな作用。

 

細胞も、ガン細胞もコラーゲン

包まれている。

 

ガン細胞は、コラーゲンで自らを

守りながら、正常な細胞を破壊していく。

 

イメージでいうと、

マリオのスター星みたいなかんじマリオ

…マリオはいい奴やから逆かあせる

 

ワリオが星スターとったかんじ。

 

で、丸山ワクチンは、もっともっと

星(コラーゲン)をワリオに与えまくって、

調子に乗ってるワリオの

身動きを取れなくして、

封じ込ませる作用がある。らしい。

 

 

信じるか信じないかはあなた次第です♡

 

 

長いのに読んでくださった方、

ありがとうございますイヒ

AD

coconano-noさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。